ペキぽけっとーフミですよ~♪

2002年9月20日生まれで2015年4月16日没のフミの日々を。





命日は、2015年4月16日

1万円札に羽が何枚?

2015-02-28 | フミ

今朝、というか、お昼チョイ前に散歩に出たら、ウンチが出て、バンバンザイ^^

と思ったら、頭を振り始めたのです。

これって、耳の中がただれているんですよ。

私が耳の掃除をしてやろうとすると、そりゃもう、鬼の形相で食いついて来ます。

食いついてもいいから、掃除をさせろ、って手をフミの口に持って行くと、それは嫌だと(*≧m≦*)

で、しょうがなくて、また、病院に行って来ました。

病院側では、冷たい外の空気に当てると、血圧が上がるから、来ない方がいいと言ったけど、そんな場合じゃないと、行きました。

そしたら、もう、病院に慣れっこのフミのこと、医者だろうが看護師だろうが、耳になんて触らせません。

で、とうとう、トリミング台で固定されて、掃除された風です。

帰宅すると、私には、随分怒り散らしていたけど、しばらくしたら、おとなしく寝ました。


病院代の高いこと;;;



コメント

爆食いし過ぎ

2015-02-28 | フミ
昨夜から、本格的(?)な食欲が出たようで、あれもこれもそれも食べて、まだほしいというんです。

腹も身の内、という言葉があるよ、なんてことは犬には通じるわけもありません。

ステロイド系の薬を切った後の食欲不振の仇を取らんばかりに食べまくりました。

そして、今朝はさすがに、もういらない、と。

いうかと思ったら、さあ、今朝も食べるから、美味しい物を頂戴ッ!

普段は、中々食べない、ロイカナの缶詰も平らげたから、体は相当飢えているのかもしれません。


こういう時は、食べたいだけ食べさせた方が、例え、お腹を壊しても食べさせた方が心が落ち着きます。

さあ~~~食べろ^^
コメント

どんどん、元気になるフミ

2015-02-27 | フミ


日々回復で、食べる量も増えて来ました。


今朝は、ずっくりと重い雪が道路を埋め尽くしたので、飼い主はまずそれをどけて、

また、フミが歩く100mくらいは、踏んで固めて、それから散歩に出たんです。

あのオバハンは何をしとんのか、と私を見た人は思ったでしょうけど、

はい、犬のために、散歩道を作っていたんです(*≧m≦*)


それから、小一時間、フミを歩かせたり、抱いたりしてオサンポ(^^ゞ

外の空気を吸わせるだけでも、フミの気分は随分と変わるみたいなので、風がなくてそこそこの気温なら、外歩きは良い結果をもたらします。


帰ったら、案の定、食べるたべる^^

フード&ゆで卵1/3、お菓子1個、他に、それらあれら^^

息も上がっていないので、これでよし^^

薬は必要でしょうけど、それで、楽に生きられるなら、グタグタ言う必要はありません。


フミ動画


コメント

元気なのは犬で飼い主はぐったり

2015-02-26 | フミ
眠いけど、外にも出たくて、というところです。

もう少したら、気温が上がるので、それまで待つことに。

でも、さかんに、私を玄関へと誘います。


薬が効いているので、一見、元気です^^


これから、調子を崩すことがあっても、誰にも言いません。

言ったら、今回みたいなひどい目にあいますから。

フミもおつかれ~~~~~!!!になっちゃったし。

コメント

連日の見舞いは迷惑!

2015-02-25 | フミ
犬もグッタリと寝ています。

今まで、親切ということで紹介していたOさん、実は、しつこく連日来るので、大迷惑。

1週間も来ています;;;

今日は来ないだろうと思っていたら、ウチに電話をかけたら、ずっとお話中だったので、気になって来たと。

私が長電話してたからといって、

ナンデ、アンタに心配されなきゃならんのだ、ですよ。

フミも疲れるんです。

客だと思えば、犬だって気を遣うので。


私は、Oさんの相手で、気が狂いそうな、泣き叫びだしそうなくらいに疲れています。




もう、来なくてもいいと遠まわしに言っても、全く通じない。


と思いっきり、悪口を書いてしまいましたm(__)m


今後、フミの容態が変っても、

じぇ~~~~ったいに

言わない!!! 


明日も来たら、いや、これから1ヶ月は来て欲しくないし、来たら、鬼の形相で断るような気がします。

フミが疲れるので、ごめん、というのが無難でしょうかね。

コメント

酸素ハウスは返却

2015-02-25 | フミ


とりあえず、酸素は使わないような気がするので、返しました。

取りに来た社員に聞いたら、貸して欲しいという申し込みが多くて、底をついていたんだそうです。

だから、ウチのを返せば、誰かが助かるし。


また、このハウス、

レンタルだから、保証人が必要だし、そうなると、私だけのことではなくなるのも、ちょっと・・・。

これからの対策には、登山などに使う携帯型の酸素を常備することにしました。

酸素ハウスは、テーブルなどにビニールをかけて、そこそこの密閉状態を作ってやればそれでいいのです。

全くの密閉状態だと、呼吸で出る二酸化炭素が中に溜まるから、それは困るし。

また、携帯型酸素ボンベだから、私がフミの顔の近くで出してやらないといけないので、そもそもそれほどのハウスも必要ないのです。




フミは写真のように、好きなところで寝て、起きると、何かを少量食べて、外に行こうって^^

でも、今日は雪が降ったので、道路がベチャベチャなのと、チト、寒い;;

昨日程度の時間は出してやったけど、それじゃ、満足できん、と;;;

服を買ってやって、着せようかと思うのですが、寸法が難しいです。

胸回りと首回りが太くて、胴が短いこのタイプのワンコ、みなさん、どうしているんでしょうね。

あ、毛が厚いから、着せていないか・・・(^^ゞ
コメント

プラスだけを拾って、拠り合わせて命を守った?

