HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

文章作法って…の巻

2012-05-26 12:40:20 | 日記・エッセイ・コラム

 

ここんとこ続けて、文章の書き方について、くっちゃべる機会があった。


俺?って感じなんだけど、

まあ、失業対策事業みたいなもんで、ありがたくお受けするアタシ。


1337450594025



 

まあ、「書く」ってのは簡単なんだけど、


「伝える」ってのは難しいよね。



四半世紀、延々とそーゆー行為を続けて、お金をもらってきたわけですよ。




ではありますが、われわれの仕事はまさにOJT(オンザジョブトレーニング)。


「習うより慣れろ」であったり、「見て、盗め」であったりと、


まるで現代的ではありません。


マニュアルなんて言葉が忌避される、それはそれは古~い職場だったわけさ。




Image





まあ、そんな一代年寄みたいな「職人」ばっかりいてもしょうがないよね。




ちょっと管理部門をかじった小生としては、


効率化、標準化を目指したいところです(笑)






とはいえ、やっぱり「書く」ってのは、基本、私的な行為。



商品化前提とはいっても、なかなかマニュアル通りにはなりません。




取材っていう行為も介在する場合、なおのことであります。



相手がいるわけでね。


 



それでも、俺がバカの一つ覚えみたいに喚き散らしてるのは、これ。






①文章は短く書きましょう。




②書いたら、声に出して読み返しましょう。うまく読めなかったら、それはヘン。



 
小学生に言ってるようなお話ですが、これを守ればたいていのことは何とかなる。





ただ、②については、時と場所を選ぶ必要ありだね。



いかなり声高らかに叫びだしたら、それこそヘンな人だもんねwww







で、さらに大切なのは、「団子の串」。





それぞれのエピソードや論が、一つの結論に向けてうまくつながっているかどうか。


整合性があるかどうか。




お団子(文章)にまっすぐ串(論理)が通っているかって話だよね。



Imageca2ly5ys




美味しそうだから、無駄にもう一つ。


Image_2

 




これはなかなか難しい。



つい、いろんなことを詰め込みたくなります。



熱心に取材すればするほど、いろんなネタやエピソードは入るわけで、

そうすりゃ書きたくなるのも人情だよね。



でも、それをやったら支離滅裂になっちゃう。


ぐっと堪えて、「串」をまっすぐ通しましょってお話ですね。





で、なんでこんなことに留意するかってゆーと、


それは、正確にちゃんと伝えるためなんです。



文章は基本、そのために存在するわけだから。







で、自分の思いを正確に伝えるには、読み手に優しいことが何より大切。




文章は短く、とか、リズミカルに、とか、団子の串とか、


それらはすべて、読み手に優しい文章であるためなのよ。



例えば新聞記者さんだった場合、


誰のために書くのかってゆーのは、自身の存在理由に直結します。


「お前さん、なんでこの道選んだんだい?」って話。



文章は、取材のスタンスをも映し出すわけさ。






まあ、いつまで経っても、文章ってのはなかなかうまく書けないんだけど、


自分を戒めるために、


そして、羅針盤なしにやみくもに進む若い人の気付きになれば、と、


 

 ムニャムニャくっちゃべる小生なのでありました。





1337449401140




 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オトナな私 の巻

2012-05-22 18:59:00 | 健康・病気

 

日ごろから、その実直さと沈着冷静さで、




「オトナ」の名を欲しいままにする小生。



この度、完全なるお墨付きを頂戴いたしました。





はい、「成人病」。

 

 

 
 

それもモノホン。






いやあ、素晴らしい。




あれほど自転車に乗ってりゃあ、フツーこーなるはずなんですが(笑)




1337656630416




 

別人のように、数値が悪化したアタシです。

ぷぷぷ。




週明け、人間ドックに。




ヤッホーとばかりに突撃したのさ。




1337555776898







初日のお昼。



1337565743737



初日の夜




1337588180056



 



二日目のお昼



1337652083767



 

以上、終わり!


















じゃなくて、叱られた話ですねwww








二日間、何だかいろんなことされて、疲弊しきった小生。








最後の講評で、センセイ、こう浴びせかけました。









「HAPPYMANさん、あんた、糖尿病じゃね。ぷぷぷ」









ヘモグロビンA1Cが急騰。









中性脂肪なんか、




 


前回の3倍
とゆー、男前っぷり。









「週末、暴飲暴食した? ねえねえ?」と言い寄るセンセイに、




「いえ、何もしておりません」と否認を貫く小生。








まさか前日、
 




「朝に卵サンド2つ食べて、

 




補給食で塩羊羹食べて、
 




お昼にアナゴ丼食べて、

 




おやつにラーメン。




遅いおやつにドルチェのアイス食べて、




もう少し遅いおやつにフライケーキ。




おうちに帰って、




晩御飯に、ビール2リットル飲みました」







なんてことは供述できるはずもありませんね。






http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20120520









いやあ、こう書いてるだけで、胃がもたれてきた(笑)









この所業、






まさに、もののふ(武士)である!






