ペキぽけっとーフミですよ~♪

2002年9月20日生まれで2015年4月16日没のフミの日々を。





命日は、2015年4月16日

犬にとっても便秘は大敵!

2014-09-29 | フミ
フミの目の調子、どうも、角膜潰瘍ではなくて、結膜炎のようです。

目の表面に、何かがあるのは確かで、獣医さんも私も角膜潰瘍だと思ったのですが、違いますね。


結膜炎の方は、しばらくは治った状態だったのですが、この間からぶり返したり治ったりを繰り返すようになりました。



それで、どんなときにぶり返すかとみていたら、

ウンチが出ないときに、ぶり返すのです。



治った状態だったときは、体調を戻すためなのか、やたらと食べて、一日二回の排便、それも大量に出していました。

それが、体調が戻り、とっても良き状態になったら、それほど食べなくなり、そうなると、出るものも少なく、出ない日があったり、・・・;

で、出ない日には、結膜炎がぶり返して来るのです。

まだまだ、免疫力が戻っていないのでしょうから、

しっかり食べてくれ~~~! とフミの気に入りそうな物を用意してみていますが、

食いしん坊ではないらしく、そうそうは食べてくれませんね。

でも、目の状態と便秘の因果関係が分かって、よかったです^^


目の表面にある“何か”は大きさや形に変化がないので、このまま様子をみようと思っています。

徒に、検査などをしても無駄なような気がしますから。


コメント

息が白くなる季節になりました

2014-09-27 | フミ

これからは、フミにとっては心地よい季節になります^^

フミは散歩から帰ると、ファンヒーターの前で居眠りです♪


散歩中は、よそのワンコが近づいてきても、ほぼ無視。

フミのお尻の匂いを嗅いでいても、知らん顔。

相手のワンコがあきれて、前に回って来たら、やっと、ダレ!?

いちいち、対応するのが面倒臭いのでしょう(^^ゞ


昨日なんて、たまに飼い主さんとやって来るワン君が来たんだけど、フミは完無視。

そもそも、ワン君が来たのに、寝ていて起きようともしない。

それでも、ワン君が帰るころになってやっと顔を出したんだけど、ワン君には挨拶なしで、その飼い主さんにちょろっとお愛想して終わり(*≧m≦*)

まあ、ワン君も目がほとんど見えていないみたいだし、耳も怪しいから、ワン君ワールドではフミはいないも同然なんですけどね。

高齢犬の世界は実に淡々としています。

コメント

12歳でございます

2014-09-21 | フミ


キミキミ、何を枕にしちょるのかね(^^ゞ

今日が誕生日です^^

親からとっても良い遺伝子をもらったみたいで、丈夫なワンコですね、フミは^^

なので、上手に長生きさせられるかどうかは、飼い主次第?

ワオッ!責任重大!!



ところで、ペットがいると癒されるよね、とはよく聞く言葉だけど、

ワタシ、イマイチ、その感覚がわかんない。

その“癒される” って表現がピンと来ないんだけど。

心が和むってこと? ほっとするてこと?

まあ、そんな辺りなんでしょうけど、

私は、犬や猫が好きだから飼うんだし、その好きは何が好きなのかというと、可愛いから。

ただ、それだけ。

可愛いというのは、顔が可愛いとか子犬や子猫だから可愛いいってんじゃなくて、全部が可愛いの。

だから、大人になってから飼っても、とっても可愛いと思うもの。

むしろ、大人になっているほうが可愛いかな。

愛おしい、に近い可愛さかもね。

それでなきゃ、糞尿や吐しゃ物の始末から部屋の中を舞う毛の掃除まで、やってらんないよ。


ま、何でもいいや、私は、ペットに癒しをもらうんじゃなくて、ペットを癒してやれる人間でいたいと思ってるよ、それだけ。

コメント

とうとう、やる気スィッチが!

