やまかづの気ままにマンゴー

航空旅行>機内食>マンゴー>ロングステイ>ファイナンシャルプラン

本日のマンゴー!【ルナ マンゴーパフェ風 ヨーグルト】

2017年09月15日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

ルナの「マンゴーパフェ風ヨーグルト」をご紹介します。

マンゴーではなく、マンゴーパフェでもなく、マンゴーパフェ風ということで、ここまで来るとマンゴー感はほとんどなし。

普通のグラノーラヨーグルトじゃないのかな?

↑ ヨーグルトカップの上にグラノーラカップが・・・、トップカップというスタイルらしいです。

↑ 上のグラノーラカップをとると、ヨーグルトの量が意外と少ないことに気づきます。

↑ おー、確かにヨーグルトはマンゴー色、しかも果肉が見えます。これは予想外!

↑ グラノーラはアーモンド入りですが、ドライマンゴーも入っていてほしかった・・・。

↑ ヨーグルトにはマンゴー果肉とマンゴーピューレが使われています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【中村屋 マンゴーぷりん】

2017年09月14日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

新宿中村屋の「マンゴーぷりん」が販売されています。

同じ銀座中村屋からは贈答用で「マンゴープリン」というものも発売されていて、マンゴー果肉がごろっと入っているらしいです。

しかし、今回ご紹介するこの「マンゴーぷりん」は果肉ではなく、粒寒天がごろっということで、和風な仕上がりとなっています。

ああ、だから「ぷりん」と平仮名書きなんでしょうか。

↑ 木のスプーンを映しこむことで、さらに和風なパッケージ。

↑ この状態から、どうやったらパッケージ写真と同じようになるんだろうか・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【ゴンチャロフ ラフルーティア マンゴー】

2017年09月10日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

ゴンチャロフの「ラフルーティア マンゴー」をご紹介します。

基本的には贈答品なので、自分で買って食べる商品ではありません。自分で買うなら、きっとほかのゼリーを買うでしょう。

↑ 高級感漂うマンゴーのパッケージ。

↑ マンゴーピューレとマンゴー濃縮果汁を使ったゼリーです。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【マンナンライフ ララクラッシュ マンゴー】

2017年09月08日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

マンナンライフの「ララクラッシュ マンゴー味」をご紹介します。

蒟蒻畑をクラッシュさせてつぶつぶにした後、ジュレで軽くコーティング。なので、口に入れると、じんわりと形が崩れて、つぶつぶした食感が広がります。

これなら喉に詰めることはないでしょうね。

↑ 花切りマンゴーのひと欠けがポーションカップに詰まっているようなイメージです。

↑ 原材料は蒟蒻畑とそれほど変わらないと思われます。

そりゃ、そうでしょう。基本的には蒟蒻畑ですから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【南風堂 南の島マンゴープリン】

2017年09月04日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

南風堂「南の島マンゴープリン」をご紹介します。

沖縄の土産物屋さんで見かけたことがあるかもしれません。

↑ 真っ赤に熟したアーウィンマンゴー、パッケージに書かれた商品名は「南国マンゴー」、決して「沖縄マンゴー」とはうたっていません。

↑ 果肉感はなし、そして無理なマンゴーの黄金色もなし。きめ細かなマンゴープリンだということがうかがえます。

↑ 原材料はマンゴーピューレですが、そのうち15%だけが沖縄産のマンゴーピューレ、ということは、残り85%は輸入ピューレ。

沖縄産のマンゴーピューレを少しでも使っていながら、商品名を「沖縄マンゴー」とはせず、あえて「南国マンゴー」としているのは、良心的と解釈するほうがいいでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【サンヨー堂 芒果ゼリー】

2017年09月01日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

サンヨー堂の「マンゴーゼリー」をご紹介します。

マンゴーの果肉とピューレをパウチしています。(立てることができるパウチなので、スタンディングパウチと呼ぶらしい)

前回、冷蔵してそのまま食べましたので、今回は冷凍した後、少しだけ解凍して、シャリシャリ感を楽しみながら食べてみました。

↑ ゼリーというよりも、もっとゆるいピューレな感じです。

↑ 凍らすと、果肉とピューレが一体に!

↑ マンゴー果肉、マンゴーピューレが原材料ですが、フレッシュなマンゴー果肉を使ったのではなく、シロップ漬けのマンゴーを使っているのかな?そんな気がしました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【カルディ マンゴープリン in 杏仁豆腐】

2017年08月31日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

キャメル珈琲の「マンゴープリン in 杏仁豆腐」をご紹介します。

カルディの店舗で販売されているので、見かけたことがある方も多いでしょう。

しかし、杏仁豆腐にマンゴープリンを入れるという、よく考えるとわけがわかりません。

豆腐にプリンを入れる・・・?

