最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

北九州市漫画ミュージアム

2016-12-30 | 福岡
大掃除が終わったので、帰省している姪たちと一緒に北九州市漫画ミュージアムに行ってきました。
写真OKの場所で一枚だけ。

漫画ミュージアムは、見る、読む、描くの3つのテーマから成り立ち、漫画の持つ魅力や特性を伝えています。
「読む」のコーナーで、三部けいさんの「僕だけがいない街」を手にしましたが、一巻目の冒頭から引き込まれて、全8巻、読んでしまいました。

師走の旦過市場は、さすがに賑わっていました。


辛子明太子。ひと腹の大きさに驚いたので、切る前に写真を撮りました。


夜は炭火焼「誠」で忘年会。
福岡名物、手羽めんたい。手羽先に明太子などを詰めて焼いたものです。


地鶏のたたき。


ささ身のたたきは柚子こしょうで。


牛タンも美味しかった。


タンコロッケ。


博多万能ネギたっぷりの牛のサガリ。


賑やかな忘年会は、夜遅くまで続きました。

  

既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

『さまよえる古道具屋の物語』 柴田よしき(著)

2016-12-27 | 小説
柴田よしきさんの新刊 『さまよえる古道具屋の物語』(新潮社) を読了しました。
これまでなかった場所に、突如現れる不思議な古道具屋。
引き寄せられるようにして入り、買うつもりのない品物を買ってしまった登場人物たちの人生は、大きく変化していきます。
手にした品物は、絶望への道にいざなうものなのか、それとも……。


第一話「さかさまの物語」
第二話「金色の豚」
第三話「底のないポケット」
第四話「持てないバケツ」
第五話「集合」
第六話「幸福への旅立ち」
そして、プロローグ

一話ずつでも読み応えがありますが、通して読み終えると、不思議な古道具屋と、表情のない店主、そこで買ってしまった品物の真実が見えてきます。
どの話も深く、心に刺さりますが、特に、第三話の、底のないポケットのついたエプロンを手に入れてしまった作家と、その家族の物語に魅入られました。
心のざわつきが消えないうちに、新作に取り掛かります。

その前に、実家に行くと、わかりやすい誘惑が待っていました。

お菓子のアウトレット店で買ったケーキたち。
クリスマスが過ぎると、値段は定価の3分の1くらいになります。
甘いものを控えるという宣言も、種類の多いケーキの前ではむなしく……。

  

既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

豊前海一粒かき

2016-12-24 | 福岡
クリスマスは実家で牡蠣パーティーでした。


「豊前海一粒かき」です。


ぷりっとした大粒の牡蠣は食べごたえがあります。
ソテーにしても美味しかった~。


牡蠣に合う白ワインのほか、日本酒も充実していました。
鍋島の純米大吟醸です。


山口のお酒、獺祭も。


ポテトサラダのツリーです。チキンなどの写真は撮り忘れました。


姉が焼いたケーキは、スポンジが美味しいと評判でした。


届いた洋梨を飾って完成です。


姪が買ってきたザッハトルテ。


自宅でもケーキを……。
クリスマスにかこつけて、いろいろな種類のケーキを食べました。


この調子で年末年始を過ごしていたら、体重計にのれなくなりそうなので、明日から甘いものは少し控えます。

  

既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

冬の薔薇

2016-12-18 | 福岡
今日は、比較的暖かかったので、今年最後のお墓参りをして、仏壇やキッチンなどの大掃除もできました。
母と一緒に写真を撮りに行くのも、今年はこれが最後でしょうか。
若松区響灘緑地のグリーンパークです。


少しですが、薔薇の花が残っていました。


12月にグリーンパークに行ったのは初めてです。
もしかしたら、毎年、冬の薔薇が咲いていたのかな。


もう終わりかけだと思いますが、つぼみもいくつかついていました。


つる薔薇は、寒さに強いようですね。


暖かい日差しが降り注ぐバラ園を、母と一緒にゆっくり散策。


年末の慌ただしさを ひととき忘れることができました。


帰宅すると、苦手な窓拭きが少し楽しくなりそうなグッズが届いていました。
背の高い夫も頑張ってくれそう。


ほかにも、夫が注文していたクエ鍋のセットが届いたので、夜は、クエ鍋と日本酒で芯から温まりました~。
と言っても、日本酒は おちょこ一杯しか飲めませんが。

  

既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

母のカレンダー

2016-12-15 | Weblog
毎年恒例ですが、母が撮った写真で来年のカレンダーを作りました。


実物はかなりいい感じなのに、私の写真の撮り方が今ひとつですね。


母はもうすぐ87歳になりますが、アングルが大胆で、写真を撮る感覚が若いなと思います。


10月は、シーシェルのコスモス。ポストカードにしたいくらい好きな写真でした。


一昨日は、ヘルシーな野菜料理の食べ放題と、お菓子のアウトレットを堪能。


アウトレットのお得なお菓子を食べながら、旅行のお土産を持ってきてくれた友達と、旅の話で盛り上がりました。


お土産の、くろちくの泡立あかすりタオルが、肌に優しくて、使い心地がすごく良かったです。
千日紅の仙桃も楽しみました。


友達は自他ともに認める「鉄子さん」。旅の情報をいろいろ教えてもらったので、早速チェック。
来年は、国内を色々旅できたらいいなと思っています。

  

既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加