最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

採れたて夏野菜

2014-07-25 | 福岡
厳しい暑さが続いていますね。今日の福岡の予想最高気温は36度だとか。
夏は苦手ですが、採れたての夏野菜を分けてもらえるようになり、楽しみができました。
枝豆は味の濃さが違います。夫のビールがすすむような気が……


私が一番楽しみにしているのはトウモロコシ。
収穫したばかりのトウモロコシは、生でも食べられるほど、瑞々しくて本当に美味しいです。
一本、丸ごと、生で食べてしまいました。


暑くても、コーヒーは、いつもホットです。星乃珈琲店にて。


海老とアボカドと玉子のトーストサンド。


11時まではお得なモーニングタイム。フレンチトーストがついて600円。
珈琲が420円だから、安いなと思っていたら、地域によって値段が違うのですね。
新宿などでは、同じメニューが800円のようです。


そういえば、北九州市は、全国でもっとも物価が安い都市だそうです。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

白蓮 ~ 娘が語る母 子

2014-07-23 | 福岡
NHKの連続テレビ小説『花子とアン』の影響で、福岡県飯塚市にある、旧伊藤伝右衛門邸は、以前の10倍の来館数だそうです。


白蓮を演じる仲間由紀恵さん、魅力的ですね。実際の柳原白蓮も美しいです。


以前、旧伊藤伝右衛門邸を訪問したときに撮った写真ですが、
このときは、見学する人も少なく、手入れの行き届いた広い庭もゆっくり散策できました。


白蓮のために増築された2階。


旧伊藤伝右衛門邸内にある「白蓮館」で購入した『白蓮 ~ 娘が語る母 子』。
改めて読みなおしてみましたが、村岡花子のことや、京都にいる伝右衛門のお妾さんだった女性との信頼関係など、
娘さんだからこそ語れるエピソードも多く、興味深い一冊でした。
華奢なイメージがある白蓮ですが、話し方は、しゃきしゃきしており、見た目とかなり違ったようです。
『白蓮 ~ 娘が語る母 子』は、飯塚商工会議所や「白蓮館」などの限定販売だそうです。


記念館には、白蓮が宮崎龍介に宛てた手紙の一部が展示されていました。

こんな怖しい女
もういやですか
いやなら
いやと早く仰い
さあ 何(どう)です
お返事は?


内容もですが、文字も力強かったです。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

夏井ヶ浜の浜木綿と向日葵

2014-07-20 | 福岡
今日は青空も見えましたが、雲も多かったので、北部九州の梅雨明けは明日頃でしょうか。
今、まさに咲こうとしている若松区有毛の向日葵。


やっぱり、向日葵には青空が似合いますね。


今日行った畑は、小ぶりの向日葵が集まっていました。


向日葵畑から車で5分ほど走ると、遠賀郡芦屋町の夏井ヶ浜が見えてきます。


いろいろ整備されて、見晴らし台もいくつかできていました。


浜木綿の自生群落としては、九州では、夏井ヶ浜が北限と言われています。


昼間にしか行ったことがないので、夕方から漂うという甘美な匂いは、まだ嗅いだことがありません。


今日は未唯(みゆ)の誕生日。

元気だったら24歳だね、と言いながら、ワインで乾杯しました



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

ひまわりと石窯ピザ

2014-07-17 | 福岡
北九州市若松区有毛のひまわりが咲き始めていました。


見事なグラデーションです。
有毛のひまわり畑は有名になってきたのか、一眼レフカメラを持った方たちが大勢集まっていました。


若松区本町に今年1月にオープンした石窯ピザの店、「ピッツェリア バール ディオラーマ」。


入口には薪がど~んと置いてありました。


石窯の中も準備OKのようです。


定番のマルゲリータ。


ぴりっとアクセントが効いていたパスタ。


そしてこれが、裏メニューの(もう表に出たのかな?)、中にもたっぷりチーズやパンチェッタなどが入ったピザです。


うちご飯の写真をアップしないせいか、「あまり料理してないでしょ」と言われてしまいました。
平日は夫のお弁当を作り、もちろん、うちご飯を作り、家飲みが好きな夫のために、休日も夜は家で作っています。
土日に気分転換のランチに行っているだけなんですよ。 と言い訳することもないのですが(^^;
地元である北九州市の楽しい場所を、少しでも紹介できたらな、と思っています。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

フランスの旅 ~ スイーツなど

2014-07-14 | 旅(海外)
フランスの旅の最後は、食べ物系でまとめたいと思います。


歴史のあるDalloyau(ダロワイヨ)のショーケースは、眺めているだけで楽しかったです。


いろいろ迷って、苺のケーキとエクレアにしました。


地元の、小さなケーキ店のケーキも美味しかったです。
甘過ぎる、という声も聞かれますが、甘いもの好きの私にはちょうどよく(^^;


フランスでは、キッシュもよく食べました。
ブロッコリーがたっぷり入ったキッシュ。


濃厚なイチヂクのタルトも。


サーモン料理が多かったような……。


パスタ料理は、ペンネがよく使われていました。


オリーブがアクセントになっていたピザ。


チョコレートムースは、エスプレッソと相性が良かったです。


レストランでもカフェでも、コーヒーはエスプレッソでしたが、アメリカンも注文できました。
エスプレッソにお湯を足すだけですが……。 右がアメリカンです。


朝食で食べたオムレツ。


ホテルの朝食はシンプルでした。


お天気に恵まれた旅で、気温もぐんぐん上がったので、冷たいものにもたびたび手が出ました。
ノートルダム大聖堂を眺めながら食べた、ピスタチオのソフトクリームが美味しかった~。


シャンゼリゼ通りではスムージーを。


スタバも一度だけ利用しました。


パリで泊まったホテルの隣にあったタイ料理のレストラン。


アジア系の味が恋しくなったときは、ここでヌードルやカレーを食べていました。


ボルドーのシャトー巡りのときに立ちよった、ポイヤック村。


メニューはフランス語のみで、英語は通じず……。
なんとか注文できたこの魚料理は、見た目よりずっと美味しかったです。


夫はチーズたっぷりの肉料理を。


ポイヤックのワインは有名ですね。
小さな村のワイン店にも、高価なワインがたくさん置いてありました。


パリに戻るTGVを待つ間に、ボルドーサンジャン駅にあったレストランへ。


お肉がジューシーで、とっても美味しかったハンバーガー。円安のせいもあり、2千円くらいしました。
観光地で過ごすことが多かったせいか、フランスは外食費が高く感じられました。


パリ滞在中に何度も行った、ギャラリーラファイエット。
ここでいろいろ買物をしました。と言っても紅茶などですが。


いよいよ帰国です。
シャルルドゴール空港には、こんな椅子も……。
夫はこのあと、出発まで爆睡したのでした。 毎日、本場のワインをたっぷり飲んで、満足の旅だったようです。


欲張らずに、パリとボルドーの2都市に絞ったので、自分たちのペースで、のんびりできた旅でした。




既刊本等はサイドバーにまとめています。
最新刊 『キリコはお金持ちになりたいの』 (幻冬舎文庫)
Kindle版も発売になりました。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加