ぱおんの小部屋

水郷爆釣隊隊長のひとりごと…

オムライス

2009-09-30 13:37:02 | Weblog
本当は昼食を抜き、絶食を始めようと思っていたのだが…
サンプルに使うシャープペンシルを1本、北千住に買いに出かけた際、ルミネでオムライスの店を見つけてしまった。腹は減っている。気が付くとWシチューのオムライスを注文していた。

腹ペコでレストラン街を歩くのはいけないな。どの店もみんな美味そうに見えてしまう。
でも頑張った。オムライスだけの注文で、デザートは我満したゾ!

おっ、出てきたな。
うむ、腹ペコだと何でも美味い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

技術者ぱおん

2009-09-30 07:37:13 | Weblog
ホームセンターへ行き、ドリルを買った。新型コンパスを加工するのである。
今まで散々な目にあわされたドブ鼠工場を止め、次回から新しい工場を使うことになり、コンパスの試作に入った。ドブ鼠工場とは違い、さすがにしっかりしたものが出来上がってきたが、昨日、その工場から相談を受けたのだ。組み立ての効率が悪くて困っている。何か、いい方法はないだろうか、と。

聞けば、組み立て時のネジの締め上げに苦労しているそうだ。電動では無理で、先週納品されたサンプルは手で締めたのだという。今のままだと量産化に支障が出てくる。

問題を解決する策をボクは一つ持っていた。
以前、シャープペンの機構を作る工場で、同じような問題が起こったことがある。その時の方法を用いれば良いのだ。

それで、工場に行く前に、一応試しておこうと思い、ドリルを買ってきたわけだ。自分で部品を削ってみて、最適な加工サイズを調べておく。そうしておくと、工場で説明する時に戸惑わないから、さも自分が偉い人間のように見えるじゃないか。

受け売りの技術を得意げに話すには、それ相応の準備が必要なのサ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やられた

2009-09-29 07:54:17 | Weblog
出張から戻ってみると、駐車場に止めてあるクルマの位置が微妙にずれていた。部屋の中にも僅かな変化があった。

心霊現象か? いや、違う。
これは主人が留守の間に仁がやって来て、水郷出撃した痕跡なのである。仁はロッドや長靴などを僕の部屋に置きっぱなしにしている上、出撃の足がない。タックルを部屋から取り出し、ワインレッドのマシンを持ち出して、土曜日は釣りに出かけたのだ。

その土曜日、水郷ではトモが50アップを釣り、ケンケンさんもデカバスをゲット。仁も調子が良かったようだ。ただ、風が強く、釣りにくかったという。

しかし、強風は北の聖地の方が酷かったと思う。霞は逃げ場があるが、北には無いからだ。
特に、この時期は減水していて、ただでさえポイントが限られる上、1メートルに満たないシャローでドプンドプン波立つと、水はあっという間にカフェオレになってしまう。流入河川や漁港の中は風を避けられ、カフェオレにもなっていないが、代わりに抹茶ラテが配膳されている。

それでも頑張ってみた。だが、撃沈。
事前に腹黒い男から授けられた策もことごとく外れた。あるいは罠だったのかもしれない。

今週末は水郷へ帰る。北の惨敗の分を取り返せるといいのだけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もみじ野

2009-09-28 15:47:02 | Weblog
宮城出張の際に立ち寄る蕎麦屋がある。山中にある「もみじ野」という店だ。今回も美味い蕎麦を食べに行った。

囲炉裏の側の席に座り、蕎麦の他に天ぷらを注文する。写真奥側が岩魚、手前がカジカの天ぷらだ。どちらも骨まで柔らかくなっている上、サクサクして美味しい。
また、蕎麦がきも頼んだ。

すぐ下を流れる渓流の音を聞きながらの食事は、舌だけでなく、目や耳までも満足させる。

11月にもまた訪れよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ババヘラ

2009-09-28 13:13:52 | Weblog
秋田の名物と言えば、これを忘れてはいけない。ババヘラアイスである。

夏に国道などを走っていると、時々パラソルが差してあり、お婆さんが座っている。必ずお婆さん。お爺さんはいない。一度も見たことがない。

このお婆さんがヘラで形作ってくれるのがババヘラアイスなのだ。ババアがヘラで作るからババヘラアイス、お爺さんが作ったのではジジヘラアイスになってしまう。

変わらぬ味とのことで、もう発売以来50年以上経つという。昔、ババヘラを買ったお嬢さんも、今ではアイスを作る立場に変わっているのだろう。

秋田に来たら、ぜひ一度は食べてみて欲しい。甘さ控えめでスッキリと美味い。
ピンクの方がイチゴ味、黄色がバナナ味というが、風味も控えめで、そんなに味を主張していない。

