HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

ゆけゆけ、サイクルトレイン!の巻

2011-09-24 21:55:49 | サイクリング

三連休の中日は、

ローディーの聖地、「しまなみ海道」へ行ってきました。

 

って、先週も行ってるじゃん!なんてツッコミはなしにしてちょ。

 

今回は新趣向なのだ。

 

じゃーん!

 

110924_008

 

サイクルトレインなのだぁ! 

 

 

 

広島から尾道まで、

JRの特別列車を仕立て、自転車をそのまま載せてくれます。

 

http://ep.nta.co.jp/hiroshima/shimanami.pdf 

 

 

広島駅に集合。

 

110924_001

 

 

通路を通って…

 

 

110924_002

 

 

エレベーターに乗って…

 

 

110924_003

 

 

ホームに登場!

 

いやあ、ホームに自転車って違和感あるねぇwww

 

 

110924_005

 

バイクを括り付けて、さあシュパーツ!

 

110924_017

 

 

それにしても、1両に俺たち3人だけ。

 

あまりにも優雅な旅でございますな(笑)

 

 

110924_011

 

  

約2時間の後、尾道到着。

 

110924_019

 

 

出迎えの駅員さん、ありがとうございます。

 

 

ここからは、いつものしまなみの旅。

 

 

渡船で向島に渡り、さあ、出発です。

 

 

110924_022

 

 

今日の相棒は、BORA店主とpuchimetaさん。

 

 

110924_053

 

 

いずれも健脚の持ち主なので、

小生、一生懸命頑張らねばなりません。

 

 

110924_068

110924_069

 

 

  

お約束の「ドルチェ」。

 

 

今日はシャーベット「尾道の桃」でやんす。

  

110924_036

 

これはヒットだ。

美味い!

 

  

それにしても、

橋の上からはいつも絶景であります。

 

 

110924_044

  

伯方島の道の駅で休憩し、引き返す私たち。

 

???

 

110924_049 

 

それって、先週のしまなみアイランドライドと、

まったく同じ行動なんですけど…

 

まさにデジャブである。

そして俺はデブである(笑)

 

 

 

 

食事は、少し戻って多々羅大橋の道の駅で。

 

 

110924_059

 

海鮮丼。

 

特筆すべき事項はありません、フツー(笑)

 

 

 

帰り、瀬戸田の「しおまち商店街」へ。

 

これまた定番の「岡哲商店」に寄っちゃうのさ。

 

 

110924_071

 

  

何を食べるかとゆーと、これ。

 

110924_072

 

ハイテンションなおばちゃん、しまなみの名物です。

 

110924_075

 

  

 

さらに、はっさく大福を求め、

因島大橋のたもとで少しヒルクライム。

 

たどり着いたんだけど、もう終わってました。

 

はっさくがもう、ないんだってさ。

 

 

110924_079 

 

肩を落とすわれわれを可哀相に思ったか、

お店のおじちゃんが「ほれ、コレ食べろ!」って、奥からなにやら。

 

110924_082

 

 

甘夏が入った餡の部分。

 

110924_084 

 

いやあ、こりゃ、美味いわ。

 

 

次は絶対に何とかしよう!

 

  

 

てなことで、しまなみの旅は終わり。

 

 

と、なりところが、

puchimetaさんが何やら怪しい動きを!

 

 

とことこ走って行っちゃうわけですよ。

 

しょーがないから追い掛けたら、いやあ、坂ですよ。

 

 

これ、千光寺ちゃうん!

 

110924_100

 

  

何が悲しゅうて、100キロ走った後にヒルクライムなの…

 

「異常である」と、

私はここに雄雄しく断定したい!(笑)

 

110924_097

 

  

てなことで、よーく遊びました。

 

 

帰りの車中も楽しかったなあ。 

 

110924_123

 

 

お二人は来週、淡路島一周のセンチュリーライドに出られるそう。

 

いやあ、凄いなぁ。

 

 

で、俺も出ようかな… 

 

ぷぷぷ。

 

 

まあ、それはともかくロードバイクは楽しいね。

 

 

サイクルトレインは、

がっつり走りたい人にはちょっとダイヤが不向きだけど、

ビギナーには親切だよね。

 

ビギナーの端くれとして、俺もお世話しますので、 

皆さん、一緒に走りましょう!

