大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

湯島天神で有意義な休日を過ごしました。

2021年04月13日 | 日記

休日でも股関節の痛みで熱海行きが叶わず、精々近所の散歩程度で過ごしています。10日の土曜日も湯島天神参道前に在る有名な鳥料理店・鳥つねまで何とか歩いて(途中2回ほど休み)久し振りに名物の親子丼をランチで頂き、更に足を伸ばして湯島天神境内に入りました。従来、湯島天神は上野・御徒町方面への行き来で境内を通過するだけでしたが、この日は何と一時間以上ベンチに座り、青い空と梅の新緑を楽しんでいました。日差しを浴び、梅の木でたわむれるスズメ達の声を聞いていると、コロナで蔓延する閉塞感も股関節痛も無くなっているようで気持ちが晴れます。池の側では湯島天神で結婚式を挙げた新郎新婦の撮影風景も目にしました。何か久し振りに有意義な休日を過ごした様です。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

ビジュアル版「日本史1000人」を利用しています。

2021年04月12日 | BOOK

何時購入したかは忘れてしまいましたが、写真の世界文化社から出版されている「日本史1000人」を良く見ています(読んでいます)。映画やテレビドラマ、ニュース等に出てくる人々の事を調べるのに重宝しています。昔は人を調べるには人名辞典でしたが、年齢を取ったからこそ、ビジュアルで紹介し活字も大きいこの本を重宝しているのです。因みに私の持つ「日本史1000人」は下巻ですが未入手ながら上巻もあるのですが、人を調べる頻度を予想して下巻から購入した次第でした。そして良書であることを理解して「それでは上巻も購入しようか!」と思って調べたところ、何と「世界史1000人」なる本も上・下巻で出版されている事が判明です。それだったら先ずは「世界史1000人」の下巻でしょうと、早速注文して届いたのが写真4枚目です。これを少し楽しんだ後に「日本史1000人」「世界史1000人」の各上巻も購入しようと思っていますが・・・時間のある時にこの様な本のページを捲るのは、私の少しばかり回転の鈍ったCPU(中央処理装置)と、所々抜けてしまったHD(ハードディスク)にも刺激になりそうです。もう小さな字は駄目なのですから。

ビジュアル版 日本史1000人・上巻 2640円
ビジュアル版 日本史1000人・下巻 2640円
ビジュアル版 世界史1000人・上巻 2640円
ビジュアル版 世界史1000人・下巻 2640円
出版社=世界文化社

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

ワイズ前の三幸学園施設に沢山の女性が・・・・。

2021年04月11日 | 日記

数日前の事ですがワイズ2階の事務所で仕事をしていると、何なのか若い女性の声が騒がしく感じました。徐に2階の窓を開け眼下の道路を見ると・・・・そこには若い女性が沢山なんですね。どうも2列に並んだ列がワイズ前に在る三幸学園に入るところだった様ですが、列は折り返しまで出来ていて、その数は100人以上だったのではと思います。そうなんですね・・・4月は入学シーズンで専門学校の三幸学園に入学する女性達の様なんですね。因みにワイズが現在の本郷に移転してきたのは2003年でしたが、その時は前の三幸学園校舎は医療福祉の専門学校でした。その後ビューティーアート系になり、通信高校になり、パティシエ系の専門学校になって、今はどの様な形態で校舎を使用しているかは分かりませんが、若い女性に人気のある何らかの専門学校の入学関連行事だったのではと思います。因みに三幸学園の拠点はもともと本郷ですが、ワイズ移転後にも本郷に大きな学校ビルを何棟か新設し、更に従来在った出版関係社屋の何棟かも買収して専門学校に生まれ変わらせています。今、最も伸びている専門学校ではと思うのは職員数4000人、生徒数約38000人と言う数字でも分かりますが、その全貌に興味のある方は下記ホームページにアクセスして見て下さい。驚きますよ。※写真には三幸学園の2階ガラス窓に映るワイズミニビルがありますがこの前にも列が出来ていました。

学校法人 三幸学園
https://www.sanko.ac.jp

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 

 

