trushbox

コンセプト・デザイン 再構築中。。。

音楽は誰のモノか?

2017-02-07 08:10:22 | creative blog

日本音楽著作権協会(JASRAC)

こちらが先日の報道によるとヤマハなどの音楽教室に対して

著作権料を徴収するとのことらしい。


ホンマにどんだけガメついねん。。。って想う。


てかむしろ今のJASRACは。

いやかつてからか。。本来あるべき目的よりも

権利料収入を大きくしたいって思惑の方が強く

もう少し音楽の有用性とか広がりに貢献すべく活動したらいいのにと

想うケド。所詮お役所仕事的ないわゆるハコモノだもの。


自分らさえよければいいって発想しかないと想う。


こういう団体はいわば不要。としか言いようがないねと。


JASRACの方を持つつもりはないケドも。

音楽に対しての著作権は一定適切に『 権利 』として

認める部分はもちろんあるのはわかる。


それは自分も製作者サイドにいるだけに。

ソコは権利の一部として適切にあるべきとは想う。


商用利用とか。権利を損なって自分の利益にしようと目論むとか。

そういう部分での著作権料を徴収するとかならわかる。


商用でいえば。

カラオケとか。音楽配信などがそれになると想うし。


権利を損ない自己利益にするというので言えば。

作ってないのに作者だと名乗るとか。(かつていたね。。そういえば(笑))

楽曲の歌詞などの一部を無断で転用などされる場合とか。

昨今ならば権利関係者とは全く関係ない人が

広告収入やアクセス収入を目的としたネット配信などが

これに類するモノかと想う


でも自分は想う。

確かに『 権利 』ってことを純粋に考えたら

JASRACの横暴ぶりに微塵程度には理解は示せる。


でも音楽って作品として世に出てしまえば。

あるところに『 公共性 』が生まれるモノだと想う。


いわばみんなのモノとも。


いい作品は賞賛や評価などされ。

口ずさんで歌ったり。自分で演奏してみたいって想うモノだったりするでしょ?


そういう行為すらも権利で縛るようなモノと同じと考える。


ヤマハの音楽教室の方を持つワケでもないが。

音楽教室とは教育機関であって。音楽に親しむいわば窓口的存在でしょ?

はじめて音楽にふれあう場だったり。

楽器と親しんで音楽をより楽しむキッカケになる場所と想う。


純粋に音楽にふれあって楽しんでもらって。

その楽しんで学んでくれた人たちが

いっぱいまた世の中に出てきて。いい音楽で溢れさせてくれて

いい好循環を生めばいい。


そういう場所だって自分もいただけに強く想うが。


純粋に音楽を楽しむ。音楽技術に寄与するって意味合いでも

それでも搾取しますか??って想うなぁ。


確かに音楽を仕事にしてる側面あるケド。

音楽を仕事にする難しさとか。それで生計を為すのは大変なコト。


クラッシックの世界だって音楽家や芸術家さんたちは。

偉大であろうがなかろうが。

支援者(パトロン)がいたり。

細かく楽曲や作品を出して

それを売ってなんとかキリ繋いでいた人だって多いワケだ。


現代は商業音楽の方が多いだけに。

この手の権利権利と自己利益ばかり走る方たちもいるワケだけども。

(※先日の童謡のなんちゃらとかまさにだろうけど。。(笑))


全部が全部。権利だからって縛り続けたら

音楽の世界はすごく暗くなり。

裾野の広がりもなくなり。やりにくいことこの上なくなると想う。


権利を厳守させる部分は的確に行動してもらえたらと想うが。

権利行使をやりすぎる横暴ぶりは絶対許せん。


なんでもかんでもすべて権利が先ってなりすぎると。

世の中はホントにすごい閉塞感だらけになると想うよ??