 

 

 

110924_086

 

昨日は95キロ。

今日は115キロ。

 

 

「お前さん、何になろうとしてるんだい?」 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車徘徊でやんす、の巻

2011-09-23 20:55:27 | サイクリング

晴れ渡った秋の空の下、よろよろと走ってきました。

暑くもなく寒くもなく、サイコーのサイクリング日和。

 

 110923_059

 

 

こんな日は滅多にない。

逃すわけにはいきません。

 

山へ、海へと、にやにやぶらぶら。

 

 

 

 

 

 

何も決めずに家を出て、まずは北上。

 

幼馴染Sとご飯を食べようと思い付き、

その前に腹を空かせるべく、太田川を上ります。

 

 

110923_055

 

 

 激突?! 落車?!

 

 

いや、そうではなくて…

 

 

110923_056

 

 

転ばないように、よーくお願いしておきました。

 

 

自宅から25キロ、筒瀬の先の赤い橋で折り返します。

 

 

110923_062

 

 

Sと合流。

 

私たちの思い出の道、

いわゆる30年以上前の通学路を走りながら、GO! WEST!

 

 

阿品台の坂をひーこら登ると、これが待ってたよぉ!

 

 

110923_066

 

「吉招」の骨付鶏。

これは若鶏だね。

食べやすいようにカットしてもらいました。

年寄りだからね。

 

 

こっちは親鳥。

 

歯応えあり。

 

110923_065

 

 

いずれも美味ですなあ。

 

奥さんも可愛いし(笑)

って、毎回書いてる。ぷぷぷ。

 

 

おっさん二人、満腹で上機嫌のまま、

「いやっほー!」とばかりに宮島口までダウンヒル。

 

 

で、これが待ってます。

 

110923_068

 

今日は、瀬戸内みかんと巨峰のMIX。

 

そして、こう明確に申し上げたい。

 

 

「緑井の西村ジョイよりははるかによろしい。

しかし、もち吉の方がずっと美味い。」 

 

力みかえって言うほどのことでもありませんが(笑)

 

 

 

アラフィフの自転車散歩。

すでに徘徊に近いのでありますが、〆はやはりこれだね。

 

 

110923_070

 

そう、スーパー銭湯でやんすよ。

 

五日市の「ほの湯」。

 

 

「ひーーーー!」

「ほぇーーーーー!」

 

おっさん二人、喜悦の声を上げながら、

至極の時を楽しんだのでありました。

 

自転車徘徊、今日は95キロ。

 

明日はサイクルトレインで、2週連続のしまなみ海道に向かいます。

 

http://ep.nta.co.jp/hiroshima/shimanami.pdf 

 

何ぼほど自転車好きやねん!って感じですが、

まあ、昔っから「ほどほどがない人」なもんで。

 

 

消費カロリー以上に摂取しないことに留意して、

 

じゃあ、行ってきまーーす!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

理系、文系…の巻

2011-09-22 12:09:45 | 本と雑誌

最近、毎日1冊のペースで、

東野圭吾の「加賀恭一郎シリーズ」を読んでいる。

「卒業」

「眠りの森」

「どちらかが彼女を殺した」

「悪意」

「私が彼を殺した」

「嘘をもう一つだけ」

「赤い指」

「新参者」

「麒麟の翼」

 

こんなラインナップですね。

 

E0af4a06421939bbfbf3111d9cf2cce0

 

なかなか面白くなってきた。

 

 

今ごろ東野圭吾かい!って向きもありましょう。

 

いや、これまでも東野作品の大半は読んできたんだけど、

加賀刑事シリーズをあらためて最初から読むってのが面白くてね。

 

とゆーのも、東野作品ってのは初期、いわゆる「文学」って感じがしない。

これ、あくまで俺の感覚ですよ、悪しからず。

 

862

 

 

推理小説である以上、トリック重視なのはわかるけど、

そこに力点が置かれるあまり、何だか「設計図」っぽいんだよね。

「パズル小説」ってゆーか。

 

叙情的なさまざまな文学的表現に、敢えて背を向けている感もある。

理系の人が書いた「作品」って風に、ずっと思ってました。

実際、大学は工学部だし、勤務先はデンソーだったんだもんね。

 

典型的な文系とゆーか頭が悪い俺は、トリックの辺りは流し読み。

作者には申し訳ないんですけどね。

 

