午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

松本のクラフトフェアをちょっと訪ねる。

2017年05月28日 23時23分03秒 | 日記
予約の天然酵母パンを朝に焼き、
朝一番で来店の名古屋の大学の先生が
蓼科土産にコーヒーと一緒にお持ち帰りになる。

松本のクラフトフェアを訪れるお客さんが多く、
一度見ておこうと午後に松本・あがたの森公園に車を走らす。
陶磁器、木工・漆、染織・フェルト、ガラス、金属、皮革、
フード・飲料などリストを数えると278のショップが出展。
快晴、爽やかな緑の公園に作家とクラフト作品が並び、
大勢の来場者が作品を見ながら作家と会話を交わす。
昨年の来場者は57,000人、
今日も会場内はゆっくりとしか歩けない混雑状態でした。

昨夜9時頃、車を出し大門街道を下ると、
1台、2台、1台・・・と自転車が上って来る。
全員、上着に反射ベルトを両脇に下げゆっくりと登って来た。
大学の自転車部の訓練のようだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こずみやま(小泉山)山開きに参加する。

2017年05月27日 23時55分50秒 | 日記
茅野市内にある「こずみやま、小泉山(1069.8m)」の山開きに
家の奥さんが所属するオカリナサークルが参加し演奏しました(写真)。
登山口から30分の気持ち良い雑木林の山道歩きを楽しみ、
満員の山頂で地元中学のブラバンや小学生や諏訪東京理科大の発表を聞く。
小泉山は、地域の人々が守り育てている里山。
登山口はどの地域からも登れるように9カ所もあり、
植物観察会やオオムラサキの保護活動が行われている。

夜来の雨が朝にはドピーカンとなる土曜日。
渓流の音を聞き、森の風にくすぐられるウッドデッキは、
女性に人気の指定席となる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓼科池に雨上がりの雲置く八ヶ岳。

2017年05月26日 23時56分55秒 | 日記
パラッと時折小雨降る
肌寒い金曜日。

予約の天然酵母パンを焼き、
コーヒーを焙煎し、
開店の朝を迎える。

名古屋から来た方、
栃木から来た方、
雨中のドライブの話を聞く。

名古屋のお客さんからは、
商圏の中心が栄から名古屋駅前に移りつつある状況を聞き、
栃木のお客さんからは、
明日訪れる松本で開催のクラフトフェア―について聞く。

夕方、東急リゾートにパンとコーヒーを配達し、
原村の自由農園にコーヒーを届ける。
写真は、八ヶ岳山麓に出現した田んぼ蓼科池。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨に咲くオダマキ、ワスレナグサを見、苗植わる雨上がりの田んぼに出会う。

2017年05月25日 23時51分20秒 | 日記
朝からの雨で肌寒い一日。
お客さんとお客さんの合間に
コーヒーの袋詰めをし、
焙煎機の調整をし、
雨の中に咲く
オダマキ、スズラン、ワスレナグサ、白と黄のヤマブキ、
ニリンソウ、キングサリを見る。

写真は、雨上がりの夕方、買い物途中で出会った
田植えが済んだ蓼科田んぼ風景。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

午後の森看板製作の後は、映画看板に誘われる。

2017年05月24日 23時55分37秒 | 日記
降りそうな曇りの朝、
昼前に小雨となる。

今日も終日、
雨を避けながら看板製作をし、
夕方、茅野市内の自家焙煎店を訪ね、
情報交換する。
その後、岡谷スカラ座で映画「追憶」を見る。
岡田准一は見ていて安心でき、安定感ある存在感を醸し出してき、
小栗旬の抑えた演技も良かった。
監督は、松本出身の降旗康雄。
撮影は、岡田准一次回作の時代劇でメガホンを取る木村大作。

少し接点を持たさせていただいた与謝野馨さんが亡くなられた、
ご冥福をお祈りします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加