こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「艦隊これくしょん -艦これ-」 こばと提督の戦況報告その21 村雨ちゃん改二実装(エロい)

2018年01月21日 12時00分00秒 | 艦隊これくしょん -艦これ-

2018年1月24日のメンテナンスにおいて、ついに村雨ちゃんの改二が実装されたので早速改造してみました(*´Д`*)b

村雨ちゃんはお気に入りで育成はしてたから、すぐに改二に出来ました。戦闘詳報も前回のイベントで入手してたし。
村雨ちゃんの改二としての能力は申し分なし。火力や対潜値が高めで大発とかも積めるし。万能型って感じですね!元から3-5とかで水雷戦隊で出撃するときは必ず使ってたくらいなんで(改のときの能力はそれほどでもなかったけど気に入ってたから旗艦として使いたかったw)、今後はますます活躍できそう!!

それにしても村雨ちゃん、だんだん駆逐艦離れした色気が出てきましたねw 改の段階の絵がすごく気に入ってたんですけど、改二も良いと思います。
この子はホント、駆逐艦とは思えないほどエロいですw 話し方もだんだんセクシー系のお姉さんっぽくなっていくし、おっぱいも戦艦級。さすが、ムラ雨w

実は村雨ちゃんは駆逐艦娘の中で1番好きだったりする。
最初、改にするまではそれほど好きではなかったんですけど、改にしたらすごく良くなったので、それからは「はいはい教」に入信しましたw
特に期間限定グラがどれも破壊力抜群で大変素晴らしいのです!(*´Д`*)b

尚、好きな駆逐艦娘のランキングはこんな感じ。

1位:村雨ちゃん
2位:春雨ちゃん
3位:山風ちゃん
4位:照月ちゃん
5位:潮ちゃん
6位:涼月ちゃん

7位:旗風ちゃん
8位:卯月ちゃん
9位:天津風ちゃん
10位:雷ちゃん

駆逐艦はロリっ子が多いけど、その中でもおっぱい大き目な子が多いかなw TOP5は艦これの中でも特に好きな艦娘になります。
貧乳っ子は3人いますが、うーちゃんはあのぴょん口調を聞いてたら癖になって(笑)、天津風ちゃんはクールなところが良く、雷ちゃんはロリおかん・・・ですかねw
最近急上昇中なのが、涼月ちゃん。意外とお嫁さん度が高くて良いです!!

艦種別ランキングはいずれまたw

コメント

「てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~」 あらすじ・感想その1 姫川絢美編

2018年01月21日 00時00分00秒 | 美少女ゲーム(感想)

2018年旧作プレイ第3弾は、rootnuko+Hの「てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~」です(*'∇')

今までおっぱいが気になってたけどやってなかった作品の1つですね。尚、DL版になります。DMM.comの毎度お馴染み半額セールで半額になってたのでw

てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~ 概要
主人公・飯泉宏人が先輩の響七瀬に騙されて創部した知的文化学研究同好会(文化的なものを研究するらしいがその中身はほぼ遊んでいるだけ)の活動中、ちょっとしたキッカケで同好会に所属する女子たちとエッチしちゃうというお話。
まぁほぼエッチオンリーです(爆)

てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~ キャラクター紹介(ヒロインに関しては簡易的に紹介)
飯泉宏人
本作の主人公。2年生。学校では知的文化学研究同好会に所属。しかも部長をやらされている。性欲を持て余している。面倒くさがりでいつもダルそうにしている。あまり交友関係は広くなく、同じ部活に所属している人以外とはあまり話していない。
現在1人暮らし。今暮らしているマンションの部屋は元々兄が住んでいたが、その兄が海外赴任になったため、兄が帰ってくるまでの間だけ宏人が住むことになった。

姫川絢美

今の学校に上がる前から一緒にいる腐れ縁の女友達。宏人のことは「ヒロ」と呼ぶ。

楠木末梨

宏人と同じ知的文化学研究同好会に所属している1年生。クールだが基本的に口が悪い。

響七瀬

知的文化学研究同好会を発案した3年生。宏人を騙して知的文化学研究同好会を作らせた張本人。

水島薫

1学年時のクラスメイトで絢美の親友。僕っ子。絢美のことを溺愛しているせいか、いつも絢美と一緒にいる宏人を嫌っている。しかし面倒見が良く、嫌っているはずの宏人の事も困っていれば放ってはおかない。
部活は水泳部に所属しており、絢美には水泳部に戻ってきてほしいと思っている。

江坂春希

宏人と同学年で同じく知的文化学研究同好会に所属している2年生。ボクっ子。宏人は「ハル」と呼んでいる。宏人を狙っているようだが残念ながら男である。そして、腐男子でもある。
普段は男子の制服を着ているが、宏人にはその姿を見られたくないらしく、部活動のときは女子の制服を着ている。その為、宏人は未だかつて春希の男子制服姿を見たことがない。
宏人とはネトゲで知り合ったらしいが・・・。

山田・G(ガーファンクル)・義男

宏人の友人(若干否定されているがw)。ハーフで見た目はイケメンだが中身は変態野郎。宏人のことを同士だと言っているが宏人は否定している。尚、ミドルネームの「G」のせいでイジメられたことがあるらしく(G=ゴ○ブリ)、Gと呼ばれると怒る。
エロゲ好きで新作の発売日は深夜販売に並んでまで買っている。エロゲのジャンルの中では触手モノが大好きで、その影響でT3G部を立ち上げ部長をしている。T3G分の正式名称は「テンタクル・トゥー・ティアーズ・ゲーム部」。要するに触手の持つ固定概念を払拭するために活動する部活である。部員数は23人と意外と多くその中には女子までいる。

てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~ 共通ルート あらすじ
ゴールデンウィーク最終日の夜。オナニーの処理をするために女友達の姫川絢美をオカズにしようと思ったものの、知り合いでヌいたら顔が合わせづらいと思って結局AVでヌいた宏人。翌朝、友人の山田・G・義男と一緒に登校し、教室で義男のエロゲトークを聞いていると、絢美がやってきて挨拶してきます。その後、普通に授業を受け、放課後になって知的文化科学研究同好会の部室に行き、そこで楠木末梨や江坂春希とも会い、しばらく絢美のゲームに付き合って協力プレイをしていると、最後に響七瀬が部室にやってきます。そして、真剣な表情で皆を集めて話をしますが、その内容が大変どうでもいいことだったため、宏人たちはツッコミを入れつつ呆れるのでした。
翌日、改めて用件を話した七瀬。その内容は昨年度の部活動報告と今後の活動方針を書いて初めて正式に部に昇格するというものでした。部長である宏人がその報告書を書くことになりましたが、問題ばかりだった活動しかしておらず、日々の活動も適当で今後の予定は未定だったため、適当に報告書を書くことにしました。その翌日の放課後、絢美の親友の水島薫に掃除を手伝ってもらった後、部室に行くと、ゲームをやってる絢美しかおらず、宏人は彼女のゲームに付き合うことになりますが、その時、先ほど薫から言われたことが頭をよぎります。それは、絢美が水泳部にいかず知的文化学研究同好会に入部した理由についてでした。それは1年前。七瀬に騙されて知的文化学研究同好会の部長にされてしまった宏人は、七瀬に言われて人員確保に奔走していましたが、皆から断られてしまい困っていました。そこへ声をかけてきたのが絢美でした。宏人が新しい部活を作ろうとしていることを耳にした絢美は、同好会のことを聞いてきますが、宏人が人数が集まらないで困っていることを知ると、あたしが入ってあげようか?と言います。絢美は水泳部に体験入部したけど辞めてしまったと言い、ヒロがいるなら楽しそうとアッサリ同好会への入部をOKしたのでした。
それから何気ない日常を送っていた宏人ですが、七瀬から脱衣麻雀の勝負を持ちかけられて、気合を入れて勝負に臨みますが・・・。

・・・と、いうわけで、1人目は姫川絢美でした~。

見た目的にはこの子が1番好みでしたのでw

姫川絢美 キャラクター紹介
宏人とは今の学校に上がる前から一緒にいる腐れ縁の女友達。宏人のことは「ヒロ」と呼ぶ。
成績優秀でどの科目もTOP5に入っているほど。運動神経も抜群で、前の学校では水泳をやっていて、他校から勧誘を受けたレベル。交友関係も広く周囲の評判も良い。そして、スタイルも抜群と完璧な女の子。それ故にモテるが本人は恋愛に興味がないらしく告白は全て断っている。
現在は宏人と同じ知的文化学研究同好会に所属している。ゲームもやっているが、あまり上手くはない。上に姉が2人いるが、姉からイジられているらしく、あまり人の悪口を言わない彼女も姉達のことになると愚痴を言う。しかし、姉のことを下品だの何だのと言ってる割に本人も割と無防備なところがあり、宏人にパンツを見られても気にしない。
実は周囲には秘密にしているが、宏人と共通している部分がある。それは・・・。

