最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

糖度の見えるメロン

2012-05-31 | Weblog
茨城県旭村のメロンが届きました。
JA茨城旭村では、全国に先駆けて光センサーを導入し、メロンの糖度をひとつひとつ測っているそうです。


メロンに貼られた数字を入力したら、そのメロンの情報が出てきます。


このメロンは「オトメメロン」という品種で糖度は19.6度。甘いはずです。
5月26日に収穫されたことや生産者のお名前もわかりました。


メロンは、お尻の部分を指で軽く押して弾力があれば食べ頃。
食べる前に1、2時間冷蔵庫で冷やすと良いそうです。

食べ頃といえば、メロンと同じく、パイナップルも追熟するのだと思い込んで、常温で保存したりしていました。
パイナップルは、完熟させてから収穫するので、手元に届いたら冷蔵庫に入れて、できるだけ早く食べたほうが良いそうです。


追熟させて食べるメロンやマンゴー、バナナ。完熟させてから収穫するブドウやイチゴ、パイナップル。
せっかくですから、一番美味しいときに食べたいですね。

  

既刊本などは、サイドバーにもまとめています。
amazon
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

『ダブル・イニシャル』新津きよみ(著)

2012-05-27 | 小説
自室の大掃除中、10年以上前に書いた未発表の小説がいくつか出てきました。
つらつら読み返してみましたが、結末がどうなるか忘れているものもあって、
そうきたか、と過去の自分につっこみを入れたり……。

そんなときに届いた、新津きよみさんの新刊、『ダブル・イニシャル』(角川文庫)


姓、名のイニシャルが同じで、ひらがな表記もゾロ目になる既婚女性ばかりを狙った連続殺人事件。
名前に絡んだそれぞれの登場人物たちの背景も興味深く、片付けも放り出して夢中で読み終えました。
ダブルイニシャルでひらがな表記もゾロ目の有名人といえば、作家の石田衣良さんもそうですが、
結構、少ないものですね。地元の友達はひとりだけ。
そんな事件が続いているときに、自分が当てはまったらこわいだろうなあ。
面白い小説を読んで、いい刺激を受けたので、私も、長編の改稿と新作を頑張ります。

  

既刊本などは、サイドバーにもまとめています。
amazon
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

若松トマト狩り~ねいちゃー

2012-05-23 | 福岡
トマトの美味しい季節がやってきました。
今年も、若松区有毛にある「ねいちゃー」でトマト狩り。


真っ赤に熟れた若松トマトはフルーツ並みの糖度です。


夫が写真を撮っている間に、母とふたりでたっぷり収穫しました。


昨日から自室の片付けをしていますが、紙類の整理が下手で、なかなか捨てられません。
ほかのものは思い切って処分できるほうなのに……。活字に執着があるせいかな。
18年前の「公募ガイド」の切り抜きまで出てきました。
川上弘美さんがパスカル短編新人文学賞を、村山由佳さんが小説すばる新人賞を受賞されたときに、
公募ガイドとの関わりを書かれたものですが、
デビュー当時から魅力的な文章と内容で、やっぱり捨てられないと、またしまい込むことに。
それでも、段ボールひと箱分は処分しました。今日も紙との格闘は続きます。

  

既刊本などは、サイドバーにもまとめています。
amazon
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

薔薇の日々~グリーンパーク 春のバラフェア

2012-05-20 | 福岡
5月19日(土)から若松区響灘緑地のグリーンパークで春のバラフェアが開催されています。


初日に行ってきましたが、すでに満開でした。


きれいに整備されたバラ園。




あちこちから感嘆の声が聞こえてきました。




シックな秋のバラに比べて、春のバラは華やかですね。


清楚な雰囲気のバラも。


どなたか霧吹きでスプレーしたのかな。


前回に比べて、休憩できる場所が増えていました。




スロープがありますので、車椅子でもゆっくりまわれます。


こちらは、一緒に町内会の役員をしたお仲間からいただいたバラの花。


ご自宅の庭で丹精込めて育てられたバラですが、
グリーンパークのバラに負けない美しさと香りで、楽しませてくれています。


  

既刊本などは、サイドバーにもまとめています。
amazon
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

フラワーミュージアム~海の中道海浜公園

2012-05-15 | 福岡
母と一緒に「海の中道海浜公園」に行ってきました。


花が好きな母は、カメラ片手に足取りも軽やか。


たくさん写真を撮りましたが、この花の名前は分からずじまいでした。


休憩できる気持ちのいい場所がたくさんあります。


「新雪」という名前がつけられた白バラ。


こちらはロイヤルサンセット。


香り豊かなマミーブルー。


回ったのはほんの一部ですが、それでも3時間ほど歩きました。
一年前に人工膝関節置換手術をしていただき、どこでも出かけることができるようになった母ですが、
さすがに無理をさせたかな、とちょっと反省。
でも、翌日、筋肉痛になったのは私のほうでした。


今日は、久しぶりに母の主治医にお目にかかり、改めて感謝した一日でした。
無理をさせてしまったことを話すと、「たまには大丈夫ですよ。楽しく過ごすのが一番」と言っていただきました。
でも、本当は、1日5千歩くらいにとどめたほうが良いそうです。

  

既刊本などは、サイドバーにもまとめています。
amazon
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加