最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

クラシック・ノン ~ スペシャル・ノン・パフェ

2013-07-27 | 福岡
連日の猛暑に対抗すべく、北九州市若松区にある「クラシック・ノン1982」へ。
迷わず注文したのが、スペシャル・ノン・パフェ(1000円)。


プリンやマカロン、たっぷりのフルーツの下には、バニラや抹茶など、数種類のアイスクリームが敷きつめられています。


チョコレートソースとの相性がばっちりだったフルーツグラタン。


ピーチのゼリーに桃が丸ごと入った、期間限定の新作「ぷるるんピーチ」。


ワッフルの土台にスポンジとカスタードクリームも入っていました。
今年一番のおすすめ商品だそうですが、うなずける美味しさでした。


ショーケースに「キタ級遺産」のステッカーが……。
FBS福岡放送「めんたいワイド」の取材を受けて、スペシャル・ノン・パフェとフルーツグラタンが「キタ級遺産」認定されたそうです。
知らずに選んだメニューだったので、お話を聞いてびっくり。放送は7月29日(月)だそうです。


福岡ひびき信用金庫小石支店の隣にある、手作り感のあるお店です。
美味しいパフェを食べてすっかり涼しくなりました。


涼しいといえば、最近、ちょくちょく見かける、清涼飲料水のレッドブルのサンプリングカー。
学生さんたちがサンプルをもらって嬉しそうでした。




既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

久原本家 茅乃舎(かやのや)

2013-07-20 | 福岡
福岡県粕屋郡久山町にある自然食レストラン茅乃舎
ようやく予約が取れたので、母と姉も誘って行ってきました。


見事な茅葺屋根の下に入ると、一気に涼しく感じます。


川のせせらぎが聞こえる山里にあり、ここだけちょっと別世界のよう。
写真は別館です。


風鈴や水の流れる水槽などで涼しい演出がなされていました。


予約時に全員のフルネームを聞かれましたが、こんなおもてなしのためだったのですね。
「ま」 は曼珠沙華、「つ」 はツワブキ、というふうに、いろいろな花がデザインされていました。


前菜は、焼き茄子のテリーヌやセロリのきんぴら、トマト寿司など。


「大地の恵みスープ」は、根菜を天日干しして甘味を引き出したものだそうです。


鱸の焼き茄子田楽。


赤ズイキの煮浸し。


メインは、十穀鍋、嘉穂牛有馬煮、鮃の湯葉巻きの中からチョイスするようになっていました。
写真は、嘉穂牛有馬煮 季節の野菜添えです。


土鍋で炊いた十穀米を卵かけごはんでいただき、その後、デザートへ。
黒蜜がかかった抹茶ゼリー。


ほかにも、玉蜀黍豆腐など、手の込んだ料理ばかり。
“ぐるナイ”の「ゴチバトル」にも登場して、どの料理も、出演者に絶賛されていました。
だしのうまみを堪能できる茅乃屋。車で1時間以上かかりますが、特別な日にまた行きたいです。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

ひまわりと UFO?

2013-07-13 | 福岡
北九州市若松区有毛のヒマワリが、今年も元気に咲きました。




堂々と立っているひまわりと白い雲。
あれ? 左のほうに、雲とは違うように見える白い小さなものが……。


アップにしてみました。 円柱形に見えるけど、何でしょう? もしかしてUFO?
なあんて、楽しい想像をした夏の一日でした。




既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

観察院の蓮の花と『手紙を読む女』

2013-07-11 | Weblog
山口県下関市にある、観察院の蓮の花です。


蓮田一面に咲き誇っていました。


写真は撮れませんでしたが、名前を呼ぶと返事をする、ヤギのペー にも再会できました。


新津きよみさんの新刊 『手紙を読む女』 (徳間文庫)読了。
さまざまな手紙にまつわる短編集です。
未来の自分に宛てた手紙 「十年後の僕へ」、読者から出版社経由で作家へ送られてきた手紙 「ファンレター」、
母から娘に宛てた遺言書 「母の遺言」ほか、「K君のこと」「ラブレター」「長寿の里へようこそ」「告発」の7編が収録されています。
短編としてはもちろん、ミステリーの連作としても楽しめる一冊ですが、想像を超えたラストが待っていました。


『手紙を読む女』のあとがきにも書かれていたフェルメールの「手紙を読む青衣の女」。
アムステルダム国立美術館で見ましたが、手紙の持つミステリアスな魅力を感じた作品でした。




既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

フルーツファクトリー Mooon

2013-07-07 | Weblog
北九州市の門司赤煉瓦プレイスに展示してある、わたせせいぞう のイラストです。
今日は、めまぐるしく変わる不安定な天候の一日でしたが、雷雨のあと、イラストと同じような夏空も見られました。


門司区中町に、4月末にオープンしたフルーツファクトリー「Mooon(モーン)」へ。


フルーツたっぷりのメニューは、どれも美味しそうで、選ぶのが大変でした。
フルーツデニッシュ580円。


季節限定白桃のパルフェ(880円)と、宮崎マンゴー太陽のタマゴのパルフェ(980円)。
奥に見えるのは、ミックスフルーツサンド。


カットフルーツがセットになったお得なランチもありました。
香ばしく焼いたパニーニのセットは880円から。


サーモンとアボカドのパニーニをチョイス。単品では580円。


フルーツショップのほうは少し前から開いていましたが、イートインコーナーは11時から。
店内で待っていた人たちで、すぐに満席になりました。


ちょっと遠いのが残念ですが、門司に出かけたときは、またぜひ行きたいです。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加