ココロの傾向

タイトルは有頂天の曲『千の病を持つ男』より

いまごろウラジオでの入院レポその2

2013-12-31 10:29:22 | 病気関連
(実録・ウラジオストクで盲腸になったらこうなった(笑)つづき)

じゃじゃーん。病院食だ(お昼)
   

   
別の日だけど材料同じやないか!?
味がうっす~~~

時間になると、おばさんが呼びにきます。
どんな病状の人も、食堂へ行って食べる、もしくは持ってくる。
ものすっごい無愛想なおばさんが、盛り付けしてくれて、
適当にそれを持ってくる。
私も食べました。
私、わりとなんでも美味しく食べれるんすけど、これは…^^;

あと、白いバケツ。
   
コンポートですね。この日は杏だった。
これも味がうっす~~~

麦茶は日本から持って行ったものです。
朝はカーシャというお粥に似たもの、夜は少しバリエーションがあったとのこと。

売店はなく、一階の入り口に自動販売機がありましてん。
   

病院のすぐ近くにSHOPもありましたが。
   
ウラジオストクにはこういう小さなお店があちこちにあります。

二男の病室は3階だったか。
   

一階(外来)こんな。壁に歴代の院長写真が飾られていたような?
   

なのですがぁ。。。


   
猫がいた。(笑)

階段。端っこが欠けてたりあぶねー。
   
あ、書き忘れてた。病院着はありませんでした。


食欲がないと聞いていたので日本から差し入れを。
病院には電子レンジも給湯室もないと聞いたので
常温で食べれるものを用意しました。
重かった…
   
実際には、私が行った頃は、食欲は出てて、
なんとか病院食を食べれてましたけども。

ばばん!
さてこれは!
   
左は普通に買ったお水。(必需品)
右は…尿瓶(笑)
てか、
ペットボトルを切ったものを渡されたそうで、それを付き添いのかたが
肌に当たると痛いだろうと、紙を巻いてくださってました。
合理的っちゃぁ合理的?
でもねぇ、どうやら尿瓶らしい尿瓶もあるらしく、
軍人さんにはそっちを渡してたっぽいんすよ。

過ぎてしまえば、、破れもせず、
全身麻酔でちゃんと手術は行われ、無事に帰国できたことだし。
抜糸は日本でしました。
縫い方が少し違う、とこちらのドクターが言っていました。

   
診断書は通訳のかたが和訳してくださいました。
(診断書を書くということが向こうではないらしく特別に書いてもらった)

留学の他の子達と日程がずれてしまって、
私が迎えに行くことになったんですけど、
私の渡航や宿泊、食事の一部、
移動の手段(セダン車。日本語の話せるドライバー)、通訳さん、ビザ取得、その他の手数料、
全て、海外保険でした。
(二男の入院手術費は、留学先の大学がかけていた保険)
海外保険のありがたかったこと!!
ロシアは国民の医療費無料にするとかなんとかって話があるようですね。
よくわかりませんが。

大勢のかたにご迷惑&お世話になりました。
特に付き添いのかたは、寝れなかったとか色々…とにかく色々ご面倒をかけ…
ほんっと~~~に感謝しております。m(__)m


貴重な経験でした!
でもできればこんなことにならなければいいですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いまごろウラジオでの入院レポその1

2013-12-31 10:25:04 | 病気関連
二男が3週間のウラジオストク短期留学中に盲腸になった話を今頃(笑)
2013年8月末頃の話です。

間違ったことも書くかと思いますが、よろしゅう。(何がよろしゅうだ?)
聞いた話も含まれます。
勘違いもあるかと思います。

ずっと70代のロシア語わかる男性が、
付き添っててくださいました。(本当に感謝してます)
新潟市国際交流協会の…
ここかな、新潟・ハバロスフク・ウラジオストク・ビロビジャン友好市民委員会
の、かたです。

二男は、留学も終盤だったので、シベリア鉄道に乗って小旅行も楽しんだようです。
結構弾丸ツアーだったので、他にも体調を崩した子がいて、
たいしたことだと思わずにいたそうなのですが、周囲が心配して救急車を呼んだらしい。

救急車が来るまで4時間かかった!?
居た場所がルースキー島だったためかも。

なかなか診断が下らず、、、4軒目に入院。
日本で言うたらい回しではなく、それぞれ診察して。^^;
2軒目の年配の女医さんは 盲腸説を訴えていたらしい。
まぁ日本でも、すぐに診断が出ないこともあるみたいですね。
んで、3軒目は、病室のない、(廊下だけ)
一番野戦病院っぽかったというか、収容所に見えたそうなwww