ただ、最近の作品は感情をたんねんに描いたり、社会性を帯びたものが増えてきた。

そうなると、俺好み。

加賀シリーズでも「赤い指」なんてのは今、夢中になって読んでる。

 

で、理系、文系なんだけど、

あたしゃ、文系とゆーよりもとにかくメカ嫌い。

とゆーか深く考えることを忌避している。

その辺がちと情けない。

 

今はまっているロードバイクにしたって、

耳学問的な知識はあるけど、整備だの何だのは思考の外です。

その辺がロードバイクの楽しみでもあるらしく、

何だかもったいないことしてるみたいだね。

 

 

実際、ロードバイク愛好家って、理系っぽい人が目立つような気がします。

コンピューター関係とかお医者さんとか。

 

小生の周囲は少なくともそうだなあ。

DIYの気性に富む方が多いんだよね。

まあ、文系=ずぼらってわけじゃないんですけどね。

 

 

Ts380282

  

 

論理的思考ってことでいえば、職業的には鍛えられていると思う。

ただ、日常生活の中では、あんまり頭を使いたくないって感じもあります。

 

面倒なことは仕事だけにして!って感じ。

 

自転車仲間さんとつるんでるときも、いつも「判断」はお任せ。

仕事となると、あらゆることを仕切ることが多いのですが、

そういう意味では、俺はON・OFFがものすごくはっきりしていますね。

 

まあ、現在、仕事はあんまり面倒じゃなくなったので、

会社でもあんまり頭は使ってない。

バカになる一方なんだけどね(笑)

 

わが家を振り返ると、奥さんも文系っぽい。 

さて、うちのショーネンなんてのはどうなのかなぁ?

理系なのかな、文系なのかな?

 

21786413_m

 

 

 

まあ、理系だの文系だのって論議こそ、あんまり意味がないのかもしれません。

人間、括れるもんじゃないからね。

 

 

だからどっちでもいいけど、

今のうちにいろいろ頭を使って、磨いておいてもらいましょう。

この年になると、劣化が著しくて悲しくなることばかりですからねww

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しまなみアイランドライド!の巻

2011-09-19 10:47:24 | サイクリング

しまなみ海道ってゆーと、

ふだんしょっちゅう走ってるんだけど、

大きな大会に参加するのも面白いかな、と。

 

しまなみアイランドライド2011を走ってきました。

 http://www.tv-osaka.co.jp/shimanami/

 

まあ、いつ走っても面白いや、しまなみ。

 

110918_067

 

 

って、ソフトかいっ!(笑) 

 

 

 

 

一緒に走るのは、炎の料理人さん。

 

今回ビンディングデビューでやんすよ。ふふふ。

 

雨模様の中、プリちゃんに2台を積み込み、GO!

 

しかし、いきなりSTOP!

 

ラーメンです。鯖寿司も食っちゃった。

 

 

110918_849

 

  

 

この日は三原泊。

尾道の宿が一杯だったんだよねえ。

 

 

雨の中、前日受付を済ませるアタシたち。

炎の料理人さんは一式を忘れる、脱力っぷり。

いやあ、ゆるい感じでいいよね。

 

 110918_016

 

絹代さんと安田大サーカスの団長ですね。

 

 

夜は、二人で「おばんざい うさぎ」へ。

 

我が社の前三原支店長のお勧めである。

 

 

110918_852

 

まあ、金ちゃんの好きそうな茶色のものがわんさか。

 

こりゃ、ええわ(笑)

 

 

てなことで、大量にカロリーを摂取した前夜祭でありました。

 

 

さて本番の翌日。

 

いきなり、「ぎゃあー!」でありますね。

 

「レーパン、忘れた…」 

レーパンの下に履く、スキンズのスパッツを入れたもんで、

レーパンを入れ忘れちゃったようだ。

 

スキンズは当然、パッドなし。

 

「ええーーー。100キロ、パッドなしぃーーー?」

リタイア、あるいはDNSが頭をよぎる私であった。

 

前日にはあったさまざまなグッズのブースも当日はなし。

レーパンは買えず、そのままスタートでやんす。

 

ガクガクブルブル。

312131_210775475652766_100001609440

 

 

参加したのは、伯方島コース。

まあ、100キロなので、まるで緊張感はありません。

だから、何かやってないと身が持たない。 

 

時折、キレたようにダッシュ。

40キロぐらいで巡航したり、

橋へのスロープを一生懸命登ったり。

 

