ぱおんの小部屋

水郷爆釣隊隊長のひとりごと…

罷免

2010-05-31 08:24:59 | Weblog
ランパードのPK阻止はなかなか良かったが…
イングランドは驚いただろう。ニッカンスポーツだかの書き込みで見た「1点も取っていないと思っていたら2-1で試合に勝っていた」に笑ってしまった。
結局、終盤に足が止まって逆転されるパターンは改善されていない。でも、シュートを撃っただけでも良かったかな。中村が居ない方が内容がいいね。

試合後の会見を見て思ったのは、岡田監督のメガネってあんなんだっけ、ってこと。メガネを新調したのかな。似合わない形に見えたけど。

ニュースでイングランド戦をどう伝えてるか見てみると、政局の話題の方が大きかった。福島が罷免され、社民党が連立を離脱したという。
ボクは社民党を全く評価しない。政策も馬鹿げていて話にならない。
しかし、今回の福島の罷免はおかしい。罷免されるべきは鳩山だろう。馬鹿な約束だったとはいえ、約束を破った方が残り、約束を守れと言った方をクビになる異常事態だ。
まぁ社民党がいらないのは事実だが、それは初めから分かっていた。「最低でも県外」と言って、社民党にすり寄ったのは鳩山じゃないか。

民主マンセーのテレビでも、さすがに鳩山は擁護し切れなくなったようで非難が出ているが、未だに支持をするコメンテーターもいる。頭をよほど強く打ったのだろう。総理と同様まともじゃない。まるで狂信者だ。

この愚か者どもに比べたら、岡田監督は、少し度の合うメガネに替えて、頑張っているように見えるから不思議だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デ…ビ~ル!

2010-05-28 15:37:03 | Weblog
これ、どうだろうか?

ガルプのデビルホッグを買ってみた。ガルプは海ではいいのだが、バス釣りではあまり実績を上げられずにいる。素材が良くないのかな。

今度こそは、と買ったのは淡水用の赤ガルプ。デビルホッグなら薄いベロベロが付いているし、ガルプ素材でも釣れるんじゃないか。

釣れなかったら、夏に海へ持って行けばいいか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

また納税…

2010-05-28 14:38:26 | Weblog
腹黒い男のところ同様、ウチにも税金の請求がきた。自動車税、それも割増しになったヤツと、尾道市の固定資産税だ。

しかし、税金を払ってもボクにはAKB参政権などは無い。参政権を金で買おうとも思わない。あれは黒い男が住む別世界の話である。まさしく、黒サンとは住む世界が違うのだ。彼は釣りを止め、今日も秋葉原で声を枯らしているのだろう。

コンビニに行き、税金の支払いを済ませる。脱税しようにもどうすればいいか分からない。無駄に使われると分かっていて納税するのはむなしいものだ。

そのコンビニでは、宮崎への義援募金が始まっていた。とりあえずつり銭を入れた。
宮崎をどげんかしてあげんといかん。

犯罪組織ルーピーズの幹部、赤松大臣、山田副大臣は口蹄疫の拡散を目指す悪質ツートップ。宮崎はその被害者だ。殺菌薬にしても、民主政権は積極的な確保はせず、入手できたのは約1500本。しかも、その内1000本を小沢、岡田の宗守国、韓国、中国に無償提供。残る500本を小沢の地元岩手に備蓄し、宮崎には20本しか送らなかった。民主党が犯罪組織というのがよく分かる。

今日、口蹄疫特措法が決まるが、これなども本当に宮崎を救済しようとしてるのか疑問が残る。種牛を根絶やしにしたいだけなのではないか。
山田農林副大臣は牧場の経営を始め、中国からの仔牛の輸入でボロ儲けを企んでいるという噂もある。ブランドである宮崎牛を壊滅できれば、自身の儲けに繋がるというわけだ。
噂の域を出ない話だが、民主党ならば有り得る話。有り得ると思わせるほどデタラメなのが民主党である。それでもマスコミは民主擁護だ。
「口蹄疫特措法が成立へ=政府の迅速対応を後押し」時事通信。
まるで政府が迅速な対応をするのに何か障害があったような書き方だ。こんな風に書かれると、民主政権が何か対策をやっていたのだと勘違いする人も出てくるだろう。

民主党は日本のためになることはしない。トップは脱税者。幹事長は地上げ屋。他にも居眠り病患者にアナゴ君、オソマツ君、当り屋に普天間は雲の上など、よくぞここまで屑を集められるものだと呆れてしまう。
納税するのが馬鹿らしくなってくるな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョイス

