HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

さあ、新年度!

2009-03-31 17:27:49 | 子育て

春である。

明日からは四月。新年度だ。

ショーネンも中学生。

部屋も模様替えなんだけど、

今現在、もの凄い状態である。

 

 

193

 

 

 

ころっけもびっくりの混乱ぶり。

ゴミ箱をぶちまけたみたい。

 

で、よく見ると、ソフビのおもちゃがいっぱいだ。

 

 

194

 

 

ショーネンが園児だった頃、いっぱい買いました。

 

いくらでも買い与える私は、いつも奥さんに叱られていた。

 

地下鉄丸ノ内線でお気に入りのウルトラマンをなくし、

涙ぐんだショーネン。

 

何とかしてやろうと、警察に紛失届を出したところ、

成田空港署から「発見しました!」と連絡があった。

 

 

いやあ、ニッポン警察、恐るべし。

その節はありがとうございました。

 

 

で、片づける途中に、遊び出すショーネン。

うんうん、気持ちはわかるよ(笑)

 

196

 

197

 

 

箱に入りきらない怪獣たち。

 

 

198_2

 

 

「ちっちゃい子にあげてもいい?」って聞くと、

ふだんは気前のいいショーネンは、「ダーメ!」と拒絶。

 

うーん、それも気持ちはわかる。

 

 

では、この父が、黙って持ち出しましょう。

バレない程度に…

 

 

 

「ダーメ! お兄ちゃんの宝物。私が守ってるからね」

 

 

199

 

 

 

見逃してくれよぅー(笑)

コメント (8)

春に祝う。

2009-03-27 19:48:21 | 日記・エッセイ・コラム

お義母さんの喜寿のお祝いで、久しぶりの山口。

宿泊は奥さんの実家ではなく、湯田温泉。

本来なら、子どもたちがセッティングしなければならないのに、

すべてお義母さんがやってくれました。

よく知らないけど、お代も出してもらったような感じも。

  

166

 

 

いやあ、申し訳ないなあ。

 

 

一族郎党で泊まります。

 

 

食事は大広間。

 

 

145

  

 

 柔道場か、と(笑)

 

 

喜寿、おめでとうございます!

 

 

 

147

 

ごちそうです。

 

148

  

 

一風呂浴びて、みなでそぞろ歩き。

 

足湯につかります。

 

 

159

 

 

この後、私はもう一度お風呂。

そして、車中泊のころっけとともにさらに散歩です。

 

 

すると、若者たちが4人vs3人で喧嘩してました。

酔っているので仲裁に入ります。

 

 

ころっけを連れている浴衣姿の私。

 

西郷どんかいっ!

 

てなことで、楽しい一夜を過ごしました。

 

  

翌日は、サビエル記念聖堂に。

 

 

179

 

 

建て代わったはいいが、何か趣がなくなっちゃったね…

 

  

 

それにしても山口はいいね。

 

奥さん、ログハウスを建てたいなって。

 

帰り、見学しました。

 

 

184

 

 

うーん、いいかもしんないね。

 

コメント (6)

闇鍋か?

2009-03-24 18:39:39 | 食・レシピ

奥さんが平原綾香のコンサートに出掛けた夜、

いつものダッチオーブンを取り出す私。

 

今日は何を作ろうかなあ~♪

 

117

 

すでにいろいろと用意してあるのに作り出す私…

 

 

トントン切ります。

この時点で何を作るのか、定かではない。

 

 

104

 

 

その辺にあるものをぶち込みます。

 

タマネギがあった。

ジャガイモも。

 

109

 

 

 

めっぽう安いお肉もありました。

 

 

106

 

   

 

ナンプラーやチリソースのつけだれに。

 

 

108_2

 

 

 

じゃあ、卵も入れようかな。

 

茹でましょう。

 

 

105

  

 

 

ネギやタマネギを下に敷いて、

いろんなモノをぶち込みます。

てんこ盛り。

 

 

107

 

  

さらに鶏肉。そしてゆで卵。

 

ナンボほど高カロリーやねん…

 

 

110

 

  

 

彼女、お約束のように現れました。

 

 

 

116

  

 

味付けに、と、さらにぶち込みます。

 

 

111

112

114

 115

 

 

止まらなくなっちゃいました。

 

 

この後、さらにケチャップやらオイスターソースやらを投入。

 

何だかわからない料理になっていきます。

 

 

で、出来上がったのですが、何とその写真はなし。

 

まあ、普通の煮込みなんですけど…

 

あまりに美味しくて、撮影するのを忘れちゃいました。

 

食べたい方は、私をBBQに誘ってください。

 

 

って、まさか写真を押さえていないとは、

我ながらびっくりしましたです。

 

どーも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)

卒業。

2009-03-20 13:29:23 | 子育て

チビ、小学校を卒業しました。

うーん…

 