↑ パッケージには完熟のマンゴーが描かれています。

↑ 原材料を見ても、ちょっと得体が知れません。そして、食べても・・・。

マンゴープリンに杏仁を入れる、もしくは杏仁豆腐にマンゴーを入れる、そのどちらでもないんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【たらみ フルーツ&コラーゲン マンゴー】

2017年08月24日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

たらみFruits & Beauty シリーズから「フルーツ&コラーゲン マンゴー」をご紹介します。

お肌にいいビタミンCとコラーゲンがたっぷりということです。165グラムのマンゴージュレなのにカロリーは何と54キロカロリー、食後に食べても大丈夫そうです。

↑ ビタミンCとコラーゲンがたっぷり!って、目に見えないからパッケージのイメージは大切。

↑ フルーツジュレの食感って、ちょっと果肉っぽくて食べた気がしますね。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【ユニマットリケン 212種の酵素+補酵素ゼリー マンゴー味】

2017年08月22日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

ユニマットリケンから「212種の酵素+補酵素ゼリー(マンゴー味)」が販売されています。

これは、味の評価どうこうという商品ではないし、かといって短期的に何か効果があらわれるというものでもないので、ご紹介だけにとどめます。

↑ いかにもサプリメント的なパッケージ。

↑ カバンに携行して、ちゅーっと一気に吸い込む感じかな。

↑ 素直に212種類の酵素というのに驚きました。酵素の種類って、そんなにあるの?212種類もどうやって数えた?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【コメダ珈琲 ジェリコ マンゴーヨーグルト】

2017年08月21日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

コメダ珈琲店のジェリコシリーズから「マンゴーヨーグルト」をご紹介します。

もともと、ジェリコはアイスコーヒーにコーヒーゼリーを入れて生クリームをトッピングしたものです。それを季節限定でアレンジ、ヨーグルトにマンゴーゼリーを入れて生クリームをトッピングしています。

その発想がちょっと安易というか、見た目も味もインパクトがありません。

↑ ヨーグルトの中に浮いている黄色いのがマンゴーゼリー、上には生クリーム、なので真っ白け!赤いチェリーでワンポイントを狙っていますが、もはや手遅れです。

例えば、ヨーグルトはマンゴー味とか、マンゴーラッシーとか、あるいは生クリームもマンゴー味にするとか・・・。そもそも「マンゴーヨーグルト」と名乗るなら、マンゴーゼリーではなくマンゴー果肉にしないといけません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【ダノン オイコス トロピカルマンゴー】

2017年08月13日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

 ダノンから、ギリシャヨーグルト「オイコス トロピカルマンゴー」が季節限定で発売されています。

脂肪分ゼロがコンセプトのヨーグルトですが、マンゴー味には不要でしょう。もっと濃厚なマンゴーを!

↑ 黄色のパッケージはマンゴー感ありあり!

↑ 独自の水切り製法ということで、ヨーグルトは濃厚です。

↑ マンゴー果肉を使っているようですが、果肉はいずこへ?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【北海道乳業 れん乳プリン マンゴー】

2017年08月10日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

北海道乳業から「れん乳プリン マンゴー」が発売されています。

乳製品とマンゴーは相性抜群なので、この商品も間違いなくおいしいです。ましてや、北海道産の練乳+インド産のアルフォンソマンゴーの組み合わせですから・・・。

↑ パッケージと同じように、せっかくのマンゴー味も、練乳プリンの濃厚さに存在が隠れてしまっています。

↑ これは練乳味のマンゴープリン?

↑ マンゴー濃縮果汁を使っているようですが、その含有量の表記がありません。ということは、前面に出すほど使っていないということでしょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【北海道物産興社 沖縄マンゴーゼリー】

2017年08月02日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

「沖縄マンゴーゼリー」、これはその名のとおり、沖縄産マンゴーのピューレを使ったゼリーです。

販売がなぜか北海道の会社ですが、実際に生産したのがどこかは不明です。

沖縄産マンゴーのピューレを使ったからといって、それほど風味が変わるとは思えません。それより、何%のピューレを使っているかのほうが大切です。

↑ 南国っぽいパッケージ!

↑ 販売は北海道の会社ですが、実際の生産は会社名横に記載されている「MH02」のようです。沖縄の会社かな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【もち吉 和菓涼撰マンゴー杏仁】

2016年09月14日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

もち吉から夏季限定のギフト「和菓涼撰」が発売されています。

上質なゼリーが6個セット、そのうちの一つが「マンゴー杏仁」です。

上半分がマンゴー、下半分が杏仁。決して混ざり合うことのないこの2種、どうしたものか・・・。 

↑ 原材料表記がないので詳細不明ですが、それだけに手づくり感があります。 

↑ 上部と下部、2層になっているので、両者の味のコレボレーションを楽しみたければ、カップから出すしかないでしょ。

というわけで、無理やり出してみましたけど、何やら海の生物のようで不気味!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【メイトー 瀬戸内レモンソースで仕上げたマンゴープリン】

2016年08月08日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

メイトーから瀬戸内レモンソースで仕上げたマンゴープリンが販売されています。

濃厚なマンゴープリンの味わいをレモンソースがしっかりサポート。この価格帯のマンゴープリンにしては、なかなかのクオリティーです。果肉が入っていれば、中華レストランで出しても通用するかもしれません。

↑ よくあるカップのマンゴープリンのパッケージ。3連パックです。

↑ マンゴーの芳醇な香りも残しつつ、きめは細やか。きめの細やかさは、どちらかというと西洋風プリンの食感ですが、マンゴープリンとしての味わいはかなりのものです。

↑ このマンゴー感はマンゴーピューレかと思いきやマンゴージュースでした。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加