更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

今年一年、有難うございました。

2014年12月29日 | 日記

 今年も残すところ後僅かとなりました。神谷町周辺は、交通量も少なくなり、かなり静かな佇まいを見せています。昨日は「七色唐辛子プラス一味唐辛子の会」10周年に向けての今年最後の会合を、二手に分かれて開きました。一グル-プは、東京プリンスホテルに出向いて、当日の献立の試食、メニュ-の検討。こちらは実行委員のなかではどちらかと言うと富裕層??の四名。当然、お口も肥えている方々。じっくりと、納得行く内容を選んでくれてました。皆様、4月5日の美味しさについては、どうぞご期待ください。

 私をはじめ質素組の3名は、冷たいお昼ご飯で、収支や流れの骨子を慎重に検討し合いました。出席者の満足度を満たすことを第一義に考えて、贅を追求する組と手綱を締める倹約組とで真剣に話し合いました。メニュ-についての軍配は、富裕層4名側にあがりました。 私もそれで良かったと。私は何が何でも200名の集客で頑張って、収支の辻褄を合わる努力をしようと、決意新たに・・・・。大袈裟かしら・・・?

 20周年は、私たち実行委員にとって、開催を期待できる年齢ではありません。来年の4月5日の10周年は、一期一会のつもりで頑張ります。新年に入りましたら早々にご案内を出します。ご出席のお返事を鶴首の思いで期待しています。

一年間のご協力、本当にありがとうございました。乙未の歳平成27年が皆様にも「七色唐辛子プラス一味唐辛子の会」にも佳き歳となりますように深く祈り奉ります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Gone With the Winter Wind.

2014年12月23日 | 日記

 冬至の日の今日、娘と小っちゃなやんちゃが去って行きました。大きなス-ツケ-ス、リュックサック、手下げバック。荷物に埋もれるような有様。それに手のかかる主役の1歳2ケ月。「みやこホテル」からシャトルバスで成田空港へ向かいました。機内の15時間が思いやられる。

 私には孫と言うより、曽孫と言ったほうがふさわしいいような存在。つむじ風に吹き荒らされたような、1ケ月でした。           親の娘がオトナシイのに、誰に似たのか?きつい気性。気に入らないと、物を床に叩きつけて、再度拾って叩きつける。「誰もそんなことをしないし、教えもしないのに・・・・・」嘆く娘。 言っておきますけど、隔世遺伝ではありせんからね。                                               どんな人間になることやら?行く末を見届けるまで、私は生きていられないなア。それにしても短い期間に、身体の生長もさる事ながら知力、精神の発達には、目を見張るものががありました。子育ては夢中だったせいか、分からなっかた気づきがたくさんありました。これから伸びていくDNAと、萎んで行くDNAのの違いを見せつけられた、慌ただしくも満ち足りた、そして疲れた1ケ月の思い出をいっぱい残して、バイバイ。ちょっぴり寂しいかな・・・?

 2014年も後1週間で終わります。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選ばれし贅   絢爛と品格の宴

2014年12月19日 | コンサート

 厳しい寒気に見舞われた12月18日は、池田理代子さん??歳のお誕生日。街にイルミネ-ションの煌きが輝きを増す頃、会はスタ-トしました。三々五々、着飾ったご婦人たちの登場です。「ABCアラビュ-クリスマスデイナ-2014 in Riva degli Etruschi」と銘打った、限定70名の贅沢な良質な集まりです。昨年に続いて、2回目となります。

”女性たちよ!大いにお洒落をしましょう。ドレスアップして、美しく輝いて、男性にエスコ-トしていただいて、社交の場に出かけましょう。人生を思いっきり謳歌しましょう”と言う趣旨の会で、 桂由美さん、池田理代子さん、太田光代さんたちが、会の理事を務められています。 

 

   後ろは、イタリア製の限定品、全て手作りのピアノ「フアッチオリ」日本に数十台しかない名品だそうです。クリスマスメロデイ、懐かしの名曲のあれこれを、理代子さんのソプラノと、バリトンの村田孝高氏の歌で会を盛り上げ、ピアノの飯坂純氏とフル-トは中村忠氏お二方の名演奏で、会場の雰囲気は一層素敵に演出されました。別世界に迷い込んだような、うっとりとした空間でした。音楽と、ご馳走と、佳き人たちとの出会い、お喋りは、至福のひとときです。七色唐辛子プラス一味唐辛子の会からも、20数名が理代子さんへのお誕生日のお祝いの花束を持って参加、一足早いクリスマスを、楽しませていただきました。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況 2題

2014年12月16日 | 日記

 12月も半ばを過ぎました。昨夜は六本木、渋谷でも初雪が見られたとか。忘年会続き。楽しいのですが、疲れを覚える年代になりました。1日、2日のホテルオ-クラに次いで、4日、5日、6日は芝、銀座。8日は恵比寿の東天紅。11日は新宿センタ-ビル54F。食事の美味しさに勝るとも劣らない、高層ビルからの夜景の見事さ。お天気に恵まれていた事もあって、まるで宝石を散りばめたような煌きの広がりを見せてくれました。特に恵比寿は、スカイツリ-に寄り添うようにかかる、赤い大きなお月様!に、息をのみました。ご覧になった方、いらっしゃいますか?