せっかく音楽が。いい音楽がいっぱい溢れていて。

それがキッカケで音楽の世界に入るとか

音楽の世界を楽しむとか。それは誰しもがあっていいことだと想う。


公共性と。音楽の世界への寄与って部分も

もう少し考えていただき。

こんなバカげた横暴な行為は辞めてもらいたいねと。


いい音楽だからこそ教えたい。

いい音楽だからこそ学んで弾いたり歌いたい。


ソコを大事にしてもらえたらなって想う。


音楽は作った人のモノでもあるが。

世の中に出たらみんなのモノでもある。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽の評価。

2016-11-18 17:43:19 | creative blog

そぉいえば日本の音楽業界の悪しき慣習的な。

『 日本レコード大賞 』があったとか。


自分は有線大賞と。レコ大はもぉスブのコネくりまわす

音楽業界の悪しき慣習でしかないって昔から想ってたので。

そもそも興味がない。


有線大賞の方なんて。。

あのUSENがシェア8割持ってて。それでも主催団体に所属してないんだから

そもそもアテになるか??って話でもあるが。。。(笑)


この手の音楽のショーレース的。やらせのようなもの。

昔からよくあった話だし。


肩書きに受賞歴をつけて。

それで箔をつけて。今後の活躍にプラスさせよう。

話題を取り入れて注目度を上げようって魂胆が先だしね。。(笑)


まあ受賞作品やアーティストさんの中で。

もちろん中身も伴ってて。すごいなってモノもいっぱいあるので

全て悪いとは言わない。


ただ。音楽への趣向・価値観・感じ方。想い方。

それって人それぞれで。賞とろうが。何しようが

自分がいいって想えばそれでいいって想うぞ?自分は。(笑)


逆にこういう賞を取ったからすごいんだーって

聴くキッカケの一因になるんだったら本来の目的であろう

『 イイモノを評価しよう 』に近いのだろうけど。

それよりも業界の見栄というか。箔というか。。

評論サイドなどの商売の存在意義を出してると言うか。。。

そんなところがほぼ大勢を占めてる昨今ならば。

こういう賞をもらってもなぁ。。って想ってしまうが。(笑)


まあとある方々が3連覇した方が

某1億円買収ネタがホンマやったんやーって炎上して

余計に話題になってくれたものの。。(笑)


むしろそっちの方がよかったんじゃないのかなと。。話題としては。。(笑)


自分はグラミー賞にしても。こういう賞の受賞作品は

一応チェックするケド。賞自体に何か価値があるか?ってのは

自分のとは合致しない場合もあるし。

疑義があったりするので必ずしも鵜呑みにはしない。


自分の感性に問いかけて。

どこがいいのか?どこが自分にしっくりくるのか?

どこが気に入らないのか?どこを変えたらよかったのかな?

などなど問いかけるキッカケには使う。


それで聴いてみて。よかったらよかったと手放しに賛辞を贈るし。

ダメなら。なんで・・・?ってアタマによぎり続けるだろうなと。(笑)


人には向き不向き。得意不得意。

好みもキライも存在するし。

価値観・感性も全然違うワケだ。


だから受賞をありがたがってそれにすがるってこともなく。

押しつけられてるかの如く受け止めるでもなく。


自分が聴いてみて率直にどう感じるか?

それをどういう理由で?って考えてみるのがいいって想うケド。


まあ音楽の場合。

考えて理由が出てこない場合だって実に多く。深いものである。


直感的に。ストレートに入ってくるものもあれば。

じわじわじっくりハマってくるものもある。


逆もしかりで。入らない。ハマらない・違和感ってのもあろう。


そのセンスを確かめるキッカケになるならその賞としての存在があってもいいケド。


今のこの音楽シーンがダメになりすぎた

商業的な。薄い表現の。薄利多売

抱き合わせや便乗商法的なやり方が横行してる

昨今の元凶ともなってるようなこういう賞は辞めたらどうか?って想うが。


PPAPのように。世界の誰かの目に留まって。

そこから派生して。キッカケがメジャーアーティストの評価で

広まったりする昨今もあろうし。


イイモノはいい。それを自分で探す楽しみで。

自分の中でどう感じて想うかって楽しみを優先すべきじゃないかなと。


賞がどうこうじゃないって想う。


何か賞を取りたくて頑張ってきました。

これは音楽だけじゃなく。芸事も学術も本末転倒だと想うぞ?