いや、もののけ(物の怪)か orz


 





とゆーよーなことで、




小生、人生を見つめなおさなければなりません。

 






そーいえば、




ショーネンからこんなお誕生日プレゼントをもらっていたのでした。





1337656642222






ショーネン、ありがとうwww





ってゆーか、最大の理由は以下の通りです。






「だって、坂が辛いんだもん…」








それに、やってきたバイクのことを思えば、




さすがに少しは速くなんなきゃな、と。





いっつも坂であえいでちゃ、かっちょ悪いもんな。










そうだ、今、稲妻のごとく閃いたゾ!




 



5キロ減量できなきゃ、



バイクを組み立てないことにしよう!







 

 

 

いやあ、これは凄いことを書いちゃったなあ(笑)






今、77.6キロ。






一生、組み立てられない悪寒…




ガクガクブルブル





3キロにしようかなあ…(笑)



 







1337657525526


 

「お父さん、痩せんちゃい!



デブはこれから暑いよ…」


コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

ラーメン部、とびしまで吼える! の巻

2012-05-20 20:55:30 | サイクリング

  
SBAの分会である「ラーメン部」。


バリバリの走り屋である彼らは、今日も走り始めた。




これは、不屈の男たちの、汗と涙と胃袋の記録である。





Dscn9496

 



とゆーことで、今日はお迎えに来てもらいました。




いつものように詰め込んで、さあ、出発です。


ベランダから、奥さんところっけが見送ってくれました。



Dscn9389




で、車内ではいつものこれ。



エガちゃんが大暴れするDVDを見ながら、腹を抱えました。






Dscn9395



今日はとびしま海道。


安芸灘大橋のたもとに車を止めて、さあ、出発!







Dscn9400




そういえば俺のBORAⅡ、ホイールの中に水がたまって、


チャッポンチャッポン、音がしてますが orz



Dscn9398





どうすればいいんだろうねえ…




なるだけ坂を回避し、ひたすら安楽なコースを走ります。



 

メンバーはいつもの3人。


 

部長の小池さんっす。


少し傾斜がある場所だったので、機嫌が悪そうなお顔です(笑)

Dscn9420





そして、岩国の魔人KOO。





今日もヤン車で、ダンシングKOO!であります!



Dscn9423









ラーメン部末席はこのアタシ。



しかし君はなぜ、舌なめずりをしているんだ?

 




Dscn9510



 

それにしても、デブデブだよなあ…






この日もラーメン食ってたら、「筋トレやってるんでしょ?」って。




もう、やってないし(怒)







そんなこんなで、 目指すは、御手洗。




潮待ちの港である。




とゆーか、われわれ的には、アナゴ丼の港であるwww。


 

 

http://www.iokikai.or.jp/siomatinominato.mitarai.html






にやにやダラダラと進む私たち。



Dscn9469

 

 

 



並んでエギングしてました。





今度は竿を持ってこようかしら?




Dscn9447





あっという間に、岡村島。




愛媛県です。




Dscn9489





いつもの場所で、いつものように。





Dscn9493_4

Dscn9499




しばらくだべって、さあ、御手洗を目指しましょう!




って、話なんだけど、われわれはいつものように寄り道。





この後、すぐにご飯なのに、こんなの食べちゃうんだよなあ…




Dscn9506





部長も何やら口にして、ご満悦です。





Dscn9508




もちろんKOOさんも何やらゲット!



Dscn9502





ラーメン部、おやつ食べ過ぎだし!(笑)






そんなこんなで、さあアナゴ丼です。




有名なお店。




Dscn9512




アナゴ御膳。1800ペソ。




Dscn9516





なかなか美味し。



残念だったのは、若い女の子たちの接客。



ヤル気あるん?って感じ。



これじゃあ、近くの「なごみ亭」に負けちゃうだろうな。






さあ、走り出しましょう。




あれ?




なんだなんだ?





Dscn9524




おおっ!



Dscn9520



アビです。



Dscn9526

Dscn9527




 


何度も何度も潜って、捕食してました。



へえ、初めて見たなあ。






海沿いをゆるゆると走ります。




Dscn9534




さっきアナゴ丼を食べたばかりだけど、


おやつも必要です。







路地をどんどん入っていきます。




Dscn9554




で、



Dscn9457





そう、マリちゃんラーメン!