125

 

 

 

あんなにちっこかったのになあ。

 

うーむ。 

 

ここは私の母校。

33年前に、私もここを巣立ちました。

 

寝坊した私は奥さんに置いていかれ、

よろよろと正門をくぐります。

すると、卒業式を前に緊張した6年生たちがうじゃうじゃ。

 

知った顔がいっぱいいるので、

「おうっ」とか何とか声を掛け、威張って、会場の体育館に入っていく私。

 

すると、体育館前にいた先生、何やら焦ったような表情です。

「???」と思いながらも、

委細構わず会場に入った私を待っていたのは、

カメラの放列… そして数百人の視線…

 

要するに、「卒業生、入場!」のタイミングだったわけですよ。

 

思いっきり感動しようと待ち受けている面々の前に、

突如現れる、ペンシルストライプのスーツのおっさん。

それも若干、こわもて。 

「めちゃくちゃ恥ずかしかった」と奥さんは申しておりました(笑)

 

で、フツーに卒業式が始まりました。

 

130

  

チビ、どうどうの入場です。

 

隣は、巨漢シモちゃん。

 

 

卒業証書をもらいます。

 

 

131

 

 

あまり捻りのない、卒業生たちのパフォーマンス。

 

 

132

 

 

拍手の中、退場していきます。

 

 

133

 

 

 

 

 

最後の通信簿を読むと、まあそこには絶賛の嵐。

 

頭が良くて、やさしくて、思いやりがあって、

クラスをまとめるリーダーで、負けず嫌い。

 

ナンボほど立派やねん!って感じ。

 

かつて、

 

頭はまあまあだけど、

やって良いことと悪いことがわからなくて、

親分肌ではあるが、とにかく反抗的で負けず嫌い

 

 と、罵倒されてきた私とはまるっきり違います。

  

 

あっ、負けず嫌いだけ一緒か… 

 

まあ、こーゆーリッパな人は、

往々にして挫折するんですよ。

で、ヒーヒー泣いちゃうのさ。

 

って、息子に嫉妬してどーする(笑)

 

  

ともかく、六年間、よく頑張りました。

 

これまで慣れ親しんだ「チビ」。

これで終わりにしましょう。

 

本日をもって、君は「ショーネン」

 

 

新たな旅立ちです。

 

 

きっと、素敵なことが待ってるはず。

 

ころっけも応援してるよ。

 

 

 

122

コメント (16)

地獄のホワイトデー…

2009-03-15 00:56:42 | サイクリング

まあ、いろいろやってきた私ですがね、

いやあ、今回は大ネタですぜ、旦那。

げふふ。

 

我ながら驚いたお話は、ころっけとともに始まります。

 

3_041

 

「ねえ、どこ行くの?」

彼女も行きたそう。

 

「行かせないぞ」

ドアの前に陣取ります。

 

3_042

 

 

ダーメ!

 

お父さんはもうサイクルウェア。

今日はロングライドだから、ころっけは行けないの。

 

ばいばーい。 

 

 

 

 

なぞとゆーことで、若干遅れ気味の午前11時に出発。

 

最近、飲み屋でムダな毒を吐いてばかりの私。

大いに反省しており、毒を吐くなら反吐を吐こう!、と。

 

久しくご無沙汰の「お隣さんシリーズ」の挙行である。

今度のターゲットは島根県。

 

ルートは、宇品から廿日市経由で吉和。そこから益田を攻めるのだ。

70キロ弱。

 

 

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=d5fc5a63e28de13cc7ad523fcb6f43ea

 

 

時速20キロで行けば、まあ、3時ごろには着くだろう、と。

帰りはずっと下りだし、いやあ、楽勝だな、と。

 

灰色の脳細胞を駆使し、そう導いたのでありますな。

 

 

一路、西へ! 

 

3_043

 

  

坂、ありけり…

 

 

廿日市から旧佐伯町へ抜ける峠。

延々と坂が続き、ヘロヘロである。

 

しかも、寒いし…

もう春だってゆーのに、雪がちらついてきた。

 

おうちの周りは、あったかかったのになあ。

って、海沿いだろ、当たり前だよ、お前さん。

 

よーく考えれば、この日は全国的に大荒れ。

 

中山競馬も強風のため、開催が遅れたぐらい。

 

雪は舞うわ、風は強いわ。

 

心が折れそうです。

 

 

そんな時に勇気付けてくれるのは、これ。

 

 

3_044

 

ぺろりと平らげ、また走り始めました。

 

で、今回のもう一つの目的地に。

 

じゃーん!

