ペキぽけっとーフミですよ~♪

2002年9月20日生まれで2015年4月16日没のフミの日々を。





命日は、2015年4月16日

抱っこ犬だったフミのおかげで

2019-03-19 | フミ
今年、近所の方々から聞く言葉、


肩が痛い、腕が痛い。


少ししたら、治るでしょ、と思ったら、腱鞘炎状態になるらしく、治りは悪いわ、治ったと思っても、また、すぐに痛くなると。



私、全然平気。


みんなみたいに、熱心に除雪をしなかったからだと思ったけれど、

そうでもないらしく、筋肉が鍛えられていたおかげみたいです。


なにしろ、フミは抱っこ犬だったから、腹筋と背筋で、フミを抱き上げて歩いて12年。

心臓をバフバフいわせるフミを見て、歩かせるのは可哀想だと抱っこ^^


たくさんの人から、犬は歩かせるものだとなじられたけど、

こっちにも事情があるのだ、と言い返して、

抱っこ^^


誰にも迷惑をかけてないもんね、犬を抱いて歩いても。


そのおかげで、腹筋と背筋がしっかり鍛えられ、力仕事をするときは、腕や肩だけではなく、全身を使ってすることを自然に覚えました。


フミが亡くなってもうすぐ5年になるけど、筋肉を衰えさせてはならない、と日々の一挙手一投足で鍛え続けています。

昔の暮らしをすれば、自然と体は鍛えられます^^



コメント

鼻を鳴らして呼ぶ?

2019-03-18 | フミ
西洋犬は、愛想が良い🐩が多いと思いますが、

近所のダックス君は、格別好くて、

私の姿を見つけると、何がなんでも寄って来ます。



飼い主さんは、さっさと散歩を済ませたいと思っているから、わざわざ、私のそばへ来るのは億劫なのですが、🐶が引っ張る^^

この間、そのダックスさんの家の前で、私とはほとんど話したことがない娘さんが🐶を玄関口に出して、日光浴をさせていました。

それで、私も、軽く頭を下げただけで、通りすぎたのですが、

しばらく歩くと、 なあ~んか、後ろで、

ゥフ~~~ン、ハゥ~~ン・・・というような音がするんです。


あん?もしかしたら?


と振り返ったら、🐶が娘さんを引っ張って、私の姿が見える所まで出てきて、足をばたつかせて、私のそばに来たいと言っているじゃないですか。


娘さんにしたら、面倒だから、引っ張って、中に入れようとしますが、🐶は言うことを聞きません。



ワタクシ、戻って、🐶のお相手しました^^

もぉ~、千切れんばかりに尻尾を振り、立ち上がって、お愛想^^

こういうときは、撫でてさすって、クチャクチャになるほど、かまってやるとすぐに満足します^^



肛門腺の脇に、癌ができて、抗がん剤を飲んでいるということなので、いつ、調子が落ちるかわかりません。

心の中で、長生きするのよ、と思いました。

犬は、相当具合が悪くても、残っている力で、元気に振舞います。

弱っている姿を表に出すと、敵に攻撃されることを本能で覚えているからだろうと思います。



なので、病気でも元気なの、というのはあてにしてはならぬ(*≧m≦*)❢


バッタリ倒れるときは、命の危機が迫っているとき、と思っていた方がいいかもしれません。


🐶は、私にコネコネに撫でられて、満足して静まったので、バイバイしたのですが、それでも、

行っちゃうの~・・・

って、目が追っかけていました。


癌が治ってくれるといいんですけど。






コメント

東北大震災の記録の・・・

2019-03-11 | フミ
地震が起きた時間に、手を合わせました。
どれだけの、動物たちが亡くなったことか。
恐かっただろうな、と思うとやりきれない気持ちなんです。


8年経ったということは、8歳老けたということ。
これを成長とは言えない年齢の私;(o_ _)ノ彡☆ポムポン‼


あの日、北海道は、ユ~ラユラとゆっくり横に揺れました。
長い揺れで、大きな地震がどこかで起きたのではないかと、テレビを点けて、吃驚。
津波が来るから、みんな逃げてと思いました。


私の知り合いは、あの地震のすぐ後に、東京方面から、自分の車に積めるだけの物資を積んで、現地へと向かいました。
回り道をしたりなんだりして、現地に入って、お手伝いしたそうです。




私はというと、すぐに、動物たちを助けてくれるところはないだろうかとネットで探し始めたんです。
私自身は、犬を飼っていたのと、非力の私では役に立たない。
被災地に入って、動物を助けてくれる人たちはいないかと、本当に必死で探しました。
たくさんの動物ナンチャラ団体はあるけれど、実際に、あてになる活動をしているのはごくわずかです。



