trushbox

コンセプト・デザイン 再構築中。。。

出産が国家に貢献??

2015-09-30 00:28:16 | Free

おととい。
福山雅治さんと吹石一恵さんの結婚が報じられた。

そのカゲで芸人の千原ジュニアさんの結婚も報じられたのだが
インパクトを封じられた感は否めない。。。(笑)


どちらの方々もご結婚おめでとうとまず祝意を。


そんなお祝いムードなのか。
ファンの溜息や絶叫や所属会社の株価に影響出るなど
いろんな要素が入り混じってる今回の福山さんと吹石さんの結婚。


それについて菅官房長官の発言が物議を醸している。

『 この結婚を機に
ママさんたちがいっしょに子供を産みたいという形で
国家に貢献してくれればいいなと思っている 』


まあこぉいう政治家さんだったのですねって
ザンネンすぎる発言だと想うなぁ。。。


まあメディアのような額面通りには自分は取らないのであしからず。(笑)


結婚。出産とは

各自個人個人が自由で想い想いにするコトであって。

望んでも子宝に恵まれない方だっていらっしゃるし。


状況が許さず。結婚・出産に至れない方だって数多くいらっしゃるワケだ。


それにご本人たちが出産まで至ったとしても。

『 国家 』のために貢献するために出産しようとは
微塵も想ってないんだと想うし。

自分達のため。そしてその生まれた子供のため。

って想うのが本来『 人の親 』って観点での考えじゃないのかなと。


まあ釈明されたんだけども。

子育て支援も政府の役目とかおっしゃっても後の祭りなんだろうなと。


これから少子高齢化向かっていく最中。

税収落ち込んだり国家の基盤としての人口って部分での維持を
政治家として第一義に考えたからこその発言で。

福山さんたちの結婚に便乗してアピールした
ってのはあざといやり方と想うがね。。。


どう思いますか?ってきっと記者の質問だったとしたら。

素直に率直に感想述べたらいいのに。。。(笑)


少しでも政治的意義って観点で言い過ぎたあまり
墓穴掘りまくった感じは否めないねと。


こんな発言を政府の重鎮が言うべきではなかった。


言ったコトで余計ネガティブに捉えかねない発言するからこそ

余計に子育てに不安を与えてしまうようなメディアの発言なども

加わるんじゃないのかね??ともね。



政治屋の本音からすれば

税収増える人口増は嬉しいってことなんだろう。

労働力として将来税収見込める可能性を秘めてるからだ。


それが事実で。

国民ひとりアタマ。
生まれながらに1000万近くの借金を負わせる日本政府。

その借金をさらに増やさせてるのも事実で。

減らそうって努力があまりにもなさすぎる。


そして将来への負担を減らそうって言うだけは言うが
実利がどこも伴ってない今の政治屋たちが多く集まってるのが
今の国会と言えよう。


だからって国会議員の数を減らせは賛同するが

国会議員の収入減らせというのは自分は反対。


官僚の数を減らせ。国家公務員などの数も減らせも賛同するが

エリート官僚の収入減らせは反対。


何故か?


ホントに出来る人間が集えるような魅力がない政治の世界に
有能な人間が果たして集まるの??ってなろう。

有能な人には有能であるべき対価払うべき。


ただ無能な国会議員や尊敬できぬ国会議員の多すぎるたるや。。。

嘆かわしい事態でもあるし。


人としてどうなの?って行動多すぎるわ。。
今の政治屋たちは。


※ 自分は意図的に『 政治屋 』と言っています。

まともに志や行動・発言・思想が伴えば立派な『 政治家 』でしょう。

でも商売のようになんか政治を自分の生活やアピールなどの場として
やってる人などをわざと『 政治屋 』と言っています。


無能で。

出来もしない数の多さ。


国民が国会議員の名前や顔。キャリアなど無頓着なのも事実だが
一致しない程顔ぶれも。大したメンツがいない。

挙句有名になるのは不祥事起こしてるとか。

○○すぎる!とか話題性ばっかりが多いもの。。(笑)


人気や知名度で政治屋になって
発言力をメディアなど有効的に使い。

思い上がってる人もどれだけおろうか。


※ 中にはちゃんと政治家してる立派な方もいらっしゃるので
ソコは否定しますけど。


人気や知名度で当選してしまうのが多いのも事実で。

そんなんだったら

ホントにマトモって言えるんだろうかね。。。


マトモとは言い切れないと想うケドね。。。(笑)


