大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

中・深海用のロッドもゲットです。あとは出漁するだけなんですが・・・・。

2019年03月21日 | なんちゃって漁師

今年になって仕事が忙しくて一度も出漁していない「なんちゃって漁師」ですが、そんな中でも中・深海釣り用の電動リールをゲットしてしまった事をこのブログで書きました。その続きでこの電動リール用のロッドが届きました。それはズバリ中・深海用ロッドなんです。普通のロッドと中・深海用のロッドの違いなんですが、一言で言えばかなり重たいおもりを付けて釣ることが出来ることなのですね。300〜400mも深い場所に仕掛けを落とす訳なので、大なり小なりの潮の流れの影響があってかなり重たいおもりを付ける事になります。因み今までキンメやノドグロを釣った時でも200号のおもりを付けていました。おもりは1号=3.75gなので200号だと750gにもなります。ですから電動リールもロッドもかなり強力なものを揃える必要があるのですね。今回導入のロッドは100〜300号用で、釣り対象魚はタラ・ホッケ・ヤナギノマイ・ソイ・アキアジ・青物・オニカサゴ・アカムツ・ライトキンメが対象になっています。前の方の魚は関係ありませんが、まさしく後の方の魚を熱海の海で狙うロッドなんですね。「東京下町界隈 カメラ散歩」が納本され関係者や広告出稿社、注文を頂いた方々への出荷も完了したので・・・・出漁出来そうなのですが・・・・ただ書籍営業やマミヤカメラクラブ会報誌の制作もあるので、あくまでも希望的観測なんですかね。。

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

吉村和敏さんから新刊書籍の「吉村和敏 写真集 Du CANADA」が届く。

2019年03月20日 | BOOK

写真家の吉村和敏さんから新刊書籍の「吉村和敏 写真集 Du CANADA」をお送り頂きました。今回の写真集は日経ナショナルジオグラフィック社からの発行で発売が日経BPマーケティングという組み合わせで、羨ましいくらいの布陣です。A4サイズの横判ハードカバーのページを捲ると「これこそが吉村和敏ワールド」と言う写真が目に飛び込んできます。透き通った空気の中にこれでもか、これでもかと言う雄大なカナダの風景が眩しく感じます。書籍紹介の中に「冬から春、夏、秋、そしてまた冬へ 季節をめぐり広大な大陸を渡るような気分で、ページをめくっていけば、見たことはないが、どこか懐かしい自然を楽しみ、ゆったりした時間を生きている人々と出会えるはず。気がつけば、世界から愛される国カナダが、なぜそんなふうに愛されるのか、そのわけを感じてもらえるだろう。」ともあります。書籍はAmazonでも購入可能です。皆さんも是非手に取ってじっくりご覧頂きカナダ旅行をお楽しみください。

吉村和敏 写真集 Du CANADA
出版社: 日経ナショナルジオグラフィック社
ISBN-13: 978-4863134171
定価:3200円(税別) 

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

「東京下町界隈 カメラ散歩」早速の訂正表が必要になってしまいました。

2019年03月19日 | BOOK

「東京下町界隈 カメラ散歩」が納本されて4日経ちましたが、書籍作りの難しさを改めて感じてしまう事象が発生してしまいした。それは校正ミスによる文章表示の間違いでした。巻末の「知って得するカメラと撮影の知識」の第3章(1)(2)(3)(4)の文章が第1章の(1)(2)(3)(4)と同じになってしまった事でした。まあ文章は途中で途切れて「詳しくは動画で」となるので、これに伴うQRコードまで間違ってなかった事がせめてもの救いなのですが・・・・反省しかありません。早速対処として昨日から写真の「お詫びと訂正」を作り本に挟み込む様にしました。因みにこの原因ですが、先ず私がラフ原稿とラフレイアウトを作り、次のフィニッシュワークに進みます。更にこの原稿を私が再チェックし、校正者が再再チェックすると言う手筈だったのですが、フィニッシュワーク時にデザインを改良し、この時にテキストのコピー&ペーストで間違ってしまったのが原因と考えられます。もちろん、この後の私の再チェックが完全に出来ていれば問題無かったのですが、何せ1ヶ月以上休まないで遅くまで作業をしていた時期で・・・・漏れてしまったのでした。またその後の校正段階でも、悪いことは続いて・・・・。「東京下町界隈 カメラ散歩」を購入される皆様方には不便をお掛けしてしまいます。本当にゴメンナサイ!そして「知って得するカメラと撮影の知識」を担当頂いた浜田寿さん、申し訳ありませんでした。やっぱり本作りって難しいですね。

