ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

久々野ダム

2016-10-17 17:53:36 | 岐阜県
2016年10月15日 久々野ダム

久々野ダムは岐阜県高山市朝日町の木曽川水系飛騨川にある中部電力の発電用重力式コンクリートダムです。
水量が豊富で急流が続く飛騨川水系は戦前から電力開発が進み、飛騨川上流部は日本電力が、中下流部は東邦電力により発電事業が進められました。飛騨川流域の電力事業は戦中戦後の日本発送電を経て1951年(昭和26年)に中部電力が事業を継承、さらなる電源開発を推進します。
飛騨川源流部では1953年(昭和28年)に朝日ダムと秋神ダムが完成、さらに1962年(昭和37年)に竣工したのが久々野ダムでここで取水された水は高山市久々野町にある久々野発電所に送られ最大3万4800キロワットの発電を行っています。

高山から国道361号を東進、竜宮橋手前で左手の飛騨川沿いの道に入るとすぐに久々野ダムに到着します。
グリーンのラジアルゲートが2門。


減勢工。


天端は立ち入り禁止。
もろ逆光でフレアが出ました。

久々野発電所への取水口。

上流面と取水口
明暗差が大きく露出が難しいアングルとなりました。

ダム湖にある不思議な構造物?

上流から。

電力会社のダムは送水先の発電所名をダム名にすることが多いためダム名と立地場所が一致しないことが多くあります。
久々野ダムは高山市朝日町にあり久々野からは10キロ以上離れておりちょっとちぐはぐな気がしないでもありません。
 
1097 久々野ダム(0642)
岐阜県高山市朝日町浅井
木曾川水系飛騨川
26.7メートル
72.2155.7メートル
中部電力(株)
1962年
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下小鳥ダム | トップ | 朝日ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。