ぱおんの小部屋

水郷爆釣隊隊長のひとりごと…

クルマ

2009-06-30 21:59:58 | Weblog

新しいクルマの写真を何枚か。一応、届いた時はこんなだったという記録のために…


純正のフォグランプ付き。社外品のフォグも付いていたけど、車検に不適格とのことで取り外しました。


タイヤは純正サイズ。バネ、ダンパーも純正品に戻しました。


車内。ステアリング、シフトノブは初めてのクルマからずっと受け継いできたもの。
シートはレカロ。長距離でも疲れない。このシートはホントに着けて良かったです。


リヤシートは黒い車のを移植。新しいのは破れていたので。
リヤウィンドウも黒いフィルムが貼られていないからスッキリしている。


純正と違うスポイラーが付いていた。このスポイラー、中から見ると、純正よりも死角が少なくて、後方視界がいい。


やっぱりワインレッドはいいな~。
今度こそ長く乗り続けたいので、頼むから追突してこないでね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カー用品

2009-06-30 08:12:49 | Weblog
ホンダでCR-Xを引き取ったあと、6号線を走らせてみる。
エンジンはスムースで振動も少なく、アイドリングも安定している。明らかに前のクルマより程度がいい。ギヤボックスは噛み合いがやや渋いが、これはしばらく走っている内に馴染んでくるだろう。

ボディはずいぶんシッカリとした。ドアの閉まりもカチッとしているし、軽い操作でリアシートが倒せる。前の黒いクルマはボディが歪んでしまって、リアシートが動かせなくなっていたのだ。

ハンドリングは中立付近がやや曖昧だが、これはタイヤが原因だろう。
195/50/R16から185/60/R14にサイズが変わっている。剛性もグリップ力も大分違うから、少し頼りなく感じるが、これが純正のサイズ。タイヤの山もタップリ残っているので、しばらくはこれでいく。轍にハンドルを取られにくくなったし、振動やショックも減ったからメリットもあるのだ。

ただ、今まで何事もなかったスピードでコーナーに入ると、盛大なスキール音が発生したのには驚いた。黒いクルマでは、知らず知らずの内に、コーナリングスピードが高くなっていたのか。これからは自重しよう。

しかし、その思いを踏みにじるようなエンジンなのだった。
タコ足が交換されていてレスポンスがいい。回転落ちが早い。
今までのクルマの感覚でシフトアップすると、回転が下がっていて、ガクンとくる。素早くシフトする感覚だとスムースだ。つまり、早く、速く、と急かされている感じなのだ。これに耐える精神力でゆったり走るとしよう。

スパッ、スパッとシフトしながら、ホームセンターに寄り、カー用品を購入した。
かなり整備したとはいえ、20年前の古いクルマ、資金不足から手を付けていない部分もある。そこは自分で補修するのだ。
具体的には、細かい傷の磨き、モール類の補修だ。他にも予定していた箇所があったが、納車時に見てみると、サービスでやってくれていた。

さて、磨きにかかるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復活

2009-06-29 17:15:24 | Weblog
キュュュ…バウゥン!
ホンダ独特のセル音の後、ZCエンジンに火が入った。長い長い整備の末、ついにCR-Xが帰ってきたのだ。

再び手に入れたワインレッドのボディカラー。エンジン、ブレーキ、サス、バッテリー、燃料ポンプから冷却系まで、あらゆる所を整備調整して、遠い時代から甦ってきたクルマである。

学生の時に、神田神保町で見てハマり、長くCR-Xを愛車としてきた。コンパクト、かつシャープなスタイルが一番の魅力だ。

これで7台目のCR-X。念願のワインレッドを、また手にできるとは幸運だった。
8台目はもう探すことは無いだろう。ずっと乗り続けたいからだ。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

CR-X

2009-06-29 07:59:47 | Weblog
熊本で買ったデコポンプリン。味はイマイチ。デコポンの酸味とプリンの甘さが全くマッチしていない。
同じシリーズでゼリーのタイプもあったが、そっちにすれば良かったかな。デコポン風味のゼリーなら美味いはずだ。因島の「はっさくゼリー」という前例もあるしね。

さて、ホンダから連絡があって、どうやら今晩にもCR-Xが帰ってきそうだ。もちろん、新しいワインレッドの方がである。
先週末にルーフの塗装が必要と知らされた時には、また遅れるのかなと思ったのだが、それほど作業に時間がかからなかったようだ。グラストップで、天井はガラスになっており、枠組みだけ塗装すればいいのだから短時間ですんだのかな。

しかし、工賃はいくらになったのだろうか。
あれやこれやと追加の作業を行ったから、ずいぶん高くなったかもしれないな。カードで支払うつもりだったが、限度額を超えていないだろうな。
「VISAで!」
なんて言って、支払いができなかったらカッコ悪い。少し現金を持って行っとくかな。
でも、なるべくカードで。カードで支払うとポイントが付くからね。今回のような高額な支払いになると一万円分くらいは付くからバカにできない。