2014-09-17 | フミ


このところ、雨と雷がランダムに来るから、散歩も油断できません。

なので、昨日の夕方の散歩はほんの少しでした。

いつものフミなら、面倒臭そうな顔でノソノソ歩くんだから、そのくらいの散歩でも問題ないんだけど、昨日は違ってた;

夜の10時頃だったか、突然、私に絡みつきだして、

遊ぼ♪

いや、♪なんてのんびりしたもんじゃなくて、ッ!!の勢いで、フミの遊び道具の私の左腕に、お口がカパッ!!

アイテッテッテ!!!とフミを向こうに押してやると、

もう、満面の笑みで、絡む絡む^^

その顔を写真に撮ろうとしたら、スッとやめるんです。

“私はいいこ、何もしていないわよ”てな顔で向こうを向いて知らん振り。

まあ、要領の良いコです;;;
コメント

書く事がなにもない!

2014-09-16 | フミ


フミはいつも通りに泰然自若だし、

他のワンコも、似たり寄ったり。

これで、何を書く?(爆)




祭り囃子も雷鳴も

子守唄にぞ

聞こえける

    作:フミ


(((((爆)))))
コメント

雨が上がった

2014-09-12 | フミ


雨が降らないのも困るけど、降りすぎも困るさ~;;;

北海道はそろそろ収穫の時。

こんな時に大雨だなんて、イヤラッシイ!!


今年は、まだ、エゾリスが姿を現しません。

去年は、近所のクルミを取りに一日中来ていたのに。

クルミの実の入り具合が良くないのかもしれませんね。

花が咲く頃は好天だったのに、実がついてからが好くなかった〓■●_


天気に一喜一憂しながら、TPPの問題からも目が離せない気がする昨今です(*≧m≦*)
コメント

ワオッ、特別警戒警報だ!

2014-09-11 | フミ
昨夜遅くから、稲光がしていたけれど、

夜中中、ゴロゴロ言っていたような気がするし、今朝は雷の音で目が覚めました。

雨の音は大したことはなかったけれど、

これはもしやヤバイ何かがでているのではないかとテレビを点けると、出てる出てる;;


ただ、10年以上も前になると思うけど、ウチに雷が落ちたときは、こんなもんじゃなかったし、

雨だって、5年位前には、外が真っ白に見えるような激しい雨が降り、その後も、窓を開けていたら、数分で、部屋に池ができるほどの吹きこみがある雨が降ったこともあり、

その時、大騒ぎしなかったのになあ・・・と。


でも、このままじゃいかん、と思い、テレビを切って、

とにかく、雨が上がり、雷も止む想念を起こしました。

さっさと雨よ上がれ、雷よどけろ、です。


そしたら、間もなく、雨が小降りになり、雷も小さくなりました。、

もう、フミの散歩にでてもいいかな、と思ったけれど、遠くに雷の音がするから、もうちょい、待て^^

と外を見ていると、近所の犬仲間が散歩に出て来ました。

あらら、出て来ちゃった(^_^;)


雷が去るようなイメージを作り、数分待って、フミと出発!

大急ぎの散歩だったけど、雨にも降られず、雷も鳴らずに無事家に戻れました。


一応、神さま、仏さま、ご先祖さま、それから、雨の神さまかと思われる龍神さまにもお礼を言っておきました。


広島の大雨災害の後に、札幌では1000箇所もの山崩れの心配のある箇所があると発表した途端、これですよ。

それまでは、雨が降るという予報があっても、こんな状態にはならなかったのに・・・。

コメント

知らん顔

2014-09-10 | フミ


最近は、他家のワンコと絡んでも、その写真は撮らないことにしています。

もしかしたら、相手の飼い主さんが撮られたくないって思っているかもしれないから。



なので、文章だけで、フミと他家のワンコの絡みを^^



朝は、私が早いから、ほとんど他家のワンコには会わないけれど、

夕方は、ウチのそばの道は、犬の散歩銀座みたいなものだから、一度に5匹くらいも一緒になることがあります。

そうすると、ワンコに興味がなくて、その飼い主さんにだけ頭を撫でてもらいたいワンコもいれば、ワンコにも興味があって、フムフムと匂いを嗅ぎに来るコもいます。


フミはどのタイプかというと、最近は犬にも飼い主さんにも関心薄し(*≧m≦*)

