更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

素敵でした!

2017年08月30日 | 日記

 リニュ-アルした赤坂プリンス、ロ-タリ-クラブの岡田ドクタ-と行って来ました。夕陽を背にしたクラッシクハウスの素敵な佇まい!

 

紀尾井町の一等地に2階建て、これぞ贅沢の極みです。

 ホテルのスタッッフから「お母さん!お足元に・・・」に、ちょっと私の声が尖る。「先生はおいくつ?」「今年は、面白いの!私は55歳、母は88歳、父は99歳・・・」の回答に、まあ、シャナイカ・・・。ちょっと年齢の若い母親に間違われても・・・。「先生は色は白いし小さいから得ね!若く見られて・・・」少々拘っている私。(笑)巳年は執念深いのです。

 抜群のワイン、最高のメニュ-に舌鼓を打って、言いたいことを言い合っての、佳き2時間でした。「リ-ダ-の資質で大切なのは、”寛容、謙虚、高潔・・・”」。「ピタ-・ドラッガ-ね。」等々。いろいろ話題に花が咲きました。私には良い刺激になりました。

 先生は先端癌医療だけでなく、専門を生かした新分野にも挑戦されています。小さい身体に似合わず、エネルギ-の塊。

 友人は、年下に特化しようかしら・・・・。若さは貰えるし、エネルギ-は貰えるし、教養は身につくし・・・。でも、人によりけりですね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶり、浅草演芸場

2017年08月29日 | 日記

 招待券が手に入りました。席は前から三列目。”笑うことはボケ防止になる”と信じて、古亭主を引っ張り出して行ってきました。最初から最後まで見ると4時間を超えます。真打とあと一人の二人を残して、いつものように退席。古亭主、演芸場の椅子が固く、座っているのが限界だそうです。(脂肪の塊のくせに!フン!)

 「2度と一緒に来ない!」と思うのですが、亭主に惚けられて困るのは私と・・・。

 

 浅草の街も、店じまいが早い。9:00pmで、ほとんどの店のシャッタ-が降りている。お腹を空かして我が家へ直行! 

 伊予から立派な梨がどさっと届いていました。ごちそうさま~。ボケ防止?はできたし、梨は美容食だったし、言う事のない昨日でした。アツ!とり を見損ねた事だけが悔しい!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルばら世界から不思議の国へ!

2017年08月27日 | 日記

  「横浜中華街でサイン会があるの・・・」理代子さん。中華街は久しぶり。”横浜大世界”2階のサイン会場は居並ぶフアンで混雑・・・。

 

 

  五階は、ベルサイユの部屋。趣向が凝らされていて面白いですよ!この特別企画展は、9月18日までです。足を運んでみてください。オスカルの掌に乗ったり、抱かれたり・・・・と、異次元の世界。 文句なしに、無条件に、ユ・カ・イ 

 

  

 次いで、トリックア-トへオズオズと・・・。私の美脚を見て!! 誰?顔と不釣り合いって・・・、失礼な!穴の中へ落としちゃうぞ!

 

 

 ベルばらコスチュ-ムのスタッフと記念撮影の 理代子さん、たくさんのサイン、お疲れ様!

 トルコ共和国からの「ガラ・ルフア」に角質を啄んでもらって、ひとときのリラックスタイム。どちらが誰の脚か分かります

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナイトクル-ジング

2017年08月25日 | 日記

 横浜、みなとみらいはお洒落で素敵な街です。国際会議場やホテル・インタ-コンチ、みなとみらいホ-ルを通リ過ぎて、”ぷかり桟橋”へ到着。昨日は、ロ-タリクラブ主催のナイトクル-ジング。

 

 

 東京、横浜の蒸し暑さは異常。陽が沈んでも気温は下がりませんでしたが、刻々変わる夜景の美しさに、参加者一同、いつしか気分はハイ状態。かって住んでいた湘南鷹取時代の友達も参加してくれました。会員19名に対してゲスは21名。お陰様で船内は満席。

 「持つべきは友」と、改めて・・・。

  

 2年前、私がクラブ会長の折も最初の親睦例会はクル-ジングでした。品川からの出港で、周りの景色も異なります。その折は船内で「ハ-プとフル-ト」の演奏を楽しみました。あれから、たった2年しか経っていないのに、ズ-と昔の出来事のように思われます。時間の流れが速すぎる・・・と、ひとり感慨に耽っていました。

 ベイブリッジの遠景、月が孤高に凛と冴えていました。夜の海はロマンチック!過ぎし日々のあれこれが思い出されました。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有難うございました。一段落そして 新たな始まり!

2017年08月22日 | 日記

 準備期間も入れると、足かけ13年続いた「七色唐辛子プラス一味唐辛子の会」が解散したのは、一年少々前。今は遠い過去の出来事のように思われます。ゆかりのあった方々15名で、いったん手打ちをしました。

 「卒業式」は、英語ではGraduation 又は Commencement と言います。先のgraduationは修了の意味合いが強く、後の方は、一区切りして新たな始まりのニュアンスを含むと、高校時代に教わった記憶があります。

一週間前、私の独断で Graduation から 急遽Commencement の 集まり に変えました想い出話に花が咲きましたが、これから先も引き続き、「村田孝高バリトンを応援してください!」と云う趣旨の会としました。変えざるを得ない事情があったのです。

   

 理代子さんから、”「オスカル」が描かれている七味唐辛子”や”ベルバラキッズのマシュマロが、余興景品として提供されました。”ジャンケンゲ-ム”に夢中の後期高齢の強者たち、楽しいいひとときでした。こうしたことが”若さ”を保つ秘訣になるのでしょうね。傘寿を過ぎた方も数名いらっしゃるのに皆さん、実に若々しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加