最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

炭火焼き 金のかき小屋

2018-01-14 | 福岡
福岡は牡蠣小屋の季節です。
これまでは2時間近くかけて糸島まで行っていましたが、嬉しいことに近くに牡蠣小屋がオープンしました。
よく利用している中華料理の「金福」の系列だそうです。
「炭火焼き 金のかき小屋」北九州市若松区小敷176ー4


早速、実家の家族と行ってみました。
服が汚れるのが気になる人には、専用のジャンパーを貸してもらえます。


炭火の準備もOKです。


牡蠣は、豊前海一粒かきと長崎の牡蠣でした。




牡蠣のほかにも、いろいろな食材が用意されています。


炭火で焼いたら美味しそうなものばかり。


野菜天やイワシ天などは好みに応じて揚げてもらえるので、一層、美味しいですよ。


イカの一夜干しや海老、カニなどの魚介類も。


サツマイモやジャガイモ、おにぎり、お餅などは女性陣に人気でした。
調味料はお店も準備していますが、好みのものを持参できるので、焼き芋やじゃがバター、焼きおにぎり、磯辺焼きなどにできます。


焼くのと食べるのに忙しくて、写真があまり撮れませんでしたが、豊前海一粒かきは、ふっくらとして美味しかったです。

金のかき小屋は、4月中旬までの営業だとか。
スタッフの方たちも感じよくて、しばし、寒さを忘れて温まりました。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

トシヨロイヅカ 「シナモン - Cinnamon」

2018-01-11 | Weblog
上海旅行から戻ると、Toshi Yoroizukaの焼き菓子「シナモン - Cinnamon」が届いていました。

川島なお美さんが生前、愛犬シナモンの思い出になるような焼き菓子を作ってほしいと、鎧塚さんに頼んでいたそうです。

ロゴは、絵も上手だった川島なお美さんのデザインです。


「シナモン」を送ってくれた犬友さんと一緒に、川島なお美さんのミュージカル「広い宇宙の中で」を観たことを思い出します。
迫力の演技と透明感のある歌声が忘れられません。
あれが、亡くなる3カ月前だったなんて……。奇跡としか思えない素晴らしい舞台でした。
犬友さんの紹介で本と名刺を渡していたら、丁寧な感想のメールをくださいました。
シナモンの焼き菓子に添えられていたお手紙に、なお美さんを感じてください、とあったので、以前にもアップしましたが、律儀で優しい川島なお美さんからのメールを載せますね。
個人名が書かれたところには、モザイクをかけています。

焼き菓子「シナモン - Cinnamon」は、ほどよくシナモンが効いていて、とっても美味しかったです。

こちらはHANAGESHIKIの「おいもっち」です。


九州産のさつま芋とフランス産クリームチーズの相性が抜群でした。


スイーツつながりで、辻利茶舗の抹茶ソフトの写真も……。


同じく辻利の白玉団子です。
小倉の「辻利茶舗」は、『キリコはお金持ちになりたいの』にも登場します。


最後は、姉が鏡開きで作ったぜんざいです。

福岡でも雪が舞う寒さですが、美味しいぜんざいで温まりました。
これでも甘いものは、以前よりかなり控えめにしています。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

上海新年会~南翔と豫園商城

2018-01-09 | 旅(海外)
上海新年会の続きです。
今回の旅行は、激安を楽しもう、という感じで出発しましたが、ツアーについていた料理も美味しく、ホテルの朝食も充実していました。
初日はフレンチトーストやオムレツなどを選んだので、2日目の朝は、お粥と点心のスペアリブにしました。


ヘルシーなまま終わればよかったのですが、ドーナツにも手が出ました(^^;


でも、野菜料理が多くて、普段より少し多めに食べても、お腹がもたれることはありませんでした。


食べていない料理も何枚かアップしますね。


豆料理。


魚料理。


鶏料理。


巻き寿司も。


ハムにも野菜がたっぷり。


ブルーチーズもありました。


スイーツのコーナー。


焼きプディング。


朝食を食べてから、水郷の街、南翔へ。


南翔は小籠包発祥の地でもあり、あちこちで美味しそうな湯気が上がっていました。
屋根の先が尖っているのは男子が生まれた家で、尖っていないのは男子がいない家だそうです。

移動するバスの中で、現地のガイドさんが話してくれた男尊女卑の歴史は、聞いているだけでつらくなりました。
30代後半のガイドさんのおばあさんの時代は、まだ纏足されていたので、おばあさんは少ししか歩けないそうです。
当時の女性たちは、4歳くらいで決められた婚家で暮らすようになり(結婚するのは大人になってから)、そこで纏足され、刺繍などの手仕事を覚えるという話でした。
そんな中国も、今では、一部の地域を除いて男性より女性のほうが強くなっているとガイドさんは言っていましたが……。

南翔をあとにして上海の豫園商城へ。


両側にいろいろなお店が並んでいます。


この建物の中にある点心専門店でお昼を食べました。小籠包の写真がぶれてしまったのが残念。


悩みを捨てることができるという九曲橋を渡りました。


写真が多くなりすぎたので、残りの料理は印象に残ったものだけにします。
北京料理店で食べた麻婆豆腐。


旅行中、いろいろなチンゲンサイ料理を食べました。家でも試してみます。


貝料理。


麺料理。


そういえば、スイーツが少なかったかもしれません。
甘いものをセーブしている私にとってはありがたかったです。あると食べてしまうので。


唐辛子がたっぷり入った魚料理。


今回のメイン料理は上海蟹です。
前回上海に行ったときは、食べにくくて夫に渡してしまったので、旅行前にYouTubeで上海蟹の食べ方をチェックしていきました(^^;


