最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

ナポリピッツァ

2017-09-20 | Weblog
小倉井筒屋で開催されていたイタリア展で、ナポリピッツァ職人世界選手権で優勝したというマルゲリータエクストラを食べました。


ピッツァを窯から出している(入れている?)様子を描いたトロフィーがユニークですね。


こちらは、4種のチーズ クアトロ フォルマッジ。

デザートは、落合務シェフの、イタリア産、栗のティラミスを食べる予定でしたが、ピッツァでお腹がいっぱいになり断念。ティラミスは持ち帰りができなかったので残念でした。

ドルチェの美味しそうな看板に惹かれて出店ブースへ。


敬老の日だったので、新栗を使ったスフォリアッテラほか、あまおうやピスタチオなどを選んで、母へのお土産にしました。
何層にも焼き上げたパイ生地の食感が面白かったです。


敬老の日のプレゼントは、東京に住む姪からも届いたようです。メッセージが刻印されたどら焼きです。
甥からは、甘い巨峰がたくさん(^^)/


もうすぐ米寿を迎える母ですが、とても元気で、来月は姉夫婦と温泉旅行、11月は、私たち夫婦と一泊旅行の予定です。
姉夫婦、私たち夫婦を含めて、血液検査の結果、すべて正常値範囲内、というのは母だけ(^^;
どら焼きの言葉通り、これからも元気でいてほしいです。

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.

この記事をはてなブックマークに追加

アサデス。

2017-09-16 | Weblog
KBC九州朝日放送『アサデス。』のリポーター、シノケンさんこと篠原けんじさんが来られました。
といっても、某特集についての取材中に、偶然、我が家のチャイムが鳴らされただけですが。
私は役に立つ情報を提供することはできませんでしたが、取材とは関係なく、楽しいおしゃべりができました(^^)/
地道な取材をされていることがよくわかって、興味深かったです。

シノケンさんとディレクターさん。ちゃっかり本の宣伝もしました。

今日は、久しぶりに陣春の「満月」へ。器をはみ出す大きなごぼ天うどんです。


こちらは、とりそぼろうどん。つるつるの麺が美味しいですよ~。


年金や保険やその他、事務手続きが続いた一週間でしたが、なんとか無事に終わりそうでほっとしています。
台風に備えた買い物も済ませました。どうか被害が出ませんように。

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.

この記事をはてなブックマークに追加

ホットフラッシュ

2017-09-13 | Weblog
猛暑続きだった北九州市も、朝晩涼しくなって、ようやく過ごしやすくなってきました。
真夏の間もずっと咲き続けてくれたプランターのバラの花。淡い色合いが気に入っています。


同じく楽しませてくれたキキョウですが、こちらはそろそろ終わりでしょうか。


現在、人生2度目の更年期障害の症状、ホットフラッシュに悩まされています
完全に終わったと思って安心していたのに、エアコンが効いた部屋にいても、突然、顔がかっと熱くなって、汗が噴き出してしまうのです。
2度目の更年期障害は、ストレスとか、セロトニンの減少も関係あるとか。
もしかしたら、今まで気にせずに食べていた、甘い物の制限を始めたせいかも、と思い当たりました。
我慢している、という気持ちが強く残っているような気がして、制限を少しだけ緩めることにしました(^^)/
ということで、久留米のブルックリンのチーズケーキです。


同じく、コーヒーゼリーアイス。


かき混ぜたコーヒーゼリーをかけて食べます。


ブルックリンの前にあった松露饅頭のお店にも立ち寄りました。


甘さ控えめの、小さなお饅頭です。


少し制限を緩めたことで、ホットフラッシュの症状がおさまってくれるといいのですが。

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.

この記事をはてなブックマークに追加

久留米市美術館と秋の空

2017-09-09 | 福岡
母のリクエストで、久留米市美術館へ。
石橋美術館から久留米市美術館となって初めての訪問です。
日時計は、かなり正確でした。


今回のテーマは、『じっと見る』。
東京のブリヂストン美術館による企画展で、画家や彫刻家のまなざしに注目して、「人物」「自然」「馬」「静物」「都市」「見えないもの」に分けてブリヂストン美術館所収蔵の約130点が展示されており、見ごたえがありました。


睡蓮の池越しに見た美術館。
「人物」のコーナーで印象的だったのは、藤田嗣治の「横たわる女と猫」と、岸田劉生の「麗子像」。


すっかり秋の空です。
「都市」のコーナーでは、好きだった佐伯祐三の「テラスの広告」を再び観ることができました。


開きかけた蓮の花。
「見えないもの」のコーナーでは、紀元前のブロンズ、エジプトの「聖猫」をじっくり観察しました。


母は、モネの「アルジャントゥイユ」に、夫はジョージ・スミスの「婦人像」に心惹かれたようです。


優雅に池の中を散歩しているように見えた白鷺。魚を狙っていたのでしょうけれど……。


キバナコスモスとペリカン噴水。


本格的な秋もすぐそこですね。


  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.

この記事をはてなブックマークに追加

サクラミステリーデラックス

2017-09-05 | 小説
サクラミステリーデラックス10月号の見本が届きました。
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)の中の「クレーム」が再録されています。


横嶋やよいさんが「クレーム」の漫画を描いてくださいました。
優しいタッチなので、ラストの怖さが一層 引き立っているような気がします。


どきっとする作品が多く、夢中で読みました。
サクラミステリーデラックス10月号は、9月6日発売です。

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加