そんなんだったら意義の少ない国会議員なんぞいらんと。


減らして。実のある議論の集約などできる
自由闊達な議会にしていくべき。民主主義にすべきと。


それで身の丈にあった日本のあるべき姿に
今後していかないといけない事態もいずれやってくるだろうと想うしね。


子供を産んだから国家に貢献できるでもなきゃ。

子供が増えたら国がよくなるとも必ずしも言えない。


生まれてくる子供たちが自由で。

その子たちの可能性が最大限発揮されて

その影響が社会全体に波及した結果が。国になんらかの貢献として出てきて

国も。社会も。そしてその個人も最大限恩恵を受けられる社会を

作る。そういうビジョンを作るのが政府・政治。政治家の役割でしょう。


子供が夢見れない。

そして子育てする親たちが
子供に夢見させてあげられる環境が少ない。


それが今の日本の社会の少子化が進む最大の要因でしょうに。


その惨状を。
アホな政治屋たちの愚行やアホな発言で咎めてる自体なんだから。。。


それで子供に立派に見本・手本となれてるハズなんて
微塵もなかろう。。。。


それが悲しいかな

政府の実質ナンバー2の官房長官の発言が
安易に。裏にそういう潜在要素があったと勘ぐられても仕方ない発言をした。

それじゃよくもならないっての。。。



国に尽くせなんて言われて働けないって。きっと。
今の人たちはね。。。(笑)


じゃあどうしたらいいの?ってなれば。。。

まあ今の社会の構造の変革が必要なんだろうねと。


いろんな組織がありすぎて。
それが閉塞感を生み出すような社会構造が複雑に入り組みすぎてて。

それが経済。文化。社会。教育などなど多岐に多岐にわたり。

人の可能性の前に
その組織や仕組みで阻まれてる感じが
目に実際に見えなくても。
なんとなくあるよねって想えて仕方ないんだと想うケド。


アホな国会議員たちの愚行が
なんで裁かれないのか??辞める・辞めさせるって事態にならないのか??

みたいな一般社会の慣習などと違うコトが起きてたら
そりゃ閉塞感やら。憤りを感じてしまうのも
致し方ないんじゃないのかなと。


そして社会全体が。。甘いっす。


自浄作用が乏しいというかね。。。


ソコも閉塞感やら可能性を見出す光を閉ざされてる要素なんだと想うケドね。



いろんな矛盾があって。

それに自己反省や自浄作用がまったく働かず。

権力や現状が維持されているってなれば

そりゃ可能性なんて乏しく見えて仕方ないんだもん。。(笑)


そういういろんな矛盾。社会の仕組みなど

大きく変えていって。

その中でまた修正・改善繰り返して

世の中変えていかないと。きっとムリでしょ。


まあその世の中変えられるようなアタマ持ってる人が

ザンネンながら社会貢献って分野に対して

意欲や行動を伴わず。ご自身の道で尽力なさる方が
ベストって人が多すぎるのも事実。


それだけ政治は魅力ないって自分だって想うしね。(笑)

メリットよりデメリットしかない。


それが日本の最大のデメリットかもしれんねと。


そういうデメリット少しでも減らす方が

国家の貢献って部分でも。

日本の将来にいろんな意味で担うであろう子供たちの未来にも

メリットを少しずつ生み出してくるハズ。


自分はそう想う。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fly me to the moon

2015-09-29 03:01:26 | music & movie

今日はスーパームーン。

満月または新月と
楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより
地球から見た月の円盤が最大に見えるコト・・・らしいが。

そんな理屈はどうでもいいんです。(笑)


今日の東京は雲ひとつないきれいな夜空。

ひときわ多くキレイに輝く月みて

なんか和んでゆったりできたかなぁ。。。。


そんな雰囲気で。コチラのご紹介。


Nat King Cole, George Shearing Quintet - Fly Me to the Moon - Remastered




有名なjazzのスタンダードナンバーのひとつ。


最近ではアニメのエヴァンゲリオンのエンディングやら。

宇多田ヒカルさんのカバーなど有名でしょうケド。(笑)


Utada Hikaru- Fly me to the moon (In other words)




※ 個人的には宇多田さんのも好きですケドね。(笑)


有名どころではカバーして曲の知名度を上げたのは
フランク・シナトラさんなのですが。

シナトラさんの歌うバージョンはテンポが速いので。。。

雰囲気的にゆったりとしたコチラ。
ナット・キング・コールさんの方をセレクトさせていただきましたと。


空の夜長。

キレイな月を眺めながらゆったり物想いにふけるのもいかがでしょうか?