Dscn9542




あっさりした、優しい味。





大人気で、店内は大賑わいでした。





Dscn9541






「ああ、美味しかった!」と大満足。






にやにや席を立とうとしたら、




ここでラーメン部の末席である小生、




人生の厳しさ、ラーメン部の深遠さを思い知らされたのです。






それは、こんな顛末。

 






「おい、HAPPYMANよ」



魔人KOOが低い声で、切り出しました。





「わしゃあ、自転車のこたあ、なーんも言わんで。


走るのが遅うても、坂が登れんでも、何もいわん。

 



じゃがのう。



ラーメン部に、
やってええことと悪いことがあるのだけは、



そろそろアンタに教えにゃあならんのう…」







ふだんニコニコしてる巨漢KOOの豹変です。




縮み上がっていると、彼はこう続けました。







「アンタ、やっちゃあいけんことをやっとらんかい?」




 

 

 

 

魔人のその視線の先には…



Dscn9547
 





おお、一生の不覚!



なんと小生、ラーメンのスープを残してるではありませんか!






ガクッと肩を落とすアタシ。






そんな未熟者に慈愛の視線を投げかけながら、
 



小池部長は「ずずずっ!」っと最後のスープを啜られたのでありました。









うーむ、ラーメン道は深い orz











って、俺、明日、人間ドックなんだよっ(笑)








なぞと大笑いしながら、にやにやダラダラ。






アビに続いて、ウミネコもハケーーン!




Dscn9557

Dscn9558





ちゃう?





 
さらに海沿いをたらたら走ります。




Dscn9569




もうゴールまであとちょっと。
 



であいの館で、いつものやつです。



Dscn9574_2




 
ここにもネコ。



Dscn9582




さあ、帰りましょう。



呉名物のフライケーキ。




初めて行きましたよ。

 


Dscn9584




美味しいねえ。




これが冬場だとたまんないだろうね。



Dscn9589




とゆーことで、今日も楽しいライドでした。





ラーメン部の深淵を垣間見た、



いやあ、奥深い一日でした(笑)。




また、遊ぼうねえ。




急激な増量を求められている方、



あまりに健康で気恥ずかしい方、



どうぞお立ち寄りください。






ラーメン部はいつでも、その扉を開いています。

 


うふふ。





とゆーことで、おうちに帰ると、ヘンな箱が。

1337497394511_2






「また、ヘンなん来たよ、お父さん!」




何だかころっけの眼が厳しい。




Dscn9590_2





あらら…




ホントに来ちゃったのねwww

 


Dscn9591




まあ、この辺りのお話は、いずれゆっくりとゆーことで(笑)




さあ、明日のドックに向け、


フライケーキでも食べよかな。



ぷぷぷ。





68キロ。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

最初のロードバイクは何を買うべきか?の巻

2012-05-15 23:23:04 | ロードバイク

表題のようなお話ですが、さてどーなのか。


まあ、いろんな考え方があるわけなんだけど、

小生は以下のように思うのです。





カーボンフレームを買いなさい!

 

 

以上、終わり!


P01


まあ、ロードバイクに何を求めるかなんだけどね。





でも、楽なのは、やはりカーボン。


アルミフレームは振動をもろに伝えるから、やっぱ疲れちゃう。






Dvc00120







これは、俺の最初のバイク、コルナゴのARTE。


あんまりとゆーか、じぇんじぇん考えずに、店に入って15分後に買ってました。



直進性はよくて、色合いも気に入ってたんだけど、やっぱ重くて、ビリビリする。


これって、長く乗ってると堪えるんだよね。







で、今のデローザのMERAKはってゆーと、これは圧倒的に楽。



相当にレーシーなフレームで、ガチガチの高剛性なんだそうだけど、


それでもARTEに比べれば、相当にコンフォタブルっす。





カーボンフレームってこと以上に、カーボンハンドルが効いてるのかな。





Dscn9298




で、思うに、フレームは最大限奢って、素性のいいカーボンフレームに。






後は、ロードバイクにはまるようだったら、

コンポやホイールをレベルアップしていけばいいんだよね。








ここ数年で、3割ぐらい安くなった気がします、実際。



今や、カーボンフレームの完成車が15万円切る値段であるもんね。



まあ、そーゆーのは、それなりではあるんだけどね。







で、個人的なおススメとゆーとね。



やっぱコルナゴかなあ。






とりあえずCLXでも買っておけば、誰も文句は言わないでしょ。




B04






まあ、なに乗ってたって、文句言われる筋合いはないんだけどねwww





これも定価なら、フレームだけで270000ペソぐらいするけど、




海外通販だと、それだけ払えば完成車が買えちゃう。







で、ロードバイクが楽しくなってきたら、ホイールも変えちゃえばいい。



コンポはシマノ派もいればカンパ派もいるから、人それぞれだけどね。








小生の場合、周囲の先達にカンパ派が多かったこともあり…

 