やる側がこういうモチベーションで頑張るのは結構だけど。

本来やってる中身をとことん突き詰めてやってくものであって。

評価なんて後からついてくるもの。


だから某お笑いのM-1だのTHE MANZAIだの。キングオブコントだの。。

受賞したからって必ずすも昨今売れない場合だって多い。


それはそういう見る目が肥えてる側には

本質が見抜かれてるってコトの表れでしょ?


ホントに凄ければ別に受賞なくても

評価されて出てくるものは自然に出てくる。


努力して体現できたモノが後から勝手に評価されまして

受賞に到りましたの方が本来あるべき姿だって自分は想うぞと。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コルビジェ・世界遺産。

2016-05-18 06:18:57 | creative blog

昨日。

フランスの近代建築で有名な建築家のル・コルビジェさんの

作品が世界文化遺産の登録勧告となったと報じられた。

日本を始め。
フランス・ドイツ・スイス・ベルギー・アルゼンチン・インドにある17件の建築を
共同推薦していて。

過去に一回登録を見送られた経緯もある。


ちなみに日本にあるコルビジェさんの設計の作品は。

『 国立西洋美術館(本館) 』(東京都台東区上野)


建築やデザイン。そして美術展が好きな自分としては

すごく馴染みもあって。喜ばしいニュースだなーって思うケドも。

あえて。ココでコルビジェさんの話を一遍には書こうとは想わない。(笑)


近代建築における功績で。近代建築家の三大巨匠のひとりとも称される。

建築に限らず。家具デザインなども多く手掛けて。

設計図面や家具などがニューヨーク近代美術館(MoMA)にも収蔵されている。


構造やデザインのコトを言い出したらキリがないって想うので。。。

カンタンに言えば。。。

古来からあるレンガ造や石造の建築が多い時代に

現代にも多く使われる鉄筋コンクリート建築を先駆的に手掛けて。

柱や階段をメインとした合理的なデザインのドミノ構造の構築や。

新しい建築の5つの要点(近代建築の五原則)
(ピロティ・屋上庭園・自由な平面・水平連続窓・自由な立面)を提唱したのでも有名。


まあ馴染みがあるとするならば。。。

家具でソファで有名なモノが。。。
テレビでは有吉反省会で有吉さんなどが座ってるソファがまさになのですが。。(笑)

(※ 多分あれは。。リプロダクト製品?ではないかなって想えるケドも。)


多分建築やデザインに日頃馴染みのない方でも。

あぁーあのソファねーとか。

何気なく今よくありそうな鉄筋コンクリートの建築によく見られる構造を

生み出した建築家さんなんだと想っていただけたらわかりやすいかなと。


多分。国立西洋美術館も。

意識しないでみたら。フツーにあるスッキリと角ばったコンクリートの建物にしか

想えない人だって多いハズでしょうしね。。(笑)


でもコルビジェさんが与えた影響は大きく。

日本の建築家で著名な方が弟子だったり。影響を大きく受けた方も事実多い。


何がイチバンすごいのか?って考えたら。

合理的に。シャープで。スッキリと。

飽きがこないデザインってのとこが自分は秀逸なんだなって想う。


それまではレンガなどで。教会のようなゴツイ装飾のゴシック様式など全盛の時代に。

合理的で新素材の鉄筋コンクリートを採用し。

シンプル・かつ今までに見たことがないデザインを生み出した革新性。


コルビジェさんがやらなかったら。。。

いずれ誰かがやってたでしょうケドも。

ココまで洗練できたのかな?って言えば。


ソコがコルビジェさんのセンスのすばらしさであり。

凄さなのかもなって想う。


きっと国立西洋美術館もこの登録勧告から世界文化遺産になれば。

またそれで話題になることでしょう。。。


日本人の肩書き信仰のように。。(笑)


でも登録され。これが後世に残すべきとされ。

保存・維持に。注目されていく。尽力されていくっていうなら

すごく大歓迎なことでもあるなと。


こういうキッカケに。

国立西洋美術館に行ってみて。

建物のすばらしさを自分の目で見てみてはいかがでしょうか??


