自然はともだち ひともすき

おもいつくままきのむくままの 絵&文

優しい自然

2018年08月08日 | 写真と文
Nさんから頂いた写真で、私の中の長年のハテナがひとつ今頃になって解消しました。

絵描き仲間とスケッチ旅行に行ったとき、Pちゃんとドライブを楽しんだとき
何度も見かけたけれど正体は不明、
いつも消化不良のまま立ち消えになる不思議風景がこれ ↓



    田園の中に散らばる無数の物体は何?   
   「宇宙人の置き土産かも」
   「何のため?」
   「多分中にはぎっしり卵が産み付けてある!」




  
  (近寄ってみれば)           (積み重ねて(ウィキペディア))

勿論こんなに近くから見られるわけはなかったのですけれど            
誰か聞いていたら可笑しかったでしょうね
それほどの博識家が一人もいなかったということで…(>_<)




ロールベーラーでまとめられた干し草
家畜の飼料として、草を刈り取って乾燥させたもの。
冬、新鮮な牧草が不足した時に、牛や馬などの飼料として用いられる。
刈り取ってから数日間天日干しして日持ちを良くさせることにより飼料を備蓄し
乾燥した後、長方形又は円筒形(ロール)に梱包して、倉庫などに積み重ねて保管する。】
                              (ウィキペディアより)




誰もいない自然の風景を求めて、自然と対話できたらと願ったころ
風の音、水の流れ,木々の葉擦れを聞きながらときを忘れていたころ
描くことを道連れに、ただ一心に前方を見ることしか知らなかったころ~~  

今、自然はともだちか、神か魔神か?
ときに発するのは人類の驕りへの厳しい警告か?
あとしばらくは友達というより
畏敬する大々先輩くらいでいてくださいと勝手に思い込んでいるのですが。





危険な時代

2018年07月29日 | ひとりごと


あらァ 今日も朝からギンギラギン!
寝苦しい一夜が明けて、昨日と変わりない朝を迎えて
まぶしい戸外を覗くとき、被災地の方々に聞こえないようこっそりと愚痴ります。

 


   昔、昔、あるところに。
   クーラーはもちろん、扇風機さえ無かった貧しい国がありました!!

   夕方、日が沈むのを待ちかねて大人も子供も団扇片手に戸外へと涼を求め
   足元の蚊を払いつつ,着せてもらった浴衣の柄など見せ合いっこしたり。

   いつしか時がたち夜も更けてくると
   一人減り二人減り おしゃべりの輪は崩れて
   部屋いっぱい涼し気に吊るされた蚊帳の中へ
   家族と、どうかしたら幼馴染までが一緒にいるその中がまた楽しそう~

      (ΦωΦ\ココハドコ? アタシハダアレ?




テレビもスマホも、ゲームもイヤホーンもイメージさえ浮かばないころでしたが。
滑稽ね。年寄りのたわごとと、一言で笑い捨てることが何故か出来ません。

冷房は止めたら危険。
ときには40度近くまで上昇する熱風、
これほど環境を変えてまで、人間は何を目指そうとしているのでしようか。

未だかつて経験したことのない暑さに向かって
どうやら危険な道程を歩いているらしい日本、いえ地球全体?
災害は今回も当地をうまくすり抜けて行ってくれたようですが
「危険」の淵を歩いていることに変わりはない、との思い
熱く正してくださる人はいませんか?

バラード(終活3.続き)

2018年07月16日 | 写真と文


大阪の地震に驚いている間もなく天変地異は矢継ぎ早に二の矢三の矢と。
幸い、と言っていていいのかどうか分からないけれど
自分の周辺に限ればこともなく過ぎているこの間にも身辺整理は粛々と(>_<)


当時か細い心血を、それなり懸命に注いだ筈の画布の上に
思い悩んだ末カッターを当てたとき、案じたほど心の乱れが無かったのは、
被災された人たちの生々しい現状を報道で目にしたせいがあったかもしれません。


あの想像さえできない恐ろしい災害が
自分の身には降りかかることがないと誰が断言できるでしょう?
この絵たちを巡って生きた数十年の悲喜こもごもを懐かしむとき
無事に今日の日を迎えることが出来たのは、本当に有難く。
 

ボランティア半分お手伝いしてくださる人を頼んで
懸案の絵の置き場整理、お陰様で大半が済みました(@^^)/
ほんとに、ほんとに捨てるのですかと何度も念を押し確かめてから
それなら拾わせてもらいます、と真顔でおっしゃったNさん
廃材と化したひと群れをも丁寧に処理して下さいました!