姫川絢美編 あらすじ
ついに絢美をオカズにしてしまった宏人は、翌日絢美と顔を合わせる度に色々と言い訳を言って会話するのを避けていました。そして、放課後、絢美から一緒に部活行こうと誘われたものの、掃除があるからと断り、1人教室に残って掃除をしていると、絢美が教室に戻ってきます。絢美は宏人に一緒に帰ろうと言いますが、宏人がまた自分を避けようとしたため、そのことを聞いてみると、図星を突かれた宏人は狼狽えます。絢美が嫌われるようなことをしたのかと聞くと、宏人は自分が悪いから気にするなと答えますが、絢美がしつこく食い下がったため、宏人は半ばヤケになって絢美をオカズにして抜きまくったと自白してしまいます。
絢美に引かれると思った宏人ですが、絢美の反応は予想外のものでした。絢美は宏人が自分をオカズに抜いたことを知ると、宏人に気持ち良かった?と聞きます。そして、変な雰囲気になって、宏人が戸惑っていると、絢美の方からエッチしない?と誘ってきたため、宏人は思わず頷き、2人はホテルに移動して、そこでエッチを済ませるのでした。
それから2人は色んな場所でエッチするようになり、絢美は宏人の部屋にお泊りすることも多くなっていました。そんなある日の朝。その日も絢美は宏人の部屋に泊まってそのまま一緒に登校しましたが、そこを薫に見られてしまいます。そして、薫は宏人を屋上へ連れていき、2人の関係を問いただします。宏人は付き合ってはいないと答えますが、薫はさっき絢美の下駄箱にラブレターが入っていたことを教え、その相手がバスケ部のエースのイケメンだと言います。何故手紙の相手まで知っているのかは昨日、その男子から絢美のことを色々と聞かれたからでした(ただし教えてはいない)。絢美はいつも断ってるが今回はそうとも限らないし、その男子と付き合うようになれば、運動もするようになって水泳部に戻るかもしれないと薫なりの思惑を話します。そして、宏人にアンタとは釣り合わないとハッキリ言うのでした。
薫から色々と言われて胸のあたりがモヤモヤとした宏人。その後、絢美から放課後にその男子と会うという話を聞いて、ますますモヤモヤとしますが、放課後になると絢美に屋上の手前でエッチしてほしいとお願いします。扉の向こうには絢美を待っている男子がいるところでエッチします。そして、その後、絢美はその男子の告白を断ります。それから宏人と絢美が一緒にいるところを多くの生徒に目撃され、絢美が水泳部に入らなかったのは、宏人と付き合っているからではないかという噂まで流れるようになっていました。そして、絢美との関係が何なのか・・・それを考えた宏人はある結論に達し、ある日の放課後、教室で絢美に告白。絢美もその告白を受け入れ、2人は恋人同士となり、恋人として初めてのエッチをするのでした。
恋人同士になってしばらく経ったある日、絢美から夜のデートに誘われ制服に着替えて夜の学校に侵入し、プールまでやってきます。そこで絢美はこのままあたしと付き合ってていいの?と言われます。宏人はあたしのことをまだよく知らないはずなのにと。絢美は普段はしっかりしていますが実は宏人と同じで面倒くさがりでした。人付き合いとかそういったものも面倒だと思っていたため、昔、修学旅行で女子同士で恋バナになったとき、面倒だと思った絢美は適当にある男子のクラスメイトの話をしますが、その話がその男子に伝わってしまい、クラスメイトの間でも盛り上がり、絢美は告白されます。しかし、適当に話をしただけで特に好きではなかったため絢美は振ってしまいますが、そのせいでクラスの雰囲気も悪くなってしまいました。それから絢美は告白を断る理由を作るために水泳部に入ることにしました。つまり、薫と違い彼女はそこまで熱心に水泳には打ち込んでなかったのです。そして、進学した後は、その理由付けのために入った水泳部内の恋愛事に巻き込まれてしまい、それに嫌気がさしてすぐに辞めてしまいました。そうやってますます恋愛が面倒くさくなった絢美は、告白を断る最大の理由を作るという打算込みで宏人と付き合うことにしたのでした。
だからそんなあたしがヒロのことを「ちゃんと」好きか分からない、それでもいいのかと聞きますが、宏人は好きと分かってるなら別にいいじゃないかと答えます。宏人もちゃんと好きかどうかは分からないけど、それでも今まで肉体関係を止めなかったのはそれが特別で心地よかったから。すると絢美はヒロといると楽ちんで良いと笑い、宏人も頷き、2人は「好き」だと再び告白し合うのでした。
翌日の放課後。2人は一緒に部室に向かいますが、まだ誰も来ていませんでした。そこで宏人はずっと気になっていたことを絢美に聞きます。どうして、自分とエッチしたのか。それは誰でも良かったのかと。すると、絢美はそれを否定し、初めて話したときのことを覚えてる?と聞いてきます。絢美がクラスでいつも1人でいる宏人に声をかけた時、その時は絢美の性格を知らないはずの宏人が「面倒くさいやつだ」と言ったからでした。絢美はその言葉を聞いて自分の性格を一発で見抜いた宏人となら仲良くなれるかもしれないと感じていました。そして、その話をした後、他の部員たちが来た為、こっそり宏人にだけ聞こえるように言います。その時の男の子とは現に仲良くなって、今ではあたしの恋人だよと。

姫川絢美編 感想
一見まったく違う性格のように思える主人公と絢美が実は似た者同士だったというお話。あらすじでは恋人ルートしか触れてませんが(セフレルートはエッチしてるだけだったので)、絢美の面倒くさがりなところは、もう1つのセフレルートの方がハッキリ出てました。セフレルートでは絢美は学校すらも行かなくなって主人公とエッチするだけでしたしw
2人は一応は恋人同士になるものの、恋人っていうよりもセフレって感じですね。イチャラブ感はほぼゼロ。ただただエッチをするだけ。まぁエロ目当てだったんで、別にそれで良いんですけど。恋人ルートに関しては、一応最後はちゃんとした恋人になりますし。
Hシーンは24回ですが、1回はエピローグでほとんど絢美の反応がないまま中途半端に終わるから実質23回ですかね。あと前戯で終わるのも数回ありますが、それでも充分な多さだと思います。若干マニアックなものもあるし、ア○ルも多目だったけど、本番Hの回数に対して比較的おっぱいは見せてる方だったかな。まぁ、ギリギリ及第点なものもあったし、マニアックなものもあったので、( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!と言えるほどかどうかは微妙なところですが。パ○ズ○フェ○は良かったですけどね!絢美はかなり積極的にエッチをしてきてなかなかエロかったので、マニアックな部分を除けば概ね満足でした。
尚、薫とのHシーンもセフレルートで2回あります。こちらは陥没乳首で絢美ほど巨乳ではないですが、それなりに大きいですし、おっぱいも見せてくれるので意外と良かったですw ただ、彼女が堕ちていくのかと思いきやそうはならずにそのまま絢美オンリーになってしまったのが残念かな。薫ルートでもあるのかと思ってましたw 彼女がどこまで堕ちるかちょっと見たかったです(ゲスw

「てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~」の公式サイトはこちらから↓

セフレルートは途中のHシーンを見て、てっきり輪姦とかになるのかと思ったけど、そういったことは無かったので、ちょっと残念(ぇ

コメント

「約束の夏、まほろばの夢」 発売日決定

2018年01月20日 12時00分00秒 | ういんどみる

ういんどみる最新作「約束の夏、まほろばの夢」の発売日が2018年5月25日になったようですね(*'∇')

