trushbox

コンセプト・デザイン 再構築中。。。

ハロウィンかぁ。

2012-10-31 12:38:44 | Free


今年もハロウィンがやってきましたなぁ。


まあいつがハロウィンか??


・・・ってコトすらわかってない方も多いかもしれないくらい。。

まだ日本に馴染みきれてない部分多いのかもしれない。。(笑)



ホントはー今日の晩なんだぞぉぉー(爆)



そしてキリスト教に直接由来してるものではないんだぞぉー(笑)



まあ日本で言うとこの。。お盆みたいな??

・・っていうとナスとキューリの馬とかか??・・・


それがカボチャのランタンになったと想ってくれい。(爆)



そぉいえばわかりやすかったかね??((*≧艸≦)ププ…ッ(爆)




それはさておき。


まあ賑わいを本来見せるハズのハロウィン。


でも本場のアメリカは

ハリケーン『 サンディ 』の被害でそれどころじゃない
地域も多いと想う。


特にニューヨークやボストンなどの東海岸の地域。


自分も留学先だった場所だし。

未だにその学校にいて研究されてる方や
恩師。知り合い。友達も多くいる。

仕事絡みの知り合いもNYにはいるし。


連絡したけど連絡とれない方もいるしねぇ。。。


あのNYの街が停電で。

明かりが消えてしまうって惨事は
自分の記憶にあるのはテロのときに
一気に明るさを失ったのはあったが
それ以外では記憶にあまりない。


都市機能も被害を受け。

直撃で被害も報道されてる数字を見る限り。


あのようなハリケーンの被害をよく受けていないだけに
被害も大きくなってしまったのかな。。と。



ホントこれ以上の被害が増えないコトばかり
願うっす。。。




お祭り騒ぎにあんまりなれない気分だねぇ。。(;´▽`A``。。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反省なくして。

2012-10-30 01:20:17 | Free


『 反省なくして。成長なし。 』



人はモノゴトを行ったりする際に

失敗してしまうコトは多いにある。


失敗してしまったコトは恥じるべきではなく。

同じ失敗を繰り返さないように
次にその失敗を踏まえて。

しっかり反省して。その先を考えた上で

次の行動に生かしていくってコトが

成長に繋がるモノだと想う。



しかしながら。


立派な大人であろうハズの政治家の。

しかも日本という国の首相が。。。


反省もできないのかね。。。
って想うと非常に嘆かわしい。



昨日の臨時国会開会しての衆院での首相の所信表明演説。


自分の過去の言動や行動。

施策などの反省が全く見えず。


勝手に未来に付け替えて。

『 明日への責任を果たす 』とのキーワードで

具体的な内容に乏しく。


1日でも長く。政権にいたいんですって
ことばかり謳っていた。



野党時代に批判し続けて。

いろんな政策課題の議論や進行に妨害しつづけ。

結果。自分らのアピールに終始してきた民主党の皆様。


ブーメランのように政権とったら
同じコトをされるのは必然であるし。

無策で。人材難で。

まったく実現性のないマニフェストの内容を
ムチャに進めようとしたあまりに。

ボロボロになってしまったのも事実でしょ。


それを今になって。

進めたい政策課題が進まないのは
野党とかのせいにしてしまうのは。

結局政権与党が
審議を推し進めるべき主導的立場であって。


野党が解散と言うのは
直近の民意を問うた選挙の結果を踏まえた上での
要求のひとつであろうし。


国民生活を人質にとって政争に終始するのは
辞めましょうっておっしゃるのならば

本来主導的立場にある政府・政権与党の側に
責任があるでしょ。



お互いのいい政策をうまく調整して
いい政策に仕上げて実行すべきであって。


どっちが優位性あるか??

