最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

白鳥のヒナたち 深坂溜池

2017-04-30 | Weblog
山口県下関市の深坂溜池で、かわいい白鳥のヒナが生まれました。


「おかあさん背中にのせて」と、何度もチャレンジしています。


やっとの思いでのることができました!


このヒナの兄弟は、まだ孵化していません。卵が4個見えます。


お父さんもお母さんも、早く生まれてきて、と、ちょっと心配そうでした。


そしてもうひと家族は……。
向こうからすごい羽音が聞こえてきました。


お父さん白鳥が、水面を走ってこちらに向かってきています。かなりの迫力でした。


こんなふうに水面を走る白鳥を見たのは初めてです。


そのあとで、お母さん白鳥が、ヒナたちと一緒に優雅に泳いできました。


餌をもらって嬉しそう。


7羽生まれたそうですが、6羽になってしまったようです。


ヒナたちがかわいくて、見飽きることがありませんでした。


ため池百選にも選ばれている深坂溜池(みさかためいけ)。


昨日、写真を撮ったあとで、ヒナが6羽の家族は、常磐公園に引っ越しするために保護されました。
鳥インフルエンザの検査など、健康チェックをしたのち、つがいは、明日5月1日に白鳥湖で一般公開される予定だそうです。
ヒナたちは、当面、ときわ動物園で飼育されるとか。
白鳥のお世話をしている方に色々教えていただき、引っ越し前のかわいい様子を見ることができました。

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

スズランと「ぷちるぽ」

2017-04-28 | 福岡
株分けしてもらったスズランが咲きました。
蕾のついたスズランを実家からもらってきて植え替えたものですが、誘われるようにして、ほかのスズランも咲いてくれないかな。


昨年のクリスマスに飾っていたミニシクラメンが、また花を咲かせました。
枯れたあと、プランターに移し替えて日陰に置いていたのですが、この時期に、また咲いて楽しませてくれるのですね。


シクラメンと一緒にカゴに入れていたラミウムも花を咲かせました。


これがクリスマスに飾っていたミニシクラメンとラミウム。


枯れても、プランターに移し替えて日陰に置いて休ませると、また元気に咲いてくれる花が多いのですね。
ガーデニング初心者なので、こんな当たり前のことも嬉しくて、毎日、プランターを眺めて楽しんでいます。


昨日は母と一緒にショッピング。母の日のプレゼント用の、ちょっとお洒落なベストが見つかりました。
ランチは、新しくできた、若松区高須南の「ぷちるぽ」で。ぷちるぽとは、フランス語で、ちょっとひと休み、という意味だそうです。


サラダに筍が入っていました。


母が選んだのは、山芋と梅とイカのパスタ。
麺を少しやわらかくしましょうか、と声をかけていただき、美味しく食べることができたようです。


デザートもたっぷり。ランチパスポートを利用したので、ドリンクもついて千円の、お得なランチでした。


デザートのついでに、最近食べたスイーツを。オーロラの生パイ。


差し入れにいただいた、マキマキ屋のロールケーキ。


たまごハウスの巨大シュークリーム。


どれも美味しくいただきましたが、中性脂肪の数値が気になります(^^;

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp


この記事をはてなブックマークに追加

ボリビア料理 LAPAZ(ラパス)

2017-04-23 | Weblog
新緑の美しい季節になりましたね。


モミジの小さな花がかわいいです。


白いツツジが眩しく輝いていました。


ドウダンツツジは紅葉もきれいですが、花も可憐ですね。


ドウダンツツジの花はスズランに似ていますが、我が家のスズランも、しっかりした葉を出しています。
でも、毎年、葉は出るのに、一度も花が咲きません。今年は日陰に移したので、咲いてくれるかな。
スノーフレークは、たくさん花を咲かせてくれました。


戸畑のボリビア料理 LAPAZのランチです。
マハディート。ボリビア定番の炒め飯は、風味が良く、目玉焼きとの相性がばっちりでした。


シルパンチョ。 今まで味わったことがない、甘みを感じる牛カツの味付けが好みでした。


3種類の具のエンパナーダ。


今日は青空が広がったので、久しぶりにパラソルを出して虫干し中です。
気温が上がってきたので、そろそろ、夫の外ビール、外ワインが始まるのかな。
外での読書も気持ちよさそうです。


  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

同期会 梅の花にて

2017-04-21 | 福岡
豆腐料理の「梅の花」に同期が集まりました。


今や全国区となっていますが、「梅の花」は、福岡からスタートしたお店です。
新緑の季節ですね。


個室でゆっくりとおしゃべりできました。
年齢と共に物欲がなくなってきた、というのが全員共通の意見でしたが、食欲はまだあるようです(^^)/


菜の花と蛸の木の芽和えと、春の卯の花煮。


鯛のお造りと茶わん蒸し。


好物の生麩田楽。


定番のとうふしゅうまい。


ふく福豆富は、紅糀で、春らしくほんのりピンク色に染まっていました。


ふく福豆富に駿河湾産の桜海老のあんをかけて……。


鰆の西京焼き。


蛤の土瓶蒸し。お出汁の美味しさは格別でした。


大好きな湯葉揚げ。


湯葉のお吸い物。しらすと松前昆布の炊き込みご飯。


豆腐のデザート。


メニューは、春限定の優しい味でしたが、話はなかなか刺激的でした。
アナフィラキシーショックで救急車で運ばれた体験談や、小説に使わせてもらいたい、あれやこれや……。
疑問が生じて滞っていた場面も、偶然にも体験した友達がいて、詳しく教えてもらったので助かりました。
色々話を聞かせてくれる友達はありがたいです。

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加

旧松本家住宅 特別公開 アール・ヌーヴォー様式

2017-04-17 | 福岡
昨日は、北九州市戸畑区にある、国指定重要文化財 旧松本家住宅の特別公開の日でした。


日本におけるアール・ヌーヴォー導入の早い例で、かつ、もっとも本格的なものだそうです。


庭から眺めた洋館。ドウダンツツジが見事でした。


建物の中から見た広い庭園。


広間で、ピアノとフルートのミニコンサートが開催されました。
モーツァルトは、フルートという楽器があまり好きではなかったそうで、フルートの曲が少ないのだとか。
そんな話を聞いたせいか、春の曲のメドレーも良かったのですが、モーツァルトの、フルートのためのアンダンテが印象に残っています。


広間には、存在感のある円形の暖炉が……。


暖炉の上にあったのは、蒸気ハンマーによる鍛造をかたどった置時計。(1797年フランス製)
ゼンマイ式で、ハンマーが振り子の役目を果たしているそうです。


葡萄のステンドグラス。


暖炉の両側に、曲線を生かした書棚が埋め込まれていた書斎。


ほとんどの部屋に暖炉がありました。


天井にも曲線が生かされています。


松本家愛用の食器。


洋館と渡廊下でつながっている日本館。


お茶の席が準備されていたので、一服いただきました。(写真撮影もOKでした)


しだれ桜のある内庭。


洋館と日本館が一緒に写っています。


旧松本家住宅は、石炭業で成功した、明治専門学校(現在の九州工業大学)の創立者でもある松本健次郎氏が、明治41年から45年にかけて自らの住宅と学校の迎賓館を兼ねて建てたものです。
昭和27年に、北九州経済人の集まりである西日本工業倶楽部が設立されると同時に、松本氏から土地、建物を譲り受け、以後、西日本工業倶楽部会館として利用されています。
私は、今回、初めて見学しましたが、洋館は特に見ごたえがありました。
事前の申し込みが必要ですが、毎年、春と秋に特別公開されています。

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

この記事をはてなブックマークに追加