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト

 

コメント

新刊書籍を地下2階へ移動です。働く高齢者頑張ります。

2019年03月18日 | 日記

金曜日(15日)に新刊書籍「東京下町界隈 カメラ散歩」が約5000冊も納品されワイズ1階フロアは書籍の詰まった段ボール箱だらけとなってしまいました。金曜中に予約注文を頂いた方々や関係者に発送を終えても、段ボール箱の嵩張りはあまり変わらない状態です。そして土曜日はアルバイト2人を頼み、総勢4人で段ボール箱を1階〜地下Ⅰ階〜地下2階の順序で移動させました。土曜日はワイズ周辺はとても静かになり電話も鳴らないので仕事がはかどると思っていたのですが・・・・・実は金曜日の納品車ドライバーが「腰を悪くしてしまって・・・」との事で、トラックから1階フロアへの荷下ろし半数近くを私が手伝ってしまって、腰がパンパン状態のまま今回の地下2階への移動作業です。こうなると体力に自信のある高齢者でもかなり厳しい作業となってしまったのです。30分も作業をすると「ハア、ハア、ハア」となってしまい、休憩タイムを頻繁にとってしまいました。それでもアルバイト2名がかなり頑張ってくれたので、何とか夕方までに書籍移動作業が終了し写真4枚目のように何時ものワイズ1階に戻りました。作業終了後は2日間肉体労働をした高齢者と、頑張ってくれたアルバイト、スタッフの慰労と言う事で神田・きくかわまでタクシーを飛ばして、うな重と鰻の肝焼きを奮発です。これで少しは体力回復できるかな・・・?キーボード打つ腕と手が震えます。 

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント (3)

大注目の「動物園写真の撮り方 マスターブック」。是非お求め下さい。

2019年03月17日 | BOOK

旧知の写真家・山崎正路さんが「動物園写真の撮り方 マスターブック」を出版されました。山崎正路さんはワイズクリエイトの創業時期に、相当数のスナップ撮影会の指導講師を担当頂いていました。またワイズが受注する商品撮影もかなりお願いして、その実力は相当なものだと確信している写真家でもあります。そんな山崎正路さんが出版する動物園写真の撮り方なのですから「半端無い内容」と思ってページを捲ると・・・・期待を裏切りませんよね。流石に年間200日も動物園に通う写真家だけに、これでもか、これでもか、と撮影のノウハウを惜しげも無く披露してくれています。この内容で定価1200円は出版元のフォトコンでお馴染みの日本写真企画社も「エライ」とエールを送ってしまいます。動物写真に興味のある方は是非お求め下さい。私も自信を持って推薦致しますし、久しぶりに内容のある写真関連書籍を見た気がします。

動物園写真の撮り方 マスターブック 
著者:山崎正路
出版社:日本写真企画
出版日:2019年3月6日
価格:1200円(税別) 

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

東京下町界隈 カメラ散歩が納本されました。

2019年03月16日 | BOOK

昨日とうとう「東京下町界隈 カメラ散歩」が納本されました。第一回目で納本されたのは約5,000冊で、ある程度の大きさ(嵩張り)を予想していたのですが・・・・。写真を見て下さい・・・・ワイズ(ミニ)ビル1階フロアは本が詰まった段ボール箱だらけになってしまいました。昨日中に関係者、予約購入申込者に発送しましたが、今日はアルバイトを頼んでいますので、地下2階の機械室兼倉庫にこれらを降ろさなければなりません。腰痛が再発するかもしれませんが・・・・頑張りますよ!ブログ読者の皆さん、本買って下さいね。(納本したトラックの運転手さんが腰を痛めたとのことで、トラックからワイズまで半分は私が運びました。)

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

竹内敏信さんの写真展 「日本の桜」が今日から始まります。

2019年03月15日 | 写真展

写真家の竹内敏信さんの事務所・TA photo&sound officeより、六本木のフジフイルムスクエアで今日から開催される「竹内敏信写真展 日本の桜」の案内が届きました。竹内敏信さんと初めて仕事をしたのは、もう何十年も前に山中湖の東大演習林で撮影会を開催した時でした(かなり昔です)。その後、大活躍され日本を代表する風景写真家になったことは説明するまでありませんよね。今回の写真展は竹内敏信さんが今までに発刊した桜の写真集「櫻」「櫻暦」「山櫻」「一本櫻百本」より自身が厳選した作品に加え、未発表の桜写真を一同に展示するもので、同時に写真集「日本の桜」も出版いたします(会場で購入可)。多くのお弟子さんを持つ竹内敏信さんだけに会期中には、トークイベント「竹内一門 おおいに師匠を語る」やアシスタント時代の裏話を披露するギャラリートークも開催されます。これからの季節、各地で桜開花の情報が飛び交うようになると思いますが一足早い「お花見」をフジフイルムスクエアで楽しんでみては如何でしょうか?