ここもだめあそこもだめ、と探し続けて、

犬猫みなしご救援隊を見つけたのは、探し始めて、1週間以上経っていたような気がします。


支援金を送って自己満足したわけではありませんが、私にできることはそれだけでした。

現場で活動した人たちは、たくさんの辛い現場にも遭遇したと思います。
それを癒して差し上げられる言葉が私にはなくて・・・
黙るしかないのです。




震災について、私には、もう一つ、とっても気になることがあります。

東北大震災の後で、心霊現象をテーマにして卒論を書いた学生さんがいるのですが、

https://www.huffingtonpost.jp/2016/03/07/yuka-kudo_n_9398868.html


小さな女の子のお話が、心に突き刺さりました。

そういう子供は他にもたくさんいたでしょうから、たまたま、その女の子が波長が合うタクシーの運転手さんと会って、タクシーに乗って話をして、目的地に行って下りて消えた、ということだと思うけど、

消えた子供は、あの世?という何もない所に戻ったのでしょうか。
誰かがいるならいいけれど、誰もいない茫洋とした場所に一人ポツンとなら、可哀想過ぎて。

この女の子が、タクシーの運転手さんに、お父さんもお母さんもいないの・・・と言ったそうだから、両親は助かったのか、それとも、あの世で別れ別れになったのか。
そういうことを思うと、どうしたら、その魂を慰めてあげられるのかと思うのです。













コメント

猫もお金の価値を知り

2019-03-07 | フミ
スプートニク日本
から拝借した記事です。

イングランド東部イプスウィッチで暮らす猫のテオは、隣人らから所持品を絶えず盗んでいる。携帯電話用の充電装置やペン、人形、クリスマスの装飾、他の猫の玩具を盗み出しているのだ。飼い主のレイチェル・ドルエさんは一度ならず、何か実際に高い価値のあるものをテオが自宅に持ってくるのを自分は待っているのだとジョークを飛ばしていたが、その瞬間が到来した。テオがお金を盗んできたのだ。

テオは新しい家に引っ越した後、ますます盗みに熱中。ある隣人が牛乳配達人にお金を渡すために置きっ放しにしていた、26ポンドが入ったプラスチック製の袋を盗み出した。

袋の中には住所が記されたメモが入っていたため、テオを飼っている2人はお金を持ち主に返すとともに、自分たちの猫について、社会秩序を乱すごろつきなのだと説明することができた。

動物の行動を研究している英国の生物学者、ロジャー・タボーア氏は猫について、早い時期に母親から引き離されると泥棒になってしまうのだと考えている。生きた獲物を捕らえることを母猫が子猫に習得させる時間がないため、子猫は大人になってから、人間に関連する品物を狩り始めるのだという。


“犯人”のニャンコは、


BBC NEWS
元記事のこちらには、お金が入った袋の写真もあります。


 *~*:*~*:,_,:*~,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~* 



言ってみるもんですねえ・・・って話じゃなくて、やはり、母猫から早くに離れるのは、こんな影響もあるんですね;

その母猫も、母猫から早く離されていれば、教えることは人間から習ったことだけでしょうけど・・・。

この記事を読んで、子猫はお母さん🐈のそばに、少なくとも2か月はおいてやりたいと思うのでした。



コメント

ペットの毛をつきにくくする洗剤が

2019-03-05 | フミ
猫を飼っている友達が、猫の毛が衣類についてかなわない、確か、ペットの毛がつかなくなる洗剤があったような気がするけど、知らないかと言いました。

私も、そういう洗剤をネットだと思ったけれど、見たような気がしたのですが、それは、私が犬も猫も飼わなくなってからのことで、あまり、興味がなく、素通りしたような気が。

それで、検索してみたら、ありました!!!





北の快適工房
という札幌にある会社で、
リモサボン
という洗剤です。





中性、無着色、蛍光剤なしの洗剤で、普通の洗濯洗剤と同じ使い方でいいのです。

衣類に既に着いてしまった毛を離れやすくして、さらに、つきにくくするそうです!



約1か月分600gで3,300円(税別)で、

定期購入で、
お試しコースは、1個ずつお届けで、10%割引の2,970円(税別)
3カ月コースは、3個ずつお届けで、一個あたり15%割引の2,805円(税別)
年間コースで、1か月に1個×12カ月で、20%割引の2,640円(税別)です。

これらの定期購入コースを選ぶと、その後断りたいときは絶対に連絡を入れる必要があります。
そうでないと、自動更新されて、届けられるそうですから


(この会社、やりますよね;) 


そして、使ってみて、効果がなければ、返金するそうですよ。


高い洗剤ですから、そこは保証してほしいところですね。


私は、冒頭にも書いた通り、使っていないので、効果のほどが分からないのが申し訳ないです。

地元なので、もう少し知れ渡っていてもいいかなと思いましたが、ペットを飼っている人たちの間でも、話題に出たことはないです。

動物病院でも、ポスターなどを見たことはないし。。。

この会社、本気で売る気なら、動物病院にポスターを貼らせてもらえばいいのにと、私は思うのですが(o_ _)ノ彡☆ポムポン‼






コメント