     



何をするにも、なんと申しても、もう自力では出来なくなってしまったことに
代わるがわる襲われていた哀感とか諦観とかはすっかり影を潜めて
いえもう一段強力になったらしい自然への畏怖の前では
まことにあっかり、のほほん、が一番と思いいたるまで達観?したらしい昨今でございます。

(終活その3)感謝です

2018年06月24日 | ひとりごと


30数年前家を新築した時に一番こだわった本床のついた座敷は
訪れる人の無いのをいいことに、今や物置と化しています。

続きの和室は寝室として、広いリビングは日中を過ごす仕事場として使い続け
ダイニングキチンやユーテリティはリフォームを済ませて明るく快適になったのに
お座敷だけは昔の儘なのでここへ来るとタイムリミットしたような気になります。

その座敷の一隅に積まれたのがクローゼットに収まりきらずいつか山積みされた絵の数々
それが今や私の終活の一番の悩みの種となってしまったなんて、どういうこと?


振り返れば、辛いけどそれなりの充実した日々を紡いだのでは?
考えるほどにまるで掌に宝玉を包み込んで愛でるようにいとしく艶やかに
幸せなこととして思い出されてきました。

一部はお嫁のEちゃんがお店の壁面に飾って客ともども楽しんでいるらしい
二人の孫の未来のお嫁ちゃんが絵を愛する人だったらいいけどなぁ・・・

集大成とは至らずささやかな結果ではあったとしても悔いはなく
描きためた絵は充分にその役目を果たしてくれたのだと考えが改まりました.。
今度こそ
終活その核の部分、愛情と感謝をこめて作品整理の実行です(*^^*)

水無月の献立

2018年06月07日 | 写真と文
 鱧葛打ちと新ジュンサイ
   
 白南風の海幸四種盛り
 
 手作り富山の名産・朝からご馳走

美術品と料理で有名な川沿いのリゾートホテルへ息子夫婦と行ってきました。
献立表は「白南風の海幸を」「芒種の逸品」「泉殿の強肴」「紫水の旨味」「入梅の予甘」その他…
「芒種」という季語にはちょっと頭をひねり
二十四節気のひとつ6月の初めころだったかとようやく思い出して一安心。

献立表もなかなかのものだけど、器がまた素晴らしい
鱧のお吸い物の椀蓋にアジサイ模様が美しく、爽やかな季節がより身近になりました。
ジャグジーやエステで忙しい若いひとたちをあまり羨むでもなく
美術品や画集などへの興味より
ソファに埋もれて川向こうの新緑の山並みを見惚れるいっときは最高でした。

二人から贈られたケーキと花束
あとにも先にもないような朝からのご馳走攻め
至る所での至高のサービスに夢心地の二日間でしたが
実は始まりも不思議だったのです。

エントランスの高い壁面を見上げたとき(えっ…以前来たことがある!?)
初めてなのだから、いつか似たような場所へでも行ったことがあるのでしょうか
それがどこだったかどうしても思い浮かびません。
不思議な既視感? 狐に包まれたような気分で夢の二日間は始まったのでした。

記憶に自信がない・・・  とうとうここまで来たか、って(◞‸◟)
 

懐旧

2018年05月27日 | ひとりごと
  


「一日30品目」 この聞きなれた健康フレーズが最近変わったの知っていますか
これは×です!
何故ってそれを続けたら太るに決まっているそうで、ほんとは15品目で結構なんですと。
え、え? マジかよ! と太った若者は叫びましたよ。



きのうまで口汚くののしりあっていたのが今日は手の裏返してお互いを褒めたたえ
でもやっぱり信じられなかった、と
世界の注目を集めた首脳会談はあっけなく幕引きとなり…と思ったら
いえいえお次は手を変えすり寄ってみる、
これも恋の、じゃない外交上の駆け引きなんですって。 

廃棄したはずの日報や議事録が次々と出てくるので、いったいどんな顔で対応するのかと
周りはハラハラドキドキ見ているのに,当のご本人はしゃぁしゃぁと受け流すその見事さ!
消えていった昔の言葉でこんなのを「鉄面皮」と表現しましたっけ。
 