こんなに上手に!
と言いたいところですが、お店の人が捌いてくれたものです。お陰でミソもしっかり食べることができました。


揚げ饅頭。中に熱々のスープがたっぷり入っていました。


フカヒレスープ。


今回のツアーは、私たちと同じく4人で参加していたグループと何度か同じテーブルになりました。
私は2組のカップルだと思っていたのですが、友達から、「おかあさんと呼んでいたよ」と聞いたので、真相が気になって、ずうずうしく訊いてみることに。
実際は、お母さんと、娘さん、息子さん、甥御さんの家族旅行でした。カップルはひと組もいなかった……。
洞察力がなさすぎですね。40代なのに20代に見える、スタイルが良くてきれいなお母さんでした。
彼女に、ネットにつないでいない状態でも簡単に写真を交換する方法を教えてもらいました。
中国は、LINEやfacebookが使えなかったり、いろいろ規制があるので、ネットにつながない(つなげない)ままでした。
今回はデジカメを持って行きませんでしたが、夜景も撮れたし、iPhone8があればいいかな、と思っています。
持ち歩く荷物がひとつ減るので嬉しいです。

豫園商城では、似顔絵の切り絵が3分くらいでできるというので記念に作ってもらうことに……。


友人たちも作ってもらいましたが、40年くらい前の、出会った頃の私たちに少しだけ似てるかも、ということで意見が一致しました。


心配していたトレイもきれいなところが多かったです。
中には、入口でトイレットペーパーをくるくると巻き取ってから個室へ、というところもありましたが。
男性ふたりのツアーの参加者が朝の集合時間にこなくて、部屋に何度電話しても出なくて、ガイドさんがホテルの人と部屋に入ったら、まだ寝ていたそうで、彼らは置いていかれました(^^;
それでも20分遅れての出発となりました。
友人たちの旅支度がそれぞれかなり違っていて、それも興味深かったです。
旅行直前に、キャンセルしなくてはならないのでは、という状況になった友達もいましたが、結局、全員参加することができて本当によかったです。
直前にキャンセルした場合の旅行会社の対応や料金も教えてもらいました。
それぞれ家族に頼りにされているし、毎年は無理だと思いますが、何年かに一度は、こんな新年会ができたらいいな、と思っています。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

上海新年会~上海の夜景

2018-01-08 | 旅(海外)
友達が激安上海ツアーを見つけてくれたので、初めて海外で新年会をすることになりました。
福岡空港から1時間45分のフライトです。


今回は、友人たちとのおしゃべりが主な目的だったので、オプショナルツアーには参加しないつもりでしたが、視程が良好だからぜひ、と現地のガイドさんにすすめられて、外灘夜景鑑賞と上海タワー展望台のオプショナルツアーだけ参加しました。


左から、ジンマオタワー(高さ420.5m)、ワールドフィナンシャルセンター(492m)、上海タワー(632m)。


上海タワーは個性的な外観で、螺旋状にねじれているように見えました。


世界最速のエレベーターであっという間に展望台へ。タワーから見た上海の夜景です。
丸い部分が印象的なテレビタワーは宿泊することもできるそうですが、数部屋しかなくて、予約は5年待ちだとか。


展望台からの夜景を楽しんだあとは、観光トンネルで外灘へ。


外灘は、19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地区(外国人居留地)で、西洋式の高層建築が建ち並んでいます。


その当時に思いを馳せながら、しばし散策しました。


外灘地区から見た、新しい上海の夜景です。
ガイドさんが強くすすめたのもわかる、とてもきれいな夜景でした。
見ることができて良かったです。


宿泊するシェラトンホテルに到着。


3万円を切るツアーですが、きれいなホテルでした。


旅慣れた友達は、写真に写っている小さなカバンひとつでした。
しかも、必要な物はすべて入っているのでびっくり。


部屋もバスルームも広々として快適でした。
連泊なのも嬉しいです。


バスタブとは別に、シャワー室とトイレがありました。


友人たちとの楽しいおしゃべりで、日頃のストレスが解消できました(^^)/


南翔や料理の写真、今回の旅のエピソードなどは、次回、アップしたいと思います。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.

この記事をはてなブックマークに追加

初植えと初泳ぎ

2018-01-03 | Weblog
ずいぶん前に卒業した福袋ですが、お店の商品券と色々な球根が入っていると聞いて、園芸店の福袋を買ってしまいました。
今日は日差しも暖かったので、プランターと、土、肥料も買って植え付けました。
春が楽しみです。


ずっと利用している携帯電話のキャリアから、お得な機種変更の案内が届いたので、家族割りも利用してスマートフォンを新しくしました。
強化ガラス仕上げなので背面もきれいです。


iPhone8は「置くだけ充電」に対応しているので、機種変更したことを知った甥がワイヤレス充電器をプレゼントしてくれました。
実際には、ディスプレイ面を上にして充電します。
カバーは手帳タイプではなく、ガラス面に直接接触しないマイクロドットパターンのTPUケースにしました。


球根を植え付けたあとは、年末年始で1日1キロずつ体重が増えている夫と一緒にスポーツクラブに行ってきました。
昨日も、実家の家族と一緒に焼肉の食べ放題で、かなり食べたり飲んだりしたのですが、仕事が始まるといつもすぐに体重が元に戻るので羨ましいです。
私は、トータル1キロ増えた体重を元に戻すべく、初泳ぎしてきました。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.

この記事をはてなブックマークに追加