ってしてるのは民主党の側だ。



それに気がつかず。

内閣改造やら首相交代したって
反省のひとつも。言葉以外でないのは明白。


実利の伴わない言葉だけの反省は意味がない。


もぉ言葉のゴマカシに終始するのはやめてほしいし。


言葉の使い方のみ上達する成長は辞めましょう。




反省ばかりしてても成長はできないが。

反省もできないならば成長はまったくできないと想うぞぉ。



日本はますますダメになっていきそうだ。。


このままだと。。。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カッコイイ最敬礼。

2012-10-29 10:40:06 | スポーツ


世の中。

人に対して敬って。敬意を払う。


これが出来るか?できないか??


ってその人物の評価とか人間性を
見られる時に。大きな差になって出てくるモノかと。


ほんのちょっとした気の遣い方とか。

敬意の払い方って。


ホント見てても。受けてもうれしくステキに想うモノかと想う。



それがちゃんとココロを伴ったモノでなければ
真に意味を為さないけども。




その前置きはさておき。


昨日。


日本の中央競馬。東京競馬場(東京都府中市)で
第146回天皇賞(秋)というレースが開催された。


開催回数を見ての通り
歴史もあり。1905年から続く歴史もある。

そして日本の象徴でもある
天皇陛下の賞という名誉も伴う立派なレースのひとつだ。


もちろんG1レースに格付けされている。


春と秋に天皇賞があり。

春は京都競馬場で3200m。

秋は東京競馬場で2000mのレースだ。


当初は菊の御門の入った御賞典という銀製の花器を下賜されていたが。
戦時中の貴金属の不足に伴った影響で
これ以降天皇賞は盾を贈られるようになったコトを由来として
天皇賞のコトを『 盾 』と称するコトもある。


歴史も名誉もあるレースなのだが。


今年は日本に今のスタイルの近代競馬が発祥してから
150年という記念の年にもあたっていて。


天皇陛下が天皇賞を現地でご覧になられる
天覧競馬の開催にも相成ったレースでもあった。


天覧競馬も。今回が7年ぶりというくらい
あまり行われるコトもないくらい珍しいコトだったり。


それだけ今年は意味合いが深いレースになったのも
事実としてあったワケなのですが。



レースは・・・

詳しく書くと実況になってしまいそうですし。。。

専門用語など飛ぶとわかりずらくなるので
一部省略しつつ書くと。。。


最後の直線で4コーナー後方から内側を通って
突き抜けたエイシンフラッシュ号が

レースを先行して大逃げを仕掛けた
シルポート号をかわし。

3歳の有力馬でこのレース1番人気の
フェノーメノ号の追撃をかわして優勝した。


レース自体の細かいカケヒキとか
展開の妙は各所にあったのですが。

細かく書きすぎるとホント専門的なりすぎますので。。(爆)



実際にもスタジオのテレビで自分はオンタイムで見ていたが

G1レースだけに見応えいっぱいあるいいレースだったと想う。





だがレースの後のウイニングランで
勝ったエイシンフラッシュ号に騎乗していた
イタリア人ジョッキーのミルコ・デムーロ騎手(33)。


正面スタンドの前まで馬を駆け出して
勝ち名乗りを行っていた途中。


馬を馬場上で降り。

馬の手綱を引いて。ヘルメットを脱ぎ。

片足を立てて跪き。

観戦されていた天皇陛下に対して
最敬礼を行ったシーンがあったんだよね。。。


外国からいらした方だけあって
騎士のようなかっこよさもあって
すごくステキなシーンだったんだよね。。。




本来馬に故障などの異変などない限りは
馬場上での下馬は規則上ダメなんだけども。


デムーロ騎手はあえて正面スタンドの天皇陛下に向かって
最大限の敬意を示すことを選んだ。



デムーロ騎手は日本の競馬も日本も好きと公言して
毎年のように短期の騎手免許を取得して来日してる方だ。


若い頃から日本に来てたのもあって
ホント親日家であるのもよくわかるし。


2011年のドバイワールドカップでも
日本の競走馬ヴィクトワールピサ優勝したり。


もっとレアなコト言えば。。。
日本の競馬新聞(専門誌)も読めてしまうってくらい。。らしい。。(笑)