行き着いたのがここ。
   
ここでもはっきりせず、胃カメラを撮られそうになり、
あまりに怪しいので付き添いのかたが、帰る!と言ったけど止められたとか。

   
こんな感じだったのか???
車寄せの場所に屋根がないので
雨の日でも、患者さんは雨に当たりながら
担ぎ込まれるのかも? ワイルドだろぉ~?(古っw)

結局夜中に、5人ほどのゴツいドクターがやってきて
盲腸だからすぐに手術 と言われたらしい。
夜中に…!?

(そして私に連絡が来たのは、その手術後でした~^^;)

一応個室。結構広いですよね。
   
左側のベッドは付き添いのかた。
ごらんのように、シーツも枕カバーも柄物。
シーツ交換はしなかったようです。^^;;;

部屋にはトイレと洗面と冷蔵庫あり。
ロシアは水道の水、飲めないのですが、
この洗面も茶色い水が出てました。^^;;;

術後まだ歩けない時に、付き添いのかたが外出して、
時間外に病院にたどり着いたら、門番に入るのを拒まれ(融通が利かない)
その間に、二男の点滴が終わったのに
大声で呼んでも誰も来てくれなかったらしい。3時間ほど。
看護師さんってのがいない?もしくは非常に少ないそうです。

あ、ナースコールは部屋にはありませんでした。
かつて存在したような跡だけ。(笑)

   
大部屋はこんな。
仕切りのカーテン無し。

   
点滴ぶら下げる機器、足元にコロコロがついていません。
ひきずっての移動不可(笑)
なかなかレトロでおしゃれですw

(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月は京都?

2013-12-27 17:37:13 | LIVE
なんとーーー!!
松浦雅也さんがLIVEをするそうである。
ぬぉーーー
松浦さんが!松浦さんが!

eプラス
アナログ音源付きと、
LIVEだけのチケットがあるらしい。
アナログったってな~ レコード聴ける環境じゃないわー
と思ってたけど、
やはり聴けない人のために(どこかで読んだように)
ネットで入手できるリンク付きらしい。

とはいえ
京都…
3月7日…
なんだかなー
どこで何をしているかわからないしねーーー
うう…






サウンド&レコーディング・マガジン(サンレコ?)
というのに
松浦さんのスタジオも載ってるらしい。
てか、この表紙もそうらしい!


その松浦さんのPSY・Sの、
昨年発売されたBOXが アンコールプレスされるらしい。
Psyclopedia / PSY・S
SONYサイト
HMV
アンコールプレスってことは
完売してたってことか
め・で・た・い
どんどんオトナ買いしてくれたまえ^^
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

28日BSジャパンで元春の“ビートの原点を探す旅”

2013-12-27 11:43:39 | 
「佐野元春のBack to the Roots ~ビートの原点を探す旅20,000キロ」予告編


SONG WRITERSもいいけど
こうゆうのも元春、いいわ~ 楽しみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪がなくて良かったなー

2013-12-26 22:24:55 | LIVE
さて12月はなにかと…


   
25日は別の施設@五泉市 へ。
昨年はノロ大流行のため、訪問できず。。2年ぶり。
で、2年前のお写真をいただいたり。(笑)

   
華やかだった~
介護士さんたちクリスマスファッション(?)だし
利用者さんたちの中にもトナカイさんがいたり

前にお世話になったジムの女性にも一緒に歌ってもらったり。

とある曲、サンタさんに一緒に歌ってくれとお願いしたら
知らないと言われ
けれど歌い始めたら乱入してきたwww
相方とサンタさんのデュエットとなりました。
(デュエットのお相手、いつでもどこでも募集してます


意外な曲を歌ってくださったりする。
そして意外な曲で泣き出した男性がいたらしい。
ええー!?