今日は早めに仕事を終えて、ホンダに行ってみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

哀しい日

2009-06-27 11:49:32 | Weblog
ハリオンのランチセットを食べている。

今日は潮来へ行き、夜釣りをして、潮釣りで買い物をして帰って来る予定だった。クルマはまだ整備が済んでいないので、男爵が迎えに来てくれることになっていた。ボクとしては、朝マズメからスタートしたかったが、男爵が「たまには夜釣りをしましょうよ」と言うので、夜中の出発になったのだ。

カサゴ釣りなどで使う夜光のワームやトップルアーを用意して、男爵を待つ。と、23時27分、男爵からメールが。
もう到着したのか。しかし、メールを確認すると、仕事が終らず夜釣りは無理と書いてある。朝行くから、ゆっくり寝ていてくださいと。

やむなく、ルアーをセレクトし直す。夜光系を止めて、朝マズメに向くハードルアーをケースに入れて眠りにつく。

やがて朝がきた。
目を覚まして外を伺うと、すでに日が高く昇っている。すでにマズメが終わってるじゃないか。

またしてもルアーを選び直すことになった。
もうこの時間になれば、ハードルアーはあまり効くまい。ワームをカバーの奥に撃ち込んで、それで1匹釣ったら帰るとしよう。

と、メールが着信。来やがったか、男爵。

しかし、メールはヒサシからだった。「どこへ行けば釣れるんですか?」
さぁ? 分かるわけないだろ。まだ家に居るんだから。
ヒサシにその旨を連絡して間もなく、今度は男爵からメールがきた。やっときた。到着のようだ。メールを開けてみる。時刻は7時11分。

「いま帰りの電車の中です。キツイから行きません」
神を信じたボクが愚かだった。レンタカーで出撃すべきだった。
後悔先に立たず…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スーツ

2009-06-26 07:54:04 | Weblog
出張中、熊本の東横インで作ったメンバーカードの写真である。会員になるといくつかの特典があるというので、会社経費で入会したのだ。

ネクタイこそしていないが、珍しくスーツ姿の写真である。この時期にスーツを着るのは久しぶりだ。ましてや、一週間、ずっとスーツだったのは初めてかもしれない。

今日は東京に帰っては来たが、一日中、カタログ掲載の打ち合わせのために外出することになる。真夏日にスーツで過ごすのは辛いが、一般的な会社員はみんなそうなのだ。偉いもんですなぁと、感心してしまう。

とりあえず今日は、ネクタイを外して、クールビズだと言って誤魔化そう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いきなり

2009-06-25 15:41:43 | Weblog
熊本で会社への土産を買った。写真の団子である。「いきなりだんご」という。
何がいきなりだったのか、いわれは忘れてしまったが、中に芋が敷いてあって、素朴な味わいの団子である。

これを買って熊本でリレーつばめ号に乗り込んだのが15時28分、これから博多へ出て、のぞみに乗り換え、東京着が22時13分。それからさらに上野へ出て常磐線である。

今日は一日中電車に乗っている。その分、ブログの更新が頻繁になっているのだ。他にやることがないので。

はぁ。腰が痛くなってきちゃったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鰻弁当

2009-06-25 15:24:04 | Weblog
より藤の鰻弁当である。
今まで色々な駅弁で鰻を食べてきたが、この弁当に勝るものはない。正に駅弁の中の鰻キングである。

しかし、それも当然か。
注文した時に弁当の在庫がなく、その場で作ったからである。だから熱々だったのだ。
時間はかかったが、どうせ電車を待たねばならなかったのだ。何の問題があろうか。

弁当を手に、駅に戻ると、ちょうど電車が入線してきた。クロスシートの駅弁電車。なんと一両編成で登場である。

電車に乗り込み、熱い内に早速弁当を食べる。
火傷しそうなほどに熱い。美味い。タレの焦げが芳ばしい。

そりゃナンバーワンですよ。鰻キングですよ。この駅弁が。出来立てだもの。他とはハンデが大きすぎる。

うむ。秋は天然青鰻だな。楽しみ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

より藤

2009-06-25 12:25:11 | Weblog
八代駅での電車待ちの間、すぐ近くに「より藤」という店があるのに気が付いた。行ってみる。ここがあの人気駅弁「鮎屋三代」を作っている店なのである。

店に入ると、鮎だけでなく、鰻の弁当も並んでいた。鰻好きとしてはこれはいくしかないだろう。

店舗では球磨川の天然青鰻も食べられるようだ。八代には、秋にもう一度来る機会がある。その際は、この天然青鰻を食べてみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ち時間

2009-06-25 10:49:21 | Weblog
人吉駅に向かおうと駅に行くと、電車がない。約2時間、重い荷物を抱えて改札前で待つ。辺りに時間を潰せるような店はなく、ただひたすら電車を待つしかないのである。

写真はオレンジ鉄道とかいう路線の車内。広々として快適だが、この空き具合では、本数を増やしてくれと要望もできないな。

待つしかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加