やまかづの気ままにマンゴー

航空旅行>機内食>マンゴー>ロングステイ>ファイナンシャルプラン

【たびねす】今、静かなブーム!韓国コンビニのホットサンド食べ比べ5選

2017年02月02日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

今、静かなブームとなっているのが、韓国のコンビニで売られているホットサンドイッチです。レンジで1分間加熱するだけでクオリティの高いホットサンドができ上がるとあって、お昼前に売り切れになるものもあります。
そんなホットサンド、使っているパンや具材のバリエーションが豊富なので、毎日食べても飽きることはありません。
ここでは、そんな人気の高いホットサンドイッチを5つ食べ比べてみました。

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/24182/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】新しいがおいしい!ソウル「現代シティアウトレット」のグルメ探訪

2017年01月31日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

昔ながらの問屋街に近代的な大型ファッションビルも建ち並ぶソウル東大門、観光客のショッピングスポットとして人気があります。
そんな東大門に2016年3月、ショッピングモール「現代シティアウトレット」がオープンしました。低価格の衣類、雑貨がメインですが、実は地元ソウルっ子の胃袋を満たすフロア「ホットスポットグルメ」が注目を集めています。
今までにないグルメ充実のスポット、新しいからおいしいんです! 

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/23907/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】古くて新しい?今も昔もソウルの定宿「ニュー国際ホテル」

2017年01月29日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

 ソウルの中心部でリーズナブルに泊まりたいなら、昔から現在に至るまで日本人の定宿となっている「ニュー国際ホテル」でしょう。ホテルの建物自体は古いのですが、絶えずリノベーションを繰り返しているため、いつでも最新の設備とモダンなインテリアを誇っています。
ひと昔前に泊まったことがある方も、まだ泊まったことがない方も、ソウルのホテルを探しているのなら、古くて新しい?「ニュー国際ホテル」はいかがですか?

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/22512/ 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年11月 1泊2日の弾丸ソウルでカムサハムニダ!

2016年12月06日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

秋の深まるソウル、かねてより気になっていたお店に顔を出して、B級グルメ旅を1泊2日で楽しんできました。

外はちょっぴり肌寒いですが、室内はしっかり暖房されているので、アイスなメニューもおいしくいただけました。

↑ まずは、ここからスタート!東大門の現代シティアウトレットにある「イエローカフェ」です。

バナナ味牛乳でおなじみの乳飲料会社ピングレがやっているカフェです。一番人気はバナナアイスクリームですが、バナナ味コーヒーやバナナ味紅茶もありました。

↑ 同じくこちらも現代シティアウトレットにある製菓会社ヘテロのカフェです。

でき立てのハニーバターチップスが食べられるとあって、こちらも人気のお店です。ソフトクリームと食べるとさらにおいしくなります。

↑ 場所を狎鴎亭(アックジョン)に移すと、こちらはオリオン・マーケットオーのレストラン&カフェです。

1階が「LABO」、カフェスタイルで、焼き立てのブラウニーをいただくことができます。

右側、フライパンで焼かれた状態になっているのがバナナブラウニー、左側、プレートにのっているのがオリジナルブラウニー(テイスティング用)です。

 

↑ 甘いものばかりではありません。これはチーズカルメギ!

真ん中の網で焼いた後、周りの鉄板に入れられたチーズ、タマゴ、キムチと一緒に食べます。

B級グルメっぽいおいしさです。カルメギは豚肉の横隔膜近くの部位の名前です。ホルモン的なコリコリ食感がたまりません!

↑ ちょうど宿泊が土曜日に当たったため、ホテル前の道路は朴槿恵(パク・クネ)退陣要求の座り込みデモ隊で埋め尽くされていました。

参加者は手に手にロウソクを持っていました。混雑しているのでその火が燃え移らないか、心配しているのは私だけ?

↑ 韓国のコンビニでは、チルドのハンバーガーやトーストの種類がすごいことになっています。

なかなかクオリティも高いので、持って帰って、自分土産にしてみました。

一番人気は、右側のチーズキングベーグルです。確かにボリュームたっぷりで2300ウォン、ほかのものと比べるとお得感があります。

********

今回のソウル1泊2日弾丸旅行、観光よりもグルメ、カムサハムニダ!

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年11月 ピーチ機内食(関西ー仁川)

2016年12月04日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

久しぶりにピーチの機内食、ホットミールをいただきました。

関西空港を出発後、ほどなくして機内販売が開始されたので、早速オーダー!

しかし、クルーの回答は「在庫を確認してきますので、しばらくお待ちください」とのこと。

関西空港発の始発便で、なおかつ販売開始早々で、いきなり在庫確認?