予約開始も1月26日からスタートするようです。

ういんどみるはたまに発売延期するから、5月発売のままかどうかは分からないけど、5月は恋コロがあるので、どっちを先にするか悩みそう。

まぁでも徐々に春以降の予定が埋まって行って何よりです。これから徐々に増えていくと・・・あ、いや、あまり増えすぎてもダメなんで、程々にw

「約束の夏、まほろばの夢」の公式サイトはこちらから↓

りんかちゃん可愛い(*´Д`*)b

コメント (4)

「叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。」 あらすじ・感想その3 平行世界のカップリング編、感想まとめ

2018年01月20日 00時00分00秒 | CUFFS系(HULOTTE含む)

最後は平行世界のカップリング編です~。

これは「刻廻の儀」が見せる可能性の話となります。

平行世界のカップリング あらすじ
神社を継ぐため、日々修行に勤しんでいたトキヤ。しかし、拝殿で瞑想をしていると、叶とメグリの2人が巫女服を着て抱きついてきました。トキヤが戸惑いながらもどうしたんだと聞くと、叶とメグリは最近のトキヤが修行ばかりで構ってくれなくて寂しいから2人で驚かせてみようと思ったと答えます。
トキヤは驚くというよりも戸惑っているだけだったため、そんなトキヤの反応に不満に思った2人は、更に自分の身体を押し付けます。戸惑い続けるトキヤは2人に離れろと言いますが、悲しそうな顔をしたメグリの反応を見て罪悪感が込み上げ、叶から恋人同士なんだからこういうことをして当たり前でしょと言われて驚きます。
2人とも自分の恋人だと聞いて混乱するトキヤ。2人はそんなトキヤにキスをしてきて、トキヤも2人とキスをしていくうちにだんだんと状況を受け入れてきて、2人とエッチをするのでした。

平行世界のカップリング 感想
まぁ夢オチなわけですが、そういう未来もあるかもよっていう可能性のお話ですね。個人的にハーレムエンドは好きではないので、まぁそんなもんかって感じですけどw
Hシーンは1回のみ。やはり前戯2回、本番1回という形になっています。こちらのHでは叶ちゃんがおっぱいを見せ、後ろを向いているメグリちゃんはおっぱいが隠れてますね。ハーレムが好きではない理由の1つに、Hシーンでおっぱい見せないっていうのがあるのですが、今回は叶ちゃんの方だけでもおっぱい見せたので、少し満足しました。

叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。 感想まとめ
メグリ編も叶編も2時間もあれば読み終わる内容で非常に短いお話でしたが、2人とも可愛かったしイチャラブオンリーでシナリオはとても良かったです。ただ、これならヒロイン全員にしてほしかったかなーって気はします。今作はメグリちゃんと叶ちゃん以外、一切出番ないですしね。折角ここまでイチャラブに特化してくれてるのなら、他のヒロインとのイチャラブも見たかった(特に青葉ちゃん)。本編ではシリアスなところもあってイチャラブが不足してたので。まぁ2人だけでもイチャラブが見られたのでそこは満足ですけどね。
Hシーンに関しては全体の話が短いからでしょうけど、2回ずつと少な目だったのは残念かな。せめてあと1回見たかった。それからメグリちゃんの方はまだしも、叶ちゃんの方は少し不満でした。おっぱい見せてほしかったなー。あと、おっぱい好きとしては、パ○ズ○系をどちらかで見せてほしかったですね~。イチャラブ感は出てたけど、少し物足りなかったかなぁっていう印象でした。
ともあれ、この2人が好きな人にはたまらん内容になってるとは思います。私はメグリちゃんが大好きー(*´Д`*)b

「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」のあらすじ・感想はこちら↓
遠嶋舞奈編】【世永青葉編】【水梨美也編】【白取叶編】【浅坂メグリ編】【相坂紗理奈編&姫宮結莉夏編

「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」のグッズ購入品はこちら↓
HULOTTE SONG BEST

「叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。」の公式サイトはこちらから↓
http://hulotte.jp/product/ichayaba/

「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」の公式サイトはこちらから↓

『妹のおかげでモテすぎてヤバい。』

嫁ヤバもFD化してほしいですなぁ・・・。シリアスが多かったのでイチャラブをもっと見たかったのです。

コメント

hibikiworks最新作「如月真綾の誘惑」 ディザーサイト公開

2018年01月19日 19時46分08秒 | hibiki works

hibikiworks最新作「如月真綾の誘惑」のディザーサイトが公開されてます(*'∇')

尚、「おねえちゃんのゆうわく」というのが正式なタイトルの振り仮名のようですw

唯々月たすく先生原画の新作ですね~黒髪巨乳のお姉さんです。大きさも形も良いですね、おっぱい。

しかし、何となく、新妻ラブリケの石動雪ちゃんが巨乳になっただけのように思えなくもな(ry

お姉ちゃんに甘えるだけなのか、それともただエッチな関係になるだけなのか、そこは運命の分かれ道。個人的には前者が良いですけど・・・それだと、同じあかべぇの母性カノジョと被りそうなので、後者かな?

というか、hibikiworksの方向性はどこに向かうんだろう・・・w
てっきり、ケーションシリーズ&なちゅばけのように普通のイチャラブ路線なのかと思ったけど、今回は少し毛色が違いますよね。価格もなちゅばけ同様にミドルプライスですし・・・フルプライスは作らないのかな?