日本のコトをよく知り。
日本のコトを大事に。スキになってくれてる方だからこそ。


日本の象徴でもあられる天皇陛下に最敬礼したいと
想ったのだろう。。。


なんて人としても素晴しいことなんだろうね。。。


また絵になるから。。。かっこよすぎるじゃねーか。。。(笑)



それに対して。
天皇陛下も拍手と手をふってお応えになられてたのも
敬意に対してと。優勝に対しての賞賛を
惜しみなく表されたコトであろうしね。


ステキなシーンだったと想う。



まあ世界で見渡しても
王室がある国も多くない。

その中でも著名なロイヤルファミリーのひとつでもあろう
日本の天皇家なんだし。

その天皇の賞であるのは
最大の名誉のひとつであるってのも事実だろうね。



それにまあ。。

あまり細かく言わないが。
いろんなご意見があろうが

日本の天皇は
日本の象徴のひとつであられるし。

文化的にも。日本人の精神性の中でも
大事な存在であるのは事実だと自分は想う。


それを最大理解して。

天皇陛下に対しても。

その先にある日本といく国全体に対しても

大事にして。最大限の敬意を払っていただけたってのは
ホントに感謝に耐えないし。感動って言葉しかない。



ココまでかっこよく??

日本人が最敬礼できるか??


・・ってのは疑問だけど。


こぉいう人間性はぜひ自分も持ちたいね。。って想う。



ついでに言えば。。

こんなカッコイイ振る舞いも願望として
ありたいわぁ。。。(*ノωノ)キャー(爆)



↓ 動画はコチラ☆


ミルコ・デムーロ、天皇陛下の前で跪いて礼をする


ミルコ・デムーロ、天皇陛下の前で跪いて礼をする







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オモテとウラの本音かね。

2012-10-28 09:57:07 | Free


『 驕れる者久しからず。。。』



とはよく言ったモノで。



まあ立場もあがって。

注目もされて。売上なども好調な会社の社長とかが。



ツイツイ自分の立場を見誤って。

思い上がってしまうってコトも事実多いよね。




そんな話を見つけた。




客に「お前みたいな奴は二度と注文しなくていいわ」 ZOZOTOWN社長暴言ツイートで謝罪(J-CASTニュース)




記事の要旨はこんな話だ。


ネットの簡易ブログ・ツイッターで。

ZOZOTOWNで買い物をした女子高生のユーザーが
このようなカキコミをしたそうな。


『 1050円なくせに送料手数料入れたら
1750円とかまじ詐欺やろ~ ゾゾタウン 』

と。


商品代金が1050円で送料手数料が700円もかかったと。


まあ女子高生くらいならば
毎月自由に使えるお小遣いやらバイト代って少ないのも事実でしょ。

だから結構痛かったのも理解可能。


そぉ書き込んだら。。。



ZOZOTOWNの社長・前澤友作(36)さんがこのカキコを見たそうで。

10月20日にこのようなツイートをされたそうだ。



『 詐欺??ただで商品が届くと思うんじゃねぇよ。
お前ん家まで汗水たらしてヤマトの宅配会社の人が
わざわざ運んでくれてんだよ。
お前みたいな感謝のない奴は二度と注文しなくていいわ 』



そしたら。。まあ炎上したそうで。。



『 送料が高いというのなら、安くする方法を考えればいい。
いずれ商品の価格ラインを下げていくときが来るんだから。
そうしないと伸代もないよ、、』


『 送料込みで1750円のものが、
なぜ1050円と捉えられてしまったかを考えるべきじゃないですか?
企業がユーザーに感謝できる体験を与えるべきです 』


などの意見や。


『 何と口の悪い社長。ゾゾでは絶対買い物しない 』


『 ゾゾタウンって、
お買いあげいただいたお客様に感謝の言葉どころか
罵倒する会社なんですね 』


『 実際に荷物を届けたことないのに、
ヤマトをダシに語るな。ヤマトにあやまれ 』


などの批判も食らったそうで。


カキコミしたユーザーはアカウント削除してしまったそうだし。



その炎上を受けて。

社長も謝罪したそうな。



『 私の未熟さにより
多くの方に不快な思いをさせてしまいました。
反省しています。申し訳ございません 』


『 今回の件につきまして、
皆さまから頂いたご批判、ご叱責のお言葉を真摯に受け止め、
一人の人間として、一人の経営者として、誠実に品格を持ち、
全ての方々に感謝することを忘れず精進して参ります 』


