最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、花と風景、食べ物の写真が主になっています。

同期会~御料理 まつ山 

2016-06-30 | 福岡
久しぶりに昔の職場の同期が集まりました。
友人が予約してくれたのは、黒崎の「御料理 まつ山」。ミシュランの星を獲得したお店だとか。
ほかのお客さんが来られる前に、写真を撮らせてもらいました。


涼し気な器で出てきた、つめたく冷やした先付。鬱陶しい季節にぴったりでした。


すっぽんのスープ。エンペラの部分が載っています。


紫陽花があしらわれたアトウのお造り。


鮎は、焼く直前まで生きていた新鮮なものだと、尻尾がピンと立ち上がって、頭から尻尾まで食べられるそうです。


熊本から届いたという鮎。元気に泳いでいる姿を見せてもらいました。


オールドバカラに入ったじゅんさい。


口の中でほどけるほど軟らかかったお肉の上には、贅沢に、萩のウニが載っていました。


すっぽんの茶わん蒸し。


焼きなすの味噌汁。と言っても、焼きなすは濾してあるので形はありません。
濃厚で深みのある、美味しい味噌汁でした。


デザートは、宮崎のマンゴー、太陽のたまご。


添えられていたサクランボとスイカのソルベも、ほどよい甘みで好みでした。


ガラスの抹茶茶碗でお抹茶を……。


おしゃべりと、贅沢な料理を楽しんだので、また、地味に頑張ります。

  
既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

遠見ケ鼻岬と白い灯台

2016-06-26 | 福岡
久しぶりに青空が見えたので、母を誘って、若松の遠見ケ鼻岬へ。
海風が心地よく、しばらくの間、白い波を眺めていました。


こちらは若松区のグリーンパーク熱帯生態園です。珍しいバナナの花が咲いていました。


インドネシアやタイなどでは、バナナの花も食べるそうです。


熱帯生態園を歩いていると、ウォータードラゴンが目の前に出てきてくれました。
(爬虫類が苦手な方はごめんなさい)
逃げずに辺りをきょろきょろを見回す様子がかわいかったです。


こんな、珍しい模様のある蘭の花も……。


園の池の中には、睡蓮が涼しげに咲いていました。


福岡は、明日からまた梅雨空が戻ってくるようですが、今日は爽やかで過ごしやすい一日でした。

  
既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

くまモンがやってきた!

2016-06-25 | Weblog
熊本県の営業部長兼しあわせ部長の「くまモン」が、熊本地震復興支援募金のために北九州市のデパートにもやってきました。


迫力の横顔のアップです。


「くまモン大好き!」 熱烈歓迎です。


キレのある くまモン体操を披露してくれました。


デパートの控室に入るときも、何度もお辞儀をする律儀な くまモン。


そういえば、夫が愛用しているLINEのスタンプもくまモンでした。


前にも出したけど、ワイシャツのポケットにもくまモンが。


熊本、大分の物産品をたっぷり買って帰りました。

  
既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

アンソロジー『毒殺協奏曲』のプロモーションビデオができました!

2016-06-21 | 小説
アミの会(仮)のメンバーのおひとりである福田和代さんが、
アンソロジー『毒殺協奏曲』 (原書房)のプロモーションビデオを作ってくださいました!

『毒殺協奏曲』プロモーション・ビデオ (アミの会(仮)編、原書房刊)

かっこいいPVで嬉しいです。
PVをご覧になって面白そうだなと思われた方は、ぜひ『毒殺協奏曲』を読んでみてくださいね。

こちらは、福田和代さんの『緑衣のメトセラ』 (集英社刊)の公式PVです。


『群青のカノン』(光文社刊)の公式PV。
航空自衛隊航空中央音楽隊が舞台ですよ。


プロモーションビデオは、見ているだけで楽しいですね。
こういうPVをさらっと作ってしまえるとろこもすごいです。

  
既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

『短篇ベストコレクション 現代の小説2016』 日本文藝家協会 編 

2016-06-19 | 小説
日本文藝家協会 編 『短篇ベストコレクション 現代の小説2016』 (徳間文庫)を読了しました。
2015年に各文芸誌に発表された全短篇の中から選ばれた16作品が収録されています。
しんみりしたり、ぞくっとしたり、うるっとしたり、どきっとしたり、さすがにどれも面白い!
品質保証付き、鑑定書代わりにどうぞ、と書かれていた杉江松恋さんの解説も納得です。


(敬称略 収録順)
朝倉かすみ「さようなら、妻」
大沢在昌 「分かれ道」
萩原浩  「成人式」
恩田陸  「線路脇の家」
梶尾真治 「辺境の星で」
神田茜  「おっぱいブルー」
北村薫  「茶の痕跡」
佐々木譲 「降るがいい」
高村薫  「わが町の人びと」
長岡弘樹 「涙の成分比」
新津きよみ「寿命」
藤井太洋 「ヴァンテアン」
本城雅人 「持出禁止」
三浦しをん「胡蝶」
宮木あや子「鞄の中」
両角長彦 「頼れるカーナビ」
おすすめです。

植えた覚えのないキキョウですが、10個ほど花をつけました。

プランターには、これまで違う花が咲いていたので、「何年も前に植えたキキョウが、今年はタイミングよく咲くことができたのだろう」ということになりましたが、いくら考えても植えた覚えがないので、ほかの理由がありそうな気がしています。
そのほうがミステリっぽくて、楽しいですしね。

  
既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加