コメント

フリーフォント1100が収録されて2,436円(税別)でした。

2021年04月10日 | BOOK

皆さん、フォントって知っていますか?正解はパソコンに表示したり、紙に印刷したりするための書体データのことです。ワイズでは写真集やカタログなどの各種印刷物やワイズニュースなどを制作するのに幾つかのフォントをパソコンに入れています。お聞きになった事があると思いますが、ヒラギノ明朝、ヒラギノ角ゴ、小塚ゴシックなどがそれです。例えばワイズニュースを制作する時もメインの文章はゴシック系、見出しは明朝系などのフォントと使い分けています。制作中に何か変わったフォントが欲しくなったりすることもありますが、有名なフォントはかなり高価だったりで、つい持ち合わせのフォントで済ませてしまいます。ところが先日ネットで「デザインの現場で役立つ フリーフォントセレクション1100」と言う書籍(?)を発見です。これは無料で使える欧文、和文、アジアンフォントが1100書体以上収録されていて、添付のDVDでパソコンにインストールできるそうなんです。そして即「ポチッ」として届いたのが写真で・・・・ページを捲ると全ては使えないでしょうが使えそうなフォントもかなり在りそうなのですね。因みにこのフォントブックですが2,436円(税別)ととても廉価なので興味ある方は是非ご入手下さい。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 

 

コメント

カメラ総合相場表なる昔の資料には今でも感嘆です。

2021年04月09日 | カメラ機材

ワイズクリエイトを設立したのが1999年ですから、その数年後にある業界関係者から「古物商の免許もとったのだから参考資料として使って」と写真のカメラ総合相場表なる冊子を頂きました。これはあるカメラ販売会社が日本で流通している全てのカメラとレンズの定価と中古相場(買い取り)をまとめたもので毎年2回発行されていたのもです。ブランド毎に整理された製品の数は130ページにも及びますが、各製品名〜定価〜一番手〜普通〜二番手〜三番手の順に記載されています。因みに一番手とは新品同様製品かそれに準ずる製品で、普通はある程度のキズやスレがある製品、二番手はキズ、スレ等が目立ち始めた製品、三番手がキズ、スレ等の多い製品だそうです。因みに三番手になると定価の10%の価格になります。この資料を頂いた方からは「中古品を買う場合は殆どが二番手、三番手ですよ」ともアドバイスされました。まあワイズでは中古品の買い取りはしていませんが委託販売品としてお預かりした製品の値付け等に利用させて頂いたのを覚えています。今でも思うのですがこの資料をまとめた人の知識と努力には感嘆してしまいます。現在は発行元も無くなってしまい発行休止状態のようですが・・・・何方かチャレンジしてみますか?

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

美味しい干物が食べたいときは湯島・丸赤で。

2021年04月08日 | グルメ

今は股関節の痛みで数ヶ月間も出漁していませんが、元気ならば「なんちゃって漁師」を名乗る私は、魚の味に関しては少しばかりうるさいのですよ。ですからスーパーなどで販売されている刺身などはあまり買う事はありません。さらに干物類なども気に入ったお店のものを買うか自分で作るかです(暫く自家製干物を作ってないな・・・)。そんな事で干物を購入する場合は、熱海の釜鶴ひもの店、東京だと湯島の丸赤がお気に入りの店となります。新型コロナウイルスの影響で思い通りに熱海行きも叶わないので、美味しい干物が食べたいと思う今日この頃は湯島・丸赤で調達しています。昭和21人創業の丸赤の干物は、鮮度にこだわり刺身でも食べられる魚、素材本来の旨味を引き出す絶妙な塩加減と熟練の技で仕上げるそうで、私がどんなに作ろうとしても作れない干物です。ただし拘りをもって作っているだけに値段は少し張るようで写真2枚目でも分かる様にアジの干物1枚で800〜900円位、シャケ1切れも1,000円以上となります。ただ、お得と思う商品は昔ながらのめざしで、これなら家計にも優しく庶民的です。つい先日も美味しい干物が食べたいと思い、股関節で歩くのが難儀の私は家内に丸赤の干物をリクエストして写真3枚目の干物類を購入してきてもらいました(店と店内写真も家内撮影です)。これで美味しい干物が食べられそうです・・・・楽しみ。(ニシンの昆布巻きもメチャクチャ美味しいですよ)

