やまかづの気ままにマンゴー

航空旅行>機内食>マンゴー>ロングステイ>ファイナンシャルプラン

【たびねす】新しいがおいしい!ソウル「現代シティアウトレット」のグルメ探訪

2017年01月31日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

昔ながらの問屋街に近代的な大型ファッションビルも建ち並ぶソウル東大門、観光客のショッピングスポットとして人気があります。
そんな東大門に2016年3月、ショッピングモール「現代シティアウトレット」がオープンしました。低価格の衣類、雑貨がメインですが、実は地元ソウルっ子の胃袋を満たすフロア「ホットスポットグルメ」が注目を集めています。
今までにないグルメ充実のスポット、新しいからおいしいんです! 

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/23907/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】古くて新しい?今も昔もソウルの定宿「ニュー国際ホテル」

2017年01月29日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

 ソウルの中心部でリーズナブルに泊まりたいなら、昔から現在に至るまで日本人の定宿となっている「ニュー国際ホテル」でしょう。ホテルの建物自体は古いのですが、絶えずリノベーションを繰り返しているため、いつでも最新の設備とモダンなインテリアを誇っています。
ひと昔前に泊まったことがある方も、まだ泊まったことがない方も、ソウルのホテルを探しているのなら、古くて新しい?「ニュー国際ホテル」はいかがですか?

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/22512/ 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月 全日空機内食(香港-関西)

2017年01月27日 | ③ 機内食NH 全日空

この旅の最後の機内食、全日空で香港から関西へ向かいました。

午後のフライトなので夕食メニューとなり、チキンとフィッシュからの選択です。

今回は、全日空が新しくフルーツプレートミールの提供を開始したというプレス発表をしたので、どんなものになっているのかお試しでオーダーしてみました。

NH874 香港-関西  

↑ ディナー:チョイス1

メインディッシュ:チキンのから揚げ

サイドディッシュ:アペタイザー、茶そば、クランチチョコ

↑ ディナー:フルーツプレートミール

メインディッシュ:ハニーデューメロン&キウイフルーツ

サイドディッシュ:カットフルーツ、ドライフルーツ

全然イケてないフルーツプレートミール、今まで幾つものエアラインでフルーツプレートミールをオーダーしましたが、一番貧相です。

どうした全日空!

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月 タイ国際航空機内食(バンコク-香港)

2017年01月25日 | ③ 機内食TG タイ国際航空

バンコク発、香港行きタイ国際航空の機内食です。

バンコク発ということなのに、かなり中華風の機内食になっています。

TG602 バンコク(スワナンプーム)-香港  

↑ ディナー:チョイス1

メインディッシュ:チキン&フライドライス

サイドディッシュ:サラダ、ロールパン、ココナッツミルクティー・アイスクリーム

↑ ディナー:チョイス2

メインディッシュ:中華あんかけフライドフィッシュ

サイドディッシュ:サラダ、ロールパン、ココナッツミルクティー・アイスクリーム

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月 タイ国際航空機内食(シドニー-バンコク)

2017年01月23日 | ③ 機内食TG タイ国際航空

オーストラリアの長旅を終えてバンコク、香港経由で帰国します。

まずはシドニーからバンコクまで、タイ国際航空での移動です。昼食と夕食のサービスがありました。

TG476 シドニー-バンコク(スワナンプーム)  

↑ ランチ チョイス1

メインディッシュ:タイチキンカレー

サイドディッシュ:カクテルサラダ、バターケーキ、チャパティ、チーズ&クラッカー、カップウォーター

↑ ランチ チョイス2

メインディッシュ:フィッシュ&パスタ

サイドディッシュ:カクテルサラダ、バターケーキ、チャパティ、チーズ&クラッカー、カップウォーター

↑ ディナー (チョイスなし)

メインディッシュ:中華風チキン入り焼うどん

サイドディッシュ:カットフルーツ、ビスケット、カップウォーター

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月 ジェットスター機内食(エアーズロック-シドニー)

2017年01月21日 | ③ 機内食JQ/3K/GK ジェットスター

今回の旅、最後のオーストラリア国内線となりました。

次の搭乗はいつになるかわからないので、ちょっと奮発してオーストラリアらしい機内食をオーダーしてみました。

JQ661 エアーズロック-シドニー  

↑ クラシック・ビーフパイ

オーストラリア産のビーフにオニオン、トマトをフィリングした、とってもスタンダードなミートパイです。

ほかに、チキンパイもありましたが、やっぱりオーダーするならこれでしょ!