 13日は英会話の忘年会。こじんまりと、6名。レッスンは、1ケ月以上欠席続きの私。東横線の新丸子駅近の居酒屋。新発見がありました。都心へ向かうことばかり考えていましたが、寝場所が「都立大駅」の私、15分で我が家に帰ることができるんです。「安い」「美味しい」「近い」!。娘より若いミセスからは、体に良さそうな味覚のものをプレゼントされました。英語の力は一向に付きませんが、新年度からは真面目に出席しよう。1

 13日は1日2れを覚える切ない世代になりました。1日、2日のホテルオ-クラについで、4日、5日、6日は、港区の芝と銀座。8日の会場は恵比寿の東天紅。11日は新宿センタ-ビル54F高層ビルからの夜景は、食事に勝るとも劣らない見事なものでした。とくに東天紅は、スカイタワ-に寄り添うかの如き赤い大きなお月様!しばし見惚れました。ご覧になった方、いらっしゃいますか?な会食と反して、13日は英語の忘年会。1ケ月以上欠席の私。この日はなんとか行ける。場所は東横沿線、新丸子、駅近くの居酒屋。私の寝場所は「都立大学」。都心へ向かうことばかり考えていたけど、発想の転換で、新発見であり、大発見あり! 「美味しい」「安い」「近い」。15分で我が家に帰れるんです。私の娘より若いミセスから体に優しい味のプレゼント。心温まるホッとする忘年会でした。来年からは真面目に出席すると決意新たに。

 

I'll miss my  guranddaughter、RHYLEE.  

 アメリカ、ミシガン州から大寒波襲来のニュ-スで騒がれた頃、やって来ました。今月23日、再びミシガンへ向かいます。チョコチョコ歩き回る、なんでも引っ張り出すし、持ったものは放り投げるし、目が離せない1年2ケ月。振り回されていますが、居なくなったら寂しいだろうな・・・・。小さくても大きな存在感をアピ-ルしています。父親がアメリカ人で、RHYLEEのHOT !の発音がネイテイブなんです。熱いコ-ヒ-を飲む時、いつも父親がカップをRHYLEEのほっぺに当てて、危ないことを教えているとのことです。私の HOT の発音のせいで、「ジャパニ-ズ英語になってきた」と、可愛さを失った二人の娘は憎まれ口を利きます。  そんなこと、知るか !

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

神谷町の冬げしきで-す。

2014年12月10日 | 日記

 アメリカの大寒波、日本海側、徳島の豪雪のニュ-スに、心が痛みますが、都心は未だ晩秋の気配です。地下鉄日比谷線神谷町駅を上がったところの桜田通りの銀杏並木。銀杏の向こうにぼんやりと見えるのは、「虎ノ門ヒルズ」です。穏やかな初冬の景色です。こんな風景に見られるような平安が、永く続いてくれることを心より願います。

  昨今、 「エボラ出血熱」に見られる訳の分からない疾病が蔓延したり、火山の爆発、地震といった天変地異、異常気象、「イスラム国」の出現、漠然とした金融不安等々・・・・。心配な材料がいくつも見られます。

 21世紀を迎えるほんの少し前、私はフランスはパリ、シャンゼリゼ通りに居ました。ざっと14年前ですから、私も60歳ぐらい?体力も気力も充実していて、来るべきミレニアムに大いなる期待を寄せたことを、未だ記憶しています。海外旅行先のいたるとところで、日本の誇る「ソニ-」の名前が見られました。何が原因か、あっという間にサムソンに抜き去られました。たった一社に日本の家電メ-カの全てが負けたのです。勝敗が全てではありませんが、昨年の、スリランカでも、今年行ったネパ-ルでも、ホテルロビ-も室内のテレビも全てサムソン製品。日本はこのままで良いのだろうか?ちょっと焦りました。一抹の寂しさもありました。

 日本のみならず、世界中、強いて言えば地球規模で、今世紀は9.11のテロに始まって不安のオンパレ-ドです。こんなふうに悲観的にしか考えられないのは、年のせいでしょうか?私は見かけより、ずっとペシミステイックなんです。

 個人的にも辛いことがあります。3月に転んで慈恵病院に救急搬送され、レントゲンの結果は、骨折はないと診断されたのですが、腰痛が続くんので、昵懇にしているドクタ-に勧められて、生まれて初めてMRIを撮りました。ドクタ-曰く「思ったより悪い。腰椎の2つ上のL2が圧迫骨折、すべり症何箇所かある。整形外科を紹介するから受診するようにとのこと。ガックリ!一生、この痛みと付き合わざるを得ないのかしら・・・。受診したって治るわけではなし。不貞腐れて、未だ病院へは行かず。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加