最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

東京スカイツリー

2013-01-31 | Weblog
新年会と打ち合わせのために東京へ行ってきました。
順序が逆になってしまいますが、最終日にのぼった東京スカイツリーの写真から。
ホテルの部屋から見えた東京スカイツリー。


ズームで撮ってみました。


平日の早い時間だと、当日券でもほとんど並ばずに買うことができるようです。


スカイツリーから見えた富士山。


隅田川を越えてのびるスカイツリーの影。


スケジュールが変更になったために、急きょかけつけてくれた友人と、
東京ソラマチ31階にある「天空ラウンジTOP of TREE」へ。
アミューズタワーとスカイツリーがかさなっています。


友人とは、8年ぶりの再会でした。


東京日記は、もう少し続きます。



1月29日発売の怪談実話『FKB饗宴4』 (竹書房文庫) に、
「連れてくる人」「お茶をまく」「部屋との相性」の、短い3話を寄稿しています。
13名の書き手による、すべて実話のアンソロジーです。
既刊本です(サイドバーにもまとめています)。
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『終わらせ人』(Kindle版) 
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)
スマートフォン用の短編小説『黒の果実』配信中です。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ) 三つの日本一

2013-01-25 | Weblog
福津市にある宮地嶽神社へ。
三年に一度掛け替えられるという巨大なしめ縄が目を引きます。


宮地嶽神社には三つの日本一があるそうで、
一つ目は、直径2.5メートル、長さ13.5メートル、重さ5トンの「大しめ縄」。


二つ目は、直径2.2メートルの「大太鼓」。


三つ目は、重さ450キロの銅製の「大鈴」です。


初詣の参拝者数は、太宰府天満宮についで、九州では二番目に多いとか。
大変な渋滞でなかなか行くことができないので、時期をずらしてお参りしました。
節分祭も人気なので、また、大勢の人たちで賑わうことでしょう。




1月29日発売の怪談実話『FKB饗宴4』 (竹書房文庫) に、
「連れてくる人」「お茶をまく」「部屋との相性」の、短い3話を寄稿しています。
13名の書き手による、すべて実話のアンソロジーです。


既刊本です(サイドバーにもまとめています)。
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『終わらせ人』(Kindle版) 
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)
スマートフォン用の短編小説『黒の果実』配信中です。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

梅一輪 

2013-01-21 | 福岡
昨日の福岡は、大寒とは思えない陽気で、宗像市にある鎮国寺には、ちらほら咲いている梅の花が……。


岡垣町の「ぶどうの樹」では、色とりどりのベゴニアが咲き誇っていました。


昨日は、結婚式の下見に来たカップルも多かったようです。


花と緑に囲まれた結婚式ができそうですね。


「ぶどうの樹」の中にはレストランがいろいろありますが、今回は「麦のキッチン」へ。


下の段のプレートには、たっぷりのサラダが盛られていました。


天然酵母のパンもいろいろ揃っています。


珍しいイチジクのパンなどを買って帰りました。


去年のフラワーフェスタに比べて、花の生育が少し遅いような気がしましたが、
その分、楽しめる期間が長いかもしれませんね。


一昨日は、夫の同期の集まり(家族参加)で、糸島の牡蠣小屋へ。


いろいろ準備していただき、地元の方の差し入れもあり、焼き牡蠣のほか、新鮮な魚介類をたっぷりいただきました。


興味深い話題が多く、とても楽しかったです。


会で話題になったマカロンも博多に寄って買うことができました。
お世話になりました。


  

既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

「梅の花」 湯葉づくし

2013-01-16 | 福岡
久しぶりに若松区青葉台にある、湯葉と豆腐の店「梅の花」へ。
福袋に入っていた「梅の花膳」の食事券利用です。
「福袋は卒業」と宣言していましたが、食事券が入っていると知り、つい買ってしまいました。


品数が多かったので、料理の写真は数枚だけ。
湯葉がたっぷり入った湯豆腐。


お造りにも湯葉が巻いてあります。


湯葉揚げ。


生麩田楽。


レンコン饅頭にも湯葉あんが……。


湯葉のグラタン


湯葉のお吸い物。「自家製八女漬物」もさっぱりした味付けで好みでした。


漬物といえば、先日、送っていただいた「信濃むらさき」も美味しかったです。
納豆うどん「おざんざ」は、塩をいっさい使わず、小麦粉、納豆の糸、地卵などの原料をねりこんで作られたもの。
めずらしい信州の味をいろいろ楽しませていただきました。


「梅の花膳」に戻って、夫が食べたデザートの豆乳アイス。


私は300円プラスしてデザートを「黒豆ぱふぇ」に変更してもらいました。
2月末までの限定らしいです。


店内は、もうお雛様ムード。でもまだ1月です。「焦らずマイペースで」を続けます。


  

既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

白野江の風景

2013-01-12 | 福岡
薦を被った冬牡丹は、白野江植物公園の冬の風物詩です。


どなたかが霧吹きしたようで、瑞々しく見えた「黄冠」。


見事に咲いた「紫紅殿」。


微妙な色合いの「新七福神」。


「新日月」。大切に育てられているのがわかります。


冬牡丹のそばでひっそりと咲いていた子福桜。


白い日本水仙。


枯れほおずき。
実を包んでいる赤い袋は、花が咲いたあとにガクが発達したものだとか。
表皮がなくなっても実を守ろうとしているのか、朽ちてもなお、閉じ込めようとしているのか……。
そんなことを、ふと思いました。


入口付近の南天。


蝋梅も咲き始めていました。


今日は、コートが必要ないほどの暖かい一日でしたが、
白野江植物公園の冬牡丹は、これから雪を被ることもあるようです。

  

既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加