まぁでも、巨乳ヒロインなら文句はない(爆)

4月は本数少なかったけど、これが本命になりそうですね。まぁそれも体験版次第ですけど。ともあれ、楽しみです。

「如月真綾の誘惑」の発売日は2018年4月27日発売予定、予約開始は1月26日からです!・・・って本当に急だな!w

「如月真綾の誘惑」のディザーサイトはこちら↓
http://www.hibiki-site.com/oneyuu/index.html

コメント (10)

「叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。」 あらすじ・感想その2 白取叶編

2018年01月19日 00時00分00秒 | CUFFS系(HULOTTE含む)

お次は白取叶ちゃん(*'∇')

白取叶 キャラクター紹介&前作のあらすじ
叶はトキヤのクラスメイトで舞奈とは幼馴染の関係。探検部の部長で、先代部長である美也のことを尊敬し慕っている。叶に一目惚れしたトキヤから一度は告白されたものの、当時はトキヤのことを良く知らなかったため「お友達から始めましょう」と言って断っている。しかし、その告白がキッカケでトキヤのことをもっと知ろうと思い、探検部へと誘った。
自分よりも先ず他人のことを考える優しくピュアな心を持っており、ちょっと天然だけど子どもみたいに好奇心旺盛で、トキヤにとっては癒しの存在。身体的にはスタイル抜群で綺麗な銀髪ロング、そして、赤と紫のオッドアイという特徴があり、オッドアイであることにはトキヤとメグリにとっては大きな意味があった(メグリ編にて判明する)。
英治郎という1つ年上の兄がおり兄妹仲は良好。しかし、普段は素直な叶だが、兄に対してのみツンデレ気味に接する。尚、イケメンな英治郎はトキヤの心の師匠となっている。
叶の白取家はトキヤの浅坂家と因縁があり、それ故にメグリの「刻廻の儀」は叶には通用しなかった。そして、本来なら術の効果が切れて叶との縁も切れるはずだったが、トキヤがそれに抗って叶と結ばれたため術が暴走。トキヤはそのせいで未来の運命が無くなり死を迎える寸前までいってしまうが、探検部の皆の運命を少しずつ分けてもらうことで生き永らえる事が出来、死の淵から復活したトキヤは叶にプロポーズした。

白取叶編「どきどきエブリデイ」 あらすじ
すっかり体調も戻ったトキヤ。叶はそんなトキヤを見て安堵しますが、自分の恋愛成就のために術に頼って皆に迷惑をかけてしまったトキヤも自分の家系のせいでトキヤを死なせるところだった叶も、お互い引け目を感じていましたが、誰が悪いというのは水掛け論になるから、そういうのはもう止めてこれからは2人の将来を考えたり楽しい話をしようと約束し合います。そして、叶は今日の放課後は部活を休んでデートに行きたいと言い、2人は放課後デートすることになったのでした。
そして迎えた放課後。教室でどこに行くか話し合った結果、遠出する時間もないからと商店街でデートをすることにした2人。商店街で買い食いしたり買い物をしたりして楽しんだ後、夕方になって帰る時間になった為、叶を家まで送ります。しかし、その途中で叶が寂しがったため、トキヤは人目がないところで叶にキスをして次のデートの約束をします。すると、叶は喜び、お別れが寂しいときは次の約束をすればいいのだと気付くのでした。
次の休日。約束通りのデートで、叶はトキヤの家を訪れ、まったりとティータイムを楽しみますが、2人で出来ることがしたいと言い出したため、トキヤはエッチな意味で捉えて狼狽えます。ただ、叶の方もそうしたい気分なのか、お互い何をしたいか何となく分かっていましたが、会ってすぐにそういうことは出来ないと思っていたせいか本当にしたいことを言い出すことが出来ずにいると、トキヤが飲んだカップをテーブルに置いたときにトキヤの手がうっかり叶の太ももに触れてしまいます。すると、それをキッカケとして2人は自分の正直な気持ちを打ち明け、トキヤは叶を押し倒すのでした。
エッチを済ませた後、2人で昼食を作って食べたり、映画のDVDを観たりして過ごしますが、叶がお泊りすることになったため、夜遅くなっても問題ないことから遊園地に出掛けることにします。そして、遊園地に着くと夜のパレードを楽しんだりして、閉園まで遊び倒した2人はまた来ようと約束するのでした。
それからも叶との時間を過ごしたトキヤは今が幸せすぎて少し怖くなっていました。そんなある日の放課後、部活が終わり部室で叶と2人きりになった時に、そのことを話すと、叶はそういう気持ちはよく分からないと言います。そんな思う暇なんてないくらいトキヤのことが好きだからと。トキヤも友達がいて学園が楽しいから毎日が幸せでとても充実しててしみじみ噛みしめているだけだと言うと、叶は少し拗ねた顔をして、それだけ?と聞いてきます。トキヤはそれを見て少し意地悪なことを言いますが、叶が少し怒ったため、心の中の1番はいつだって叶だと伝えます。しかし、散々からかったせいで叶が拗ねて信じてくれなかったため、叶にキスをして証明してみせるのでした。
その後、学校から出て図書館デートをした2人。その帰りに叶と将来の話をしますが、トキヤは神社を継ぐつもりで進学すると言います。叶の方は将来どうするか迷っていたようで、叶は将来のことをきちんと考えていると思っていたトキヤは意外に感じましたが、叶が迷っていたのは、神主のお嫁さんは何をしたらいいか分からなかったからでした。それを聞いたトキヤは、両親にも話を聞いてみると言い、いつか両親に叶を紹介する日が来るのかと思うと感慨深くなりました。その後、家まで彼女を送っていきましたが、家には誰もいないと叶がいったため、その意味を察したトキヤは、うぬぼれでなければと前置きして、叶の家に泊まることにしますが、叶はトキヤの「うぬぼれでなければ」という言葉を聞いて、私がどれだけトキヤのことを好きか知って自覚してほしいと注意。トキヤはそれを聞いて、叶のためにも自信をつけようと誓うのでした。