セクハラを認めぬまま辞任した知事や官僚や
選手に罪をかぶせて頬かぶりの監督さんなどが絶え間なく社会面を賑わしていますが
偉い人たちのウソの上塗りがこのまま通るとしたら…
正直が一番と信じる単細胞人間には、実に不思議で不誠実に見えただ呆れるばかり。



自分も「一日30品目」を苦労して実行していたころがありまして<`ヘ´>
くたびれて途中放棄したら4キロ体重減少(^^♪
時代とともに常識や言語の持つ意味も移り変わる、のは当たり前…かもしれませんが
~80余年、
この先にまだ何が待ち受けているのでしょう? 

見果てぬユメ

2018年04月27日 | カット画



ビスタのサポートがなくなってからかなりの間ほったらかしの私のPC.
毎回現れる赤い×印の警告にも脅かされようやく買い替えを決心しました。
自他とも認めるメガ音痴としてはすべて他人任せとなるので、その煩雑さを思うと
実行に移すまでは、人知れず勇気を奮い立たせて。

これ以上画像は増えないのだからノートパソコンに変えてスッキリさせよう
そしたら蛇のごとく絡み合った周辺のコードともお別れできるし
ついでにコピー機やカメラやどこででも楽しめるタブレットなども・・・・
などなど考えるだけで自分では実行できないのが癪の種。



それから3か月。

今目の前には消えるはずのデッカイ本体が二個並び、
キーボードもマウスも二個ずつに増え
旧態依然のデッカイモニターに古いコピー機が相変わらずでんと鎮座し
周辺のコード類は以前に倍増しごちゃごちゃのたくってどれがどれだか?

不思議なことにこの状況にはすぐ慣れました。
あの赤い×印が出なくなって心配の種は無くなったんだからもういいや。
一旦お任せしたからにはと、お薦めされてそれほど抵抗なく受け入れたのは
よほど自信が無かったのでございますねきっと(#^^#)

ただここで思いついたんですよ。
安心してしまったら、それきりでしょ

今度は誰にも相談せず、ベッドに持ち込むタブレットをひとつgetしようかなぁ
せめてキーボードマウスともワイヤレスに替えようかなぁ…

いつ実現きるか分からないけど (^-^;

さくら陰翳

2018年04月05日 | 写真と文
 
 


 雪に埋もれた真冬の光景もまだ覚めやらぬうち、春とそれから夏もいっしょくたにやってきて
 その間を駆け抜けてゆこうとする今年のさくら。

 朝刊に連載されている“とやまの桜2018”に「神通川さくら堤」の絶景が載っていました。
 きのうPちゃんといっしょに通ってきたばかりです
 やや翳りはじめた空に、抑えたうすいぴんくの花の群れが醸し出す雰囲気は
 ぴったり私のために用意されていたのかも ○○(^-^)oイエイ♪ 

 花の下では言葉を失い胸はいっぱい
 その分余韻をこの後もたくさん楽しめそうです。 


 同じ神通川の峡谷を真下に眺める宿、桜と雪景色が評判のM荘に
 Pちゃんとふたり一泊したのも桜の散る頃でした。
 あれからもう何年経つかしら

 M荘の部屋から窓越しに散り急ぐ花吹雪や見降ろす川の花筏に
 湧き続ける感動を抑えきれなくて、どうしたらいいか分からなくて、身をよじっていたっけ。

 店じまいしたいのだけど客の要望で止むに止まれず細々と続けていると
 老齢の女将からの手紙だったけど、今も営業はされているでしょうか?


 そのころは
 モデルのPちゃんの美しい眉間にしわを描き加えたり、口尻をへの字に下げてみたり
 「一番辛かったことを思い浮かべて」と無理に注文してみたり。
 そのPちゃんが今も時々私を引っ張り出してくれるのだから
 次に機会があったらゼッタイチョー美人に描かなくてはね。


 今年見た桜は、甘いも辛いもそっと包み込んだように柔らかく翳っていました。
 同じ桜なのに湧いてくる思いは年々変わる、
 はっきりそうと知ったのが進歩だったらいいんですけど。

 

深まる闇!?