私を月に連れてってかぁ。。。。

行けるなら一度はいってみたいものですね。。。(笑)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラグビーとホンダF1と阪神と。

2015-09-28 00:43:59 | スポーツ

なんかスポーツのジャンル
ごっちゃ混ぜにした感じのタイトルにてすまん。(笑)


共通する点がいくつかあったのでまとめただけっす。


『 少し思い上がった 』

『 本来あるべきスタイルを忘れている 』

『 結果が如何せんザンネンな部分が多々ある 』

『 努力の方向性 』

『 指揮官と組織の連携 』


・・・って部分かなと。


今ラグビーのW杯の予選が行われて。

日本代表(ランキング13位だった)が
優勝候補の一角の南アフリカ(ランキング3位)を破った試合があった。

自分もラグビーは昔から好きで。

学生時代。ラグビーは学校の華のある。応援文化の根付いた学校だったので
よく観に行ってたし。ラグビー部の面々とはよくつるんでたものだ。(笑)

ルールさえ。わかれば
実に面白いスポーツで。

サッカーよりかは面倒?だか。。。野球より複雑ではない。。

ってルールかな。。。(笑)


試合中の駆け引き。展開を巡る攻防。

ワンプレーで流れがガラっと変わってしまったり
実にスリリングでハラハラして。面白く熱狂できる競技がラグビーだとも想う。

今の日本代表のジョーンズHC(ヘッドコーチ)が就任してから
日本は実力をつけてきて強豪といい試合を展開したりと
いい方向性に向かってきたって想った。


その結果が初戦の南アフリカ戦。

遅ればせながら。観てたというケドも。(笑)


なんかエキサイトした中にのって。便乗しまくった感のある
ブログ書くのもなんだかなーって

興奮しまくったケドも。あえて天邪鬼ぶりだして書かなかった次第。
((*≧艸≦)ププ…ッっ(爆)


ホントにラグビーは体格の差や。戦術の練度。技術の精度など
明確に出てしまう競技のひとつでもある。

なので世界ランキングが13位が3位ってのは
ホントに天と地の差ほどあるくらい圧倒されてたのも事実。

まあ南アフリカも日本なら楽勝って想って
少し緩めたのか?なめてかかったのか。。日本が勝ってしまった。

ホントひさびさに痛快なアップセット(番狂わせ)が起きたなーと。

でもその後日本でも話題になって
いろんな期待もされたし。

選手も自信になった部分もったんでしょう。


次戦のスコットランド戦。相手も格上。


・・・フタ開けたら。。。なんかやっちゃいけないミスも出るし。

日本が強くしてきたやり方をなんかやれないまま
圧倒されて終わった感はハンパなかった。


まあ番狂わせで日本が強さあるんでは?って想ったスコットランドも
そりゃ気を引き締めてかかってくるのも事実で。

格上の相手に想うようにやらせてもらえないとかもあったにしても。

自分達のスタイルをなんとなく見失うようなプレーが多くて。
ミスも出てたらそりゃ勝てない。。。。

そして圧倒されたが故に。
次節の試合勝っても。ルールで決勝トーナメントに進出できない可能性もと。

なんかいい試合の後なのに実にもったないなぁ。。。と。


そしていい方向導いてくれたジョーンズHCが今回で退任と。

しかも大会前に発表って。。。なんでぇ???って感じ。


ココラグビー協会とうまく組織的な連携うまくいってないんちゃうの??とね。


ああ。。そぉいえばその協会の名誉会長さん。

ダメすぎる元総理の。ダメなオリンピック組織委員会の委員長でもある人だ。

ダメに決まってるわなと。。。(笑)


この会長が辞めて。組織委員会の委員長も辞めて。
ヘッドコーチは慰留してでも継続でいいのにねぇ。。。(笑)

