やまかづの気ままにマンゴー

航空旅行>機内食>マンゴー>ロングステイ>ファイナンシャルプラン

あるある海外旅行図典【グルメ編】

2011年10月22日 | ⑨ イラスト図典

そして、最後になりました、【グルメ編】です。

海外旅行の最大の楽しみは?私はもちろんグルメ!

こんな経験、「ある、ある」、「ないない」?

Photo_23
↑ 今では、珍しくなくなった韓国冷麺。自分で切ることは周知の事実。

20年近く前、ソウルの食堂で冷麺を頼んだものの、渡されたハサミの意味がわからず、ひたすらズルズルと冷麺をすすった記憶があります。

Photo_24
↑ 料理名も量もわからない。言葉も通じない。適当に頼むと何だかわからないものが大量に・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あるある海外旅行図典【観光編】

2011年10月21日 | ⑨ イラスト図典

続きまして、【観光編】です。

こんな経験、あなたは、「ある、ある」?「ない、ない」?

Photo_19
↑ 海外では、手の届きそうなほど間近にパンダを見ることができるところもあります。しかも、時間制限なしに。そんなあなたは、きっとこんなふうになっているはず・・・。

Photo_20
↑ 日本の冬、南半球に行くと真夏が待っています。紫外線も強いし、帰国することには「日焼け」ではなく、「やけど」に・・・。

Photo_21
↑ 見渡す限りのマンゴーの木。そして、鈴なりのマンゴー。

日本なら、一体幾らになる?「1個500円として・・」とソロバン勘定と同時に、「1食で2個、1日6個、1週間で・・・」。大好きなマンゴーを、一体何日食べ続けることができるのか、天文学的な数字にウハウハ!マンゴー好きならわかる?

32
↑ 海外が近くなりました。仕事帰りでそのまま海外。海外帰りでそのまま仕事!

時差を引きずって、そのまま勤務。楽しんできたんだから、頑張りましょ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あるある海外旅行図典【買い物編】

2011年10月20日 | ⑨ イラスト図典

続きまして、「買い物編」です。

一部のイラストは「空飛ぶビーフ はばたくチキン」(文芸社刊)で掲載しましたが、まだまだありますよ~!

「ある、ある!」と、共感してもらえれば嬉しいです。

Photo_12
↑ サイズ表示は、世界共通がいいですね。私が、アジア以外の国で買い物するときには、「キッズコーナー」に直行です。

Photo_13
↑ 今はユーロになったけど、ひと昔前は、ヨーロッパは国境を超えるたびに両替の必要がありました。それぞれの国で短期間の滞在ではコインを覚えることができず、こんなことに・・・。

Photo_14

↑ デ゛ューティーフリーで買うより、スパーマーケットの方が安いし、格段に面白い。

Photo_18
↑ でも、帰国日前日、こんなことになっていたりする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あるある海外旅行図典【乗務員編】

2011年10月19日 | ⑨ イラスト図典

続きまして【乗務員編】の登場です。

大半のイラストは「空飛ぶビーフ はばたくチキン」(文芸社刊)に載せていますが、ご好評につきリバイバル~!29
↑ サロンケバヤを着た客室乗務員です。シンガポール航空やマレーシア航空などですね。

28
↑ サリーを着たクルー。エアインディアやエアランカです。

59_26rvs_2
↑ 日本で海外旅行が解禁になったころは、こんな感じでした。ひざ下?cmのロングスカートです。

61_48rvs
↑ 副操縦士の新海元?似てないのですみません。パイロットのイメージです。

あの村沢教官(スチュワーデス物語)もこのイメージです。

25_2
↑ 東南アジア系のクルーに多い気がします。こういう人がキャビンクルーになるのか、圧倒的女性多数の中で働くうちに、こうなるのか・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あるある海外旅行図典【機内サービス編】

2011年10月18日 | ⑨ イラスト図典

これらのうちの一部はすでに「空飛ぶビーフ はばたくチキン」(文芸社刊)にて掲載しておりますが、ここでは、未公開分も含めて、全5編に分けて公開します!

まずは、【機内サービス編】です。

国際線飛行機に1度でも乗ったことがある人なら、思い当たることがあるかも・・・。

あなたは幾つ「ある、ある」?

0

↑ 今では、かなり見かけることが少なくなったけど、やっぱり実演をみると、実はやってみたくなるのは私だけ?

多分、緊急時はパニックになって使えませんよ。消火器と一緒です。

Photo_3

↑ ナイロン手袋をつけて回収されることもありました。確かに、首周りとか、靴とか拭く人もいますので、素手で回収したくないクルーの気持ちもわかります。しかし、トングで回収される旅客は、かなり複雑な気分です。

Photo_5
↑ 機内食の種類を選べないのは楽しくないけど、あり過ぎても困りもの。ファミリーレストランで、料理を決めることができずに、メニューをずっと眺めていることないですか?

Photo_9

↑ いつも隣の機内食の方がおいしそうな気がします。知り合いなら、ちょっと味見させてもらえますが、知らない人なら、チラ見なしがら、「あれは、きっとおいしいに違いない」と、味を想像したりします。

Photo_10

↑ 離着陸時は窓際がいいけど、機内で過ごす大半の時間は雲の上。

Photo_11

↑ 決して好んでこの席を選んだわけではないけど、混んでる便でチェックインが遅れると、悲惨なことに・・・。

30

↑ 足もとが広いからと、この席を選ぶと、離着陸時はクルーとのお見合いに・・・。「ご趣味は?」など、一応セリフは考えておくべし。

多くは非常口近くの席になるので、緊急時は身を挺して、旅客の安全に貢献をお願いします。41
↑ シートテレビが発達したので、機内誌から暇つぶしのクロスワードパズルはかなり姿を消しました。

簡単だとすぐに終わる、難し過ぎるとやる気にならない。

31_2
↑ あなたのLCC(格安航空会社)のイメージは?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加