2018年03月18日 | カット画
   

すっかりおなじみになってしまった国有地問題。
日を経るうち疑惑の霧は晴れて行くどころか
次々湧いてくる新たな疑問に「深まる闇」という表現がぴったりの昨今です。
週刊誌記事のサブタイトルそのままだけど。


驚き嘆き呆れながらも連日飽きず眺めていて
今までのところ一番すんなり身内に納まったのが
すべての根源は「首相夫妻」にあるという誰かの言葉だったのは情けない。


国民の税金がどのように使われているのか
この重大事件に皆の関心が集まるのは当然ながら、中には
知らないタレントが知らない語彙を使って
我れ勝ちに複数同時におまけに面白半分
賑やかに飛び交っているテレビ番組もあり 

これはちょっとしたカオスの世界です。


耐えきれず思わずスイッチを切ってしまいました
この乏しい聴力では頭を抱えて無音の中でうずくまるしかありません
耳の中にある分不相応の宝石も対応しきれずハレーションを起こすらしい


今日も朝刊が待ち遠しいナ~
老眼鏡に虫眼鏡持参で待ち構えています。

翔んで翔んで夢の中

2018年03月11日 | 絵と文
 


今日は朝からご機嫌でしたよ。
ウソみたいに高い建物のてっぺんから飛び降りてふわり地上に降り立つたときの快さ
何時までたっても消えないこの浮き立つような思いが、夢の続きだなんてとても想像できっこない!

どんな高所から飛び降りても
地上に降り立つ寸前にふわっと体が浮き上がりカッコよく立てる
これは自分の特技だと思いこんだのはいつごろからだったでしょう?


  ♪ 子供の頃よく遊んだふるさとの海の突堤から
    夕暮れの百貨店の屋上から
    誰もいない砂漠に立つ城壁から
    何処とも知れぬ切り立った崖の上から

不意に跳び下りてしまいシマッタと後悔するのも一瞬で
気持ち好く着地してニッコリできるのはいつものこと
数え切れないほど同じ夢をみるうち夢と現実の境が分からなくなって
というより夢と自覚したことなど一度もないまま私の中に住みついてしまったもの。
何故かあの羽のように軽やかな感覚だけは疑いようもなくしっかり覚えこんでいるのだもの。



ほんのわずかな段差でふらついて
そのときようやく現実の境に目覚めはしたのだけど。 w(☆o◎)w

光とその陰

2018年02月27日 | ひとりごと


オリンピックに挑戦した戦士たちが凱旋しました。
極限までの厳しく辛かっただろう日常を乗り越えこの日を迎え
メダルを取れた人、あと一歩だった人
どの人たちも心から褒め称えてあげたい
尊敬・賞讃・敬愛ごちゃ混ぜにシャワーのようにかけてあげたい♡

これほど胸キュンの想いが長く鮮やかに今もなお続いているのは久しぶりです。
一喜一憂わくわくしながらテレビの前に張り付いて胸踊らせてはいたものの
何故か間をおかず冷めてゆくのが今まででしたから。

思い返すとスポーツに心の奥深く揺さぶられた事は自分にはあまりなかったような気がするし
むしろ日に10回くらいは感動していつも疲れてぼんやりしていたような気もするし。
でも心も体も反応が鈍くなってから、
ただただ頭の上を通り過ぎてゆくのではなく
はっきりと刻み付くことが出来たのは幸いでした!

栄光に輝くメダリストたちの溌剌さの奥に
驚くほど深く磨きぬかれた人格を垣間見ました
尋常でない努力と苦しみに耐え抜いた果てに
自然と身についたいぶし銀のように見えました。

そしてその陰に隠れた何千何万倍の挫折、
涙で生み出される記録があって
涙で消えていく人生があって
それが果てしなく繰り返される世界が見えたんです!

私、その端っこの世界を生きている一員といってもいいのでは? !(^^)!