このスタイルでの努力の方向性は間違ってなかった。

その継続をすべきと考えるケドね。
日本ラグビーの明るい将来のためにはねと想う。


そしてF1のホンダ。

今期ひさびさにF1にエンジンサプライヤーとして復帰したと
以前もブログでいろいろ書いた。

そして昨日。日本のホンダのお膝元の三重県鈴鹿サーキットで
日本GPが開催され。

ものの見事に惨敗。(14位アロンソ選手・16位バトン選手)
えらい成績のダメっぷりさ発揮。


しかもドライバー2名に苦言を呈され。

『 (これでは)GP2(F1直下のカテゴリー)のエンジンだ! 
GP2だよ! ああ! 』 (アロンソ選手のレース中の無線。(周回遅れ))


『 僕らにはやるべきことが山ほどある。
(フェルナンドと僕は上位で)戦うことに慣れているのに、
今は戦うことさえできない状態だ。鎧も刀も持たない侍みたいだよ 』
(バトン選手のレース後のインタビューより)

(※サンスポ記事・オートスポーツ記事より)


今シーズンのコメントで
よくコーナリングではなんとか勝負になっても。
ストレートスピードのパワーがでないと嘆いていた。

ホンダ陣営も1年では準備が足らなかったなど
未だに言い続けている。

まあ前述のブログでも
レギュレーションの制限など複雑に絡んでいて。

しかも高度に特化した技術の戦争になってる現在のF1では

『 過去の栄光 』だけで
パッと復帰したからっていきなりいい想いなんて出来るほど甘くないと。


思い上がるなってコトなんでしょうねと。


そしてホンダの場合。

きっと組織の体制にも問題もあろうし。
努力の方向性もハッキリしないまま迷走してるからこそ

きっと『 改善 』されないまま。

他のチームやエンジンとの格差は埋まらず
なんとなく広がってるすら覚えてしまう。


みんな努力を必死にしてるんだろうけども
スポーツは悲しいかな。

『 結果 』ってモノをえらく重視されるのも事実。


結果が伴えない場合は
進路もなくなり。退路しかなくなるのもスポーツの世界だ。


こんな結果のチャレンジだったら
本業のアピールにはなりえないのも事実で。

逆にマイナスにしか働かないくらいの結果しか出せてない。


他社はえらいレギュレーションの制限がかかった中でも
必死に努力の方向性を正しく見極め。
継続した努力を弛まなくし続けたからこそこの結果の差ともいえる。


本業が危うくなった。都合で辞めます。

少し挽回しました。またチャレンジします。

その場面場面で都合よくいい顔しようって言ったって
そんな甘くない。

過去の栄光にすらキズつけてしまいかねない結果しか出せない現状は

組織全体の責任とも言える。


奮起してもらいたいケドも。

今のままのコメントを観る限りでは可能性は薄いとしか思えないねと。。。


そして阪神タイガース。

中村GMの急死の弔いって要素もあるのに。
亡くなって以降。立て続けに負けてるって話。


不甲斐ないというか。情けなさすぎる。。。


覇気がないというか。
やる気がないというか。。。

万策尽きたというか。。。


そして和田監督がシーズン中続投とか言われてたのが
急に方針転換して。

解任の話がココ数日降ってわいてきた。

まあ結果でも当然だし。

優勝争いして。少しアタマひとつ分くらい抜きに出てた時期もあったのに。
それから失速して。。。。

挙句昨日で優勝の可能性は消えた。

そして首位ヤクルトは優勝マジック3と。


これはまあ和田監督やコーチ陣の問題も大きいコトと。

組織としてまとまりがうまくいってない。コントロールできてないって

コトが大きな原因なんだろうなと。


まあそもそも和田監督になる時にも言ったと想うんですが改めて。

真弓監督時代に打てないって言われてた時の打撃コーチ。
それが昇格してってソモソモがおかしかった。(笑)

まあ和田監督になってよかったのは
藤浪投手のくじ引き。。。くらいじゃ??とね。。(笑)