ほとんど搭載していないのかな?機内食販売にあんまり力を入れてないな~って印象でした。

MM001 関西-ソウル(仁川)  

↑ フライドチキンチーズカレー

フライドチキン+チーズ+カレーと、これは失敗のしようがない組み合わせ。おいしくないはずがない!

泉州産オニオンスープとセットにしていただきました。

↑ 機内食メニューブックが機内限定販売チケットブックと合体!

食べ物+チケット、こちらの組み合わせは、思いも寄らなかったです。表紙もごちゃごちゃしたデザイン!

どーした?ピーチ!

機内食販売よりもチケット販売に力を入れている印象がますます強くなりました。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】狭いながらも機能的!ソウル「ルックホーム」日本人なら納得の快適性

2016年09月22日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

狭い部屋に慣れている日本人にとって、案外快適かもしれないのがソウル「ルックホーム」です。コンパクトな部屋にバスタブやシャワートイレまであるのに、室内の動線はしっかりと確保、スペースを最大限に生かした機能的なデザインとなっています。
さらに、ソウル髄一の繁華街、地下鉄「明洞」駅から徒歩5分とアクセスは抜群、ホテルライフよりも明洞ライフを満喫したい方、この「ルックホーム」はお勧めのゲストハウスです。

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/20686/ 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】ソウル路上美術館「梨花壁画村」イマジネーション全開で散策しよう

2016年08月28日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

ソウルの東大門北側には「梨花壁画村」と呼ばれている住宅街があり、メインストリートから民家の裏路地にまで、ジャンルを問わない、さまざまなアーティストの壁画やオブジェがあふれています。
それはまさに路上美術館。足をとめてじっくりと鑑賞したり、あるいは壁画の世界に我が身を委ねたりと、人々が思い思いに楽しんでいます。
あなたもイマジネーション全開で「梨花壁画村」を散策してみませんか?

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/20685/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】『冬ソナ』で大ブレイク!ソウルから日帰り可「春川」を今だから訪れたい

2016年08月26日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

韓国・漢江の上流に位置する春川は豊かな自然に恵まれており、かねてから韓国人のレジャーエリアとして人気がありました。加えて、テレビドラマ『冬のソナタ』の大ヒットにより、その舞台となった春川を訪れる観光客は倍増、にわかに一大観光地となりました。
現在ではそのブームも去り、春川は落ち着いた雰囲気を取り戻しましたが、今だからあえて行きたい、再度訪れてゆっくり過ごしたいと、静かなムーブメントが起きています。

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/20684/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年8月 韓国とはいえ真夏はやはり暑かった旅

2016年08月24日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

日本の北に位置する韓国、ちょっとぐらい気温が低いかと思いきや、日本と同じぐらい暑い!

こんなに暑い日、日本でなら歩き回ることはないけれど、しっかり歩いて、しっかり観光、しっかりグルメしてきました。

 

↑ まずは、「ITX青春」に乗って「冬ソナ」で有名になった春川へ。この列車が運行されてから、ソウルと春川はぐっと近くなりました。

「冬ソナ」のブームもとっくに終わっているので、ちょっとゆっくり観光できるかな?

↑ 春川の目抜き通り、明洞ギル。「冬ソナ」の銅像がありました。かつては記念撮影をする人でごった返していたんでしょう。

↑ 春川といえばダッカルビですが、実はそば粉だけでつくったマッグクスも名物です。ネンミョン(冷麺)ほど弾力がないので食べやすいです。

↑ 梨花壁画村へも行ってきました。村の至るところに壁画が描かれ、アートな村になっていました。

観光客が増えたことで迷惑に思っている村人も多いようで、壁画が突如消される事件も起こっています。

↑ 壁画に書かれたウィング。名所の一つですが、ポーズをつくるのは中国人が上手。日本人はどうしても照れが入っていい写真が撮れません。

↑ 夏の風物詩パッビンス。滞在中に何食食べられるかと挑戦。その中で、インパクトが強かったのがナチュール(Natuur)。

ドライアイスが吹き上がって涼しさを演出。これで4000ウォンは安いかな。

↑ 一番高かったビンスがこれ、エンジェラスコーヒー(Angel-in-us Coffee)のマンゴーベリービンス。11000ウォンなり。

カフェのビンスは高級で量も多く、1日に何軒も食べ歩けません。残念!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年8月 アシアナ航空機内食(ソウル/金浦ー関西)

2016年08月22日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

お盆の帰国ラッシュに重なりそうな日の帰国便だったため、エコノミークラスがオーバーブックして、ひょっとしてビジネスクラスにアップグレードにならないかなと淡い期待をしていました。

