更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

和洋文化を堪能しました。

2014年09月29日 | 日記

 9月28日の日曜日。忙しかったけど、何と言う幸せな一日だったことでしょう!

 昼は劇団「四季」のミュ-ジカル マンマ・ミ-ア を親しい3人の小母さんと、今は亡き長岡氏が散々お世話になったドクタ-と4人で観劇。テンポと言い、リズミカルな動きと言い、実にスカットする。理屈はいらない。兎に角、楽しいミュ-ジカル。世の中の憂さも悩みも吹き飛ばされる。写真は主演とO女医。先生が喜んでくださって良かった。少しは長岡氏の借りが返せたかしら?

 観劇が終わっての、少しの時間、4人で浜松町の貿易センタ-ビルでお茶。申し訳ない!!私は無情にも、友達を残して、次のイベントに向かう。タクシ-で表参道へ、理代子さんと合流して東陽町へまっしぐら。

 佐渡が嶽部屋千秋楽打ち上げ懇親会がある。私は初めての参加。こちらは又、マンマ・ミ-アとは別の気分で楽しい。何となく下町的で、気持ちが高揚して落ち着かない。ウキウキ、ソワソワ。私は根っからの日本だもの。それに年嵩だし。こういう雰囲気は、膚に合っているのよ。それにしてもたくさんの人。何人ぐらいのいらっしゃるのかしら?500名は下らないように思えるけど。

 並み居る著名人に並んで、私は、理代子さんのお陰で、一番前の主賓席。お隣は、小豆島の塩田町長さん。厚生官僚を退職されて故郷のために単身赴任で、頑張っているそうです。今日は小豆島出身の力士、琴勇輝の応援でお見えになったそうです。臆せずに楽しくお話しが出来たと私は思っているけど、町長はどう思っていらっしゃるかしら?

 何やら面映いような、申し訳ないような、偉そうにもしたくなるような平々凡々たる私の複雑な心境・・・・お分かりいただけるかしら?ウ・フ・フ・・・ 言葉を尽くしても表現できないので、写真を少々ご紹介します。私の心境をお分かりください。

 

 

 でも、楽しみに比例して腰はあいかわらづ痛いんです。それに草臥れて、帰宅してお風呂にも入らず化粧も落とさず、ベットでバタンキュ-ツ。     「当たり前ヨ!」 意地悪な声が耳元に聞こえてくるワ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

献立から分かる世代?

2014年09月28日 | 日記

  秋晴れのいい天気。東京のあちらこちらで、オ-タムフエスタと称して地域の特産品や工芸品を即売している。秋は実りのとき。harvestの時。私が8月から始めた英会話の集まりでも、1年に一度のハ-ベストパ-テイとか。当日は、レッスンは無くて各自が持ち寄ったお料理と、お喋りを楽しむスタイル。 

 新参者の私が遅れるわけには行かないのだけど、その日は、生憎来客があって事務所から自宅に戻ったのが5:15pm。フエスタ開始は6:30pm。駅前で食材を買い込み、汗だくで、先ず鶏肉の塊を醤油と酒、しょうがの千切りと七色唐辛子に漬け込む。その間、かぼちゃを煮る。もう一品は、さつま揚げとインゲン、アスパラの煮付け。鶏肉を油で蒸し焼き。まだ熱くて、湯気の上げっている出来立ての品々をタッパ-に入れて会場に駆け込む。6:50pm。20分遅れで到着。自宅から教室が近くて幸い。このぐらいの遅れですんでヤレヤレ。

 テ-ブルに並べられているいろいろなお料理。JP(先生)も手作りのプラムの入ったケ-キを持参。胡桃の入ったお手製のパン。帆立貝と蟹の大根サラダ。レンコン、椎茸、パプリカ、ミニトマト等々が入った野サラダ。チ-ズに今が旬の桃が載っている、あれこれ。ビストロかレストランで頂くような、洒落たおつまみ風な品々にちょっと吃驚り。我が家の食卓を決して飾ることの無かった献立。レシピ-を教わる。意外と簡単。英語はさっぱりだけど手軽に出来るモダンな料理レシピ-はゲット。英語のハ-ドルは高く、手が届きそうにも無いけど、つまみレシピ-は明日から活用しようっと。

 シャンパンで乾杯して、白ワイン、をグビツ!JPのお喋りを英語暦30年選手のヤングレデイ(40代後半?)が、優しく通訳してくださるんです。英語が落ちこぼれても居座るぞ!居心地の良い時間と場所だもの。

 お料理にも、世代でこんなに違いが出るんだ。でも私のかぼちゃと鶏肉(タッパ-に緑色のレタスの上にのっている分)、結構好評でしたよ。JP最初にかぼちゃの煮つけと鶏肉に箸をつけられたもの。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勝った!!

2014年09月22日 | 日記

 

 21日、大相撲中日の秋場所、正面7列目の桝席を頂いて、ちょっと窮屈だけど、4人で大ハシャギ。あの人もこの人もお誘いしたかったけど、先ず相撲好きで、なおかつ小さい事が人選の基準。ちょっと寄席にも通じる、この国技館の雰囲気が私は好き。取り組みが始まっているのに、真剣に見ている私の目の前を平気で、ぞろぞろと三々五々、通り過ぎていく。大声で野次は飛ばすわ、食べるわ、飲むわ・・・。喋りまくるわ。見ず知らずの人との会話も、実に楽しいものです。何とも日本的で行楽といった雰囲気。

 私の大好きな期待の遠藤は7日間黒星、何とかしてエ~~。祈るような気持ちで、年甲斐も無く、黄色い声を張り上げる。土俵は横綱を上回る熱気でムンムン。「永谷園」の懸賞の垂れ幕、凄い件数・・・・。人気のほどが分かる。         手に汗握る。

アツ、アツ!!  勝った。    試合前の塩をつかむ遠藤のお尻、カッコいいと思いません?