なんか采配はチグハグ。
選手起用や選手のモチベーションやら管理がうまくいってない

それによってチームも迷走したってのは
よーく結果にも出てるし。

選手たちの行動などでもよくわかるかなーと。


今期優勝したパリーグのソフトバンク。

あそこは圧倒的な練習量誇ってるとも言われてるし。

特に若手はよく練習するとか。

そして選手層も厚すぎるだけに。競争勝ち抜くためには

練習で結果を出していくしかないのも事実。

その結果が今季も見事に出てると言えよう。

(※ まあ補強しまくっての選手層の厚さでもあるが。。それは置いておいて(笑))


そしてセリーグの優勝マジック出てるヤクルトも

若手・中堅の成長期のいい選手を

真中監督が練習をめちゃ指示して伸ばそうとしてたとか。


その結果が見事に今出てるとも言えよう。


阪神は練習ぬるいとずっと言われてるし。

人気ある球団だけにすぐ選手が思い上がるとか。
調子に乗るとよく言われてる。

まあよく見てきたのでそれもまた事実かなと。(笑)


練習ぬるい。

監督コーチの指導・指揮もぬるい。

選手のメンタルケアやモチベーション維持など管理もなってない。


挙句フロントの選手補強などの施策がチグハグ。。。


組織全体の問題がデカくなってるんだから
当然監督の交代はしかるべきでしょうしねと。


GMも亡くなって少しすっきりするとは想うし。

それはいい意味でプラスに代えていかないといかんのかなーとね。


でも弔い要素あるのに勝てないのは
もぉホントに致命的すぎるよなと。。。


そんな阪神には

もぉ刺激的すぎるほどの監督コーチ陣集めてでも

練習させまくって強化しないとあかんのちゃうかなーって想うがね。。。


まあ今よく言われてる金本さんとかいいとも想う。

掛布さんの監督も観てみたい。

矢野さんの監督か。バッテリーコーチも観てみたいなーと。


それくらいやらなきゃダメかもしれんとね。



そして最後にさらに記事を総じてまとめて言えるコト。



ホント情けない。。。。(笑)








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間力・人のチカラと日本の未来。

2015-09-26 16:55:32 | Free

今日のお昼。
スーパーに買い物に行った。

土曜日のお昼時ってのもあって
店内、特にレジはごった返していた。

そして自分のレジの番になった時に

突然荷物いれる場所の方から
ひとりのおじいさんが自分のレジのおばさんにレシートもって来て
いきなり何か話しかけてる。

どうも。
『 広告 』に乗ってる商品の値段と合ってないって
いうクレームだったらしい。

でも周りの空気も読まず。

レジのおばさんが今担当者呼びますので
しばらくお待ちくださいって言っていても。

自分の主張を繰り返しボソボソ言っている。


・・・こっちは苦笑いしかなかった次第。(笑)


別にそれで怒りもしないケドも。

人の話を聞かないやら。周りの状況わかってないやら。

※ その荷物いれる場所(サッカー台)近くに
そのお店はサービスカウンターなるモノがある。

少しボケてんのか。。。?とも。


店員の対応も不備はなかっただろうし。

ちょっと待ってっていって
続けてしまう程。モウロクしてしまうってのも
老いるってコワイねと。。。


まあよく自動車運転の事故なども
高齢者が高齢者になったって自覚も薄く。

反射や運動能力が低下して。注意力も低下したりと。

そぉいうので事故が増えてるってのも事実で。

免許返納を促すアナウンスも最近は増えたよねと。


かといって高齢者を差別とか卑下してるんじゃないですよ?(笑)