すると、ビンゴ!何年振りかのアップグレードです。

1時間半程度のフライトなので、あっという間に関空に到着しますが、やっぱりビジネスクラスはいいものです。

OZ1165 ソウル(金浦)-関西  

↑ ホットミールは2つのチョイスがありました。一つは韓国スタイル、もう一つはウエスタンスタイル。

迷った結果、韓国スタイルの「海鮮の蒸し焼き」を選びました。これって、ヘムルビピンパッツ(海鮮混ぜご飯)ですね。コチュジャンが結構きいています。

アペタイザーはスモークサーモンの野菜サラダ。サーモンが思った以上に大きかったのでうれしかったです。

あと、パンは5種類程度から選べました。写真はチーズデニッシュとコーングリッツパン。

↑ ビジネスクラスなので立派なメニューブックが配られました。

しかし、コストの関係か、メインディッシュが決まったら、即回収。ああ、確実に使い回すんですね。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年8月 アシアナ航空機内食(関西ーソウル/金浦)

2016年08月20日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

久しぶりにアシアナ航空に搭乗しました。前回の搭乗から約4年ぶりです。

短距離フライトなので、以前はサンドイッチや幕の内弁当のような冷たい機内食だったのに、いつの間にやらホットミールになっていました。

しかし、メインディッシュのビピンパッのみ。これって、サービス低下?それとも温かくなったのでサービス向上?

OZ1155 関西-ソウル(金浦)  

↑ 耐水性のペーパーボックスに入れられています。お弁当の大きさの割にはコチュジャンがやたらでかい!

 

↑ ふたを開けると「どうせ混ぜるので、盛りつけは適当でいいでしょ?」状態になっていました。

↑ コチュジャンを入れて、ごちゃごちゃに混ぜるとこんな感じ。確かに、当初の盛りつけの意味がなくなりました。

お味のほうは、コチュジャンを入れることで、それなりにおいしくなります。

往路の機内食としてはいいんじゃないですか?否が応でも旅行気分が高まります。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】釜山旧市街のランドマーク!高台に建つ威風堂々コモドホテル

2016年05月26日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

釜山の高台に建てられているコモドホテルは、釜山の旧市街であるチャガルチや南浦洞のどこからでも確認することができるランドマーク的な存在です。その外観は古い朝鮮の宮殿風のつくりで、また内装も韓国の歴史を感じさせる雰囲気が漂っており、威風堂々たる存在感があります。

そんなコモドホテルは、釜山観光の思い出の一つとして、ホテルライフも楽しみたいと思っている方にぜひお勧めしたい特1級(五つ星)のホテルです。 

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/17888/ 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】韓国のバナナ愛が半端ない!飲んで食べてお土産にすべき5選

2016年05月23日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

低カロリーで栄養価の高いバナナ、日本でも、朝食におやつにと大人気です。しかし、韓国ではその人気度合いが半端ありません。フレッシュバナナはもちろんのこと、ドリンク、スナック、スイーツと、いろんな商品がバナナ化しています。
韓国旅行に行ったなら、幾度となく目にする韓国人のバナナ愛が形になった商品。今回はその中から、コンビニやスーパーマーケットでも簡単に手に入れることができるお勧め5品をご紹介します。

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/18181/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】釜山名物オデンの殿堂「オムク体験・歴史館」がおもしろい!

2016年05月21日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

釜山名物の一つにオムクがあります。オムクとは揚げた練り物(蒲鉾)のことで、韓国では一般的にオデンと呼ばれており、昔から庶民の食べ物として人気がありました。
そんなオムクを釜山で初めて製造販売したのが影島の蓬莱市場にあるサンジンオムクです。現在ではその創業の地に「サンジンオムク 釜山オムク体験・歴史館」をオープンさせ、揚げ立てのオムクを販売するとともにオムクづくりの魅力や歴史を後世に伝えています。

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/18180/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【たびねす】スタンプラリーで楽しもう!アートあふれる釜山・甘川文化村

2016年05月19日 | ① 旅行記 韓国・北朝鮮

「たびねす」に掲載されました。

釜山の甘川文化村では色鮮やかな家々が山の斜面に沿って階段式に建てられており、その美しい風景からいつしか「釜山のマチュピチュ」と呼ばれるようになりました。
また、村の至るところにはテーマのある造形作品や絵画が飾られ、今ではアートがあふれる村として人気の観光スポットとなっています。
そんな甘川文化村のアートを楽しむには、ガイドブックを手に入れてスタンプラリーに参加するのが一番!とっても楽しめるんです。

続きはこちらから ↓

http://guide.travel.co.jp/article/18177/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加