 

3_045

 

  

そう、「落ちない石」。

 

チビの受験前にやってきて、今日はお礼参り。

http://happy-go-lucky.blog.ocn.ne.jp/pog/2009/01/post_a555.html#more

 

 

3_047

  

どうもありがとうございました。

 

3_046

 

  

峠を越えると意外に楽。

 

ただ、どんどん寒くなってきます。

 

Dvc00089

 

木々もうっすら雪化粧。

 

 

幼馴染だったら泣いて喜ぶ地名が書いてある標識。

30年以上前、学校のキャンプで来たよねえ。

 

 

Dvc00090

 

 

でも、よく見ると、つららじゃん(笑)

 

それでも、必死にペダルを踏み込みます。

 

 

何とか吉和にやってきました。

 

 

さあ、いよいよ488号線。

 

ここはなかなか強敵です。

 

ほとんど林道。

 

何で知ってるかとゆーと、コレ。

 

 

http://happy-go-lucky.blog.ocn.ne.jp/pog/2006/10/post_14aa.html#more

 

まあ、とにかく物凄い道なんですよ。

 

で、若干びびりながら、入り口までやってくると。

 

 

これだよ…

 

 

 

 

Dvc00091_2

 

思いっきり、おどろおどろしい標識群。

 

「お帰り!」

 

ってなもんである。

 

 

しかし、ムダですね。

 

 

こう見えても、あたしゃ、

「やっていいことと悪いことがわからない」って、

ずっと通信簿に書かれ続けた男である。

 

 

ここいらで退くよーなタマではありません。

で、ずいずいと。

「イヤッホー!」ってなもんである。

 

傾斜はそんなにきつくありません。

理想的な林道コースですね。

 

 

 

雪さえなければ…

 

 

Dvc00093_2

 

いやあ、志賀高原かと。

 

 

あたしゃ、春の格好のわけですよ。

手袋は夏用なわけですよ。 

 

もう、地獄…

 

それでも、ずんずん進みます。

 

もうやけくそです。

 

ところが、一時間かけて10キロ近く進んだところで、

動かなくなりました。

 

 

何が?

 

自転車が…

 

凍っちゃったんです、自転車

 

だって、こんなとこを走ってたんだもん(笑)

 

Dvc00092_2

 

 

前後輪ともブレーキの間に雪が入り込み、

しかもしっかり凍っちゃいました。

 

車輪、まったく回りません。

 

いやあ、凍るときって一瞬なんだねえ。

 

思わず笑った私ですが、

冷静に考えるとかなーりの窮地。

 

これからどーすんの、俺、と。

 

落ち着こうと、ヘルシア緑茶を飲もうとしたら、

カッチンコッチン。

これまた凍ってます。

 

おそらく零下5度ぐらい。

 

で、この辺、何で写真がないかとゆーと、

携帯の電源が切れちゃったから。

いやあ、どーよ、この展開。

 

とりあえず、山を下るしかありません。

 

自転車を担ぎ上げ、歩き出す私。

 

クマが出てきそうだから、

「森のクマさん」を朗々と歌い上げます。

 

街中なら、ぱくられますね。

 

県境まであと1キロ。

そして、辺りは真っ白。

雪まみれの撤退です。

まさに、地獄のホワイトデーである。

 

夕闇に包まれた中国山地を歩くこと二時間弱。

ふもとの商店にたどり着いたのは、もはや夜である。

 

 

電話を借り、奥さんにSOS。

 

私    「今すぐ、吉和に迎えに来て!」

 

奥さん 「ええっ! 今、手が離せないのに…」

 

私   「ムキーーーーーーー! いいから迎えに来て!」

 

ガチャン!

 

その後、約2時間、

私に温かい空間を提供してくださったのは、

「レストラン吉和」さんである。

 

ありがとうございました。

 

 

で、救世主がやってきました。

 

 

Dvc00104_2

 

 

ヘロヘロな私に代わり、

母子で、「吉和」さんのご主人に丁重にお礼をなさってます。

 

つくづく立派な方々である。

 

 

悄然と後部座席に乗り込んだ私。

 

 

そして、若干の侮蔑を含んだ笑みで、振り返るチビ。

 

 

Dvc00103_2

 

 

 

「お父さん、楽しかった?」

 

 

で、奥さんはとゆーと、

私の電話を受けたとき、

病み上がりのジジイの介護をしてくれていたらしい。

 

 

民衆のみなさん、本当にモウシワケアリマセンでした。

 

 

このルート、来月までとっときます。

 

とゆーことで明日は、

雪のない、瀬戸の島々を攻めることにいたします。

 

 

 

 

いやあ、死ぬかと思った…

 

 

 

追伸 

雪中の彷徨、おみやげがありました。

 

何と、凍傷

 

その後、「指先の感覚がないなあ」って思ってたんだけど、

ひでじろうさんから「そりゃ、凍傷でしょ、けっ!」と。

 

いやあ、つくづくバカですなあ(笑)

コメント (16)