今回の訪問、
寸前まで日にちが違ってて、
相方が連絡しなかったら無駄足になるところでした。
お詫びに、と お土産もいただいちゃった。
すびばせんです~。

先日の新発田市の介護施設訪問から
いっぱい新しい古い曲(笑)やって、楽しかったじゃないかー。
   


   
帰りにあいかたと キッチンONEONE(オネオネ)でランチ。
五泉の街からは離れてますが
いい雰囲気のお店でありますよん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスだか忘年会だか

2013-12-24 00:55:10 | LIVE
クリスマス週間だし施設訪問。
新発田市内のデイサービスのクリスマス忘年会。

なんかちょっと散らかってますが。^^;
   

新しく、古いwキーボード買ったんだ~。
軽いぞぉ~。
ケースがないぞぉ~。
誰か作ってくれないか?w

クリスマスソングから
もちろん懐かしい歌まで。

それと私が全然懐かしくない歌まで。(笑) 
   → けっこう歌知らないんです。

なんだかんだ続けていると色んな歌を覚えられますね。
歌と同時に時代背景なども知れて面白い。
(相方が調べることもあり。←この人、こういうの好きでんねん。
 訪問先で教えていただくこともあり。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まいろぐ。('13.12.15)

2013-12-22 15:28:06 | LIVE
前日夜は二男関連のオーケストラ鑑賞して
当日朝は三男を模試会場の大学まで送り
(帰りはなんとかしてもらった)
11:13の新幹線で東京へ。


新潟市内はまったく積雪ないけども
途中… 湯沢あたりか?すごいね。^^;
   

そしてトンネルを抜けるとそこは… 
こんなん冬じゃねーっ!て景色になるわけですな。
「雪国」の逆バージョン。

東京?こんなに晴れてるってどうなの。
   

新宿で帰りのバス乗り場を確認。
予想通り迷ったので、交番で訊いた。
東口から西口への行き方がわからねーんだもん。
確かめておいて良かったわ。。。

   
2時半頃にロフトに着いて、地下へ下りたら
『シュルシュルシュール』のリハが聴こえました。
地上に出て売り出し時間までの間に
目の前を鈴木慶一さんが階段を下りていった。
リハだけ見にいらしたみたいね。

新宿ロフトのスタッフさん、(なんとなく)現地にたどり着いた順に
当日券売りの列に並べてくれたっぽい。
プロだのぉ。

「この分だと入れそうですね」と話してくれたおねーさんは
2日目以外(電気GROOVEの日は無理だと思ったらしい)
当日券で来られてたっぽい。すご!!

3時にチケット取れた

長男ちに差し入れ。
一日何も食べてない、と。。。
食べろや食べろ! 篭りっぱなしなのだな。。。


   
夜の新宿~ 歌舞伎町~~~
いつぞやネカフェを探したときより随分
歩きやすくなった。

   
僕らの音楽?


   
ポスターは物販にいたお姉さんの私物だそうな。



   
うん… なかなか見えなかったよ。
立ち位置を見つけるのが不慣れ。
てか当日券で入れただけでもありがたいと思え!


   
そしてまた雪国へ戻るわけです。

チケット取れるか? 本当に行けるか?
体力はもつのか?(最重要w)
不安だらけだったのと、
有頂天見れた楽しさ&安堵感か、
帰りのバスで号泣した。 ←バカw

ひどく喉が渇いてて
S.Aで休憩するたびに 飲み物を2本買った。



ありがとーー
当日券を出してくれて。
有頂天(セッション)を見れるなんて!
そして協力してくれた家族に大感謝。
(また頼むよwww)



LIVEタイトルどこまで…?(長いw)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ 
ミューヂック・アワー 生誕50周年
ナゴムレコード30周年&新生記念
新宿ロフト4days


   
当日券には何も記載ありませんのよ。
でも入手できてよかった。

-やりたくないことは絶対にやらない。
  やりたいことしか絶対にやらない。-

パンフも買えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく筋肉痛が治…

2013-12-22 14:27:05 | LIVE
無理だーーーって諦めてたLIVEでしたが
11日にふと。
あれ?行けるんじゃね?と思い立って
行ってしまった。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ生誕50周年ミューヂック・アワー
4日間のうちの最終日。12月15日(日)
さきに書いたとおり、チケットはSOLD OUT。
手元にないまま!!

前日からtwitterで、一枚あまってる人がいて、
せめてちゃんと東京へ向かってから連絡してみようと思っていたら
再びネット見たときには既に引き取り手が見つかっていました。
ぎゃ~~~
かなりいい番号で、しかも予約の金額でいい、とのことだったんすよ!
なんと良心的な…。
あー 決断が遅かった…

そして東京に着く頃にロフトに問い合わせたら
当日券は3時売り出し、ただし希望者が多ければ抽選だという。
!!!!!
先着じゃないんすかーーーーーっ

でも運よく入手できましたよ。3時に並んでたのが20人くらいかな。
(電気GROOVEが出た日は40人入れたってケラしゃん言ってたし!
 3日目空手バカボンの日は11人だった、って嘆いてたし!)