2015-02-24 | フミ
私の生き方として、

その時に必要なお金も物も人も、必ず、与えられる、

と思っているんです。


今回のフミのことでは、

将に、その通りになって、

最初に悪くなったときに、

あの人、Oさんが来てくれれば、フミの状況は前向きになるかもしれない、

と思ったら、Oさんから電話が来て、事情を話すことになり、来てもらうことができました。

そして、Oさんが持って来てくれたフードを喜んで食べて、少し元気になりました。

その後、病院に行って、ほぼ、見放され感満載だったけど

ダメ元と思いながら、そこの獣医さんが、一応、と思ってくれたパンフレットから酸素ハウスのレンタルを申し込み、そしたら、すぐに届けてくれて、

フミの心臓への負担を軽減することができました。

知人の、元獣医さんや、他にも、ワンコの散歩仲間からの情報など、

細い糸を撚り合わせるようにして、フミの命を守った感じです。

今日は、Oさんが買って来てくれた子犬用の離乳食を、フミがいたく気に入って、夕方、大匙一杯は食べました。

朝も、別のを食べたし、これでかなりの栄養は体に入ったから、大丈夫です。


呼吸も、大きく、ゆっくりになったので、楽だろうと思います。

いやいや、みなさんに感謝です。



コメント

自力で食べ始めました!

2015-02-24 | フミ
今日は、天気が悪くてどんより低気圧。

フミはこういう日が苦手です。

朝の調子だとしんどそうで、酸素吸う?と出してやったら、それはいらない、と。

それで、生卵の黄身を6ccほど、スポイトで飲ませてやりました。

それ以上は要らないっていうから、そこでやめたのですが。


このままじゃ、埒が明かないと思い、スーパーで、ドッグフードやキャットフードを色々買ってきました。

猫用でも、美味しければ、ワンコは食べますから、この際、なんでもいいのです。

普段、フミが食べないフードを選んで、一種類ずつ買いました。


帰って来てみたら、

フミが、ベランダから外をじっと眺めているんです。

私が帰って来たのも無視して。

呼んでも知らん顔。

もしかしたら、出たいのかもしれないと思い、

幸い、気温が高いのと風がないので、外に行く?って聞いたら、目がキランとしたので、GO。


体調を考えたら出さないのがいいのでしょうが、この辺で変化をつけてやらないと、良くもならんわ、と思ったのです。


玄関を出るところから、抱っこしてやろうとしたら、自力で出るって^^

玄関から、道路までのスロープも自力で下りて、

雪の上まで行くと、オシッコ^^

その後は、歩きたそうにしたけど、道がグチャグチャなので、抱っこでブラブラ100m^^


帰ってから、仕入れて来たドッグフードの一つを与えたら、食べたんです。

ふふふ・・・しめしめ^^

その後に、テーブルにもっと何か食べ物がないかと、テーブル探しも始めたので、これは食べる気満々です!


執念の飼い主の努力はまだまだ続きます。
コメント

執念の飼い主、とうとう、ここまで回復させた

2015-02-23 | フミ


もう、酸素ハウスはいらないって言って、勝手に、気に入ったところで寝ています。

食べるのは、もうチョイ。

食べ物を見せると、鼻をくっつけて、匂いを嗅ぐけど、口に入れるのはまだです。





なので、顔に精気がありませんが、それでも、ここまで回復したのが奇跡的、かも。

誰もが、寿命だと思っていたんですから。
コメント

舵は回復方向へ

2015-02-23 | フミ


なんか、良い方向に向かっている気がします。

今朝は、こんな風に頭を上げていたがりますし、水も自力で飲みに行きました。

スポイトで飲むのを、嫌がるようにもなっているのです。

でも、食べる方は、食べたがるけど食べられないみたいなので、ドッグフードの缶詰をほんの少々だけど、5cc程度の水に混ぜて、攪拌してスポイトで飲ませました。

嫌がるけど、とりあえず、強制的に飲ませちゃいました(^^ゞ

それでも、むせなくなったから、回復しています。

急に、何もかも良くなると、中直りという旅立つ前の最後の華の時だけど、これくらいだと、そっちではないかもしれません。

いや、絶対に、それではない!!(o_ _)ノ彡☆ポムポム

私が動けば、フミも後をついて来たがるので、適当に私が動いてやるのがいいような感じですね、今は。

酸素ハウスの扉は、半分ほど開けています。

勝手に出たり入ったりすればいいと思って。

酸素濃度は下がりますが、もう、それほど、濃い酸素でなくてもいいようだし。

コメント