とゆーか、俺、ぶっちゃけカンパ好きだよね、基本。




だって、ベルサーチ好きだもん(笑)







もちろんデローザもお勧めします。



848だと、何だかいろいろ言われそうだから、



ここはIDOLかなあ。




Idol_gold







フレームだけで357000ペソってのは、



ファーストバイクとしては、ちと高いか…


 


コストパフォーマンスは悪いかもしれないね。





ただ、希少性は高いよ。



DEROSAなんて、滅多に見ないもん(笑)



 

コスパでゆーと、GIANT、TREK、FELT辺りかなあ。



この辺りの30万ペソレベルの完成車って、



イタリアンブランドの50万ペソに匹敵するよね。





それはそれで正しい選択だね。



21071



これはTREKのMADONE 5.9


フレームが240000ペソ。



この色合い、いいよね。


さわやかな感じがする。




うちの青江三奈こと、MERAK君とは大違いだなww



最初はこれに安いコンポ付けて、徐々にアップグレードしていく、と。



いやあ、いい感じだね。





まあ、一番のプッシュは、PROGRESSに現物が置いてある、

 



TOP長 525ミリのこれだけどね。



アルテグラで23万ペソぐらいだったかなぁ。


かっちょいいよ、コレ!






Ph_izoard_fluo



とゆーことで、


Aカメラマン、Iメディアマン、早くこっちの世界においでなさい。




いろいろ走って遊ぼうゼ!

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

しまなみは今日も美味かった!の巻

2012-05-12 23:20:00 | サイクリング

 

前日深夜、しまなみ行きが決定。


大量飲酒でコンディションはよくありませんが、レッツゴーでござんす。



今日のしまなみ、さあ、どうだったかな?




Dscn9327

 

 

とゆーことで、プリちゃんにメラク君を積み込んで出走。

 

 


Dscn9258

 

 

 

 

目的地はここです。



Dscn9260
 

 





今日のメンバーはTRUEBOWさんとシリウスさん。



 
二人とも初めてのしまなみ海道。



上手にご案内しなければなりません。

責任重大です。


特に、シリウスさんはおなかが空くと、テキメン動きが鈍くなります。


スイーツなどの補給ポイントは最重要課題です(笑)



Dscn9265



ぱしゃぱしゃ写真を撮る二人。



俺も初めてのしまなみでは、撮りまくったなあ…


Dscn9271


Dscn9287





多々羅大橋で鳴き龍を乱打です。



お約束www


Dscn9274

Dscn9278

   




 

 

 

おっ、シリウスさんが何やら怪しい動きを!







Dscn9279


カメラが向けられた先には、このようなものが鎮座。

Dscn9280

 

 

 

ミリタリー系に造詣が深いシリウスさん、大喜びです。




記念撮影を強行するシリウスさんwww




Dscn9281




そういえば、今、しまなみ海道は無料なんだよね。





料金箱に入れるのが正直めんどくさいので、朗報です。



往復で1000円って感じで払えればいいのになあ。







Dscn9285






いつもの場所で、いつもの記念撮影。


Dscn9292

 

 



で、いつものブツwww



Dscn9296




宮窪の坂を登ると…



Dscn9308

 







さあ、来島大橋です。


Dscn9314




しかしまあ、来島大橋はいつも綺麗だね。



Dscn9334

 

さあ、昼ごはん。

 



Dscn9342




ここでもいつもの来島御膳。


釜飯は鯛釜飯にアップチャージで、1975円です。





Dscn9337

 

ああ、美味しい。


ちょっと量が多すぎるけどね。





さあ、帰りましょう。




帰路、宮窪の坂はシリウスさんを苦しめます。



頑張れ、頑張れ!




Dscn9347




「やってらんねえよ!(怒) グビグビ」






Dscn9355


 

そんな声が聞こえてきそうですwww 




しかしまあ、息の合ったお二人ですな。



Dscn9360


例のスポットで、さらに撮影。



Dscn9362



何だかこの辺、「シリウス、しまなみを行く」って感じですな(笑)




さあ、戻ってきました。



ここは欠かせません!



岡哲商店のコロッケ。


Dscn9366




そして、八朔大福。



Dscn9368



カロリーを気にする女子たちに無理矢理食べさせます。




これが、HAPPYMANのしまなみ海道です!(笑)




とゆーことで、楽しいサイクリングでした。



AVEはなんと19・5キロ。



実に平和です。




これからも、サイクリングで太りたければ、ぜひご用命ください。



うふふ。









そういえば、リアディレイラーがおかしくなったので、CSPで直してもらいました。


Dscn9373




大事に乗らなくちゃいけませんね。




93・8キロ。


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加