でも、他家のワンコはフミが大好きで、絶対にそばに来ないと気がすまないコだっているのです。

そういうコは来ます。

フミ、全く無関心。

勝手に匂いを嗅げば~・・・

てな具合で、匂いを嗅がれている間、フミは道路の匂いを嗅いだり、草の匂いを嗅いだり。

その時の他家のワンコの飼い主さん、

「フミちゃん、ウチのワンコがそばに来ていることは分かっているよねぇ・・・」



私、

「多分・・・」


そうこうするうち、匂いを嗅いでも、全く反応のないフミにしびれを切らした他家のワンコ、フミのわき腹から前にそろそろと回ります。

正面に来られて、やっと、フミは相手のワンコにチラッと目をくれるけど、また、知らん顔;;;


そんなフミでも、自分からそばに行くワンコもいて、

それが、どうもラブラドール系のワンコに限っているようです。

ラブ系のワンコに会うと、

脚の匂いを嗅いで、それから、背伸びをして、顔を見たりもします。

ラブ系は、どのコも優しいですからね。

優しさに飢えてる?フミは(*≧m≦*)

コメント

フミは気がついていたか!?

2014-09-09 | フミ


夕方、家の前でお向かいさんと話しながら、フミを遊ばせていたら、

知らないおじさんが車を止めて、

「可愛いね」

って。

60歳は超えている、仕事は、土木関係のような。


変なおじさん?


そういう話かけかたをする人は、ほとんどが問題あり。

適当にあしらってしまおうとしたら、

「ウチにも同じのがいたんだけど、12歳で死んじゃった」

と。


おいおい、フミはもうちょいで12歳でっせ;


おじさん、

携帯に入れてある飼っていたペキの写真を出して、こちらに向けました。

それは、白ペキ。

顔はフミとそっくり。

これじゃ、フミを見たら、

思わず、車を止めて眺めていたくなるかもしれない。


でも、朝も、散歩中のフミを見たそうで、

もしかしたら、ペキじゃないかと、車を止めて見ていたんだとか。


ワタクシ、マ~ッタク気がつきませんでした。

今朝は、フミが起きる時間が遅かったので、散歩も6時頃になったのです。

散歩の道すがらの情景を思い出してみたけど、

車を止めてこちらを見ていた?

どこでだろ???

と考えたら、色々な条件から、

幹線道路の信号しかありません。


たまたま、赤信号で止まったところへ、私たちが通りかかって、

信号を待つ間だけ、フミを見ていたのなら許す!

と思った次第です(〃^∇^)o彡☆


フミは美人だからなあ~ブ━。:+((*´艸`))+:。━ッ!!!!!








コメント

顔がつぶれるところだった;;

2014-09-05 | フミ

昨日の夕方の散歩。

このところ、涼しかったのに、昨日は夕方になってもムシムシで、

フミは、歩きたくない、抱っこも嫌、状態でごねまくり。

でも、家には帰らなきゃならないので、抱いて歩いていたら、

フミめ、私の腕の中で、いきなり、私の肩めがけて上がったんです。



猫ならそういうこともあったけど、

フミは、脚を突っ張って、私から体を離そうとしたことはあっても、駆け上がることがなかったですよ。



なにしろ、脚の短い、ゴロンとした塊ですからねぇ、フミは。

止めようとしたけど、ツルツル滑って、頭から、落ちて行く~~~;;

そんなことがもしあったら、リードで吊り上げることにしていたのですが、

リードを長く持っていたから、それも間に合わず。



ヤバイッ!

落としたか!!

血まみれ顔のフミが脳裏を掠める;;;

それでも、とにかく、ハーネスの根元を持って、いくらかでも吊り上げようと必死の努力。



そしたら、

私のどの指だかの先がわずかに、ハーネスの根元に絡んで、ほんの5cmくらいでしたが、吊り上げ成功!

頭からの落下じゃなくて、両足着地に成功しました。

神さま、仏さま、ご先祖さま、感謝~~~~m(__)m



もう、肝が冷えましたよ。

私の不注意なので、これからは、抱いたときは、常に、リードを短く持って、いつでも吊り上げられる状態にしておきます。






コメント