『 私の軽率な発言により多大なご迷惑を
おかけしたお相手の方に心よりお詫び申し上げます。
それでもZOZOを利用してくださるという内容の
ツイートをしてくださったことを知り、
改めて自分の未熟さを痛感し恥じるとともに、
経営者としても、さらなる顧客サービスの向上に全力で努めて参る所存です 』


『 最後に、いつも当社を応援くださっているお客さま、
取引先の皆さま、株主の皆さま。
皆さまの失望と不安を想像すると胸が痛みます。
もう一度皆さまに信頼していただけるよう、
そして皆さまとのつながりが消えぬよう、必死にやり直します。
今後も叱咤激励のほどよろしくお願いいたします 』



と謝罪を繰り返したそうだ。



(※ J-CASTニュース様の記事より拝借しました。感謝。)




まあ聞こえのいい謝罪を後から行っても。

ホント言葉通り『 後の祭り 』なんだよね。。。




きっと本音は勢いで書いてしまった方で。


後から自分の行った行動にえらい反響がありすぎて。

ネット通販をやってる会社からしたら
ネット環境の中での不評っていうのは
死活問題に繋がりかねない重大なヒューマンエラーだったと。


だから保身に走って
その後反省したって立場なども踏まえての行動で。

建前論でしかないって思える。



1050円でもお客様はお客様だし。

1050円に送料や手数料が掛かっても
尚。利用してよかったなと想える満足を提供するのも
企業サイドの勤めでもあろう。



お客様がすべて言うことが正しく。
お客様が必ずしも偉いって発想では全くなくて。


お客様がフト想うコトに対して
真摯に受け止めて。

そぉいう意見も一部あるんだなって理解して
できるだけそのお客様の声に添えるような努力をして
説明やアナウンスすることも
企業努力のひとつではないかね??



いろんなお客様が世の中にいて。

10人10色だと想うわけだ。


中には

『 お客様は絶対的に神様で。偉いんだ 』って
発想の持ち主だっておろう。


神様でもないし。偉いワケでもないケドね。。(笑)



ただ。

そぉいうお客様もいて。クレーマーになられかねない
現実も踏まえた上で。


そぉいうお客様を刺激しない接客・対応をすべきだろう。



単純にクレームをつけたいお客様は
事実を的確に言った上で。

ご理解されない場合ならば
お断りせざる得ないって対応も必要になると想う。



でなければ
すべてお客様の声を受け入れざる得なくなり。

企業として存続し得ない環境に陥ってしまうのも事実だろう。




きっとネットというツールで
実際の商品が送られてきて。それを手にして。

その商品で一喜一憂してるネット通信の先の
お客様の顔が見えてないからこその

このツイートの暴言だったと想うね。この社長さんは。



自分の会社の成長で
自分の立場も偉くなったとカンチガイされて。


『 たかが1050円の買い物 』って発想だったのだろう。


それで『 たかが1050円の買い物で客ぶって偉そうに 』って
本音が出たんだろうと想う。


そして本音や人間性として
あのような言葉遣いをしてしまうってモノが
根底にあると想われても仕方ないコトまでしてしまった。


経営者として大失格だね。



いくら後で謝っても
根底にこういう人間性や本音があるって知ってしまった以上。


その信頼回復の道のりって
行動で示していくしかないのだろうし。


ツイッターのあの謝罪だけでは
不十分すぎると想うワケだ。




行動の伴えない謝罪は
謝罪ではないし。意味を全く持たない
ただの聞こえのいい言葉だとしか想えない。




今後の行動や言動。会社の姿勢などで
その信頼回復がホントにできるか??

