ココロの傾向

タイトルは有頂天の曲『千の病を持つ男』より

七夕☆佐野元春LIVE

2012-07-11 01:40:05 | LIVE
七夕の夜!
大好きな人に会った!

なんつってな。

佐野元春LIVE 2012 Early Summer Tour

若いコヨーテバンドとともに。

雨の七夕。リハが押してた。
「スペシャルなプログラムになっているので リハ遅れています。期待しててくださーい」
そして数十分遅れて入場開始。
「整理番号1番のかた~    おめでとうございました」
スタッフ~(笑)
なんかうかれぎみ?

このツアーの千秋楽だったんですよ、この新潟が!
日本各地から ファンが集まってる感じがしましたぞ~
色んな言葉が飛びかってました。

オールスタンディングの 新潟Lots。

急きょ? 千秋楽特別プログラム?で
一部は コヨーテバンドが(それぞれ別のバンドで活躍してる人達なんです)
セッションして 各々のバンドの曲を演奏するという。
若いパワー感じましたわ~~~。
ステージ脇では 元春が静かに見守ってたらしい。

休憩挟んで 元春のステージ。
きゃぁ


一曲目は ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 大好きだぁぁぁ~!

『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日(ライブ 1989)』


 -- 世界は少しづつ形を変えてゆく  俺たちは流れ星 これからどこへ行こう? --



80年代に作りました
とだけ言ったような気がした。

Nuclear plant accident 警告どおり 計画どおり 佐野元春 MOTO Sano


 -- ウィンズケール スリーマイルズ・アイランド チェルノブイリ  
    すべては警告どおり --

ごちゃごちゃ言わないで
歌うところが…! 好きだよね。
この曲を!





うーん前のLIVEでも書いたけど
『約束の橋』は 小曲だと思ってるのに
 -- 今までの君は間違いじゃない --

と歌われると
嬉しくなるというかほっとするというか。

いまだに(!) 
これでいいのかな?
自分のやりたいことはなんなの?
正しさを優先したい
人間的にやりたくないことは やらない
でも…丸くなるのが大人なの?
とか自問自答を繰り返し
自分の頑固さに悔し涙を流して
床を転がってることがあるんだけども

肯定されて安心するんだ。
空の雲が晴れてく感じよ。



佐野元春 【君が気高い孤独なら】


曲名が、ものすごく好きである。
君が気高い孤独なら だよ





笑顔に癒されて。
髪が真っ白になってしまったけれども そこがイイ!
インテリジェンスなロッカー、佐野元春が好きだ。



盛り上がった~
鳴りやまない拍手で アンコールが3回ですよ。(くらもちふさこかよっ)
一曲一曲、「ありがとー!」って ダミ声で叫んでた男子もいたな(笑)




ありがとう元春。
ずっとあなたの歌には背中を押され続けて来た。
これからもよろしくね。




(どうやら大勢泣いてたらしい。記事の最後に貼ったけどアンコールではないです。)
佐野元春-SOMEDAY


 -- ステキなことはステキだと無邪気に 笑える心がスキさ -- 
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HomeSweetHomeのSUMMER LIVEサポ | トップ | 笑って長生きなう。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。