蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

古い衣を脱ぎ捨てて、新しい老人になる

2016-12-24 | 華のスロー人
86歳から88歳の2年間で、出来なくなったこと、あれこれ。
産まれてから2歳までの2年間で、出来るようになったこと、あれこれ。
血統、縦つながりで、わたしの、88歳の母と、2歳の孫。
同時進行。
これに、今秋、沖縄旅行に行った後「オスプレー」の説明をしてくれる、3歳半の上の孫を加えると、84歳半から88歳の母の、下降曲線と、孫の上昇曲線も、対比例がさらに鮮明になる。

この2ヶ月の間に、90歳を超える、ご長老親戚が、バタバタと立て続けに亡くなった。
この世を去るかたわらで、新しい命が産まれる。
(人口は、産まれる人数のほうが少ないから、当然ながら少子高齢化になる)

わたしの年齢は、昔なら鬼籍に入るコース間近なお年頃。
しかし長らえている。
今からが黄金のシーズンらしい。
が、わたしは、得体の知れない無力感に襲われている。

新しい老人が誕生する直前の、産みの苦しみか。
ニューオールド前夜祭。

お祭り騒ぎをする気分にはなれないけれど、何かが動いている。



はたまた、新老人育成セミナー、入塾決定、前期分講習料、納入手続き前か。
いやだ〜、行きたくない〜。
駄々をこねてもかわいくないお年頃でもある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタイ! | トップ | 背後から年末が襲ってくるが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

華のスロー人」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。