丸赤 湯島本店
東京都文京区湯島3-39-9
03-3831-5701

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

写真集出版について取材を受けた写真業界紙が送られて来ました。

2021年04月07日 | 日記

先日、ワイズクリエイトから出版した杉山順子さんの写真集「花木深」について、更に今後の写真集出版への取り組みについて、写真業界紙・写真速報社より取材申込がありました。写真速報社の発行する週刊・写真速報は今の様にインターネットが普及してニュース配信が早くなった時代から遡ること、約50年前から紙媒体に拘り発行している業界紙です。これまでにも何回となく取材を受けていましたが、今回は約2年振りの取材申込でした。取材時間は30〜40分ほどでしたが昨日完成したばかりの写真速報が送られて来ました。やはりメイン記事は富士フイルムの古森会長の勇退から始まり富士フイルム社の組織抜本改革、ニコン社のニコンサロン年度賞・組織変更、パナソニックCEO就任などのお堅い記事に続き、私が話した「何故に今、写真集出版を勧めているのか」と柔らかな記事が続いていました。興味のある方はワイズにご来店時にお見せしますのでリクエストして下さいね。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

ワイズから春日通りの裏道を歩く散策路は超楽しいですよ。

2021年04月06日 | 東京散策

今日のブログはワイズから上野・御徒町方面に行く道の事を書きたいと思います。分かり易くて早いのは春日通りを歩くのが一番なのですが、本郷3丁目から御徒町までの春日通りは歩道も狭く、走行車両も多いので歩いていても楽しくありません。そこで私は春日通りと平行し湯島天神に繋がる南側の小径を歩く様にしています。湯島天神までは住宅やマンションはもちろんですが、小学校、公園、古物商店舗、老舗天ぷら屋などが在って、更にこの道には道を覆う程の桜、梅などの緑が沢山あり歩いていて飽きる事がありません。写真1枚目は直近のスナップですが2枚目はつい先日のサクラが満開になった時のものです。また3枚目の写真は湯島小学校前の新花公園のスナップですが現在チューリップが満開となっています。そしてこの場所の花は湯島小学校の課外授業とリンクしているのでしょうか(?)校内で育てた花の苗をこの場所に定期的に植え替えていて一年中、道行く人を楽しませてくれます。因みにワイズに来るお客さんの中にはこの道を歩くのが楽しみと言う人もいます。皆さん、ワイズに来店された後には是非この道を通って湯島天神までを散策してみて下さい。お薦めしますよ。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント (2)

本郷で名古屋の定番・味噌煮込みうどんを食べる。

2021年04月05日 | グルメ

丸ノ内線・本郷3丁目駅からワイズクリエイトまでは本郷通りと春日通りを利用する最短距離で徒歩6分程ですが、余裕のある時などはわざと脇道を歩く事があります。そんな脇道利用時の路地に「味噌煮込罠(みそにこみん)」と言う店が在ります。昼時にこの店の前を通るといつも列が出来ていて人気店の様なのですが・・・・列に並ぶのが苦手な私は今まで一度も利用したことがありません。ところが先日この前を通ると列が無いのですね。こんな時は「入っちゃえ!」と即入店でした。この店は自家製麺・八丁味噌を使用した味噌煮込みうどんの専門店なんですね。何でも名古屋発の名古屋めしの定番味噌煮込みうどんを東京で食べられるお店として人気だそうです。ランチタイムにはスタンダードな味噌煮込みうどんの他に頭にキムチ、イタリアン、インディアンが付いた四種類の味噌煮込みうどんがメニューとしてありました。先ずは普通の味噌煮込みうどんでしょうとオーダーして出来上がって来たのが写真3枚目です。写真2枚目の能書きを見ると、うどんは普通塩水で打ちますが真水で打つこと、味噌は愛知・岡崎産の八丁味噌をブレンドしていること、水はπウオーター浄水器を使っている事などが書かれています。そしていざ実食となりますが、先ずは半熟の玉子を器に散りこれを溶いてうどんと一緒に食べるそうなのですが・・・・食べ慣れない八丁味噌の味とえらく腰のあるうどんの食感が何とも言えません。ただ八丁味噌に慣れていない私の様な東京人がこれを連続して食べるのはちょっとと思いましたが、これを絶妙に調和させるのが同時に出されたご飯と漬け物です。うどんを3〜4口食べてからご飯を一口食べる事を繰り返すと・・・・完食でした。何故か東京・本郷で名古屋の味を食べた事に感激してしまったランチとなりました。

