最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

太宰府天満宮の梅の花

2013-02-23 | 福岡
梅香る太宰府天満宮へ。


菅原道真公の「飛梅」は、例年、ほかの梅より早く開花するようで、満開でした。


他の梅の花は7分咲きといったところでしょうか。


緑萼梅も咲いていました。


広い境内の梅は200種類と多く、散策するだけでも楽しいです。


友人の息子さんの大学合格祈願の絵馬を奉納しました。


梅の花が見守ってくれています。


太鼓橋を渡ると、参道が見えてきます。


太宰府の楽しみのひとつは、寺田屋さんの梅ヶ枝餅。


庭でも食べることができますが、まだちょっと寒かったので室内でいただきました。


手焼きで丁寧に作られています。


もちろん、お土産に買って帰りました。


こちらはスマホで撮った近所の梅の花です。なかなかきれいに撮れますね。
手書き入力や音声入力も便利だし、「はなして翻訳」なども楽しくて、つい、遊んでしまいます。




1月29日発売の、平山夢明氏監修の怪談実話『FKB饗宴4』 (竹書房文庫) に、私も参加させていただきました。
13名の書き手による、すべて実話のアンソロジーです。
☆既刊本です(サイドバーにもまとめています)。
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『終わらせ人』(Kindle版) 
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)
スマートフォン用の短編小説『黒の果実』配信中です。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

風船唐綿(ふうせんとうわた)

2013-02-21 | 福岡
実家の近くの公園で、風船唐綿の実がはじけて綿毛が出ていました。


絹のようにも見えます。


同じ公園に咲いていた八重の水仙も華やかでした。


少し前になりますが、大浦の「irodori」に行ってきました。
私は「オムライスirodori style」を注文。スープ サラダ ドリンク付きで800円!


卵を割ると、ふわとろオムライスに。


夫が食べたのは「自家製デミグラスのハンバーグ」。
こちらは850円だったかな。手をかけて丁寧に作られているのに、この値段はすごいなと思います。
しかも16時まではドリンク付きです。


ふたりとも「水出しコーヒー」を選びました。


メニューもずいぶん増えていましたし、ランチタイムは満席でした。
次回は、人気のパンケーキを食べてみようかな。



1月29日発売の、平山夢明氏監修の怪談実話『FKB饗宴4』 (竹書房文庫) に、私も参加させていただきました。
13名の書き手による、すべて実話のアンソロジーです。
☆既刊本です(サイドバーにもまとめています)。
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『終わらせ人』(Kindle版) 
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)
スマートフォン用の短編小説『黒の果実』配信中です。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

星乃珈琲店 窯焼きスフレパンケーキ

2013-02-19 | 福岡
星乃珈琲店が、北九州市(小倉北区中井)にもできたので行ってきました。


一番人気の、窯焼きスフレパンケーキ ダブルを注文(焼きあがるまでに20分かかります)。
ふわふわで、トリプルでも軽く食べられそう。


11時前に着いたので、ランチはまだ注文できず、夫はフレンチトーストのセットを。
こちらもシロップをたっぷりかけて美味しくいただきました。


オープンといえば、直方市にある「菓子工房オヤマダ」がご近所にもできたので、早速行ってきました。


こちらの一番人気は、「くまのてロール」と「くまのてプリン」。
おまけにいただいたドライフルーツも美味しかったです。




平山夢明氏監修の怪談実話『FKB饗宴4』 (竹書房文庫) に、私も参加させていただきました。
13名の書き手による、すべて実話のアンソロジーです。
☆既刊本です(サイドバーにもまとめています)。
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『終わらせ人』(Kindle版) 
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)
スマートフォン用の短編小説『黒の果実』配信中です。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

湯けむり別府

2013-02-18 | 旅(国内)
母を誘って、夫と三人で大分県の別府温泉へ。


どこを歩いても湯けむりが見えます。


今回は、別府八湯の中の「亀川温泉」の家庭的な旅館に宿泊しました。
部屋についていた半露天は小さめでしたが、源泉掛けながしの硫黄 塩化ナトリウム泉。
檜風呂に入って免疫力がアップした気がしました。


到着してしばらくすると、別府名物「地獄蒸し」のゆで卵のサービスが。
コーヒー豆とミルも準備されており、滞在中、いつでも挽きたてのコーヒーを楽しむことができました。


夕食は、部屋ではなく、宿の食事処で。


お豆腐屋さんが近くにあるということで、豆腐料理と、豊後牛など、大分の食材を使った料理が多かったです。


関アジのお造りも。


帰宅すると、近所の緑萼梅が八分咲きになっていました。


定期的にMCTDの検査に通っていた大学病院を、先日、卒業することができました。
数値が改善したのは、地元、福岡の水が合っているからかもしれません。
温泉を楽しんだり、スマホを買って遊んだりと、ちょっと浮かれ気味だったので、今日から真面目に仕事します。



平山夢明氏監修の怪談実話『FKB饗宴4』 (竹書房文庫) に、私も参加させていただきました。
13名の書き手による、すべて実話のアンソロジーです。
☆既刊本です(サイドバーにもまとめています)。
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『終わらせ人』(Kindle版) 
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)
スマートフォン用の短編小説『黒の果実』配信中です。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

柳川の風景 ~ さげもんめぐり

2013-02-11 | 福岡
水郷、柳川の「さげもんめぐり」。 今年は、個人のお宅のお雛様も見せていただきました。


旧柳川藩主立花邸「御花」をあとにして、川下りの「どんこ舟」を見ながら、うなぎ料理の若松屋へ。


母と私はせいろ蒸しを。


夫はかば焼きを注文。


食事のあとで、御座敷に飾ってあるお雛様を見せていただきました。
立派なふたつの飾り羽子板は、双子のお嬢さんの誕生で、お嫁さんの里からおくられたものだとか。


柳川まりや、手作りのお祝いの品など、たくさんの雛飾りを見せていただきました。
お忙しい中、ありがとうございました。


こちらは、古民家、北島邸。
一日早かったのですが、どうぞ、と声をかけていただき、お邪魔することに。


個人のお宅のお雛様とは思えない種類の多さと豪華さで圧倒されました。


こちらは大正時代のお雛様だそうです。
奥の部屋にも、お庭にも、立派なお雛様が飾られていました。


年が明けるとすぐに飾り付けを始めるそうです。
お雛様を仕舞うのも出すのも、お披露目するのも大変だと思います。
どのお人形も飾りも大切に扱われているのがよくわかりました。


今日からいよいよ柳川雛祭り さげもんめぐりが開催されます。
テレビ局の取材もたくさん入っているとか。
さげもんめぐり期間中(2月11日~4月3日)は、水郷柳川が、一層、賑わうことでしょう。



1月29日発売の怪談実話『FKB饗宴4』 (竹書房文庫) に、
「連れてくる人」「お茶をまく」「部屋との相性」の、短い3話を寄稿しています。
13名の書き手による、すべて実話のアンソロジーです。
既刊本です(サイドバーにもまとめています)。
『鈍色の家』(光文社文庫)
『終わらせ人』(角川ホラー文庫)
『終わらせ人』(Kindle版) 
『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)
『幸せのかたち』(双葉文庫)
スマートフォン用の短編小説『黒の果実』配信中です。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加