白取叶編「どきどきエブリデイ」 感想
どんなトキヤでも優しく受け入れてくれる叶ちゃんは相変わらず天使であった。そして、ことある毎にくっ付いて甘えてくる叶ちゃんが可愛いです。好き好きオーラ出まくりの叶ちゃんがいっぱい見られた点は満足でした。べったりくっつくCGの方が多かったですね。最初のぺろぺろキャンディーはエロくて良かったですw あと本編では主人公が自虐的でヘタレててイライラしてましたが、こちらでもまだ自虐的な部分が残ってたのが残念かな。まぁ本編よりもマシになっていましたが。最後に改善しようと思ったようなので、今後の主人公に期待・・・ってもう続きはないなw
Hシーンは2回ですが、前戯がそれぞれ2度あって、本番Hは1回ずつしかなかったのが残念。イチャラブ感は出てたけど・・・パ○ズ○系がなかったし・・・。本番Hも最初のはおっぱい見せてたけど主人公の手が少し邪魔で、2回目はお尻から見せるバックでおっぱい見せずとCG的には不満でした。叶ちゃんはそこそこおっぱい大きいから期待してたんですけどね・・・個人的に前戯よりも本番が多い方が良いです。
あとは本編でプロポーズまでしてたので、最後に結婚式でも見られるかなって思ったら、そういったのもなく、ただまったりとしてただけなので、最後に叶ちゃんのウェディングドレス姿が見たかったなぁって思いましたねぇ。まったりしてたのは別に良いしそこに不満はないけど、メグリちゃんの方が見られたので叶ちゃんも見られるのかなって期待していました。そこもちょっとガッカリでしたね。

「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」のあらすじ・感想はこちら↓
遠嶋舞奈編】【世永青葉編】【水梨美也編】【白取叶編】【浅坂メグリ編】【相坂紗理奈編&姫宮結莉夏編

「叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。」の公式サイトはこちらから↓
http://hulotte.jp/product/ichayaba/

「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」の公式サイトはこちらから↓

『妹のおかげでモテすぎてヤバい。』

そういえば、この子も妹属性持ちなんですよね・・・しかも「お兄ちゃん」呼び。師匠が羨ましいぜw

コメント

「フラワーナイトガール」 こばと団長の活動記録 その47 ヤマブキ、フルアンプル達成!

2018年01月18日 12時00分00秒 | フラワーナイトガール(花騎士)

年始の福袋ガチャで迎え入れたばかりですが、ヤマブキをフルアンプルにしてみました(*'∇')b

まぁ最上級クラスの任務用の育成ですね。花騎士は、ヤマブキとサフランさんの2人がいれば大抵なんとかなってしまうのでw

この後のアンプル投入はデバフ持ちをフルアンプルにするか、好きな子を優先するか、気分で決めたいと思います(爆)


【サクランボ&アイビーピックアップガチャその後】

前回、サクランボ&アイビーピックアップガチャの初回分の結果を報告しましたが、その翌日、早速来ました!

目当てのサクランボちゃんキターーーーーーーーーーーーーー!!(*´Д`*)b

虹鉢が出たとき、一瞬アイビーの方が頭をよぎったんですけど、ちゃんと欲しいサクランボちゃんが来てくれて嬉しいです!!

欲しい方とは違う方が出る法則は今回発動しなかったようですw

サクランボちゃんは次のスペチケ候補だったため、これでスペチケは考え直す必要が出てきましたw

サクランボちゃんの娘度の高さは異常w 寝室でパパって呼ばれるときの破壊力はヤバかったですw 可愛いしおっぱい大きいしパパって呼んでくれるし最高ですね(*´Д`*)b


【進化&開花した花騎士の紹介】

今回はサクランボちゃんとパキラちゃんの2人です(*'∇')

サクランボちゃんの開花グラが甘えんぼな娘っぽい雰囲気が出てて非常に可愛い。最高ですw

パキラちゃんも結構気に入ってるんですよね。可愛いしロリ巨乳だしw パキラちゃんの開花グラが楽しみ(*'∇')b


【現在の総合力】

総合力は686,000を突破しました(*'∇')

コツコツと確実に総合力は上がっていってますね~。
今月中には69万に行きたいけど、来週のメンテまでは色々とあってプレイ時間が少なくなるし、その後は新作エロゲが発売されるので、ちょっと無理かな?
なるべく頑張りますが!


【雑談】

継続ログイン日数が450日を超えました(*'∇')b

もう1年と100日近く経過してるんですね。自分の場合は始めてから毎日ログインしてるので、連続ログイン日数にもなってますねw

サービス開始から1年半以上遅れてプレイを開始したので、上の方々にはまだまだ及びませんが、これからも頑張ります(*'∇')b

まぁ花騎士をサービス開始時から始めてたらどうなってたかなぁ~って思うこともありますが、その頃はブラゲやソシャゲに興味がなかったからねw
花騎士も元々は艦これの合間にプレイするつもりで始めただけですし・・・いつの間にか逆転して花騎士がメインになってますけどw

コメント (4)

「叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。」 あらすじ・感想その1 浅坂メグリ編

2018年01月18日 00時00分00秒 | CUFFS系(HULOTTE含む)