って大問題であろうし。

今後の会社の命題になってくると想うね。




たった10円のうまい棒ってお菓子だって
作り手(メーカーの皆様)は手を抜いて作ってないし。


たった10円だろうと感謝して
買ってもらって喜びを感じる人がいっぱい世間ではいるんだ。


買う人のキモチや環境だって様々。
年齢層だっていろいろでしょう。


メーカー・小売店・それを運ぶ人だって
いるんだし。


それが世の中のつながりになって

全体の幸せに繋がってるモノだろう。



そして買う方も。

たった10円でも。おいしく満足できるって
実感があるからこそ。買うんであって。


その価値がなければ。
たった10円でも支払うことはしないでしょう。



金額云々ではないし。


価値や満足度というのはそれも人それぞれ。


すべての人にその価値と満足をって言うのは
企業とかの大命題で。どの会社でも同じことだろうけど。


それがホントに実現できるか??

って言われると難しいし。完全にはできない。



でも。

完全にできなくても。

多くの人の幸せに繋がるコトを
大事にがんばっていくって姿勢も大事でしょ。



そして企業としても。
お客様の立場としても。

双方がwin/winの関係で。
どちらも満足・幸福を感じて
感謝しあえる関係作りをしていけるようにしたらいい。



それが欠けすぎてる。ZOZOTOWNの社長さんだと想うね。



猛省した上で。今後の行動言動で
その猛省を示して努力していただきたいものですね。





自分もそぉやって今も大事にしてきてる想いは
新たにしてがんばっていこっと。


こういう風には絶対ならないぞー自分はぁーー(笑)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

適材適所とワンマン。

2012-10-27 10:04:01 | Free


昨日のブログ。


石原東京都知事が辞職で新党結成。
国政復帰を目指すってコトについて書いた。



その中でさらにツッコミたくなったコト。

いくつかあったので書こうかなと。



補足される事柄も増えて。。。


なにやら石原さんの行動が懐疑的になってきたから??

ってのもあるんだけどね。。。(笑)



その疑わしくなったと想った部分とは・・・。


昨日の東京都の定例会見。

内容見させていただきましたが。

まあ東京都知事というより
これから先のご自身の話中心になっていて。。

東京都としてのスタンスではないね。。って

まず想ったワケだ。


それでさらにおっしゃっていたのは。。。

『 第三極 』は結集すべき。大連合というコトを提唱したと。。


『 選挙は大連合で一緒にやったほうがいい。なぜやらないのか??』


とまでおっしゃったそうだ。。。



この発想や橋下大阪市長が率いる維新の会と連携してやるつもり。。
っておっしゃってる時点で。。。

人気中心での数集めでの選挙も辞さない。

いわば。。。

『 烏合の衆 』でもかまわないと言ったようなものだ。。。


まあ大きい官僚統治機構とか。構造を変えてしまえば??
消費税とか社会保障とかそぉいう問題は
瑣末なモノだともおっしゃってたケドも。。。


そぉ安易な問題でもあるまい??


官僚が全部ダメって発想もおかしなコトであって。

政治家がダメすぎる部分が大きいから
官僚がしっかりしなきゃいかんって自負で
増長しただけ。。。それだけ実力があって
有能だって証でもあるんではないのかね??


瑣末(些細・小さいこと)っておっしゃるのならば??

具体的にアナタならどう解決するのか??
ってまず明示してごらんなさい??

って話にもなるお話で。。顛末がオカシイ。


こぉいう風に
官僚中心の政治システムの打破って謳って
政治主導にします。国民第一ですって
おっしゃってー先の衆院選挙で政権とったのが
民主党であって。


それと同じコトではないのかね??(笑)


具体的にどう実現するのか??
って部分が欠けすぎてるのも民主党のマニフェストと
同じ理屈に見えて仕方がない。


みんなの党も同じように
官僚統治機構の打破などを謳って。。
なじまないまま。未だに使い続けてる。。
『 アジェンダ (検討課題・議題(政策課題))』と
言い続けて。。。

あまりに怪しさも伴ってるからこそ??

