経済を良くするって、どうすれば

経済政策と社会保障を考えるコラム


 *人は死せるがゆえに不合理、これを癒すは連帯の教え

変わらぬ意識と歴史の流れ

2011年12月30日 | 経済
 1年を振り返ってみると、このコラムも作風が少し変わったように思う。当初は、いろいろな話題を取り混ぜて書いていたが、財政運営を批判することが増えた。一番の要因は、震災に際して、稚拙さに我慢できなくなったことだ。筆者も、東北には特別の思いがある。何とかしたいという思いが、そうさせたのだ。

 筆者は近代史が好きで、「あの時、別の選択はなかったのか」と考えたりするのだが、時代状況を踏まえると、後世の人が「なんで、あんなバカなことを」というような選択も、なかなか他には取り得えなかったのだろうと思うことが多い。満州より英米貿易に利があったとしても、英霊の血で贖った土地を手放すことはできなかったのだ。

 今の日本は、「財政再建病」に取り憑かれている。2010年度は、財政破綻への不安から、14兆円もの度外れた緊縮財政を試み、後半に成長を失速させた。その後、日本は、震災で生産と輸出に大打撃を受け、救助と復旧に巨額の財政支出を要したが、経済はビクともしなかった。結果から言えば、2010年時点の不安は過大であり、緩やかに財政再建を進めておけば十分だったことになる。過激な緊縮は、経済のパフォーマンスを悪くしただけだった。

 しかし、歴史的結果が出てもなお、どれほどの人が、その事実に気づき、反省しただろうか。長年に渡って培われてきた、財政破綻への不安は、あまりに強固だ。むしろ、震災で借金が増したのだから、もっと過激な緊縮や増税が必要だという雰囲気だ。満州を死守するために、中国全体へと戦線を拡大していったように。

 よく「意識改革が必要」というようなことが言われる。筆者は、人の意識を変えることほど難しいものはないと思っている。意識が現実に合わなくなり、そのためにボロボロになってすら、まだ現実を認められない人を、たくさん見てきている。おそらく、国レベルであっても、同じことは言えるのではないか。

 昨日、民主党は、2014年4月に消費税を3%アップすることを決めた。2014年度の成長率が1.5%程度の常識的なものであったら、消費税1%は、GDP1%の約半分なので、成長の増加分をすべて税で吸い上げることになる。「増税しても消費は減らない」とする論者は別だろうが、筆者に言わせれば、ほとんど自殺行為である。

 もちろん、増税の一方で、社会保障を拡大するなどして、デフレ・インパクトを緩和することも考えられるが、財政再建のために増税しようというときに、歳出の拡大をしようとはならないものである。1997年のハシモト・デフレの失敗は、消費増税だけでなく、定率減税の廃止、公共事業の削減、社会保険の負担増も合わせてやったことである。消費増税を単独でしていたら、成功していたかもしれない。

 実際、昨日の党税調の議論でも、増税は行革が前提とされている。格差是正のために、高所得者の増税もすることになった。また、2014年には復興が一段落して公共事業が急減するし、年金の「払い過ぎ是正」のための減額は2014年度も行われる。おそらく、1997年と同じことが起こる。意識が変わらないのだから、同じことを繰り返すのである。たとえボロボロになっても、改まることはない。

 戦前の歴史では、「東郷外相が開戦閣議に反対して辞職していれば」などの歴史のイフが語られる。現実を分かった者がいたとしても、大多数の人の意識は変わらず、押し流されるようにして、国は破局へと向かっていく。戦前の歴史を見て、若い人は、理に適わない選択を、なぜ、当時の人がしてしまったのか、理解できないと思う。それは、我々が未来の日本人から受ける批判でもある。

(今日の日経)
 消費増税14年4月8%、15年10%で決着。給付控除は間に合わず給付金か。富裕層増税を明記・1600億円。相続税対象4%から6%へ。14年金融所得20%に戻し。景気条項の数値明記せず・財務省の意向反映。デンマーク・金融課税先行に反対。ヤマト・個配へ最短4時間。経済教室・人材育成・守島基博。

※2014年と想定して、年金債でなく交付国債にしたのか。※所要の措置だから、停止以外でもよいことにしてある。※意向を明記とは珍しい。※金融課税は課題の一つだ。

※日経にはなかったが、伊国債3年物は大きく金利が低下、10年物はわずか。調達量はまずまずだった。大幅な低下が3年物までというのは、やはり、ECBの金融緩和の成果だろう。裏返せば、緊縮財政は大して意味がないということ。こういう読みは、日本人の意識には、縁遠い話かもしれんがね。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12/29の日経 | トップ | 12/31の日経 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。