2018年旧作プレイ第2弾は、HULOTTEの「叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。」です(*'∇')

確か前作「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」をプレイしたのが、昨年の4月だったわけですが、それから続編をプレイする時間もなくてずっと放置してましたw
尚、この作品はDL版でプレイしています。

叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。
「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」のヒロイン、浅坂メグリと白取叶のそれぞれのアフターストーリーを描いた作品。
当然ながら前作をプレイする必要があります。

「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」のあらすじ・感想はこちら↓
遠嶋舞奈編】【世永青葉編】【水梨美也編】【白取叶編】【浅坂メグリ編】【相坂紗理奈編&姫宮結莉夏編

そんなわけで、最初は妹の浅坂メグリちゃんでした(*'∇')

浅坂メグリ キャラクター紹介&前作のあらすじ
メグリはトキヤの妹。浅坂神社の巫女をしており、両親から強い力を受け継いでいる。しっかり者で成績優秀。家庭的で兄の世話をするのが何よりの楽しみというほどのお世話好き。
トキヤの恋を成就させるため、「刻廻の儀」でトキヤを強制的にモテ期にした。教育に関してはスパルタで、太っていたトキヤをモテさせるために“調教”を施し、イケメンに変貌させた。ただ、メグリ本人はぶくぶく太っていた頃のトキヤのことも気に入っていたりする。
メグリは「刻廻の儀」を兄の恋愛成就のために使ったが、この術の真の効果は、その昔、悲恋に終わった兄妹が来世で結ばれるためのものであり、トキヤとメグリがその兄妹の生まれ変わりであった。そして、術の効果により2人は誰にも邪魔されない世界へ飛ばされ、メグリの前世に選択を迫られるが、トキヤとメグリは皆のいる方を選び、元の世界へと還っていった。

浅坂メグリ編「兄恋マイスター」 あらすじ
「刻廻の儀」でトキヤとメグリだけの世界に飛ばされ、そこで術の真実を知り、元の世界に戻ることを選択した2人。トキヤは現実世界に戻って来てからはメグリの家事の手伝いをするようになっていました。そして、その日も普通に学園に登校しますが、メグリは登校途中ずっと周囲をキョロキョロと見渡していました。メグリの体調は既に完治していたものの、彼女は「刻廻の儀」により飛ばされた2人だけの世界のことを思い出していたようで、周囲を見渡せば人が歩き車も通っているのに、胸がざわついてしまうと話します。すると、トキヤは不安そうに話すメグリと手を繋いで安心させてあげた上で、学園をサボって気分転換しようと言ってメグリを公園へと連れていきます。そこで2人は、昔一緒に遊んだことやメグリが当時からトキヤのことが好きだったことなどを話しつつ遊具で遊んでいましたが、メグリの気分も良くなったため、遅刻確定ではあったものの学園へと向かうのでした。
休日、メグリは朝早く起きて、寝ているトキヤを起こそうとしたものの、寝ぼけたトキヤに布団に引きずり込まれてしまい、早起きを諦めます。その後、トキヤに抱き枕にされていたメグリはドキドキした為、トキヤにエッチなことを始めると、それをトキヤに見られ2人はエッチをします。エッチした後、一緒にお風呂に入ったり朝食を済ませ、トキヤの提案でデートに行くことになりました。メグリは大喜びし、2人でネットで検索しながら行き先を決めようとしますが、希望した場所が行くには事前に予約が必要だったり準備が必要だったりする場所ばかりだったため、次回以降に延期となり、この日はトキヤが好きなTVゲームで遊ぶデートに決まり、外に出ることなく家の中でずっと2人きりで過ごしたのでした。
ある日の放課後、2人が一緒に下校していると、メグリが浮かない表情をしていたため、それが気になったトキヤは、メグリに何かあったのか聞きます。すると、メグリは儀式に関する資料を皆で調べた後、資料をそのまま出しっぱなしにしていたため、片付けをしなければならないことを思い出したから憂鬱になっていると答えます。メグリはトキヤに今日から片付けを始めるから手伝ってほしいとお願いし、トキヤは頷きむしろ自分だけでやるからメグリは休んでてと言いますが、メグリは少し不安そうな顔をします。トキヤは自分の整頓技術が信用されてないとショックを受けますが、メグリが心配していたのは別のことでした。単純に物量が多かったのです。トキヤは楽観的に考えていたと痛感しつつ、メグリを手伝いますが、片付けの最中に術の本を見て、メグリは術のことについて思っていたことがあったと言います。それは、当時「術」に誘導されていたメグリでしたが、それでもメグリは「刻廻の儀」抜きで、兄さんのことが好きになっていた、めぐり合せもあるけど、兄に対して想う気持ちは私だけのものだと言います。そして、トキヤも同じだと言い、2人はしばらくじゃれ合い、片付けを忘れてしまうのでした。
まだ片付けの途中だったことを思い出した2人は、片付けを再開しますが、今度は2人が赤ん坊の頃のアルバムを発見し、それを見ることに。自分たちのことなのにまったく覚えてないと言って自分たちが赤ん坊の頃の写真を楽しんだ後、両親の結婚式の写真も発見。母親が着ていたのは白無垢でしたが、メグリはウェディングドレスが着たいと希望を言うと、他の箱から母親が着ようと思っていたのかウェディングドレスが出てきました。トキヤはウェディングドレスを着たメグリと2人だけの結婚式をしてエッチまでしますが、それが終わると、メグリはトキヤのことを「兄さん」ではなく「あなた」と呼ぶのでした。