味噌煮込罠 (みそにこみん)
東京都文京区本郷3-31-15 菅谷ビル
03-3812-2286

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

散歩ブック「北斎さんぽ 江戸の名所を巡る」を頂きました。

2021年04月04日 | BOOK

「本屋さんで木戸さんの興味のありそうな本を見付けたので買って来ました。プレゼントしますよ。」と、先日あるお客さんが来店されました。頂いたのは「北斎さんぽ 江戸の名所を巡る」と言う日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎が描いた作品の土地や地域を訪ね歩く東京の散歩ブックでした。コロナウイルスの影響で催行休止中ですが「歌川広重・江戸百景撮影会」を主催している事を知っていてのプレゼントでした。歌川広重関連の書籍は5〜6冊あるのですが葛飾北斎関連書籍は乏しいので本当に嬉しいプレゼントでした。そして暫しページを見つめますが・・・・もしかしたら北斎撮影会も有りかなとの思いが湧いてきます。ワイズニュース等に「北斎」の文字を見付けたらこの本の影響と思って下さいね。

北斎さんぽ 江戸の名所を巡る
著者=片山喜康
出版社=青幻舎
出版日=2021年2月21日
ISBN=978-4861528330
定価=2,200円(税込)

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 

 

コメント

残念ながら閉店ラッシュのいきなりステーキ。

2021年04月03日 | グルメ

私のiPhoneにはいきなりステーキのアプリがインストールされています。店に行った時にアプリの中にあるカードを表示してサービスを受けたり、食べた重量によるポイント加算などもこのアプリで行います。昨年までは1〜2ヶ月に一度の割合でいきなりステーキを利用していたのですが・・・今年は未だ1回しか利用していません。そして先日のニュースで業績不振により、かなりの店舗を閉店することを知りました。念のために何処が閉店するのかをアプリの近くのお店一覧を見たところ、ワイズオフィスから0.62kmの湯島店・閉店予定、0.82kmの水道橋店・閉店予定、1.36kmの秋葉原万世橋店・休業、1.98kmの神田南口店・閉店予定と表示されました。これはワイズオフィスから行けそうな7店舗のうち4店舗が閉店や休業となることです。この閉店数の多さにも驚きましたが、半径2キロ内に7店舗も在ったことも追加の驚きです。毎日食べる事の無いステーキ店が狭いエリアにこんなにあると商圏内で食い合いになる事は分かりそうなのですが・・・。銀座に1号店がオープンしてからの破竹の勢いで全国に商圏無視で出店してしまったツケと肉のクオリティ低下による寂しい現実の現れなのですかね。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

富士フイルムHD、古森CEOが6月に退任するそうです。

2021年04月02日 | 日記

3月31日の夜の経済ニュースを見ていたら「富士フイルムHD、古森CEOが6月に退任」と言う衝撃的なニュースが流れました。まあ写真業界に身を置く人間として衝撃的と言う言葉を使いましたがニュース全体としては扱いが短かったので、翌日のウェブニュースなどで詳細を確認しました。内容は「富士フイルムホールディングは31日、約21年にわたって経営を率い、事業構造の転換を進めた古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)(81)が最高顧問に退くと発表した。」と言うものでした。もちろん後任の社長兼CEOと代表権のある会長兼取締役会議長も発表され、6月の定時株主総会後の取締役会で正式決定するそうです。古森氏は退任理由として「私自身がやるべきことはほぼ成し遂げた」としています。古森氏は従来の写真フィルムを中心とした事業構造から医療機器や事務機器事業への変革を豪腕を持って進めた実績が高く評価されています。因みに15年ほど前になりますが、私も名刺交換をさせて頂いた事があるのですがその存在感に圧倒された事を覚えています。6月以降、富士フイルムは何らかの変化があるでしょうね。因みに古森氏は最高顧問となるそうです。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント (1)

