many books 参考文献

好きな本とかについて、ちょこちょこっと書く場所です。蔵書整理の見通しないまま、特にきっかけもなく08年12月ブログ開始。

やりすぎマンガ列伝

2017-04-29 18:37:31 | 読んだ本
南信長 2015年 角川書店
ちょっと前に、書店のサブカルコーナーみたいなとこで見つけて、オッと思って、目次サッと見たら、つい買っちゃった本。
著者のなまえは、前に『マンガの食卓』って本を読んだんで、おぼえてたわけなんだが。
目次の最初に「やりすぎスポーツマンガ」ってあって、そりゃあアレだよなって思ったやつが、その横いちばん最初にタイトル名挙げられてたんで。
こりゃあ時代的にもチョイス的にも一致するものあるだろうなと思ったのが、読んでみよっかって動機のひとつではある。
70年代の週刊少年マンガ誌、とくに後発の「ジャンプ」の持つ熱いというか「過剰で濃厚な世界」(p.15)が、やっぱすごかったんだろうと思う。
私はリアルタイムで読んでたものもあるんで、影響けっこう大きかったんぢゃないかという気がする。
出て来るマンガのなかには、なつかしいなー、でとどまらず、今でもできることなら何とかして全部そろえて読んでみたいと思うものもいくつかある。
もちろん読んだことないのもあるんだが、全部が全部、読んでみたいとまでは思えてこないのは、私がトシとったせいかも。
んー、でも、やっぱ読んだことなくて読んでみたいのは、『光る風』かなあ。
章立てと紹介されてるマンガは以下のとおり。
第1章 やりすぎスポーツマンガ
『アストロ球団』『侍ジャイアンツ』『リングにかけろ』『プロゴルファー猿』『赤いペガサス』『あぶさん』
第2章 やりすぎ学園マンガ
『ハレンチ学園』『硬派銀次郎』『男組』『エリート狂走曲』『東大一直線』『炎の転校生』
第3章 やりすぎアクション&SFマンガ
『ドーベルマン刑事』『スケバン刑事』『漂流教室』『サバイバル』『巨人獣(ザ・パラノイド)』
第4章 やりすぎ愛と性マンガ
『同棲時代』『愛と誠』『彩りのころ』『妻をめとらば』『やけっぱちのマリア』
第5章 やりすぎ社会派マンガ
『はだしのゲン』『光る風』『共犯幻想』『餓鬼』『アシュラ』
第6章 やりすぎ仕事マンガ
『課長島耕作』『宮本から君へ』『ナニワ金融道』『100億の男』『編集王』
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青い雨傘 | トップ | 火床より出でて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読んだ本」カテゴリの最新記事