二月の窓

2018年02月04日 | 絵と文
      
       「春の雪」6号痲紙岩彩・加工

何度目かの「今季最強の寒波」が近付いてきました。
二月きさらぎと聞けば何んとなく春の匂いが漂うような柔らかな感じとともに
厳寒の季節に立ち向かう怖れが入り混じって、血圧は頻繁に上がったり下がったり。



  家々のおろした屋根雪は固まって、どの道も石積み階段状。
  ニ階の窓から出入りして恐る恐る雪道を登校したこと
  折れ曲がってしまう履き古しの長靴では
  どんな注意も甲斐なくつるつる滑って転んで雪まみれ。

  雪の運動場を裸足で行進させられた戦中時代があり
  人海戦術で雪将軍に立ち向かい、子供たちの通る道を確保した戦後もあり



そして、あの
粉雪の舞い狂う夜空や窓辺に貼りつく雪片を眺め、ただ
心を震わせて美しくも哀しく感じとっていた時代がありました。
雪にまつわる思い出は限りもなく湧いてきます。

粉雪の舞う窓際で、痺れるような情感に浸ったのはそう遠くもないのに
今は遥か昔としのびつつ穏やかな凪の世界に無心でいられる自分を発見すると
これはいい老後を歩いているのかなぁ~なんて自覚してしまいます(#^.^#)

夢世界

2018年01月13日 | 絵と文
    

夜中の二時です。

お正月休みの或る夜のこと。
我慢は限界になりようやく暖かい布団の中から抜け出しました。
探し当てたガウンになんとか袖を通し、ふらふら手探りで寒い室外へと戸を開けたら。

え~っ? これは?
いつもひっそりのもの淋しい暗闇の一画が… 

汗ばむほどのぽかぽか陽気
大から小までの照明という照明は全開されて煌々とまぶしく
大きな黒い食卓の上は平面やら立体やら前方後円やら円錐形やら呼び方も知らない機器が占め
白い床の上はまた足の踏み場に困るほど思い思いにコードがのたくっています。

何だか宇宙船のAI基地みたい
「○○…、○○…。 今度は×××の主題歌を頼みますよ」
机の向こうから息子の顔がひょっこり覗いたと思ったら
円錐形に向かって話しかけ、答える女声は柔らかで会話も楽しそうです。

あれ?彼いつから宇宙人になったんでしょうね
でも、ちょっとこのムード音楽あまりこの場にふさわしくないんじゃない?
寝ぼけ眼にもつれた頭の回線は少しずつ繋がってきたようでしたが
「早くトイレに行っておいでよ」息子がニコニコして私に言い。

そんな様を見ていたらしい孫たちの笑い顔を思い浮かべると
「化石人のお出ましだぁ」って書いてあったような気がしてくるんですよゥ
ったく ・゜゜(>_<)゜゜・




夜中の2時です。
今はウソのようにひっそりと、暗闇に沈んでいる無人の世界です。

ミルク売りの少年

2017年12月28日 | 絵と文


爆弾低気圧、などと聞くとやや漫画チックでおどけた雰囲気ばかり思い浮かんでしまうのは
やっぱりマンガには背を向けてちっとも時代に即応しようとしないせいかしら?

その爆弾低気圧がいよいよこれから猛威を振るおうかという不気味なしずけさに包まれた夜遅く
突然チャイムが鳴って、だれ?少し身構えながら玄関に出てみました

細めに空けた戸の外には小柄なひとりの少年が済まなそうに立っています。
さし出した小さなビニールの袋に、飲み物の小瓶が五つ六つ
試食の製品持参して売り込みの人、とは分かりましたが。

ペコンと頭を下げたきり伏し目がち、ときどき訴えかけるような視線が何かあどけない。
あの、私は飲まないのですけど、
寒さに震えながら答える私も何故か遠慮勝ち。

はい。
と少年は両手を脇におろして行儀よく一礼し、
帰ろうとして今度は門扉の開け閉めにガチャガチャやっています
冷たい雪の降りしきる中濡れた手指の白さが可哀そうで
いいんですよそのままで、と思わず声をかけたら
はい。
ともう1度起立の姿勢で一礼したあと、雪の夜道を駆けだしてゆきました。

知能に少し遅れがあるらしい
素直そうな少年、というだけで面影さえもおぼろです
でもあの子、何か事情があって自分の意思で動いているのだろうか、それとも…
あの様子では、暖かい布団にくるまれて安らかになれるのは何時になるだろう?

クリスマスは過ぎていましたが
ふっとマッチ売りの少女の話が頭に浮かび・・・

あれこれと勝手に想像しそんなに気になるくらいなら、黙ってビニール袋を受け取ればよかったのに。
と気づいて苦笑してしまったのは1時間もあとのことでした。

霜の朝

2017年12月16日 | 色紙
【霜の朝】




いちめん散り敷いた落ち葉を覆う

霜の下から透けて見える名残りの色