竹内敏信写真展 日本の桜
2019年3月15日〜4月3日
フジフイルムスクエア
東京都港区赤坂9-7-3
トークイベント「竹内一門 おおいに師匠を語る」
3月21日 14:30〜16:00
ゲスト 古市智之、佐々木啓太、井村淳、清水哲朗、秦達夫、阿南一夫、種清豊
ギャラリートーク
16日 井村淳、17日 工藤智道、23日 古市智之、24日 秦達夫、31日 福田健太郎

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

久しぶりに「しゃぶしゃぶ食べ放題」に入店。

2019年03月14日 | グルメ

今日のブログは少しくだけたお話です。先日熱海から昼過ぎの新幹線に乗り東京に戻ってきました。東京駅について「腹が減ったからランチにするか!」と幾つかのレストランを廻ったのですがどこも満杯です。かなり歩いて見付けたのが「しゃぶしゃぶ食べ放題」のお店でした。「よ〜し、久しぶりに食べ放題にチャレンジするか!」と元気な高齢者です。年齢をとってもステーキ等は1ポンドくらいは食べてしまう高齢者なので、しゃぶしゃぶならばかなり食べられそう・・・・との思いでした。食べ放題の時間は90分で料金3千数百円とのことで、最初に牛肉と豚肉、野菜盛りが運ばれてきて「スタート」でした。価格が価格だけに牛肉は輸入肉ですが、匂いも無くそこそこ食べられるレベルです。30分ほどで早くも牛肉のお代わりをオーダーしましたが野菜が効いてかペースがかなりスローです(当たり前ですよね)。そして経過時間60分くらいで3皿目の牛肉をオーダーしたのですが・・・・正直、1〜2皿目の牛肉の質より落ちた肉が運ばれて来たのですよ。こう言うのって嫌ですよね。以前も、あるお寿司屋さんでトロをオーダーする事、3回目で質が落ちた事があってがっかりしたことがあったのですが・・・。「食べ放題」を唱うのであれば最初から最後までクオリティは同じにして、落としてはいけませんよね。それにしても良く食べる高齢者でしたが、若い頃ならば5〜6皿はいけそうでしたが。

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

外国人向けに手のひら翻訳機を導入です。

2019年03月13日 | カメラ機材

昨日のブログにも書きましたが何処へ行っても外国人が目立ちます。上野東照宮でも2/3は外国人だったのではと思います。またランチを食べたお店でも隣に6名の中国人観光客、少し離れたテーブルに韓国からの観光客3名が座っていました。ワイズクリエイトにもたまに外国からのお客さんが来店します。先日、中国・広東省から来店したグループには、一人日本語を話せる方がいて何とか対応出来ましたが、まるっきり対応出来ない場合があります(こんな時はゼスチャーですね)。これから2020年の東京オリンピックも近づき更に外国からのお客さんが予想されます。そんな訳で今回これに対応する秘密兵器を導入しました。その秘密兵器の名前は「Easy Talk」と言う翻訳機なのです。スマホ大の大きさのボディにモニターと青・赤ボタンが付いているだけのシンプル設計で、164カ国の言語から翻訳したい言語を選び、青ボタンを押しながら日本語で話すだけで数秒で翻訳してくれます。かなり長い言葉も翻訳できるそうで、その性能を確かめ、慣れながら本番を迎えたいと思います。それにしても便利なモノがどんどん世の中に出て来ますね。これらに対してアンテナを張っていないと、どんどん浦島太郎になってしまいそうですよね。