 

 

流石、大横綱白鳳 何ともいえぬ風格が在ります。すごいオ-ラを放っている。それに立ち居振る舞いが美しい。トップを極め続ける人の、凄さと美学のようなものを感じさせられました。

櫓太鼓の音に迎えられ、見送られて、満足して家路を辿りました。秋の日はつるべ落とし、すっかり暮れていました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンで留められた蟷螂?それとも蝶?

2014年09月16日 | 日記

 

 11年間、秋の行楽シーズンのこの3日間、今年は、9月13日~15日にまででしたが、府中の森近くの公営施設で泊り込んで、私には、恒例の奉仕活動。これは、ロ-タリ-クラブの新世代奉仕の一つ「RYLAセミナ-」と言われるプログラム。日本語で、「ロ-タリ-青少年指導者養成プログラム」と称されるもので、優秀な20歳から30歳までの若者を、今年は36名を集めて、スポ-ツ研修やハ-バ-ド大學のメソッドを使用して「組織行動学」の勉強をさせて、最後はその成果発表させると言う内容のセミナ-です。私は、運営する側の立場ですが、これが何度関わっても面白い!役得で、若者と一緒に一流の講師のお話しや講義を体験できるのです。行楽地へ行くより、ずっと満足感があります。委員長をした1回を除いて、私の役割は、10年間ズ-ッと初日と最終日の二回の司会です。

 「流れるような司会・・・」「声が素晴らしい・・・」とか、常日頃は言われたことも無い賞賛の声を、耳に出来るのもこの時機だけ。お世辞と分かっていても、嬉しいものですネ。10年も同じことをやっているんですもの。馴れて、当然なんですけど、耳ざわりの良い甘い言葉は、幾つになっても嬉しいものです。「豚もおだてりゃ木の登る」といいますが、調子に乗って、懇親会で赤ワイン、白ワインとグイグイぐいぐい・・・。

 今朝の通勤メトロは、へっぴり腰で、事務所を取り越して、銀座の鍼灸治療院へ一直線。太めの中国針を身体中に打ち込まれて、まるで昆虫採集されて、ピンで留められたトンボ?蝉?蝶? 状態。トホホ・・・・。下の2枚は、セミナ-の様子と高校生対象の青少年交換プログラムの写真です。

 

 

 「七色唐辛子プラス一味唐辛子の会」も、RYLAとほぼ一緒で、発足して10年になります。ブログでお知らせしましたように、来年の4月5日は記念の祝賀会を企画しています。

 唐辛子の会もロ-タリ-に負けない奉仕活動であると自負しています。文化を守るため、クラッシク界での歌い手育成に心血を注いでいらっしゃる池田理代子さんを支援すると言う、きちっとした立派な目標を持っっています。セミナ-で、某ロ-タリ-の重鎮に10周年へのお誘いをしました。満更でもないようでした。一人でも多くの方にお声がけして、10周年の記念の会が成功しますように、今から皆様お力添えを宜しくよろしくお願いします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大きい!!

2014年09月08日 | 日記

 先週末、品川の某ホテルのプ-ルサイドで行われた親睦納涼会に参加。メンバ-の一人が、佐渡が嶽部屋と昵懇で、引退した琴欧州と奥さん、子供さんもご一緒でした。ワイワイガヤガヤ、総勢28名の老若男女、それはそれは騒々しく、呑みまくり、食べまくり、しゃべくりまくりの、黄昏からのひと時でした。琴欧州、その賑々しさに,さぞや吃驚りされたことでしょう。彼の4~5歳ぐらいのハ-フの可愛いらしい男の子、圧倒されたのか?料理を並べたテ-ブルの下に潜り込んで、しばらく顔を出してくれませんでした。

 これは、記念の一枚。傍で見るとなんと大きい!2メ-トルはゆうに超える感じ。それに現役時代より少しふっくらして、実に良い男。 

 池田理代子さんが大の相撲好きなことは、皆さんご存知ですよね。理代子さんも佐渡が嶽部屋とは、親しいと聞いたような・・。その関係からからか、10月4日の琴欧州の断髪式で、われ等が村田孝高氏も髷に鋏をいれるそうです。私は、そのことは知りませんでしたが、知人から誘われて、早い時機から桝席を一桝、予約していたのです。

一人16500円の代金は、未だ払っていないけど・・・。孝高氏の雄姿を見られるなんて、まったく思ってもいなかっただけに、この偶然に感謝。後3人、誰を誘おうかしら??結構金額も張るし・・・人選に迷います。琴欧州に伺ったら400名ぐらいが、鋏を持つとの事でした。

 その日の断髪式は、10:00amから4:00pmまでの長丁場。相撲甚句や花相撲等々、いろいろ趣向がこらされているようです。たまには、のんびりと・・・日本の文化を楽しむつもり。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加