経済を良くするって、どうすれば

経済政策と社会保障を考えるコラム


 *人は死せるがゆえに不合理、これを癒すは連帯の教え

アベノミクス・想定内の破綻

2014年06月29日 | 経済(主なもの)
 5月の家計調査について、ロイターの事前予想は、前年同月比の中央値が-2.0%、最小値でさえ-4.0%だったところ、一昨日の結果は-8.0%にもなった。誰も考えなかったほど大幅な「想定外」の落ち込みである。しかるに、財務相は公表後の記者会見で「想定内」。アベノミクスが危殆に瀕しても、泰然として国民を安んじようという配慮なのかもしれない。本田内閣参与は、実質賃金の低下を憂慮しておられるようだからね。

 さすがの日経も、昨日は「所得目減りが消費に重荷、物価高に賃金及ばず」として、もはや「想定内」の文字はない。本コラムは、先月の家計調査の公表の時、既に所得の低下に警鐘を鳴らしていたし、消費増税の幅が大き過ぎて春闘の賃上げでカバーできないことは、それ以前から繰り返し指摘してきた。起こって当然のことが現実化しているわけだが、アベノミクスの想定シナリオは、確か「増税を賃上げで乗り越える」ではなかったか。

………
 前年同月比だと、一般の方は読み取ることが難しいので、ここからは、季節調整済の実質指数で前月比を見ていこう。その結果は、ニッセイ研の斎藤太郎さんが6/27に指摘しているところだが、5月の低下により、家計調査の「除く住居等」は、駆け込み需要の反動以上の落ち込みとなった。同じ結果は小売販売額指数にも出ている。ここまで強烈に、消費増税の所得減の効果が表れるとは、悲観論の筆者も思っていなかったことで、世間的には、かなりの「想定外」のはずである。

 その所得の状況を、家計調査の勤労者世帯の実質実収入の指数で確認すると、5月は95.9と、4月より1.2ポイントの上昇となった。上昇と言っても、図を見れば分かるように、4月があまりにもひどかったので、これでも大震災時の2011年3月とほとんど変わらないレベルである。こうした動向の解釈だが、駆け込み需要の仕事が減って4月に落ちた収入が、5月に賃上げの浸透によって埋め合わされたということで、いかがだろうか。

 アベノミクスが頼りとする賃上げの力が、これで費やされてしまったとすると、見通しは厳しい。今回の賃上げは一時金が手厚かったので、6月の収入の伸びは期待できるものの、当然ながら、一時的なものになる。5月の実質実収入の95.9は、2013年度の各月平均の99.8から、まだ4ポイント近く差がある。これを埋められないと、消費は、収入に連動するので、反動減を抜けた後も、マイナス成長の水面下にとどまることになろう。

(図)


………
 収入と関係する雇用の状況も見ておく。同日公表の労働力調査では、失業率は低下したが、季節調整値の雇用者数は21万人増と、4月の27万人減を取り戻せなかった。また、職業紹介では、有効求人倍率は上昇したものの、先行指標の新規求人倍率は、季節調整値の求人数が1.5%減、求職数も1.5%減と、共に減る形で維持されている。求人倍率の歴史的な高さも、短時間労働者の求人が膨らませている点を割り引かねばならない。

 他方、国内消費がマイナス成長の危殆に瀕しているなら、外需はどうか。5月の貿易統計によれば、季節調整値の輸出は前月比-1.2%と、円安にもかかわらず停滞している。駆け込み需要の剥落で4、5月は輸入が減り、貿易赤字が縮小して、4-6月期のGDPを0.2ほど押し上げると思われるが、外需が牽引するとは、とても言えない状況だ。米国の景気は順調とされるが、1-3月期のGDPが大きく下方修正されており、足元の順調さは反動増に過ぎず、勢いが弱まっていく可能性もある。

………
 5月の家計調査の消費性向は、70.3%という異様に低い値になったため、反動減の回復過程で、勤労者世帯の実質消費支出は、5月の92.1から浮上して来ることは確実である。それでも、今のところ見込めるのは、実質実収入の95.9あたりまでだ。前年度のレベルに到達し、マイナスから脱するには、そこから更に4ポイントも実収入を上積みしなければ届かない。つまり、大量得点で形勢を逆転し、消費増税を突破するのは、極めて厳しい状況にあるということだ。

 W杯の日本は、残念ながら、FIFAランキングどおりの結果となった。英国、イタリア、スペインなどの強豪も敗退した難関への挑戦だったのだから、期待を裏切ったと言って恥ずることはない。他方、所得増以上の消費税を課せば、消費はマイナスになるという単純な道理を聞き入れず、「賃上げがある、外需もある」と言って期待を煽った者は、責任を感じなければなるまい。それとも、まだ一縷の望みはあると、上位進出を唱え続けるのだろうか。

(昨日の日経)
 携帯会社を端末変えずに変更。圏央道きょう開通。揺らぐ年金、世代格差鮮明。有効求人1.09倍・人手不足が好況で浮き彫り。中国・潜在成長率5%。国債発行2兆円減、税収回復。ホンダの輸出が消える日、ピークの6%。

(今日の日経)
 シェア首位5品目交代。日本もできるインテリジェンス・秋田浩之。マネーは再び新興国へ。終末期医療は3%・二木立。地球回覧・ボスニア。論壇・年金改革・土居丈朗。


※おまけ…日本の衰退
 A地区の平均所得は200万円、B地区は140万円というデータがあれば、確かに「地域間格差」は存在する。しかし、B地区の7割の所得が200万円で、3割が0円だったとしたら、問題の本質は、B地区の「無収入者の多さ」であり、地域間格差ではない。

 実は、年金の格差の問題も同じことで、支えるために別途お金を用意しないといけない「子供のない人」が、各世代にどの程度いるかで決まる。当然、効果的な解決方法は、制度いじりではなく、少子化の緩和となる。どうしても制度で解決したければ、「子供のない人」に給付しないほかない。あえて給付する程度が「損」の大きさになる。

 日経を始め、多くの損得勘定に長けた人たちが嵌り込んだのは、こういう迷宮である。そうした人たちに、厚労省のように「損得の問題ではない」と言っても聞いてもらえないし、「子供のない人の存在が本質」と言ったら、今度は、女性差別論者として誤解され、袋叩きに会いかねない。そうして、本質が分からないと、少子化対策より目先の財政再建が優先にされ、日本は縮小、衰退してゆくのである。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/27の日経 | トップ | 増税後の鉱工業生産の凶兆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。