 モーモールルギャバン
 ザ・ガンビーズ
 カーネーション
 初期 有頂天セッション
 中・後期 有頂天セッション


モーモールルギャバンの時は
ステージから随分右の方にいたので
ほとんど見えなかった。
パフォーマンスおもろ~。

カーネーションもほぼ見えず。
(東京のLIVE HOUSEってこんなものなの!?)
いい声やね~~~
『夜の煙突』をケラも一緒に。


以下ケラ関係


ザ・ガンビーズでは
『シェリーに口づけ』からスタート。
ちょ~嬉すぃ~~~
ロンバケだって見たことないですから。
『唯一度だけ』も大好きだ。ええね~~♪
犬山さんとみのすけも歌った。
犬山イヌコさん、ちょー可愛かったー!
お芝居の時とは違う可愛さ。


有頂天・・
『おすもうさんの唄』から始まり
大変な盛り上がり。
なんだとーーー?モッシュだとーーー!?
そっか、忘れてたぜ。
この波に飲み込まれたら死ぬとオモタw

シンセサイザーズもかなり好きだけれども
有頂天、、、
有頂天楽しい。
楽しすぎーーー!!

名曲の

『ミシシッピ』
『愛のまるやけ』
もやったよ。

まじかよーー
カンドーーー

サポートに初期シンセサイザーズのスギヤマ氏も入ってた。
なにげに嬉しい。
(アサウチも見たいw)
でも一瞬たりとも見えなかったのよ。(T_T)



「大変だーーー解散だーーーっ」で始まった解散LIVEから
はて何年?(同世代なのにタイムリーじゃない人)

「大変だーーー再開だーーーっ」で
中・後期の有頂天セッション始まった。
わーーーーーっ
再びモッシュに… いやいや踏ん張るわよっ

有頂天の曲の数々が聴けて
シアワセすぎて涙出たwww

帰りのバス時間が気になって
途中から出口付近まで下がったので
三浦さんがピコピコハンマーで暴れたり(たぶん)
ダイブしてたところはモニター観戦になっちゃった。

時計とにらめっこ。
ここで去ったら
大好きなあんな曲やこんな曲をやったらどうしようという…
後でセットリスト見たら、
どうやら最後まで見れたっぽい。

あのケラ氏の表現力なーーー。
スバラシ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SOLD OUTで入手できなかったのに新宿まで来た

2013-12-15 17:40:48 | LIVE


ケラリーノ・サンドロヴィッチ
ミューヂックアワー

当日券は抽選と言われてマジ 
ドキドキでしたが
無事に取れた!

有頂天セッション
見ますぞ!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どれも初めて聴いた曲

2013-12-15 00:37:58 | LIVE
  

見てきた りゅーとぴあのホール。
新潟大学管弦楽団 第50回記念定期演奏会。

D・ショスタコーヴィチ 祝典序曲 Op.96
E・エルガー 創作主題による変奏曲「エニグマ(謎)」Op.36
D・ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ニ短調 Op.47

アンコールは
ワーグナーだったかな?

指揮 河地良智


今、打ちながら、
アレって変奏曲だったん!?
って思ったほど、クラシック音痴ですわ。
(いやそういう問題じゃないw)

前の方で見たので、迫力があってよかったわぁ。
後ろの楽器が見えなかったけども。

生の音を近くで聴いたもんだから
ぶわ~~~っ と、涙腺崩壊。
なんなんだ!?

打楽器隊、(ほぼ見えなかったが)
面白かったわ~
楽しそうだった~
かっけ~~~っ

ハープもああゆう感じだと
非常に謎めいた感じになるのねぇ~~~

オルガン(賛助)は りゅーとぴあ専属のかたかな、山本さん

父と母と、母のお友達とご一緒したのだけど、
その母のお友達のかたの言うように
初々しいんだぁ~(当たり前)

礼服を着慣れていない感じ、
女性の綺麗に編みこんだ髪、
足が見えないくらい長いスカート、
ふふっ とても歩きにくそうだ。
で、一生懸命弾く姿。
ええねえ。

どの曲もいい曲だったー
どれも初めて聴いた曲だぜ。^^;

東京公演も24日にありますの。
クリスマスイブなんていう…とんでもない日だけど^^;
お気軽に見れるチケット代;前売り1000円ですっ
これ

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加