展示コレクションもすごいのがあるのに。

上野駅(公園口)の降りてすぐにあって意外と注目されてない場合も多いんですが。

展示も一見の価値は充分すぎるほどあるので。

展示も一緒にゆっくり鑑賞されてみるのをオススメします♪


自分も何度も行ってるんだけども。

毎度細かいとこ見て。怪しい人物になってるので要注意なのですが。。(笑)


改めて行きたいなって想うケド。。。

寝れないほどになってきたので行くに行けない感じっす。。(;´д`)トホホ…。。(笑)


いつになったら行けるやら。。。(笑)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くだらない・ムダの良さ。

2015-04-05 00:20:07 | creative blog

そぉいえば。
先日のフジテレビ系『 とんねるずのみなさんのおかげでした 』の特番。
細かすぎて伝わらないモノマネやっていた。


ホントピンキリでおもろいのもあればーって感じで
楽しく見ていた。

特に優勝作品のあの音ネタ。。。。

リアルで吹いた。。。`;:゛;`;・(゜ε゜ )ブッ!!(爆)


あんなだらしないカラダのおっさん2人が
あんな音だすとは。。。。(笑)


そして昨日深夜にテレビ朝日系『 『 ぷっ 』すま 』

お好み瞬間芸~後半戦~をやっていた。

ソコでハイキングウォーキングとくまだまさしのコラボ芸。

膨らませた風船と3人のハナにチューブをつないで
最後のひとりのハナに膨らんでいない風船をつっこみ。

3人のハナを経由して膨らんでいない風船が膨らむと言う
ベタだけど予想可能な芸をやっていたが。。。

あれはあれでえらいおもろいなと。(笑)


そして不思議やなーと。


どーやってあのネタ考えついたやろ??と。(笑)


偶然発見するような行動でもあるまいし。。。

ネタ作りの中で偶発的に思いつく何かのキッカケがあったんだろうし。。。

かといって。。。あれが何かの役に立つモノでは一切ないと。(笑)


ホント。。。くだらねーけどめっちゃオモロイなと。(笑)


まあ経済社会では。

ムダ。ムリ。ムラの3つのMを減らせという。

それが合理的で。イイコトだとされるケド。
合理的すぎる社会はきっとつまらないモノになってしまうとも想う。


ソコで。『 ムダ 』とか『 くだらない 』ってモノも
当然必要で。

そのキッカケが。
芸術とか音楽も。お笑いとか。発明とか。楽しみにつながっていく可能性を多いに秘めているともね。


まあ特に今の日本も。

えらい制限も加わって可変性も少なくなって
おもろくない風潮も多くなってきた。

こういうくだらないけど。ムダだけどイイモノ増えたら
もう少しおもろい世の中になるのかもねーと。


こういうのも実に大事だねと。

クリエイティブなコトには
ホント大事なエッセンスのひとつなのかもしれないねと。


自分もムダやらくだんないこと増やして楽しまないとかね??(笑)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジングル。

2014-09-11 02:58:32 | creative blog

音楽制作の話。

めずらしくすると想ったかもしれないですが。。。
日々ちゃんとやっておりますのであしからず。。。(笑)


あまり話を書かない理由の主な理由。

クライアントとの関係で言えない事情の方が大きい。以上。(笑)


まあ・・・
フツーどんな仕事にも『 守秘義務 』は当然あって。
それが仕事の信用・信頼につながるのも事実で。

アホみたいに晒せば。
昨今のネット事情では。すぐに『 炎上 』(笑)

そしてつるし上げられての『 公開処刑 』 ヒィー(((゜Д゜)))ガタガタ(笑)


ホント怖い世の中になったと言えばなったが。

そもそも個人情報に特定するような情報を
挙げまくる方にも問題があるのでホント気をつけなければとね。。。(笑)


・・・って。炎上注意の話になってしまった。(笑)


話戻して。

音楽制作でもいろんな種類があるわけだ。


中でもボチボチ仕事が舞い込むのは
短い時間で。インパクトのある宣伝商材的な音源。

いわゆる『 ジングル 』と呼ばれるモノだ。


自分も手掛けるコトはあるが。
制作事例などは言いません。(笑)

なぜか?!