高齢者になってもちゃんとできてる人もいるし。

全員が全員ではないにしても。

人間は必然的に老いるのが運命で。逃げられない。


そして老いにともなって
動けなくなったり。不自由になっていく部分があったり。

思考やらいろんなものに影響が出てしまうのも
致し方ないとも想う。


ただこれは今の日本でこの状態。


これから先ますます少子高齢化進むワケだが。

介護や医療の現場など
いろんなテクノロジーを駆使して。

『 人間 』のチカラを出来る限り
煩わせないようにしようとするとか。

ITやロボット技術など応用して
合理化や代用を図ろうとする動きが活発化してるケドも。

最終的に。
今の技術進歩あったとしても。

当面やっぱり最後には『 人間力 』がモノ言うよねと。


お年寄りになれば
まあ新しい技術の発展についていけないとか

操作が付いていけないとか。

まあアレルギー反応のように拒否してしまうこともしばしば。

そんな中いくら応対の技術が進歩したとしても
人間の。ちゃんとヒューマンスキルがある人の応対には
まだまだ適わない部分が多いのも事実だよねと。


そして高齢者が増えていく中で。

そういうケアする人も増加せざる得ない状況で。

でも少子高齢化進む日本。


ホント大丈夫かね。。。


多分今ヨーロッパで問題にはなってるけど
難民の問題やら移民の問題。

そのうち日本も移民を入れざる得ない時代が
やってくる可能性は高いよねと。


人のチカラが必要な場面も多く。

かといって絵空事のように。
飛躍的に技術で穴埋めできると盲信しすぎるのも危険。


どうしようもなくなってからの対応はムリだろうけども。

その辺はこの先の日本はえらい変化していく部分
なのかもしれないねっておもった今日でした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボロクソワーゲン。

2015-09-25 17:27:12 | Free

ドイツの大衆車メーカー。フォルクスワーゲン。

世界のマーケットでトップシェア争いを
トヨタと熾烈に行ってきたドイツを代表する企業のひとつともいえる。

子会社や関連企業に有名どころも多く。

ベントレー(英)・アウディー(独)
ブガッティ(仏)・ランボルギーニ(伊)などなど。

グループにしたらさらにどえらい規模なのだよね。


その親方。フォルクスワーゲンが
アメリカでのディーゼルの排気ガスの規制数値を誤魔化して
改ざんしていたってコトが先日のニュースなどでも
大々的に報じられている。

これがドイツ国内でも起きたと言ってた。


ヤフーのニュースでテクニカルな規制などの背景を
モータージャーナリストさんの観点で書かれてる秀逸な記事があるが。


VW排ガス不正 ディーゼルは終わりなのか? 日本は大丈夫なのか?(Yahoo!ニュース(THE PAGE))


こちらはあまりにも
テクニカルな部分で説明が多いので
読むなら覚悟して読んでくださいね。。。(笑)


要約も難しいのですが
簡単に言えば。ヨーロッパの規制(ユーロ5・6)が
環境課税に関わるCO2とPM(粒子物質)の数値を厳しく規制してる点に対して。

北米(日本)は毒性物質のNOxを主眼において規制している。

環境適合テスト時に
規制値内に収まるように仕様変更していて
誤魔化したと。

ヨーロッパ規制と北米規制のチガイ。

マーケットの要求などのチガイ。

シェア争いや開発競争などの背景が影響したからではと。


まあ有害物質の主眼の双方を叶えようとすれば
自ずと自動車としての性能を落とさざる得ない部分が出てきてしまう。

ソコをうまくごまかすために
まあやったんでしょうねって感じですかね。。


まあCMでごきげんワーゲンとか言ってたケド。

リコールやら罰金やら。
マーケットに対してのイメージ悪化など

計り知れないダメージは負ったのは事実だろうねと。


これでトヨタの1強時代になってしまうかもしれんが。

売るために誤魔化して。性能評価上げたってコトは
許されることはないよなと。


ガキの頃。

よくうちの親父はワーゲンのことを『 ボロクソワーゲン 』と言っていた。


排気ガスをまき散らし。
音をガタガタ言わせ。燃費もあまりよくない

ワーゲンビートルのコトを揶揄してたんだけども。

あんま変わってなかったのかもねと。。。(笑)


技術ありきで信用も勝ち得るのがメーカーであって。

その技術は革新的に。飛躍的にってのはあまり見込めないのも事実。


蓄積したものを生かし。

新しい技術に転用していくとか。

チャレンジしていくコトを継続して。結果に結びつける努力。


それがメーカーとしての信用にもつながるのも事実。


技術に懐疑的な要素を生み出し。

結果として一時はトップシェアだったかもしれないケドも。

今回のコトで失墜しまくるのはマチガイないかもねと。


せっかくいいデザインだったり。

言ってたデータがマトモだったとしたらいいエンジンだったり。


北米や日本などのガソリンエンジンより

エネルギー問題などに着目したディーゼルの普及が多いヨーロッパ。


ディーゼルエンジンの可能性も大いに期待されてた中で。

その信頼すらも失いかねないボロクソワーゲンのしたコトは

計り知れない程罪は重いかもしれないねと。



セカンドカー候補だったのになぁ。。。ザンネン。。。(笑)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加