石川洋子≪作家≫夢の途中 Yoko Ishikawa リニューアル中 

★☆北区つかこうへい劇団出身、リニューアルの途中?

BONES シーズン12で、本当に終わり??

2017-05-12 03:00:00 | BONES

 

 正直、これをラストまで見ると、シーズン13を作る気、満々だろうと思う。


 製作総指揮もFOX側から今回で最後にしてくれと言われただけだから、自分たちにとってのラストじゃないと言っている。


 ブレナン役のエミリー・ディシャネルが感動的なラストと言ってるけど、演じてる側にしたらそうなのかもしれないけど、見てる側はちょっと違う。

 普通、ラストの回で事件が解決する。


 ラストの回はその後片付けをしている。本来のラストは最終回の前の回っていうパターンがあるけど、どっちかというと、これは後者だものね。


 うまく言えないけど、凄く12年続けて素朴な終わり方したなって気がする。


 本当に予告通り、1年後には同じ、スタッフとメンバーで帰ってきそう。

 
 そんな期待を抱かせてくれた。



 でもどんどん先へ進みたいブース役のデヴィッド・ボレアナズはさっさと主演作に入ってしまった。

 とても変わった成り行きで、その新作ドラマは、本当は主演が決まっていた。

 すでに撮影にも入っていた。

 でも撮影が始まって、主演が、自分はこの役は違うと思った。製作者もそれに同意した。

 この相違の一致で、突然主演が消えてしまった。


 その消えた穴にデヴィッド・ボレアナズが入ったという成り行きだ。


 彼の役は何度も危険地帯にいっている特殊襲撃部隊のメンバ―を率いるリーダーのジェイソン、まじめでみんなから尊敬を受けている。

 タイトルはまだ未定らしい。

 でも局はCBS、ドラマ激戦区のCBS


 なんか超ポジティブシンキングの彼らしい電撃だけど、チャンスは逃がさないやり方が出てる。


 これだけ、前向きに生きたいもんだよなと思わせる。



 「ボーンズ」に話を戻せば、よほどシーズン10のラストの方が、ラストっぽかった。

 2人がラボとFBIを辞めて新たな発見の段階に入るという終ね。

 好きかと言えば、そうでもない。

 でも終わりって感じだった。


 シーズン12の大ファイナルエンディングの方がよほど、1日の終わりのようにさりげなさすぎる。

 また明日ねって感じだもの。


 テレビ放送してないせいか、そういうラストだったせいか、あまり寂しい感じ、はだから、残してないのよね。



 でもやっぱり複雑かぁ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海ドラが教える、鍵を使わな... | トップ | カフェオレの綺麗な思い出 »
最近の画像もっと見る

BONES」カテゴリの最新記事