2010-05-28 08:18:06 | Weblog
木曜の夜はルアーチョイスに時間を割く。金曜は早めに寝なければならないから釣りの準備をしている時間がない。特にこの季節のような朝が早くなってくると尚更だ。リールのメンテ、ラインの巻き替え、ルアーの調整など、全て木曜夜のお仕事なのだ。

この週末、天気が崩れ、気温も上がらないという。それに合わせてエリアを考え、使いそうなルアーを選び、カラーをチョイスしていく。メインになるスピナーベイトは特に丁寧に選らんでいく。

あまり多くのルアーをバッグに入れておくと、ルアーチェンジの時に煩わしいし、何よりバッグが重くなる。スピナーベイトはウェイトがあるから、特に厳選しておかないと、腰痛で釣りができなくなるというわけサ。

スピナーベイトを決めた後、それをフォローするルアーを用意する。逮捕状は毎回入れるが、それ以外のバイブ、クランク、ミノー、トップなどは流動的だ。今回はバズを含むトップを追加、それにシャロークランクを少し。曇りがちなので、割りと表層で食わせられるんじゃないかな。

それが無理な場合はワーム。バグアンツの大きいヤツとリザード、エスケープパドルとパーティワーム、グラスミノー。ジグスピナーも用意した。前に書いたカバーの奥狙いの他、ワームでもちょっとチェックしてみるかというエリアがあって。

まぁ何にしても、こうして準備してる時はワクワクしますな。キャンプ用品を見てる時と同様に。
ただ、キャンプと違って、現実にその時を迎えた時に、打ちのめされてガックリすることが多いんだよな~、釣りって。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飯盒

2010-05-27 07:43:22 | Weblog
ホームセンターの目立つ場所にキャンプ用品が進出し始めた。バーベキューセットやテーブル、炭やコンロ、ランタンなどがズラリと並んでる。

ゴールデンウィークに田舎でゴッチ先生他、同級生と海に遊んだが、夏には同じメンバーで、バーベキューでもしようじゃないかという話になっている。その際に、飯盒で飯を炊けと命令されたのだ、写真の太っ腹先生に。

しかし、今はどこの海岸も焚火禁止になっているし、もう20年も飯盒を使ってないのだから、上手く炊ける自信もない。コンロだと鍋の方が使いやすいしね。鯛飯とか作るにしても。

でも、キャンプ用品っていいネ。見てるだけでワクワクしてくる。
6月のキャンピングカー遠征でも、七輪でも持ち出して、肉を焼いた方がいいんじゃないか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マップ

2010-05-26 16:20:48 | Weblog
つり人社から「バス釣り大明解マップ」というのが発売されていた。霞ヶ浦、北浦版である。早速、購入した。

これは、なかなか良さそうだ。何がいいかってサル番長のオカッパリ講座が載っている…じゃなくて、地形図が載ってること。水深が何メートルで、ブレイクがどこにあって、なんてのが分かるのだ。

今のアングラーはレベルが高く、こういう地形図からエリアを絞り込んで釣りができる。昔は「右から何番目の杭が釣れる」とか「ここに立ってここに投げる、ルアーはこれ」といった下らない情報が多かったが、バス釣りの世界は全体的に大きくレベルアップしたと言えるだろう。

さあて、今週末はどこへ行くか?

ん? 地図を見ても、どこがいいのかよく分からんな。男爵に訊いてみるか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シンカー

2010-05-26 08:07:03 | Weblog
2日続けてカンファレンスがあったが、その後、少し時間が余ったので釣り具屋を覗いた。シンカーを買うためだ。

先日、軽いと思うように投げられないと書いたが、すると男爵が神セレクトのオモリをくれるという。しかし、それでは悪いなと思い、いくつか買っておくことにしたのだ。

前夜に部屋の中を探してみると、いくつかのオモリが見付かった。しかし、ずいぶん昔に買ったものなので、ほとんどがナマリのシンカー。かなりデカイ。1/2ozくらいだと、もはや対空機銃弾だ。他に、ブラスの金色のヤツ。こちらは44マグナムの薬筒のような代物だ。
どちらも使いにくそう。

そんなわけで、神田のギルでバレーヒルの8.8gのを1袋買っておいたのである。3個入ってるから当面は大丈夫だろう。

用が済んだらそのまま直帰。途中で食事をしていくか。
美味いビリヤニでも食うとするかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日韓戦

