ペキぽけっとーフミですよ~♪

2002年9月20日生まれで2015年4月16日没のフミの日々を。





命日は、2015年4月16日

猫の熱中症は室内での発症が多い、その症状や対処法

2019-07-27 | お題


最近の密閉度の高い住宅ならあり得るでしょう。
ワンルームで飼っていたりしたなおのこと。

猫のために、エアコンを点けっぱなしにするのはもったいないと思う人も多いかもしれなくて、犬も猫も大変です。

網戸にして出勤するのは空き巣が怖いし、クールマットも嫌う犬猫もいますし。

ワンルームで、ベランダしか外の空気を入れることができないお部屋でも、窓のストッパーをベランダ網戸の上とクレセント錠に絡めてつけるタイプの二つくらいを使って、少しだけでも、外の空気を入れる工夫をしてはいかがでしょうか。

クレセント錠に絡めてつけるのは使うときだけつけるタイイプだから賃貸でも大丈夫です。

複数のお部屋があるなら、涼しい場所に移動できるようにしておくことも大事ですが、今は、ケージに入れて、出かける人もいるようだから、これだと暑さも寒さも・・・;


私は、犬と猫を飼っていたとき、出かけるときは、家のドアは開放、暑いときは、涼しい場所を探せるようにしていたのと、窓を3cmくらい何か所か開けて、ストッパーをつけていました。
私の家は、エアコンなしですから、そうでもしないと、犬と猫の悲鳴が聞こえて来そうで。


コメント

「ノネコ」肯定するNHKの番組内容に憤慨する声

2019-07-25 | お題


猫を捨てたり、外に出す飼い方が問題なわけで、飼い切れなくなったときに保護施設にお願いするということも頭に入れて、飼うことが大事だと思う。

また、避妊・去勢手術をしておくことも必要。
雌猫は、生後半年すれば子猫を産む可能性があるから、その子猫に雌がいてまた子猫を産めば、どれだけ増えるか、猫が増えてしまいに多頭飼養で身動きが取れなくなった飼い主さんだって出てくる。

外を自由に駆けまわって幸せに暮らしている猫の姿は幸せを象徴しているようで、ほっこりするけど、

本当にそれだけ?

と思ってしまうのも事実。

子猫が生まれていないの?
全部の猫が避妊・去勢しているなら子猫が産まれることはないでしょうけど、もし、そうでないなら、子猫は産まれているはずなので。

まさか、闇から闇へと処分していないでしょうね、と疑ってしまう自分がいる。



コメント

やっと吠え付かなくなった犬

2019-07-24 | お題
近所の、ミニピンとチワワの混血犬。
5歳くらいになると思うけど、とにかく、誰彼かまわずに吠えていたんです。

それが、この一年くらいの間、さすがの飼い主さんも、これではいけないと思ったのか、散歩のときに、吠えそうになったら、ダメだよ・・・と静かに言って、リードをくっと引いて教えていました。
最初は、それでも、吠えていたけど、段々と、鼻息だけになり、なんとか、声を出さずにいられるようになって来て、

昨日会ったら、吠えないんです。

私の顔をじっと見ていたから、小さな声で、お利口さんね、と言っておきました。

ここのお宅は今まで、何匹も犬を飼っているけど、ほぼ、どの🐕も吠える。
飼いっぱなしだから、吠えたいときは吠える。

それでも、年を取って来た犬は吠えなくなるのですが、今回の混血犬は全くその気配がなかったので、飼い主さんも、あかんかも・・・、と思ったのでしょう。

なにはともあれ、会う人、会う犬、みんなに吠える行為がなくなってよかったと思いました。

やればできるんだよね^^


コメント

最近見てないChokoちゃん

2019-07-19 | お題
癌になったと聞いたのが去年だったか。
肛門腺のところにできたようで、抗がん剤を飲まされていました。

抗がん剤を飲んでいても、食欲はあるし、元気なんですよ~と飼い主さんは言っていたけど、

犬って、余程、具合が悪くならなければ、残っている元気ではしゃいで見せます。
私にも、おばさん来て来て! と手招きしてなでなでをねだりました。

それが、5月半ば頃だったか・・・。
コートを着ていたので、多分その頃だと思います。
ちょっとやせていて、鼻の色が白んでいて、弱ってきたのかな、と感じました。


その後、そこのお宅の前を通っても、散歩に出ていることはないし、よく、窓から外を眺めていたのに、その姿もない。

寝たきりになったのかとも・・・。

こうなると、飼い主さんに会っても、Chokoちゃんのことは聞けないし、挨拶だけで通り過ぎています。

Chokoちゃん、抗がん剤で弱っていなければいいけど。。。





コメント

猫はなぜ人間と暮らすのか?日本と中国、どっちから来た?

2019-07-17 | お題



どこから来たんでも、今の猫の生活には関係ないけど、その昔、初めて猫を見た人の中で、猫の可愛らしさに魅かれた人がいたんだろうとは思う。

ネズミを捕る能力に気がつき、そしてまた、飼うことができる生き物として捉えた人がいたから、今に至るのか?

生きて行くのがやっとこさの大昔の人間たちが猫を可愛いだけで飼おうとは思わなかったのか?

そうかもしれない。


スナネコという砂漠に棲む、むっちゃくちゃ可愛い猫を見たら、誰でも撫でてみたくなると思うし、抱っこしてみたいかもしれない。
そういう衝動は、人間にはあるのではないかと思うが、それだけでは飼えない。
アライグマも同じだけど、スナネコもきかないらしくって;


ペットになれた猫は、猫の中でもおとなしく、知能が発達していて、人間になつくことが得になるということを知ったのがいたり、人間を怖がらず、しかも、接してくれた人が優しくて、一緒に暮らすことが成功したのが、猫が人間に飼われるようになった発端かなと思ったりする。

あ~しかし、それも、今となってはどうでもいいことだね。


今は、野良ネコでは生きにくく、しかも、生まれた子猫は育ちにくいと聞いている。
増やさないようにと避妊活動を進めているけど、まだまだ。
だからといって、野良ネコにそっぽを向くのではなく、食べ物を与えることも人としては大事だと思うし、病気のようなら、病院にかけてやってほしいし、捕まえることができるなら、避妊もしてほしいかも。
そこまでできるだけのお金はないって人も多いかもしれないけれど・・・;


すっかり本題から外れました<(_ _)>







コメント

上野樹里“月9”の3・11を描く展開に視聴者困惑「不意打ちで戸惑った」

2019-07-09 | お題


私も戸惑った一人。

この手のドラマが今までにもあるから、それらのようなのかと思ったら、

なんと!

あの日のことが。

そういうドラマだったのかい!?
と驚きました。

あれから8年経って、ドラマとして観られる人も増えたのかと思うけど、


私は、もう、観ないと思いますよ。
あの日のことは遠く離れた北海道にいてもショックだったし、
動物たちのことが、心配で心配で、
それで、彼らを助けてくれる活動をやっている人たちはいないかと探して、
画像の団体、「犬猫みなしご救援隊」を見つけ出して、金銭支援しかしなかったけれど、一匹でも多く助けてほしいって、頼んだのよ。

あの日のことは忘れられない。
ドラマを観て振り返るような気にはなれないわ。



コメント