ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<254> Officeフリーソフトの定番 「Open Office.org」

2014年09月26日 | ◆Office

現在、無料で利用できる Office ソフトとしては、その機能面から下記2つが有力です。

1. 『Googleドキュメント』 ・・・クラウドによる統合型 Office
2. 『Open Office.org』 ・・・インストールして利用する統合型 Officeソフト(Microsoft Office との互換性に強い)

 ■ 前回の(1)に続いて、今回は(2)の『Open Office.org』についてその概要をご紹介します。

Microsoft の Office と同等程度の機能を持ち、Microsoft Offcie との高い互換性があり、操作も似ている 「OpenOffice.org」の概要のご紹介です。 最近は、会社や自治体など Microsoft のOffcie の代わりに導入されることも多いようで、人気の Officeフリーソフトです。 

 ※ OpenOffice.org・・・ダウンロード:窓の杜 
  http://www.forest.impress.co.jp/library/software/openoffice/ 


■OpenOffice.org の特徴 

OpenOffice.org は、オープンソースで開発されたワープロソフトや表計算ソフトなどを統合したオフィススイートです。 

==下記のソフトウェアが含まれています== 

・Writer(ライター): ワープロソフト 
シンプルなビジネス文書から、表や図などを組み込んだ文書作成、長文作成にも対応した機能が備わっている。 

・Calc(カルク): 表計算ソフト 
豊富な計算機能やグラフ作成機能、データ分析機能などが備わっている。 

・Draw(ドロー): 図形描画ソフト 

簡単な図形描画からベジェ曲線を使った図形描画機能、3D図形描画機能も備わっている。 

・Impress(インプレス): プレゼンテーションソフト 
図形描画機能も豊富にあり、スライドを展開するときに様々な効果を設定することができる。 

・Base: データベースソフト 
Microsoft Office の Access に相当。Access と同じように、テーブル、クエリー、フォーム、レポート、マクロなどの機能が使える。 

・HTML Editor: ホームページ(Web)作成ソフト 

タグを知らない初心者の方でもイメージ画面から作成することができる。 

・Math Editor: 数式作成ソフト 
Writerなどのドキュメントに、バランスの整った数式を作成できる。 

---------------------------------------------------------------------------------- 

※ PDF出力機能 
OpenOffice.orgには、PDFエンジンが内蔵されており、文書をそのままPDFとして出力できる。 

※ USBで持ち歩ける「OpenOffice.org Portable」 

  http://openoffice-org-portable.softonic.jp/ 

----------------------------------------------------------------------------------------- 

【参考】 OpenOffice の使い方 

http://www.ne.jp/asahi/pa/sta/openoffice.html#0-1-1 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<253> 無料のクラウド型Office 『Googleドキュメント』

2014年09月17日 | ◆Office

 現在、無料で利用できる Office ソフトとしては、その機能面から下記2つが有力です。

1. 『Googleドキュメント』 ・・・クラウドによる統合型 Office
2. 『Open Office.org』 ・・・インストールして利用する統合型 Officeソフト(Microsoft Office との互換性に強い)
 
 
■ 今回は(1)の『Googleドキュメント』について、その概要をご紹介します。
 
-------------------------------------------------------------------------- 
※上記の画像は「富士通サイト」より http://goo.gl/Bsw9v5
-----------------------------------------------------------------------------------------


Google ドキュメント(旧名 Google Docs & Spreadsheets)は、Googleが無料提供する Webブラウザ内で動くOfficeソフトです。Googleドキュメントはブラウザで使えるOfficeソフトなので、インターネットが使える環境であれば、いつでも・どこでも使利用でき、また複数人での共同編集もできます。

 1.文書(ワープロソフト) 
 2.スプレッドシート(表計算ソフト)
 3.プレゼンテーション(プレゼンテーションソフトウェア)
 4.図形編集


上記4つの機能が提供されています。
ドキュメントはいずれもGoogleのサーバ上に保存されますが、他形式とのインポート・エクスポートも可能です。

1.文書(ワープロソフト
Microsoft Word形式 (.doc)、リッチテキスト (.rtf)、ODF (.odt)、PDF (.pdf)、テキストファイル (.txt)、HTML形式 (.html) で保存できる。Google ドキュメントから直接ブログに投稿する機能もある。
http://hoomey.net/googledrive-study-2/

2.スプレッドシート(表計算ソフト)
Microsoft Excel形式(.xls)、CSVファイル(.csv)、ODS(.ods)、PDF(.pdf)、テキストファイル(.txt)、HTML形式(.html)で保存できる。
http://hoomey.net/googledrive-study-4/

3.プレゼンテーション
Microsoft PowerPoint(.ppt) 形式で保存、並びにデータ読み込みができる。
http://hoomey.net/googledrive-study-3/
http://www.appsupport.jp/docs/presen-file/

4.画像編集
画像の切り抜き、マスク処理、枠線の追加などができる。
http://hoomey.net/googledrive-study-6/
https://support.google.com/docs/answer/4600160?rd=1



● GmailなどでGoogleのアカウントを取得すればすぐに利用できる。
https://accounts.google.com/signup?hl=ja

● GoogleドキュメントはUSBメモリ代わりになる。
Googleドキュメントを使えば、データ持ち運び用のUSBメモリは不要になる。例えば、自宅で作成したデータをGoogleドキュメントに入れておけば、オフィスで簡単に取り出せる。
 
● 動画ファイルや音声ファイルも、オンラインストレージとして利用できる。
http://www.appsupport.jp/docs/doc-storage/

● 自動保存機能と変更管理ができる。
Googleドキュメントの機能に、自動保存機能と変更履歴の管理機能がある。
ブラウザで編集している時、何らかの理由でインターネット接続が切れてしまったときでも、自動保存があるため被害は最小限に抑えらる。自動的に保存されたものを元に戻したい場合には、変更履歴からいつでも戻せる。

● 複数人での共同編集が可能。
共有したいユーザーのGoogleアカウントを入力し、共有を行なうことができる。
「共同編集者」にはドキュメントの編集権が与えられる。

● Webに公開することができる。
[公開]タブをクリックすると、ドキュメントに固有のURLが生成され、誰でも閲覧可能にすることができる。


※ Google ドキュメントの保存容量
無料で1GBまでのストレージ容量が提供され、1ファイル当たり250MBまでアップローできる。
【Google ドキュメントの追加容量を購入する】
http://www.appsupport.jp/docs/google-storage/
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加