2010-05-25 08:07:15 | Weblog
昨日は得意先のカンファレンスがあり、池袋に出かけていた。その後、会社に戻り、歯医者に行く。前にもあったのだが、ラインを噛み切ったら前歯が欠けてしまったのだ。前は下の歯だったが、今度は上の歯だ。

「どうしたんですか? いつもと違いますね」
スーツを着ていたことに歯医者が驚く。なんて失礼な歯医者だ。この仕事の鬼に向かって。4月から8月の暇な時期でもな、5、6回はスーツを着るんだよ。

治療が済んで帰宅すると、サッカーの日韓戦が始まっていた。しかし、監督は岡田だ。民主党の鳩山脱税王ほどではないにせよ、日本人は誰も期待していない。

案の定、試合は負けた。惨敗だ。しかし、これで監督交代してくれれば敗戦も意味がある。岡田武史が辞任をほのめかした。やったか? いや、協会が慰留した。残念。次はイングランド戦の後だな。

それにしても酷い内容だった。相手の韓国だってたいして強くないのに手も足も出ない。怪我人ばかりの上に、チームのコンセプトが何もないから、ピッチで選手が何をしたらいいのか分からない。何していいか分からないから、ヤル気がないように見える。長友は気持ちを出してよく走っていたが、戦術がないからカラ回りするだけ。見ていて可哀想になった。

元凶は無策の岡田監督。策の空虚さでは総理大臣といい勝負だ。
その二大ルーピー指導者が間もなくツーショットになるという。ワールドカップ出発前に、岡田監督が鳩山総理に挨拶に行くのである。
「お互い批判をされて大変ですが…」などと、愚か者総理が言い出して、ベスト4監督がオドオドと不審な挙動をするんじゃないかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カバーゲーム

2010-05-24 08:43:06 | Weblog
土曜日、男爵からDVDを借りた。カバーゲームアカデミー。田辺哲男がカバーの攻め方を丁寧にレクチャーする内容だ。「俺様の神講義を聞く前に、これを見て基本くらいはマスターしろよ」。男爵の目がそう言っていた。

そのDVD、面白かった。いや、まだ全部見ていないんだけどサ。前半だけでも十分に面白さが分かる。

田辺哲男の釣りはバスフィッシングの基本的なスタイルで、ボクには一番しっくりくる。スピナーベイトやクランクで釣りが始まり、シャローのゲームが中心で、バスを探し、カバーを撃ち、ハードルアーで食わないバスをソフトでとる。

今はこういうスタイルは少なくなった。メディアに露出するバサーには。
釣りビジョンとかを見ていても、朝マズメからいきなりライトリグとか、ビッグベイトを一日中使うとか、特殊なカテゴリーの釣りが多く、昔ながらの釣りをする人はあまり見られない。ノリピーは貴重な存在だ。

難しいことは言わず、カバーにズバズバ撃ち込んで、ボコボコにバスを釣っていくノリピーを見ていると、ボクも昔の釣り方を思い出した。今は根掛りしないように、障害物にタイトにルアーを通しているが、昔はガンガンぶつけていた。ヘビーカバーも撃っていた。あの攻撃性が失なわれている。

土曜日に神の釣りを見ていて、カバー撃ちの攻撃性の違いに気付いた。ボクはワームであそこまで攻めていない。いや、攻められない。特に今のタックル設定では。

キャストの技術の問題だ。
長年、スピナーベイトが中心の釣りをしてきたから、重いルアーしかキャスト精度が出なくなっている。ワームのリグを組んだ時、全体で1/2ozくらいのウェイトがないと、狙った所に正確に飛ばないのだ。

そこで、今週末はシンカーを重くしてみようと思う。
重いと食いが悪いかと考えて、最近は軽めのシンカーをチョイスしていたが、昔は巨大なオモリを使っていた。ノリピーのDVDと神の奇跡が、重くしてもカバーに入れれば食うというのを思い出させてくれたのだ。

これで本当に釣れるのか。根掛りばかりになったりして。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今日も

2010-05-21 15:37:08 | Weblog
午後からは散歩だ。
日差しは真夏のそれで、この暑さが気持ちいい。明日も同じくらいの天気かなぁ。

さて、じゃあ早めに帰って、睡眠時間をできるだけ長くするか。激務で疲れが溜っているからな。回復させておかないと、フラつきながら釣りはできない。

東浦から始めてみるか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加