↑ SUMOサラダ チキン&ライス

バスマチライスにチキン、ハーブを添えたヘルシーなサラダです。「SUMO」というブランドは、オーストラリアのフードコートでよく見かけるサラダ専門のファストフード店のものです。

とってもエキゾチックな味つけです。 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月 ジェットスター機内食(メルボルン-エアーズロック)

2017年01月19日 | ③ 機内食JQ/3K/GK ジェットスター

ジェットスターの国内線に搭乗してみました。

機内食はすべて有料です。サンドイッチやパイ、カップヌードルなど、軽食がラインナップされています。

伊藤園の「おーい、お茶(350ml)」も販売されていましたが、なんと4ドル(約350円)でした。

JQ664 メルボルン-エアーズロック  

↑ ヨーグルト&グラノーラのブレックファストディールです。

ほとんど動かない機内では、これぐらいの量がちょうどいいようです。

↑ セットなのでホットコーヒー(あるいは紅茶)がついてきます。

コーヒー一杯にシュガーが2本、ミルクが2個、こんなに入れる人がいるのか・・・。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年12月 ヴァージン・オーストラリア航空機内食(パース-メルボルン)

2017年01月17日 | ④ 機内食VA バージン航空

初めてのヴァージン・オーストラリア航空です。

LCCではないので、国内線とはいえ、温かい機内食がサービスされます。

って、日本じゃ、JALやANAでも国内線で機内食の無料サービスはないですね。

頑張っています。

VA690 パース-メルボルン  

↑ まずは、ソフトドリンクのサービス。

シートポケットにはメニューカードが入っていますが、これは有料サービスのスナック、アルコールドリンクがラインナップされていました。

↑ ホットミールのナシゴレン(マレー風焼き飯)に、デザートとしてキャラメルムースがついてきました。

 

↑ しかし、オーストラリアの国内線で、なぜにナシゴレン?それにしても、ほぼご飯のみ。フライドエッグぐらいはほしかった。

おなかいっぱいになりますが、量が多いのでちょっと飽きました。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年12月 シンガポール航空機内食(シンガポール-パース)

2017年01月15日 | ③ 機内食SQ シンガポール航空

今回はシンガポール乗り継ぎでパースに向かいます。

既に関西ーシンガポール間で1回朝食を食べているので、本日2回目の朝食となりました。

中華風、洋風ともにとってもスタンダードな朝食メニュー、おいしくいただきました。

SQ213 シンガポール-パース   

↑ 朝食A

メイン:キャロットケーキ(大根餅をオムレツ風に炒めたもの)

サイド:ラズベリーヨーグルト、全粒パン、バター、ジャム

 

↑ 朝食B

メイン:チーズスクランブルエッグ

サイド:ラズベリーヨーグルト、全粒パン、バター、ジャム 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年12月 シンガポール航空機内食(関西-シンガポール)

2017年01月13日 | ③ 機内食SQ シンガポール航空

約4年ぶりにシンガポール航空に搭乗しました。

関西空港を深夜に出発する便のため、ミールのサービスはシンガポール到着間際の朝食対応メニューです。基本的なコンセプトは4年前と変わっていないようです。

しかし、朝食なら、ヨーグルトぐらいほしいなと思ったのは私だけでしょうか?

ちなみに、関西空港を午前に出発する便にはアイスクリームがサービスされます。

SQ615 関西-シンガポール  

↑ リフレッシュメント

↑ 朝食A

メイン:鮭の塩焼き

サイド:カットフルーツ、ロールパン、バター&ジャム

↑ 朝食B

メイン:チキンとシメジの中華焼きそば

サイド:Aと同じ 

 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年12月 ピーチ機内食(成田-関西)

2017年01月11日 | ③ 機内食MM ピーチアビエーション

空を飛ぶ航空機内の気圧は低いため沸点が低く、お湯は85℃程度までにしかなりません。なので、JALでは機内専用のカップ麺「うどん de スカイ」など、沸騰していないお湯でも麺がほぐれやすい特製のものを搭載しています。

では、本当に85℃程度のお湯では麺がほぐれにくいのか、ピーチの機内で実証実験です。

MM320 成田-関西  

↑ まずは日清のカップヌードルをオーダーしてみました。

スタンダードとシーフードがありましたので、シーフードを選んでみました。

↑ 腕時計できっちりと2分30秒測ってふたを開けました。クルーがお湯を入れて、持ってくるまでの時間を30秒とすると、合計時間はちょうど3分です。

ぱっと見た目、ちょっとまだ固いように見えます。

↑ かき混ぜてみると、麺の固さは気にならないほどになりました。

むしろ、固めが好きな人なら、いい感じかもしれません。

機内専用のカップ麺ならさらにおいしくでき上がったのかもしれませんが、比較のしようがないし、それでも十分においしいです。

LCCなので、機内でお湯を沸かしたというより、あらかじめ100℃に沸騰させたお湯を使ったと思われますので、そのお湯が実際に何℃であったのか不明です。

しかし、とりあえずは専用カップ麺でなくても、おいしくいただけるということがわかりました。 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年12月 全日空機内食(関西-羽田)

2017年01月09日 | ③ 機内食NH 全日空

久しぶりの全日空です。機内食を何か頼んでみようかなとメニュー表を眺めているうちにサービス時間が終了。

そうなんです、このフライトは関西から羽田への短距離フライト、あっという間の到着です。

なので、頼んだのは「香るかぼす ハチミツ入り」だけです。

NH096 関西-羽田  

↑ かぼす果汁にハチミツを足すことで、口の中に酸味とさわやかな甘味が広がります。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加