110918_059

 

 

 

そして、ソフトクリームを食べたり(笑)

 

110918_051

 

「お前さんのメインイベントは、いつもソフトかい?」

 

 

死んだお婆ちゃんに小一時間問い詰められそうな、そんなアタシです。

 

 

エイドは充実してましたよ。

昨年、いろいろ言われた反省かな。

 

ボランティアの皆さんにはホントに感謝です。

 

 

110918_041

110918_043

110918_054

 

 

お昼は伯方島の道の駅で、たこ飯など。

 

 

110918_047

 

いい感じだよね。

 

 

前日の土砂降りから一転、薄日が差すサイクリング日和。

蒸し暑かったけど、雨よりはずっといいよね。

 

 

110918_039

 

  

少し慣れて、カメラをいぢろうとする炎の料理人さん。

 

そしてこの後、お約束。

 

交差点で立ちゴケですぅ。

しかも車道側に。

 

さすがに写真は撮りませんでしたが、

まるで何もなかったかのようにムックリ。

素晴らしい!

 

 

110918_057

 

どっかのエイドで、知らない方に論評されるメラク君の図。

 

乗ろうとしたら、いろいろとくっちゃべられているので、

恥ずかしくて近寄れず、モジモジしてますたよ、あたしゃ。

写真は押さえるけど(笑)

 

  

午後になると、晴れてきましたよ、完全に。

いやあ、よかったよかった。

 

110918_084

110918_100

 

 

 

そしてもちろん、「旅」はまだまだ終わりません。

 

これ。

 

 

110918_064

 

見覚えのある方は多いでしょう。

 

110918_065

 

イタリアンバニラでございますなあ。うふふ。

 

あえて柑橘系を外す、プロの技ですな。

って、その前に喰ってただけなんだけどね。

 

これで、「ワンライド、2ソフト」のマニフェストを実現。

いやあ、楽しいなあ(笑) 

 

110918_066

 

 

 

 

さて、最終盤。

 

沿道の声援を力に坂を登ります。

 

 

110918_089

 

 

そして感動のゴール!(笑)

 

110918_101

 

 

いやあ、楽しかったなあ。

 

297721_210777155652598_100001609440

 

 

しかし、「旅」はさらに終わりません。

 

駐車場への道を間違えた我々は、島内で迷子。

ムダに坂を登ることに。

 

 

110918_098

110918_099

 

やっぱ、絵になりますね、料理人さんは。ぷぷぷ。

 

 

それにしても、楽しかったなあ。

 

いつも走ってるコースでも、

イベントとなると、また違う楽しさがあるね。

 

またみんなで行きましょう。

 

来年は190キロの「水軍コース」だな。

 

制覇するぞ、料理人さんと!

 

 

いやあ楽しみだぁ!(笑)

 

 

100キロ

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

バイバイ、サンデー!

2011-09-18 22:19:39 | イングリッシュ・コッカーたち

このブログに度々登場してくれたサンデーが今日、その生涯を閉じた。

  

2006_135

 

 

ころっけのいいなずけでわが家の大切な客分だった。

彼が結び付けてくれた「縁」は多岐に及び、私の大切な財産となった。

 

サンちゃん、ありがとう。

よく頑張った。

 

サンデーを知ったのは2003年のこと。

東京から広島に帰り、ころっけが家族になり、

「トランクイロ」っていうドッグカフェで出会ったんだよね。

 

落ち着きのないころっけとは正反対。

ジェントルでノーブルな彼だった。

 

 

Dvc10319_thumb

 

あれから8年。

 

サンちゃん、いろいろ遊んだね。

 

ブログを辿ってみると、サンデーが主人公の記事だけでこんなにある。 

 

http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20051216

http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20060120

http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20060206

http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20060227

http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20070319

http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20080127

http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20090925

http://blog.goo.ne.jp/19960408/d/20100523

 

 

こうしてあらためて振り返ると、

彼との交情は、わが家の歴史とぴたりと重なり合う。

 

 

Dvc10176

  

 

922_025

 

 

紡いでくれた「絆」がほころぶことはないでしょう。

 

 

俺のことがちょっと好きで、

呼ぶと恥ずかしそうに近寄ってきてくれたサンちゃん。

 

奥さんもショーネンも、ころっけも、みんな忘れないよ。

 

 

ありがとう、サンデー。

君は本当にいい奴だった。

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加