最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

すなめり遊印のカレンダー

2009-11-28 | Weblog
注文していたすなめり遊印さんの2010年版・手刷り版画カレンダーが届きました。
今回は、シリアルナンバー31をゲット。限定200部のみです。


カレンダー販売コーナー露店で、月ごとのカレンダーの画像を見ることができますよ。
あたたか味のある、すなめり遊印さんの作品が大好きで、毎年注文しています。
作っていただいた住所のハンコも、年末年始に活躍しそうです。


河内藤園の紅葉もいよいよ終盤。


こちらは、河内貯水池近くの銀杏畑。黄葉が見事でした。


もう、師走がそこまできていますね。


☆★☆★☆★☆

 【新刊のお知らせ】
『恨み忘れじ』 角川ホラー文庫より12月25日に発売予定です。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193
人間の執念が引き起こす6つの心理ホラー(紹介文より抜粋)。
一部のネット書店でも予約受付が始まっています。
セブンアンドワイ
e-hon

★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

釜山(5) クリスピー・クリーム・ドーナツ

2009-11-27 | 旅(海外)
ご近所のクリスマスイルミネーションが、今年は更にパワーアップして、とてもきれいです。
韓国で宿泊したホテルも、すっかりクリスマスバージョンでした。


釜山に行くならロッテホテルがいいよ、と友人に薦められていましたが、
確かにサービスも良く、地下鉄も免税店もデパートも、外に出ることなく行けて、
とても便利でした。


日本では関東にしか販売店のないクリスピー・クリーム・ドーナツをホテルの近くで発見。
でも、行列ができていたし、お腹がいっぱいだったので、買わずに部屋に戻りました。
(写真は混雑のない翌朝撮ったもの)


その夜、お風呂から出ると、テーブルの上に、ドーナツが!
私がお風呂に入っている間に、夫がこっそり買ってきてくれていました(^.^)
コーヒーの絵がついたものは新製品らしいです。
嬉しかったけど、食べ歩きのシメがドーナツ2個では、確実にカロリーオーバーですね。


焼肉もやっぱりはずせないだろう、ということで、最終日にたっぷり食べて帰りました。


お腹に優しいクッパの専門店も見つけましたよ。陽気なオモニがいる、新規オープンの店でした。


最初から最後まで、食べ物の話題ばかりになってしまいましたが、
いろいろな場面で地元の方たちと触れ合うことができた、いい旅でした。


☆★☆★☆★☆

 【新刊のお知らせ】
『恨み忘れじ』 角川ホラー文庫より12月25日に発売予定です。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193
人間の執念が引き起こす6つの心理ホラー(紹介文より抜粋)。
一部のネット書店でも予約受付が始まっています。
セブンアンドワイ
e-hon

★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

釜山(4) 地下鉄に乗って

2009-11-26 | 旅(海外)
昨日の日記で、食料品や衣料品はあまり割安感がなかったと書きましたが、
釜山の交通機関は運賃が安く、タクシー料金も日本の5分の1ほどです。
今回は夫の韓国語勉強の成果を試すべく、タクシーを利用せずに地下鉄で回りました。
写真は、ホテルの地下からそのまま行けた、西面(ソミョン)駅のホームです。


何度でも乗り降りのできる一日乗車券3500ウォン(約300円)を購入。
券売機は日本語にも変換できます。
でも、それでは韓国語の勉強になりませんね。


すっかりきれいになっていたチャガルチ市場。
チャガルチ市場の近くに、痛ましい火災事故があった国際市場があります。
現地で手を合わせて、亡くなった方々のご冥福をお祈りしました……。


書店にも行って、韓国語に翻訳されている日本の小説をチェック。
道尾秀介さんの本が目立っていました。
あちこち探検したこの日は、10キロくらい歩いたのではないかと思います。
疲れを取るために、伝統茶の店に行き、柿の葉茶と柚子茶を注文。


私がクシャミをしたものだから、お店の人が、風邪に効果があるという、
ナツメ茶をサービスで持ってきてくれました。
オーダーしたお茶と同じ値段(4000ウォン)なのに、夫の分まで……。
ナツメ茶は甘くて、心も体も温まりました。


☆★☆★☆★☆

 【新刊のお知らせ】
『恨み忘れじ』 角川ホラー文庫より12月25日に発売予定です。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193
人間の執念が引き起こす6つの心理ホラー(紹介文より抜粋)。
一部のネット書店でも予約受付が始まっています。
セブンアンドワイ
e-hon

★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

釜山(3) 韓国の食堂

2009-11-25 | 旅(海外)
韓国の食堂では、必ず、ナムルやキムチなどのパンチャン(おかず)が出てきますが、
店によって味付けも種類もかなり違いますね。


好みだったのは、右側のオイキムチ(キュウリのキムチ)と、
左手前のイカキムチで、このふたつは、おかわりしました。


ニラたっぷりの海鮮チヂミ。一人前でも、かなりのボリュームでした。


対照的な赤と黒。赤いほうがチャンポンで、黒いほうはジャージャー麺のようなチャジャンミョン。
韓国の中華料理店で双璧をなす料理だそうですが、チャジャンミョンを頼んでいる人が圧倒的に多かったです。


ビビンバと、ちらりと見えるのが豆腐チゲです。


タッカルビチャーハン。大きなパエリア鍋で運ばれてきましたが、
コチュジャンをベースにした味付けが好みで、ぺろりと食べてしまいました。


冷麺は、冬場は作っていない店が多いのですが、本場で食べたくて注文しました。


どれも千円以下と安くて美味しかったのですが、日本の物価が下がっているので、
割安感はそんなになかったです。
食料品や衣料品などをチェックして、日本のデフレを実感しました。

☆★☆★☆★☆

 【新刊のお知らせ】
『恨み忘れじ』 角川ホラー文庫より12月25日に発売予定です。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193
人間の執念が引き起こす6つの心理ホラー(紹介文より抜粋)。
一部のネット書店でも予約受付が始まっています。
セブンアンドワイ
e-hon

★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

釜山(2) 蔘鷄湯(サムゲタン)

2009-11-24 | 旅(海外)
サムゲタンは、もともとは夏バテ防止のための料理らしいですが、
風邪の予防にもなるというので、南浦洞(ナンポドン)にある専門店に行ってきました。


鶏の中に、もち米や高麗人参、ナツメ、栗などが入ってます。
食べ終えた頃には、確かに、体がぽかぽか。しかも、かなり持続しました。


座ると出てくる、キムチいろいろ。高麗人参酒もサービスで出てきました。
まさに薬酒で、お腹が燃えるような感じ。
美味しいお酒ではないけれど、体に良さそうでした。


アワビ入りのサムゲタンが17000ウォン(約1600円)。
これで、この冬は風邪をひかずに乗り切れるでしょうか。


☆★☆★☆★☆

 【新刊のお知らせ】
『恨み忘れじ』 角川ホラー文庫より12月25日に発売予定です。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193
人間の執念が引き起こす6つの心理ホラー(紹介文より抜粋)。
一部のネット書店で予約受付が始まっています。
セブンアンドワイ
e-hon

★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加