支持率に反映されないままなのではないかね??


って想うケド。(笑)


具体的に実現可能な??
方法とか行程表とか。スケジュールも明示した上で。

それに必要な予算とか。

どれだけのメリット・デメリットもあるのか??

ってちゃんと言わないと信じられないモノではないかね??


維新の会も。。

選挙公約に怪しささらにプラスした。。
2045年をメドに在日米軍の駐留全廃とか素案で出したそうだけども。。

それなら今のGDP比での国防費の増大は確実であって。

中国は驚異的な国防費をかけてきてる昨今の国際情勢。


ってことは??

自前で全部やりましょうってなれば・・・

中国の国防予算を上回る規模で国防費を増大させなければならないし。

在日米軍の撤廃ってなれば
日米安保の廃棄となって。

日米同盟はなくなるってコトを意味している。


ってことは。。。??

今の日本の防衛産業ってのは
アメリカの軍事産業のライセンス生産なども多く。

機体やら技術を頼ってる部分というのは。。
アメリカが大半なんだわな。


その技術開発も支援しなければならないし。


軍事技術の保護やら軍事機密に関する法律の
更なる制定なども考えなければならないのも事実。


膨大な労力と防衛費がかかるってのも事実だろう。



ちなみに2012年度の
日本の防衛予算は。。。

約593億ドル(約4兆7000億円)で
世界の国防予算の順位では6位だ。

(現状国の予算に占める支出割合は約6%)



対比で中国の国防費は・・・
約1430億ドル(約11兆4000億円)で
世界の国防予算の順位ではアメリカについで第2位。



(※1位のアメリカは。・・
約7110億ドル(約56兆8000億円)
かなりの財政赤字を背負って国防費に充ててるのが実情。)



日本の倍以上の国防費かけてるって中国の現実。

さらに増大するとも見られてるのが実情なんだよ??



ただでさえ。。

社会保障費の増大が年に1兆円ずつ自然増していく実情。

そして少子高齢化が進んでいて

若者の社会保障費の普段増大は確実。


それを調整する方法として
消費増税に走って。10%でも足らない。


20~25%消費税率にしないと
このままの社会保障政策は立ち行かない計算なのだぞ。


それを些細(瑣末)ってカンタンによくいえましたね?って
石原都知事にも聞きたいし。


国防予算をこの財政状況の中で??

どうさらに追加していくのでしょうかね??

維新の皆様?って聞きたいですわ。。。


日本のGDPの成長率は低いってのに。。。



現実認識が甘く。

その方策も聞こえのいい人気取りに近い政策で
扇動するのはやめてもらいたいモノだ。


聞こえのいい政策ばかりいって

ワンマンぶり出してるのが。。石原氏と橋下氏に
なってしまってる感じに見えてもしょうがないと想うがね。。。


それで第三極の結集を烏合の衆でも
かまわない的発想ってのは。。

おかしいでしょ。。。(笑)



今の民主党政権の政治で国民は確実に懲りたハズ。


だから国民がマトモな発想のモトにあるのならば??

民主党は自滅するのが自明の理でしょ。


それなら民主党が極になりえないハズなんだから。


第2極目指すべきで。

真の『 保守・革新・改革 』どれでもいいが
謳ってやればいい話でしょ??



民主党はダメ。ぶっつぶしてやる

言っちゃえよーーって想うがね・・・(笑)




その上で。


まあ国政に出るのはかまわないケドも。


石原都政が今の安定ぶりになったと言っても
過言ではないのが・・・


猪瀬副知事の力量あってこその今の都政だろう。


それだけ有能なブレインがいて。


都知事は大きい方向性の旗振りをして
議論の矢面に立って行動していけばよかったワケだ。


方や猪瀬副知事は
事務的な細かい部分も含めての議論の中心で活躍されたり。
行政での事務などの現場をうまくやりくりしてきたお方なんだよね。


石原氏のワンマンと。

事務能力や調整能力。
議論の集約。交渉などの現場での活躍って部分の
猪瀬氏の能力の高さがあって。

うまく行ってたと想う。



石原氏が国政に出て行く上で
有能な猪瀬氏のような『 下支え 』してくれる存在はあるのか??