今日から商品・サービスの総額表示が義務化されます。

2021年04月01日 | 日記

時間が経つのは早いものですねよね。今日から新年度ですよ。そして今日4月1日から変わるものの一つに商品の総額表示があります。これは全ての課税事業者に対して商品・サービスの総額表示が義務化されるものです。ワイズでも商品価格の後に「税別」などと表示していましたが、今後は税込価格を表示しなければなりません。そんな訳で3月末には商品、委託品などのプライスカードを全て作り直し(写真1枚目)、ホームページ上の価格も全て表示訂正しました(写真2枚目)。ただ問題は書籍なんですね。今でも売れ行き好調の「大判カメラマニュアル」は出版の2008年には消費税5%で、2014年に8%になり、2019年には10%になりました。出版時の表示は「本体2,857円 税別」だったので2回変わった消費税率にも対応出来たのですが、これが当時も税込価格表示だったら、税率が変わる度に修正シール等で対処しなければならなかったのですが・・・・その問題が今回の総額表示になって持ち上がってきました。ワイズで出版している書籍は他にもありますのでこれをどうするかです。在庫本全ての1冊1冊に修正シールなどを貼る余力も時間もありません。ただ日本書籍出版協会、日本雑誌協会による総額表示義務化へのガイドラインとして「総額表示への移行は新刊、増刷、常備寄託品の入れ替えなど、可能なものから各社が実施するとして、市中在庫の回収や返品、店頭での差し替え対応などは必要ないとしている」としていますので・・・・。頭が痛い問題です。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

東大・龍岡門奥の桜見物で春を満喫。

2021年03月31日 | 日記

3月27日の土曜日に股関節痛の足を引きずりながら再度、東京大学構内の桜見物に出掛けてきました。前回は夜桜見物でしたが今回は晴天下の桜見物でした。前回も満開に近いと思っていましたが今回こそ満開状態と修正です。時折吹く春の風にのって花びらが舞い上がります・・・・。この桜を見物するには東大龍岡門から入構するのですが・・・・実は龍岡門の左側門には写真4枚目のように「東大関係者以外の無断入構を禁止する」や「新型コロナウイルスの感染予防の観点から関係者以外の入構を禁止します」などのメッセージボードと共に守衛さんが立番して入構を制限しています。ところが右側の門は自由に出入り出来るのです。これは右側門の延長には東大病院が在って、通院者はこの右側門を利用するからでもあります。私もこの右側門を抜け東大病院との間にあるローソン(4枚目の写真右奥に写っています)のオープンエリアスペースで温かなコーヒーを飲みながら桜見物をしていたのでした。時折風に舞って桜の花びらがコーヒーカップを置いているテーブル上にも飛んできます。コロナの非常事態宣言で極力外出自粛を心掛けていましたが・・・いつの間にか春本番になっているのですね。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント

日本橋の老舗鰻屋「近三」の鰻弁当を頂きました。

2021年03月30日 | 撮影

先週末の閉店間際にあるお客さんが写真の鰻弁当を差し入れをしてくれました。これは鰻を大好物にしている私にとっては最高のプレゼントです。頂いた時から鰻の香りが漂っているのですが、手に持った時にこの鰻弁当は温かいのですよ。早速包装紙を解き蓋を開けるとドーンと焼きたての鰻がお出ましです。「頂きま〜す」と早速口の運ぶと柔らかな鰻の食感と絶妙にタレが染みこんだご飯が口の中で踊る様です。そして食べながら徐に箸袋に視線を移すと「うなぎ 近三」の文字が・・・・あれっ、何処かで聞いた名前だぞと考え古くなったCPUをフル回転させ出て来た答えは・・・そう、あのサッカー解説者の松木安太郎さんの実家の鰻屋さんではと言う事でした。店名の「近三」を「きんさん」読むこの鰻屋さんは明治2年創業の日本橋にある老舗中の老舗で、何時か食べに行きたと思っていた鰻屋さんでもあったのでした。事務所に居ながらにして、長年の夢が叶うし、美味しいし、で最高のプレゼントを頂くことになりました。本当にありがとうございました。そしてご馳走様でした。

花木深
杉山順子
ワイズクリエイト
 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト 
大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
 
コメント