仕事これ以上増やしたくないのですいません。(笑)


あと自慢商法は一切しておりませんのであしからず。(笑)


でもどこかの世の中で自分の音源が
みなさまの耳に届くコトもあったりするかも?!なので
もしかしたら・・・?って想ってフト足を止めて聞いて下さると
クリエイター冥利に尽きるのは自分限らず製作者全員の喜びです。ハイ。(笑)


そんなジングル。

カンタンに例えるなら。

テレビCMの企業ネームのスポットの音楽とか。
CMのインパクトある商品名に乗せる音とか。

ラジオやテレビの番組の切り替わりの時の音楽。アレのコトです。


テレビやラジオというメディア以外でも
意外とジングル制作ってのは多いんです。

企業の中で使われるとか。店舗で企業名言うヤツとか。。
地味なのも結構多い。(笑)


まあクライアントさんの意向踏んで
制作側は断れないし。何に使おうがかまわないんですが。。。(笑)


そんなジングル。

意外と制作は難しい。

短い時間で。インパクトがあって。視聴者の印象に残り。
企業・製品イメージにピッタリ合っている。。。などなど。

制限が多い。

テレビやラジオCMや企業・製品名だけの場合。
もぉCM全体が15秒ならそのうちさらに割ける時間なんて極わずか。

5秒もない場合もあるわけだ。。。(笑)


ソコにエッセンス含めるとなると。。。
こっちのセンスや技術などがえらい問われるワケで。


やりがいがあると言えば聞こえはいいが。
結構しんどいわけで。。。(笑)


作ってるとジレンマやら。
いろんな作ったモノや。過去に出されてるモノとかぶらないか?とか
配慮もしたらすごいアタマがグチャグチャになることも多い。

今まさにそれに近いかもしれない。( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \(自爆)


軽いスランプ。逃避したいかもしれない。ムリだけど。(爆)



それはさておき。

作ってると。他の音源作品と類似させないようにする。

これは著作権やら権利の問題も絡んですごくシビアで
気を付けなきゃいけないポイントでもある。


そしてフト想ったわけよ。

そぉいえば。

コンビニのCMって。最近昔からの馴染みのジングル。
よく使われなくなったね?と。

キャッチコピーのジングルなんだけど。


セブンなら。

『 セブン~イレブン~いい気分~♪ 』・・・

・・ってもしかしたら知らない世代もおるんちゃうか??と思ったり。(笑)


サンクスだったら。

『 すぐ~ソコ~♪ サンクス~♪ 』


ミニストップはそのままブランド名言ってたし。(笑)


そぉ考えると。。。
ウチラの商売がまだやっていける幅があるなとΨ(`∀´)Ψケケケ。。。(笑)


ホントはイメージ定着で刷り込みで
ずっと使ってた方がいいかも?!なのになぁ・・・
コンビニに限ってはあんまり使ってないのかねーと。


ファミマは同じの使ってるのは知ってるケド。(笑)


まあヤマダ電機さんの『 やまぁ~だぁ~でんきぃ~♪ 』ってジングル。

あれ有名な話。
お笑い芸人のさまぁ~ずさんがヤマダのCMに出た時に
とっさに思いついたモノがあのジングルになったとか。。。(笑)


ドンキーに居続けると。
帰ると。アタマからあのドンキーの曲がしばらく残ってるとか。。。(笑)

あれはある意味洗脳?・・・かとも想ったり。

無意識で・・・どんどんどん~どん~きぃ~♪歌ってたら末期ね?(笑)



それくらいイメージと。インパクト残る作品は
逆を返せば。 『 傑作 』と呼べるだろうねと。


そんな傑作作ってみたいモノだ。。。しみじみ。。。(笑)


スランプ気味だけに余計に切に願ってしまうわ。。。((*≧艸≦)ププ…ッっ(爆)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加