ぱおんの小部屋

水郷爆釣隊隊長のひとりごと…

リフォーム

2010-12-30 10:49:36 | Weblog
実家がリフォーム中。片付けを手伝ったりして、まだ釣りに行けてない。天気も悪く、寒いので、部屋の中で防寒着を着たりしている。

こりゃ、年末まで帰らずに、向こうでのんびりしてた方が良かったかな。何もできん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

帰省

2010-12-28 14:29:05 | Weblog
いよいよ今年も終りが近付いた。冬休みはいつものように帰省である。いま、もう帰りの新幹線の中だ。

しかし、今度の帰省には問題がある。実家に帰れないのだ。リフォーム中だから。
何でも作業が遅れているとか。本来ならもうリフォームが終わっていなきゃいけないそうだけど、正月には間に合うんだろうなぁ。

東京駅の帰省ラッシュはまだピークを迎えていなかったから、割りにゆっくりと土産物を見られた。先日に発送した分の他に、東京ばな奈を購入したのはもちろんだが、新作の菓子も気になって、いくつか試しに買ってしまった。あと、駅弁も。

写真はその駅弁。最初はやわらか穴子弁当を買おうと思ってたが売り切れ。別の店に行くと「ぶりかまめし」が! うおっと飛び付いた。
コイツに出て来られちゃ、選ばないわけにはいかないよな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

着る毛布

2010-12-28 11:59:12 | Weblog
ホームセンターで怪しい商品を買ってきた。着る毛布。寒さに弱く、普段、部屋で毛布をひっ被っているボクには気になる商品だ。

早速着てみる。

うむ、暖かい。

しかし、着心地が良くない。

これ、なんか腕の通るとこの位置がおかしくないか。何でこんな中途半端な位置に穴が開いてんだ? ズルズルズレてうざったい。それに帯がなくて、動くと前が開いてしまう。それじゃあ普通の毛布を被ってるのと変わらないじゃん。

また、つまらぬ物を買ってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

驚き!

2010-12-28 07:44:57 | Weblog
土産を買いに外出した際、昼食にカレー屋のCoCo壱番に入った。スタンドのカレーで手早く食事を済ませてしまおうと思ったのだ。
しかし、入ってみて驚いた。

超高ェ~。

カツカレーが900円もするの? ほへ――ッ。
そりゃカレー専門店の値段じゃないの。ずいぶん強気だなぁ。
そして、注文してからの待ち時間も専門店並み。待たせるねェ。

ずいぶんと待って、やっと出てきた。値段、待ち時間と味に期待を抱かせる。では…

うむ。
カレースタンドの味だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土産

2010-12-27 13:43:21 | Weblog
昼にふらりと外出し、帰省の土産を買いに北千住へ。持って帰ると荷物になるので、予め発送してしまおうという訳だ。

しかし、北千住では東京ばな奈が売っていない。あれが無難なんだけどな。

ルミネとマルイの1階を見て回る。美味そうな菓子はどれも正味期限が短く、持ち歩きもしにくい。
さて、どうするか。クッキーなんかはどこでも売ってるし、帰省土産だから東京の銘入りがいいかな。東京ラスクにするか。

ラスクの詰め合わせを買ってみた。これをラッドステップの防寒着と一緒に発送だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖夜

2010-12-27 08:16:24 | Weblog
カーナビをください。サンタにお願いしておいた。叶わなかった。聖夜にはサンタクロースではなく、神そのものがやって来てしまったからだ。

くそ寒い中、ボコボコにバスを釣りまくって来た神に連れ出されてラーメンを食い、部屋に戻る。ここでバレーボールの試合を流すと神に文句を言われるので、この日はバス釣りの映像を見せてやった。CSフジの番組を録画したものだ。反町が琵琶湖でデカバスを狙っている。

喜んでもらえるかと思ったが、神にはレベルが合わなかったようだ。「いつものアレはかけないのか? 井上タンは?」と尋ねてくる。なんだ、いつも文句ばかり言ってるが、本当はバレーボールが見たいのか。じゃあ23日の天皇杯皇后杯の決勝戦でも見せてやるか。

聖夜に神とバレー観戦。何か間違っている気がするが、デンソーのミドルブロッカー井上香織に目を奪われていても、神はなかなか鋭い批評を入れてくる。昔、神はバレー部だったらしい。バレーでも神気取りだ。

で、試合を見ながら新人の話になったが、その時に久光にいい選手が入ったと教えておいた。それが写真の石井優希だ。久々に出た守備ができる小型じゃないウイングスパイカーだ。

その石井が日曜日のリーグ戦で活躍していた。DVDにして神に渡してやるか。隠れバレーオタクのようだから喜ぶだろう。対戦相手に井上タンもいるしな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナビ

2010-12-24 07:59:26 | Weblog
昨日は栃木に出張だったが、まだ新しいナビを取り付けていないので、現地で裏道に入ると大変だった。地図も用意していないから、勘で走るしかない。iPodなども使えなくなっているので高速でも退屈だった。

