最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

やまんどん~梨、ぶどう狩り

2011-08-29 | 福岡
うきは市浮羽町にある、うきは果樹の村「やまんどん」へ行ってきました。退院した母と初の遠出です。
長時間ドライブで疲れないかと心配していましたが、大好きな果物を前に、母は元気いっぱいでした。
「やまんどん」は、「山の堂」の地名が、浮羽弁で訛ったものだとか。


食べ頃のぶどうがたくさん。袋には覗き窓があるので、中身をチェックしてから買うことができます。
最初の写真は、購入するぶどうを袋から出して撮ったものです。


広い梨園。


その場で食べることはできませんが、受付で試食させてもらえます。


園内にある夢語寄家(むごよか)で休憩。
「むごよか」は、筑後の方言で「とってもいい」という意味があるそうです。


人気のケーキ「フルーツ畑」。
「湧き水コーヒー」は「やまんどん湧水」で淹れているそうで、
コーヒーの風味が際立っているような気がしました。
湧き水は、容器を持参すれば持ち帰ることもできます。


ミルフィーユもしっとりと焼きあがっており、好みの甘さでした。


☆自著の宣伝です☆

6月発売の『鈍色の家』(光文社文庫)は介護にまつわる心理ミステリーです。
現在、介護をされているという方にも読んでいただきたいです。
介護のヒントが見つかった、という感想もいただきました。
アマゾンはこちらから 送料無料です。


4月発売の『終わらせ人』角川ホラー文庫)は、
こちらで、冒頭部分の立ち読みができます。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

『サイコミステリーコミックセレクション』発売日

2011-08-25 | 小説
『サイコミステリーコミックセレクション』が、全国の書店、コンビニで本日(8月25日)発売です。
(地域によっては店頭に並ぶのが数日遅れる場合があるようです。福岡は27日くらいでしょうか)
表紙を見ただけで怖いですね。暑さが戻ってきましたので、読んでぞくっとしてください。


収録作です(掲載順・敬称略)
「想像殺人」   原作 内田康夫  作画 長尾文子
「青の魔性」   原作 森村誠一  作画 長尾文子
「クレーム」    原作 松村比呂美 作画 八木理英
「マニキュア」   原作 松村比呂美 作画 風祭壮太
「あなたに借りた本」 原作 新津きよみ 作画 もたいみゆき
「紫陽花」    原作 新津きよみ 作画 小越なつえ
「殺意が見える女」 原作 新津きよみ 作画 荻丸雅子
「卵を愛した女」  原作 新津きよみ 作画 荻丸雅子
「秋桜の家」    原作 小池真理子 作画 秋乃ななみ
「京都受胎旅行殺人事件」 原作 山村美紗 作画 杉尾尚子

私の作品は、『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)の中の、「クレーム」と「マニキュア」が漫画化されています。
小説のストーリーを生かした、ぴったりの漫画を描いてくださっています。
再録ですが、まだ、ご覧になっていない方は、この機会にぜひ。

新津きよみさん原作の漫画は、月刊サスペリアミステリー10月号にも、「彼女の一言」が掲載されています。


☆ここからは自著の宣伝です☆

6月発売の『鈍色の家』(光文社文庫)は介護にまつわる心理ミステリーです。
アマゾンはこちらから 送料無料です。


介護と言えば、先日、再会したハワイの友人、アンは、もうすぐシニアのコミュニティーに移ることになっています。
ハワイでは、リタイア後、シルバー世代専用のコミュニテイーで悠々自適に暮らすスタイルがポピュラーになっているとか。
あのときご馳走になったディナーが、彼女が作った最後のディナーだったそうです。
アンは、まだ70歳だし、健康だし、若々しく見えるけれど、ご両親が早い段階で認知症になって、大変な介護をされたそうで、
自分の子供たちには、そんな苦労をさせたくない、と思っての決断のようです。
ハワイも日本も、老後や介護についての悩みが多いのは同じですね。

それぞれの家庭の事情があると思いますが、私は、介護は、誰かひとりだけの負担になってはいけないと常々思っています。
家族の協力はもちろんですが、いろいろな福祉サービスを利用して、介護する側が少しでも笑顔でいられたら、と願っています。
きれいごとだと言われそうですが、それが介護される側の笑顔にもつながると思っていますので。
その思いを『鈍色の家』に書きました。
私は、20代で姑を看取りましたが、付き添いで病室に寝泊まりして、かなり大変な看病でした。
でも、力を貸してくれる人がいたので、どれだけ助けられたかしれません。
孤独な介護だけはしてほしくない。切にそう思います。

4月発売の『終わらせ人』角川ホラー文庫)は、
こちらで、冒頭部分の立ち読みができます。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

サプライズ プレゼント

2011-08-22 | Weblog
いつもは、何事もなく終わる誕生日。
今年は、なぜか、サプライズプレゼントをたくさんいただいてしまいました。

年下の友達からは、唐様三昧の携帯用筆ペンを。
筆字が苦手で、ペン習字を習いに行こうかと迷っていたところでしたので、
これは、なんとしても教室を探さなければ。


最近、袋物作りを楽しんでいる姉からは、好みの柄の布バッグを。


内ポケットもついていて、中の仕上がりもきれいです。
姉妹なのに、不器用な私とはえらい違いです。


ハワイで再会した友人のアンが、少し早いけれど、とプレゼントしてくれた、
Maui Divers Jewelryのブラックパールのペンダント。
とてもきれいですけど、恐縮してしまいました。