写真ではよく分からないが、実は花の形に盛ってある。上手なババアだと、薔薇のような美しい花になることもある。

オススメ。200円。
最近は秋田駅の構内でも販売している。そこでもやっぱりパラソルが目印だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田の旅4

2009-09-28 13:13:25 | Weblog
秋田オススメの駅弁も紹介しておこう。大館名物の「花善 鶏めし」だ。

秋田は比内鶏の産地のために、鶏肉を使った料理が多い。弁当も鶏めしの類がたくさんあり、つくねや団子、焼き鳥などで飾り付けられた駅弁も見かける。それらの中で一番オススメできるのが、この花善の鶏めしだ。

鶏肉の量はそれほど多くなく、また肉が硬い。しかし、肉に味わいがある。薄い味付けの中に肉の旨味が香るのだ。硬い肉を噛み締めて、この風味を味わって頂きたい。

秋田駅でも購入できるが、キオスクでは見かけなかった。改札前のコンビニには並んでいたから、もしかして扱ってる店が限られるのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田の旅3

2009-09-28 08:24:03 | Weblog
先に紹介した味噌ラーメンの店とは別に、秋田には有名なラーメン屋がある。それが写真の看板の店、周助だ。

周助ラーメンと言えば、高速のパーキングエリアでもお土産として売っているし、ヤマト運輸の通販サービスの一品になっているから都内でも簡単に入手できるほど知名度が高い。その割には、店の規模が小さいが、この琴丘近くの店とは別に本店があるのかもしれない。

今回はトンコツ味噌ラーメンを食したが、ちょっと期待外れだった。ずっと以前に、初めて訪れた時にはトモと一緒だったが、もっと美味かったように思う。

メニューを見ると、「基本 濃厚 醤油ラーメン」「基本 濃厚 味噌ラーメン」とあるから、何もない、シンプルな醤油ラーメンが一番美味いのかも。
次回は醤油にしてみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田の旅2

2009-09-27 16:31:40 | Weblog
佐藤旅館の向かいにあるレストランが写真のりんごの店である。アップルの森。怪しげなデコレーションが施された店。だが、料理はなかなかに美味い。

近辺に食事処が少ない八郎潟界隈では貴重な店で、キチンとした洋食を食べられる。手作りのメニューなども味があっていい。

問題があるとすると、注文してから配膳まで時間がかかること。
たっぷり30分くらいは待たされる。そう、鰻を待つのと同じくらい。
これは注文してから全て作っているからと思われ、例えばカツ丼を頼むと、それから肉を切り、卵を溶き、衣を付けて揚げる。それを切って鍋に入れ…、なんてやっているから時間がかかるのだろう。
ただ、そのおかげで全てが出来立て。味はいいのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田の旅

2009-09-27 15:04:40 | Weblog
秋田を旅する際、決まって泊まるのが写真の佐藤旅館である。先週、ヒサシが泊まっていたのもこの旅館だ。この宿に泊まるために、秋田くんだりまで来ているようなものだ。

今回、宿に着いた時、「先週、泊まった腹黒い男の話では…」と切り出すと、それだけでヒサシのことだと理解されて、ボクは嬉しくなった。

宿はJR八郎潟駅のすぐ前にある。オススメなので、ぜひご利用頂きたい。安いしネ。今回2泊して8600円。もう少し取ってくれないと心配になるな。

来年もまたよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009-09-26 19:14:55 | Weblog
今まで食べたことが無い味がします!
それがキャッチフレーズの変わったラーメンがある。丼丼、いや、今は味噌屋麺助の黒味噌ラーメンである。国道7号沿い、道の駅琴丘近くにある店だ。秋田に来たらこれを食べねば始まるまい。

でも、何か、昔と変わったような気がするな。麺はこんなキシメンみたいな平らな麺だったけか。

最近は辛味噌が付くよになって、好みで辛さの調節ができる。一瓶全部をブッ込む感じで辛々にすると美味しく頂けるゾ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加