・・・って言われたらいないであろうね。



昔石原氏が国政に出ていて
勢いあって政策集団など作ってがんばっていたが。。

結果的に支えるスタッフに恵まれなかったのも
失敗の一因であると自分は想うケドね。


同じ過ち・失敗を繰り返してしまうように
今のままなら想えてならないねぇ。。。



有能なスタッフが皆無なのか??

って言われたらーソコはNOなのだろうけども。



石原氏の目指すべき政策課題ってのは
大きいモノなのであって。


『 適度に有能 』なスタッフでは
充分に立ち振る舞えないであろうし。


欲しいのは『 非常に有能 』なスタッフを
適材適所に配置して。

きめ細かく課題にあたっていく組織ってものが
大事なのではないかね??って想う。



だから烏合の衆のように。。


ただ数集めて大連合しましょうって意見には
大反対。


人気先行になって
橋下氏のワンマンぶりと。発言の訂正の多さやら
不見識な発言・意見も多いところと
一緒に連携してやっていくってのは・・・

いかがなものなのかね??って想うが。



いくらいいリーダーが存在しても。

それを支える有能なスタッフがいなければ

組織としてうまくいかない。


そして有能なスタッフがいたとしても。

その人物の能力が最大限発揮される最適な場所に配置して
やりやすい環境を整備してあげなければ。。。

意味を為さないのも事実。



石原氏はそぉいう意味では
いいリーダーのひとりなのかもしれない。


ただまとめるいいスタッフが??って部分と
細かいスタッフが揃うのか??


ってすごーく今は見えなさすぎる。


このままではダメじゃないかね。。って想う。




自分も会社組織のアタマに立ってて。

いつもこぉいうコトはアタマを悩ませるワケよ。。。(笑)


ありがたいことに。

うちの会社は有能なサポートしてくれる幹部も。

適材に配置できてると想うスタッフもいてくれる。


だから現状より伸びていけてると実感もできるし。

数字などの結果にも出ている。



ただ満足しちゃいけないとも想うし。

これからどうしていこうかね??


ってリーダーとしてアタマはいつも悩みのタネでもあるわけだね。



やりたいコト増やせば。

それだけ負担も増えるし。

考えるべきコト。やらなきゃいけない課題は増える。


それに対応できるだけの
個人のスキルと組織力ってのは

いきなり作れるか??

いきなり適材適所にいい人材の確保ができるか??


っていきなりなんてムリなんだもん。


そぉいきなりやれないから
組織も。個人のスキルも日々上げるように
方向付けしていかなきゃいけないのも事実。


組織を率いるのに
ワンマンでやっていると組織も個人スキルも
伸びずらくなってしまうのもよくある話。


勢いで引っ張っていけるワンマンも
ある時は頼もしく。勢いよく成長できるかもだけど。

そのワンマンのチカラが発揮しきれなくなってきたら??

ソコからは停滞していくものでしょ。


石原氏にその組織の構築ができるかね??

って部分での石原氏のスキルはあまりないと想うね。。


それにそぉいう組織作りをできてから
大まかな方向性・政策もできてから

行動すべきであって。


亡国の憂慮からもぉ待ってられないとおっしゃって出る
感じが強く見えるし。


時間があまりないという印象も否めない。




さらに期待できない要素増えちゃったかもね。。。



スタッフの適材適所とか
ワンマン体質を見てる限りではね。。。




こぉいう人のフリみて。。

また自分のフリも見返してみようと想ってる自分なんだけどもね。。(爆)








コメント
この記事をはてなブックマークに追加