そんなこんなでウロウロした中、オートバックスを見付けたから入ってみた。先日もナビのデモ機をみて、操作感を試してみたが、また色々とチェックするのである。ボクは購入する商品については徹底的に確認をする。これというモノが決まるまで。今回は地図データを確かめるのだ。

ナビの候補としては楽ナビのHDDタイプとメモリータイプを考えている。データ量に関してはカタログを見るとそんなに違わないようだが、実際はどうだろうか。ルート案内のデモを起動して2台の違いをチェックしていく。

違う。
HDDタイプの方がいい。

案内する交差点が近付いた時、マップが拡大され、交差点の詳細が分かるようになるのはどちらも同じだが、その際の拡大図が異なっている。HDDタイプはドライバーズビューといって、運転席から見たような画面になるが、メモリータイプは平面図を拡大しただけだ。拡大図の隣りには平面図が並列表示されるため、メモリータイプは縮尺の違う平面図を並べただけになってしまう。
今までナビを使っていて、特に分かりにくい交差点では、このドライバーズビューの拡大図が非常に使い良かったから、やはりそれが欲しい気がする。価格の差もあるので、もう少し性能をチェックしてみようか。

写真はオートバックスの近くのラーメン屋で食べた昼食、辛みそラーメン。でも、これは失敗だった。ベラボウに辛いだけ。純輝のような辛みそを期待してたが、アテが外れた感じ。蕎麦にしときゃ良かったな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

爆釣隊版陸王

2010-12-22 12:10:34 | Weblog
爆釣隊で陸王のDVDみたいな競技をやってみたらどうかという意見が納会で出た。面白そうだ。開催にあたってはヒサシをプロデューサーとし、ルールなどの決定を一任することになった。

一任といっても、プランをいくつか提案せねばなるまい。1月のパル会あたりでヒサシにアイデアを集計してもらって、そこから上手くまとめてもらおう。

で、ハリオンでスープカレーを食いながら考えた。
年に何回かやるのなら「4・5月」「6・7月」「8・9月」「10・11月」の4回くらいか。それで各回毎と年間チャンピオンを決定かな。
大会名称は「黒王」とか「悪王」とか言ってたけど、大会自体は「黒王」とかにして、各回に「悪辣カップ」とか「腹黒カップ」とか冠付けすればいいだろう。あと、例えば悪辣カップはテキサスオンリー、腹黒カップはライトリグのみ、聖人カップはスピナベだけ、みたいに制限を付けると面白いかもしれない。
8月下旬、気温35度を超える猛暑の中で開催された梅安カップは、与田浦でのデカトップ縛りという過酷な戦いだった…。うむ、このカップは欠場しよう。

あとはエリア縛りだな。霞ヶ浦カップ、北浦カップ、利根川カップ、牛久カップ…、霞ヶ浦本湖でも東浦限定とか…。そうすれば普段やらないようなエリアにも行かざるを得ない。新規ポイントの開拓にもなる。こうやって強制しないと、どうしても前回釣れたエリアばかりを回るようになるからネ。

パル会の頃には、もっとアイデアが出ているだろう。何か楽しみになってきたぞ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

また栃木

2010-12-22 08:57:06 | Weblog
突然お客様からの呼び出し。今日は栃木に出張だ。まぁウチの商品の採用を決めてくれたんだから文句はないが…。それに社内にいても暇だしな。仕事が済んだら、蕎麦を食って直帰としよう。

さて、朝飯前にレモン牛乳でも飲んでくるか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報道の真実

2010-12-21 16:28:44 | Weblog
週末に報道の真実と題してフジテレビでドキュメントをやっていた。先日、尖閣に上陸した石垣の議員の映像を紹介していたが、これに対しての政府の反応はない。さすがは無能政権である。

番組はその後、中国の反日教育へと進んでいく。しかし、まぁ酷い報道だ。おそらく、これはヤラセだろう。

まずは歴史教育をしている教室の様子を流す。そして、歴史に愛国教育が含まれていると紹介。それから抗日記念館をレポート。ここまで、日本を憎悪するように中国が誘導していることを伝えるが、教えている内容が事実と反しているとは一言も言わない。何も知らない子供が見れば、日本が昔悪いことをしたと思い込むだろう。こういう報道では、中国が捏造した歴史を教えて人民を洗脳していることを、まず伝えなければならないと思う。

その後、番組には、歴史では、憎悪のような感情でなく、真実の追求が必要と説く中国の大学教授が登場。まるで、中国でもそうした理性的な教育が芽生え始めているように錯覚をさせている。だから中国は悪くない、これから徐々に良くなっていくと言いたいのか。

だが、こんな中国政府の意向に背くような教育内容を、大学と教授の名を明かし、顔にモザイクすら入れずに報道できるとは思えない。そんなことをすれば、この教授は政府に殺されてしまうだろう。日本でさえ、仙谷に逆らうと懲戒免職になったりする。左巻きの政権とはそういうものだ。

だからこの報道がヤラセと分かる。中国人が中国を批判するとき、真実であれば顔は出せない。人物が特定されれば、粛正されてしまうからだ。

こんな番組を「報道の真実」と銘打って放送するなど言語道断、日本人を洗脳する有害番組でしかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加