都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



田口邸
所在地:中央区八重洲1-4
構造・階数:木3
2007年頃に解体
Photo 1997.5.13

 前方は洋風下見板の2階建て看板建築。後方にトタン張りの3階が増築されていて、物干台もあり、横から見ると面白いバランス。家屋の周囲にはたくさんの植木鉢が並べられ、意外に緑もたくさん。

 通り側の全面がガラスの引き戸になっていたので、なんらかのお店だったのだろう。しかしこの時点で既に店としては使われておらず、植木鉢がびっしり並んで、通り側から入ることもできなくなっていた。このとき住宅としてはまだ使われていたらしい。

 2006年初頭にはまだ存在していたが、その後、周辺と合わせて一体的に建て替えが行われ、11階建ての新しい建物(東京建物八重洲ビル)が2011年11月に完成した。建て替えに際して写真右側の東京建物第5八重洲ビルも解体されたのだが、まさかそちらまでもが建て替えられるとは思わなかったので、写真は撮らずじまいになってしまった。

東京建物東京建物八重洲ビル
Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 中央区


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 中央区立第二... ねのひ寮 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。