午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

自然を語る、インタープリターカフェ開業。

2013年09月30日 23時23分23秒 | 日記
9月最終日は、久しぶりのノンビリ営業日。
薄曇りの暖かい午後の森に
車山から来られたお客さんは、
「暑いですね」と
ジャンバーを脱ぐ。

お客さんにも
コーヒー配達先の「たてしな自由農園」でも
話題は霧ヶ峰でのインタープリター養成講座。
霧ヶ峰の自然を少し熱く語る。

一昨日の土曜朝、
霧ヶ峰ではチェーンソーや草刈り機を持った多くの人がいた。
新聞によると諏訪市の呼びかけで170人が参加して
森林化防止に8.8ヘクタールの雑木処理をしたそうだ。
13年間でトータル79.7ヘクタール。
養成講座に一緒に参加した諏訪の方が、
「170人で8.8ヘクタールと聞くと、
3,000ヘクタールの霧ヶ峰を森林化から守り草原を維持するには
自然は余りにも大きい。」
と話していたのが印象に残る。

写真は、霧ヶ峰自然保護センター。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快晴続く霧ヶ峰、「インタープリター養成講座」終了する。

2013年09月29日 22時08分09秒 | 日記
「霧ヶ峰インタープリター養成講座」3日目。
今日も晴天。
八ヶ岳、南・中央・北アルプス、御嶽山の山岳展望に
3日続けて富士も姿を現す(写真)。

インタープリテーションプログラム作成法の講義後、
霧ヶ峰にある素材を二つ以上とりあげ、
10分間のインタープリテーションを実演する。

午後は、諏訪圏広域消防連合による
4時間の救急救命実習を受け、
霧ヶ峰インタープリターのまとめと修了証をいただく。

講座参加者の多くは、
霧ヶ峰の魅力を伝えたい地元の方。
顔なじみの車山・白樺湖のペンションオーナーも参加して
楽しい3日間を体験することができた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

薄雲一筆、グライダー舞う霧ヶ峰。

2013年09月28日 23時56分26秒 | 日記
「霧ヶ峰インタープリター養成講座」2日目。
今日も晴天。
グライダー舞う秋晴れの霧ヶ峰(写真)で
霧ヶ峰インタープリテーション理論、
インタープリテーションプログラム作成法、
霧ヶ峰エコツーリズム計画
の講義を受ける。
そして、霧ヶ峰にある素材を二つとりあげ、
10分間のインタープリテーションを実演する。

冷え込む霧ヶ峰では、
ストーブで暖まりながら授業を受ける。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霧ヶ峰インタープリター養成講座初日。

2013年09月27日 23時54分10秒 | 日記
「霧ヶ峰インタープリター養成講座」3日間コースに参加する。
インタープリターは、
「自然の声なき声を人の言葉に翻訳し、
自然解説にかたよらず、
自分が伝えたい自然の素晴らしさを伝え、
自然に接することによる心の安らぎを与える」。

14人の生徒が、
午前は講義、
午後は霧ヶ峰にある素材を一つとりあげ、
5分間のインタープリテーションを実演する。

「カフェ 午後の森」は、
奥さんに任せて好きなことをやらせてもらった一日。
夕方、蓼科東急に焼き菓子を納品し、
リッター94円に値下がりした灯油を買い、
塩壺の湯に浸かり温まる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新鮮に冷え込む、蓼科の森。

2013年09月26日 23時40分08秒 | 日記
朝、窓を全開し店内に新鮮な冷気を入れ、
10℃の冷え込みにオープン時には窓を閉める。
さすがにアイスコーヒーのオーダーは無くなり、
濃い目の「午後3時の森コーヒー」の
オーダーが多い。

夕方、蓼科東急リゾートにコーヒーを納品する。
気温8℃の冷え込みに暖房を入れて走る。
写真は、八ヶ岳文化園のガマの穂。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加