最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

フェリシモ文学賞

2005-04-29 | 小説
沖縄のGW初日は曇り空でした。

今日は、「明日、書きます」と言っていたのに、
そのままになっていた「フェリシモ文学賞」について。

2000通を超える応募があった、第1回、フェリシモ文学賞。
それもそのはず、原稿用紙3枚以内のショートストーリーで、
大賞賞金50万円という賞でした。
(現在は、リニューアルして変更があるようです)
結果は、大賞はなく、5人の準大賞者で、賞金を分けるという
ものでした。
準大賞者5名(NOCOさんもそのおひとり)が、株式会社
フェリシモに招待され、賞状を受け取って、関係者と共に食事会へと
流れました。
そこで、ずうずうしく、審査について質問をしましたので、
そのときの話を。

2000通を越すと、さすがに応募作は、いろいろあるようですね。
きれいな表紙をつけて、すでに本の形にしているものから、
新聞の折込広告の裏に鉛筆で書かれたものまで、
さまざまだったようです。
応募要項には、履歴を求めていなかったにもかかわらず、
何枚にもわたって、これまで受けてきた賞や、職歴などを
書いている人もいたとか。

もちろん、担当者は、それを拒否している言い方では
なかったですし、全てを丁寧に読ませていただきました、
と言っていました。
それでも、応募要綱で求められていること以外は
書かないほうがいいのではないかという印象を受けました。
シンプルなのが一番ですね。
当時、すでにたくさんの賞を受けておられたNOC0さんに
伺っても、やはり受賞歴などは一切書いていなかったそうです。
でも、筆歴などを求められた場合は、アピールするために
しっかり書きますけどね。(笑)

それから、私は、フェリシモの通販を利用したことがあったので、
受賞作のほかに、フェリシモを持ち上げたものも書いて応募して
いたのですが、そちらのほうは、あっさり落とされました。(笑)
主催者へのよいしょも、やめたほうがよさそうです。
色々勉強になった会でした。

授賞式で初めてお目にかかったNOCOさんの、またまたの快挙も、
もうすぐお知らせできると思います。

写真は、受賞作が掲載されている「しあわせな生活」です。









コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ご報告

2005-04-28 | 小説
この時期のご報告は、控えようかと思っていましたが、
いつまでも気持ちの切り替えができないので、
あえて、嬉しいお知らせをすることにしました。

皆様のお陰で、『女たちの殺意』の増刷が
決まりました。
GW明けには、増刷分が書店に並ぶのでは
ないかと思います。
手に取ってくださった皆様、感想をお寄せくださった皆様、
本当にありがとうございました!

はじめてここを覗いてくださった方もおられると
思いますので、今日は、本の宣伝をさせていただきます。
大目に見てくださいね。

*******************
新風舎文庫大賞ミステリー部門賞受賞作
『女たちの殺意』松村比呂美
新風舎文庫より1月15日に初版刊行
*******************

まずは、書店にて探してみてください。
なかったら、注文していただくか、下記の
ネットでも取り寄せることができます。

amazon
bk1
セブンアンドワイ
楽天ブックス

酷評も大歓迎ですので、感想をいただけたらと
思います。

メールアドレス
hiromi20050115@ybb.ne.jp
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

桜を見ました

2005-04-27 | Weblog
悲惨な事故のニュースを見るたびに、
ご遺族のお気持ちを考えて、胸が痛みます。

私も、茨城に行き、故人をお見送りして
まいりました。

散りかけの桜を電車の中から見ました。
あんなに、見たいと騒いでいた染井吉野でしたが、
こんな悲しい形で、今年、見ることになろうとは……。

少しの間、小説から離れてしまいましたが、
明日から、また書きたいと思います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

勝手ながら……

2005-04-21 | Weblog
悲しい事故の知らせを受け、
動揺しています。
勝手ながら、しばらくブログは
お休みさせていただきます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイのフェスティバル

2005-04-20 | ハワイ
夏らしく、ブログのデザインを変えてみようと
試みましたが、しっくりくるのは、この暗めの
デザインだったので、しばらくは、このまま、
同じテンプレートを使用することにしました。

たまには小説の話を書かないと、物書きだと
いうことを忘れられそうですので、明日は、
フェリシモ文学賞の授賞式で聞いた、面白い
応募作について書くことにします。

写真は、ハワイのフェスティバルの模様です。
ハワイには、写真のような、小錦サイズの方が
たくさん。
小錦さんの出身地の辺りに行くと、
あの体型の方は珍しくないのですよ。
小錦サイズの方が、3人並んで歩いているのを
見たことがありますが、壮観でした。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加