本格的にアロマの勉強をしている友達が、やる気が出るというアロマを調合してくれました。
美味しいイチゴのケーキも持ってきてくれたのですが、
今日が誕生日だと知っていたわけではなかったので、お互いびっくり。


京都の友達からは、大好きな水羊羹が届きました。
冷たい状態で届いたので、さっそく、つるりといただきました。
仙太郎の「竹の水」。とっても美味しかったです。


一番驚いたのは、夫からのプレゼントかもしれません。
同じ8月生まれなので、誕生日のプレゼントはいつの間にかなくなり、長年、食事に行っておしまい、でしたので。
今朝も、私の誕生日のことなど、すっかり忘れていた夫でした。
その夫が出勤してから届いたのがメッセージつきの「幸福の木」。
観葉植物は水をやりすぎて枯らしてしまうことが多いのですが、
「幸福の木」は、なんとか枯らさないようにしたいです。
     

こんなにサプライズプレゼントをいただく誕生日は、これが最初で最後だと思います。
もうとっくに、お祝いしてもらうような年齢ではなくなっていますので、それで十分。
とはいえ、嬉しい誕生日になりました。

☆誕生日も忘れずに自著の宣伝です(^^;

6月発売の『鈍色の家』(光文社文庫)は介護にまつわる心理ミステリーです。
現在、介護をされているという方にも読んでいただきたいです。
介護のヒントが見つかった、という感想もいただきました。
アマゾンはこちらから 送料無料です。


4月発売の『終わらせ人』角川ホラー文庫)は、
こちらで、冒頭部分の立ち読みができます。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

ハワイの風景

2011-08-21 | ハワイ
ハワイ旅行の写真は今日が最後です。
能天気な日記にお付き合いいただき、ありがとうございました。


サーフィンの神様と呼ばれているデューク・カハナモクの像には、いつもレイがかけられていました。


ハワイの州花、黄色いハイビスカス。


パンチボールの展望台で目立っていた、オヒアレフア。


今回、よく見かけたレインボー・シャワーツリー。
白、ピンク、黄色、緑など、さまざまな色がありました。


花が咲き誇ると、一層華やかになることから、ウエディングツリーとも呼ばれているそうです。


赤い頭がかわいい、レッド・クレステッド・カーディナル。


パンチボールの展望台からの風景。水平線とビルの高さがちょうど同じに見えました。


カイルアビーチのきめ細かい砂浜。海に足をつけながら、裸足で散歩しました。


ワイキキの夕日です。


懐かしい人や場所、料理に出会えた、いい旅でした。
また来ることができたら、今度は、ハナウマベイで魚と一緒に泳ぎたいです。

☆ここからは自著の宣伝です☆

6月発売の『鈍色の家』(光文社文庫)は介護にまつわる心理ミステリーです。
現在、介護をされているという方にも読んでいただきたいです。
介護のヒントが見つかった、という感想もいただきました。
アマゾンはこちらから 送料無料です。


4月発売の『終わらせ人』角川ホラー文庫)は、
こちらで、冒頭部分の立ち読みができます。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

マリポサ と レジェンド

2011-08-20 | ハワイ
ハワイの日記の続きです。
今回の旅で、最初に食べたのは飲茶でした。
到着したその足で、中華街にあるお気に入りの店、「レジェンド」へ。


ワゴンの数も多いです。


席の横で焼いて出してくれるものも。


つるりとした食感が気に入っているルックファン。中は、ホタテとエビです。


スペアリブ、ニラ饅頭、大根もちなど。


湯葉揚げや海老蒸し餃子。


デザートもたくさん食べましたが、相変わらず安くて美味しいランチでした。


もうひとつ、よく行っていたベトナム料理店へ。
サマーロールです。揚げ春巻きはスプリングロール、生春巻きはサマーロールと呼ぶのですね。


毎週のように食べていたフォー。


フードコートの中華も食べました。


最終日のランチは、アラモアナショッピングセンターにある、ニーマンマーカスの中の「マリポサ」で。


ハワイらしい飾りつけのサラダ。


マリポサのパンはふわふわで、フルーツバターがついてきます。
今回はストロベリーバターでした。
フルーツバターといえば、先日、友人から、手作りのアップルバターをいただきました。
リンゴの風味がしっかりして、甘さも程よく、はまっています。


マリポサを外から見たところです。


とにかく、たくさん食べた旅でした。体重が増えるはずです……。

☆ここからは本の宣伝です☆

6月発売の『鈍色の家』(光文社文庫)は介護にまつわる心理ミステリーです。
現在、介護をされているという方にも読んでいただきたいです。
介護のヒントが見つかった、という感想もいただきました。
アマゾンはこちらから 送料無料です。


4月発売の『終わらせ人』角川ホラー文庫)は、
こちらで、冒頭部分の立ち読みができます。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加