浅坂メグリ編「兄恋マイスター」 感想
まだ術のことについてメグリちゃんが思うところがあって少し真面目な話をするけど、基本的にはメグリちゃんとずっとイチャラブするお話。外へのデートを見ることは出来なかったけど、兄さんLOVEなメグリちゃんをずっと見られて満足でした(*´Д`*)b 兄に甘えられると「しょうがない」って感じで逆らえずにけれど嬉しそうに甘えさせるメグリちゃんが可愛い!立場的には姉っぽいですね、メグリちゃんはw
まぁずっとイチャラブしてるわけだけど、最後にウェディングドレス姿が見られたのは良かったかなー。兄妹モノだとちゃんとした結婚式が出来ないけど、こういう2人きりの結婚式とかやってくれると嬉しいですね。お嫁さんになるという夢は叶えてあげたい。ただまぁ、「あなた」ではなく「兄さん」のままが良いなと思ったけどw
Hシーンは2回。メグリちゃんはそれほど大きいというわけじゃないけど普通乳くらいはあるので、そこそこ期待してましたが、1回目が前戯2回で本番1回というのが納得いかなかったけど、フェ○はおっぱい見せてくれたし本番も騎乗位でおっぱい見せてくれたので満足です。2回目は本番Hが2度ありますが、バックのときにおっぱい見せててそれは良かったんですけど、正常位のときは主人公の腕が邪魔で片方のおっぱいが隠れてしまっていたのが残念でした。あと、前戯もフェ○だし・・・フェ○2回もいらないから(最初のは69だけど)、どっちかでパ○ズ○フェ○してほしかったかなー。

「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」のあらすじ・感想はこちら↓
遠嶋舞奈編】【世永青葉編】【水梨美也編】【白取叶編】【浅坂メグリ編】【相坂紗理奈編&姫宮結莉夏編

「叶とメグリとのその後がイチャらぶすぎてヤバい。」の公式サイトはこちらから↓
http://hulotte.jp/product/ichayaba/

「妹のおかげでモテすぎてヤバい。」の公式サイトはこちらから↓

『妹のおかげでモテすぎてヤバい。』

以上、メグリちゃんみたいなしっかり者の妹に叱られるのはご褒美だと思うダメダメお兄ちゃんでした(爆)

コメント

「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」 プレイ記録その20 新春!プラチナ宝くじ結果

2018年01月17日 12時00分00秒 | アイドルマスターシンデレラガールズ

1等が超豪華だったプラチナ宝くじの結果が発表されましたね(*'∇')

さて、私の結果はと言いますと・・・。

5等でした。・・・うーん、何とも微妙?w

5等だとこんな感じですね。

まぁSレアのスカチケが貰えただけでも良しとしますかw


そんなわけで、早速スカチケ使ってみました(*'∇')

気に入ってる子を優先して~って思ったら全部キュートになってしまったw 3枚目はとときんにしようと思ったんですけど、智絵里ちゃん持ってなかったなーって思って、智絵里ちゃんにしました。

キュートは、パッションのとときん、クールのフミフミのように、「この子だ!!」っていうくらい強く推せる子がいない分、好みな子が1番多いんですよね。

キュートで1番好きなのは、今回交換した榊原里美ちゃん。もう1つのSレアの方ならやり始めの頃に入手していたんですけど、妹属性持ちの甘えんぼさんなので好きですw 若干ぽっちゃり系ですけど。

決して、おっぱいで選んだわけではない(説得力なしw

里美ちゃんは、始めた頃からずっと使い続けてて、キュートの中では1番ファン人数が多いですね。この子より上だと、とときんと藍子ちゃんしかいませんし。ただ、ボイス無しなんでセンターにはしたことがないんですよね~。ボイスが付いてくれたらキュート編成のセンターに出来るんですけど・・・。尚、キュート編成のセンターはウサミンです(爆)


続いて、Sレア以上確定プラチナチケットガシャを使ってみました(*'∇')

・・・何とも微妙・・・w

でも、スカチケでスカウトしようと考えていた、とときんがこっちで来てくれたので、まぁ良しとしますw これでスターランクが上げられます(*´Д`*)b

まぁそんなわけで、宝くじは何とも言えない微妙な結果となりましたとさヽ(´ー`)ノ

コメント (2)

「あるいは恋という名の魔法」 セレアネーグ・クラウンふわふわあったか~いブランケット

2018年01月17日 00時00分00秒 | プロダクションぺんしる系

おもちそふとデビュー作「あるいは恋という名の魔法」よりセレアネーグ・クラウンちゃんのブランケットを買いました(*´Д`*)b

母性溢れるセレアちゃんのブランケットに包まれて、なでなでされたい(*´Д`*)(ぁ
セレアちゃんの母性は最高すぎますわ!w

それから、他にも3点買っています。

アクリルスタンドと缶バッジ2個ですね。
他のヒロインのもあったけど、自分はセレアちゃん一択なのでw

セレアちゃんは大好きなので、もっといっぱいグッズが欲しいですね~。特に抱き枕カバー化を願う!!

「あるいは恋という名の魔法」のあらすじ・感想はこちら↓
セレアネーグ・クラウン編】【リアンフェス・スケール編】【ファティシオン・スワロー編

「あるいは恋という名の魔法」の公式サイトはこちらから↓

なでなでよしよしなでなでいい子いい子、なでなでよしよしなでなでいい子いい子、なでなでよしよしなでなでいい子いい子、なでなでよしよしなでなでいい子いい子、なでなでよしよしなでなでいい子いい子、なでなでよしよしなでなでいい子いい子(エンドレス

コメント