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

上野東照宮の文化財に興奮でした。

2019年03月12日 | 日記

暖かだった日曜日、なまった体に鞭を入れて目標1万歩の散歩に出かけました。目的地は「上野のお山」です。空いていたら何処か博物館・美術館でも・・・・と思っていたのですが、どこも人が一杯なのですね。既に寒桜も6〜7部咲きで花見を楽しんでいる人も多いようです。動物園も超満員の様子で、眼下の不忍池でも沢山のボートが気持ち良さそう動いています。そんな人出の中を歩いていると気付く事は、聞こえてくるのは中国語、韓国語、英語、分からない言葉と外国語がかなり多い事です。列に並んだり、人の多いところが苦手な私の足は自然と人の少ない方向に向きます。そして思い出したように「あっそうだ、上野東照宮に行こう!」となりました。上野東照宮は1627年創建の上野公園内に鎮座する神社で徳川家康公(東照大権現)を神様としてお祀りする神社なのですが、何年も前に訪れた時は改修中で中には入れませんでした(工事は2009〜2013年)。上野のお山の中では訪れる人も少ないエリアながら、それでも日本人より外国人の参拝者が多く目立ちます。初めて500円の拝観料で透塀内を見学しましたが、いや〜っ凄いですね。大改修で装飾や彫刻の美しさが蘇った東照宮の文化財をこんなに近くで見られる事に興奮気味です。残念ながら社殿の中は見ることが出来ませんでしたが充実の一日となりました。因みにこの日の歩数は1万歩を少しオーバーして目標クリアでした。

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

創業からのお客さん志村暢三さんがギャラリー開設。

2019年03月11日 | 写真展

ワイズクリエイトの創業時からのお客さんの一人、山梨県富士川町在住の志村暢三さんが「写真の最終目標」と言われる写真ギャラリーを3月1日から富士川町内の自社施設内に開設しました。名称は「ギャラリー邑」で初回の作品展は二科会写真部元理事の佐藤ちえ子さんの「PHOTO 琳派」展が始まっています。そして5月12日から26日迄は志村暢三さんご自身の中国勝景・世界風景遺産を中心に9回に及ぶ撮影行の作品展も開催予定だそうです。同地近郊にお住まいの方、また撮影で同地周辺を訪れる予定のある方は是非お立ち寄り下さい。

佐藤ちえ子フォトアート展
「PHOTO琳派 」 
3月1日〜31日
ギャラリー邑
山梨県南巨摩郡富士川町青柳677
0556-22-3571 

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

福田健太郎さんの写真展「平成・桜・福島」にお邪魔しました。

2019年03月10日 | 写真展

3月8日より始まった写真家・福田健太郎さんの写真展「平成 桜 福島」ですが、8日のオープニングパーティに出席出来なかったので一日遅れの昨日に行って来ました。会場で久しぶりに福田健太郎さんとお会いしてお話しましたが、日焼けしたお顔と長身の姿、お話振りが今最も旬の写真家であることを窺えました。今回の写真展は震災後の福島の桜と地元の人々を福田健太郎さんの感性で切りとったものですが、観ているだけで桜を通して人の優しさ、人の強さを感じるものでした。写真展は13日(水)までですが、その後も大阪会場でも開催しますので関西の方々も是非お運び下さい。因みに福田健太郎さんも大阪会場にアテンドされるそうです。写真展会場を後にしましたが、昨日のあまりの暖かさに誘われて新宿御苑まで足を伸ばしてみました。新宿御苑は前日、カルロス・ゴーン被告が散歩を楽しんだとのニュースがありましたが、そんな影響とは思いませんが入場券売り場にも長い列が出来るほどの人出となっていました。芝生の上にレジャーシートを敷いてランチを楽しむ方がかなりおいでで、その上空を満開の梅の木から花がときたまヒラヒラと舞い上がり春を演出していました。本当に穏やかな春の一日でした。

福田健太郎 写真展「平成・桜・福島」
オリンパスギャラリー東京
2019年3月8日(金)~ 3月13日(水)
ギャラリートーク3/9 14:00〜15:00
オリンパスギャラリー大阪
2019年3月22日(金)~ 3月28日(木) 
ギャラリートーク3/23 (1)12:30~
13;30 (2)15:30〜16:30

