更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

東京湾 シンフオニ-クル-ズ

2016年08月31日 | 日記

 大型台風10号襲来に、先週末からテレビの天気予報にかじりつき。30日火曜日の豪華デイナ-つきナイトクル-ジング。決行されました。台風一過、少し揺れましたが快適な2時間30分。羽田空港付近では、飛び立った飛行機を、至近距離で真下から観るスリリング。レインボウブリッジ、大井埠頭等々・・・。爽やかな海風を受けながら、友人とお喋りも満喫しました。

  

 待合室ではAIの”ペッパ-”。独り暮らしの友人が、「相手をしてくれるロボットを買おうと思う。」に、あれこれ試して遊びました。実に良く出来ています。自発的に受け答えはしてくれるし、表情・仕草もチャ-ミング。それにしても 手塚治って、改めてすごい!「鉄腕アトム」の世界が、こんなに間近に体験できる時代が来るなんて・・・!

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウワツ!大変

2016年08月28日 | 日記

 昨晩は 福山シテイオペラに備えての第3回目のレッスン。7:00pm~9:00pmまでの2時間。練習後半は、媼(ばばさま)役の理代子さんも一緒に入って下さる。合唱も力が入る。村人の出入りの位置や所作の説明あり。「平安時代はメガネはないから、外すのよ。」暗転もあるし、舞台で躓いて転んだらどうしよう・・・・・。大丈夫かなア。(;´Д`)

 第九合唱団の頃から、長いお付き合いになる有馬さん、「森家さん!手を繋いであげるから・・」。流石、集英社の編集長、気配りも目配りも行き届いてます。一言でぐっと雰囲気が和らぐ。理代子さんの周りには、こんな味のある人物が何人もいらしゃいます。合唱指導の杉原先生もそのお一人。6月のオペラ「トウ-ランドト」で、リユウ役を見事に演じられ観客を唸らせた芸大大学院卒、安宅賞を取られたソプラノ歌手です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラ「かぐや姫と帝の物語」

2016年08月22日 | 日記

 恒例の福山シテイオペラ主催のコンサ-トは、福山市市制施行100周年記念事業として、今年は理代子さん脚本・演出の「かぐや姫と帝の物語」。理代子さんの役どころは、媼(ばあさま)です。孝高氏は翁(じいさま)です。私たち東京組8人は、村人で作務衣を着て合唱をします。

 土曜日は、理代子さん宅で、2回目の歌の練習。苦米地マエストロ作曲のなんとも美しいメロデイです。これから何回か練習があります。8月初旬から探しても、本番の日の10月8日は、福山でのホテルの予約はなかなか取れませんでした。福山は文化都市だという事を再認識させられました。中国放送、教育委員会、商工会議所、中国新聞芸術文化振興財団、NHK福山・・・・・等々、後援は綺羅星のごとく。毎年会場の「リンデンロ-ズ」大ホ-ルは満席。福山中の人口がシテイオペラに総動員されるような気がします。

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しゆっくり・・・。

2016年08月20日 | 日記

 今朝は、凄まじい雷鳴、土砂降りの雨!豪雨の真っ最中の運転。オット!赤信号に急ブレ-キ。危ない。危ない。連日連夜オリンピックのテレビ観戦で少々寝不足。日本メダルラッシュ!4年後の東京オリンピックが樂しみ!それまで、元気でいられるかな・・・。

 菩提寺の光明寺で、月に2~3回のペ-スで囲碁を習い始めました。夫殿も一緒。真面目な夫は、時間さへあれば碁盤へ向かっています。私はその日、その場限り。でもそれなりに面白い。早くからやっておけば良かったと・・・。少しは認知症予防になるかしら・・・と。

 昨日は、新橋演舞場へご招待。例によって桟敷席。宮本亜門演出のミュ-ジカル、「狸御殿」。華やかで面白かったけど、6月の理代子さん演出の「トウ-ランドット」の方が満足感有り。知らず知らずに、オペラの魅力に嵌ってきたのかしら?昼の部、観客は年配者が目立っていました。

            

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サインのおねだり・・・・初体験

2016年08月18日 | 日記

 首都圏の台風、さしたることもなくひと安堵。しかし東北や北海道のゲリラ豪雨、心配です。台風一過、昨日の茹だるような蒸し暑さ、コタエマス。

 理代子さんに会いました。少しお痩せになったみたい。夏バテかしら・・・。反してわたしの体重はうなぎのぼり。「どうしたもんじゃろうのう!」(NHK朝ドラの名セリフ)

 私、サインに、ご縁のないい世代に育ったもので、サインを頂くことに余り関心がありませんでしたが、たまたま、手許に持っていた、”「ベルサイユのばら」で読み解くフランス革命”。初めて、サインをおねだりしました。

 朝日新聞の広告にも載っていたと、友から電話がありました。大ヒット作品に違わず、とにかく 面白い!読み易い!内容がアカデミックで勉強になる!手に持ち易い!フランス革命についてスペシャリストになれる!人に蘊蓄を傾けられる!値段が安い!

 友達に、電話をかけまくっては、読むように触れ回っています。「サインをもらって!」の声が多く、私もその気になったというのが、この経緯。 ウ-ン!サインを戴く気持ち、わかったような・・・。いくつになっても学び?はありますネ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加