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

今度はマミヤカメラクラブ会報誌用の撮影です。

2019年03月09日 | カメラ機材

いや~っ、新刊書籍の入稿も終わり今週末の納本を待つだけと思っていましたが、色々やることはあって相変わらずの状態です。何がそんなに?と思われるでしょうが、一昨日はワイズニュース4月号を作って発送作業まで頑張りました。また昨日は、時間が経つのは早いですよね・・・・・・もうマミヤカメラクラブ会報誌の制作に入らなければならなくて、取りあえず「大判カメラのすすめ」コーナー2ページ分の撮影とテキスト作りでした。今回の題材は身近なカップヌードルを被写体に選び、これの撮影方法を解説しました。10カットちかくをインスタントフィルムで撮影しましたが写真のカップヌードルの外観の違いやカメラポジションの違いなどを見て下さい(順不同ですがわかりますか?)。これらの作例写真を使って文章とイラストを作るのですが、近頃キーボードの打ち間違えが多くなって・・・・トホホ。次はメイン特集のインタビューやらユーザーを訪ねてなどを一つ一つ手配してこなさなければなりません。もちろんその間に新刊書籍が上がって関係者や注文を頂いた方々への発送業務、カメラ店等への在庫のお願いなどの営業業務も残されています。そんな中、ひとつ嬉しい事は約1ヶ月前にオーダーしてあった中深海用のロッドが今日届くことですかね。ただ、いつになったら「なんちゃって漁師」としてゆっくり出漁出来るのやら・・・・・です。

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

スマホを使った自転車シェアリングに登録完了。でも未だ乗れない。

2019年03月08日 | 日記

ワイズが在るのは本郷3丁目で、丁度本郷台地の上にあたるエリアなのですね。かなり交通の便も良く台地を下りれば上野・御徒町やお茶の水、水道橋方面にも簡単に行く事が出来ます。以前それらの比較的近いエリアに行くために折り畳みの自転車を導入したことがありました。事務所を出て「エイヤ〜」とばかりに道を下って、早く目的地にたどり着くことが出来たのです。ただ問題は「帰り」なのですね。「下る」という事は、戻るには「上る」事が必要になるのは当たり前です。目的を達成したり、買い物が終わったあとのこの「上って帰る」のがかなり辛かったのですよ。1年も経たないうちに自転車を諦めましたが、その時「電動アシスト自転車ならば違っただろうな?」と思っていたのですが・・・・。ここ1〜2年ですがワイズの近くに幾つもの自転車シェアリング(レンタルサイクル)のスポットが出来ました。そしてよくこのレンタルサイクルを乗り回している人も目にするようになりました。「ふ〜ん、便利そうだけど本郷台地の上り下りは大変そうだな!」と思っていたのですが・・・そのレンタルサイクルを見ると全部が電動アシスト付きなんですね。正直、電動アシスト自転車は一度も乗ったことはありませんがかなり楽と聞きます。よ〜し、チャレンジだ!と先日スマホを使って使用登録してしまいました。私のスマホにはSuica機能もあるので、自転車後部の読み取り装置にスマホをかざせばSuica決済で電動アシスト自転車を簡単に借りることが出来ます。よ〜し、乗るぞと思ってからもう何日も経ちましたが未だに乗る機会はありません。初電動アシスト体験は何時になるのだろう?

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント

「王子界隈撮影会」は5月11日(土)に開催決定です。

2019年03月07日 | 撮影

先日のブログに、第23番目となる東京下町界隈撮影会ロケハンに王子界隈に出掛けた事を書きました。そして王子界隈が充分魅力あるエリアのために「界隈撮影会」を計画しますとも書きました。すると「開催日は何時ですか?」「何時開催するか決まりましたか?」と2人の方から問い合わせがありました。そうですよね10連休ともなる今年のゴールデンウィークも含めて早めに予定を立てたいのは皆さん一緒ですよね。本当はもう一度ロケハンに行ってから正式な開催日を決めようと思って思っていたのですが・・・・決めましたよ。「王子界隈撮影会」は5月11日(土)に開催致します。ゴールデンウィーク後になりますが皆さん体力を残しておいて下さいね。もちろんそれまでに1〜2度、王子界隈を訪れ完全なカメラ散歩コースを作っておきます。冒頭書きましたがこれが23回目の下町界隈撮影会ですが、頭の中には「砂町界隈」や「品川界隈」の計画もありますので皆さんご期待下さいね。あっ、それと「東京下町界隈 カメラ散歩」出版を記念して掲載の21界隈をもう一度歩いてみることも頭にあるのですが・・・・正直これは迷っているだけかな?皆さんのご意見もお聞かせ下さい。それと本も買って下さい。

■開催日 5月11日(土) 
■集 合 12時30分 JR王子駅北口前 
■撮影地 王子界隈
■案 内 木戸 嘉一 
■参加費 1000円
■お申込 資料用意の為、必ず事前にお申し込み下さい。
■備 考 マミヤカメラクラブと共催。

 東京下町界隈 カメラ散歩
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
木戸嘉一
ワイズクリエイト

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
コメント