ペキぽけっとーフミですよ~♪

2002年9月20日生まれで2015年4月16日没のフミの日々を。





命日は、2015年4月16日

宝物だから集めるの!

2015-04-24 | フミ


1歳位です。

もう、集める集める!!

手の届くところの物は、全部、自分の物で、

一箇所にこうして^^

これをやったのは、ほんの1ヶ月くらいでした。

お風呂のお湯の汲み桶は、縁がフミにかじられて、ギザギザです。


さきほど、少し眠くなって、居眠りをしたら、フミの夢を見ました。

私に抱かさって、撫で撫でさせてくれましたが、難しい顔でしたね。
コメント

亡くなって1週間です

2015-04-23 | フミ


長かった1週間でした。

先週の今日、14:05分に亡くなったんです。

フミの骨を見たとき、それでも、可愛いと思った私。

一方、時間とともに、

どんどん、遠くなって行くフミの存在。

でもまだ、

ドアを閉めるとき、フミを挟まないように、玄関を開けるとき、フミが飛び出さないように、

と振り返って見る自分がいます。

こういうのも、時間とともに消えていく行動なんですけどね。



鼻がすっぽり隠れる長さの舌で(^_^;)



猫のトロロは、エッラソーにテーブルに上がり、

フミは、どして、上がってる? みたいな顔で^^
コメント

Yukiちゃんが正式名だった!?(爆)

2015-04-22 | フミ

フミの正式名は、Yuki of Live Long Road でした。

毛の色も、White になっています。

どこが、Whiteか(*≧m≦*)




3~4歳頃です。

夏のある朝、露が残っている草むらで。。。



草が濡れているときは、歩かせないようにしていたけど、

この頃、毎日、露が下りるので、ちょっとだけ・・・

が!




こういうことになり、

(あれ、これは、gifアニメ画像かな)



草むらから出したときの顔はこういう具合でした(^_^;)




フミは余程人気者だったらしく、今日も、お花を持って来てくださった方がいます。

その方は、フミが死んだと聞いて、声を上げ、しゃくりあげて泣いたんだそうです。

それほど悲しかったと言ってくださいました。

そして、生きているフミにもう一度会いたかったと。

わかるわかる!!!

フミには、人にそういう気持を起こさせる何かがあるんだよね。

はあ~悲しい(*≧m≦*)

コメント

思い出をたどって

2015-04-20 | フミ

フミ、10ヶ月頃ではないかと思います。

夏で、毛を短くしてもらった最初の写真だろうと。

悪戯盛りでした^^

変な格好ですが、多分、ワンコの正当なお座りをしているんですよ。

段々とこの座り方はしなくなりました。

脚、短すぎて;;;(*≧m≦*)



この時のフミは、上の写真から2ヶ月くらい経っているような気がしますから、丁度1歳くらいですか。


猫は、フミよりも数年早くウチに来ていて、こうですもんね。

フミは、猫の恐ろしさを知らないから、

べつに~・・・

なんだけど、猫は火を吹いています(o_ _)ノ彡☆ポムポム!

猫は、基本的に犬が怖いから、初めは、小さなフミにも怖がって逃げていたのですが、

この頃、この猫、トロロって言うんですが、自分とフミの体高を比べて、自分の方が高いということが分かり、

それからは強気に出て、この始末でした。

中々、意地悪い猫だったので、外出のときは、フミとトロロは、別の部屋に分けていたものです。

でも、フミは、トロロの一挙手一投足を見ていて、盛んに真似をしていました。

トロロも、フミには十分な関心があり、

ある時、フミが寝床を作る、くるくる回りを見ていて、

とうとう、自分でもやってみたのです。

寝床の布団の上を踏んづけてくるくるくる・・・

そして、ポカーンと(*≧m≦*)

何もいいことがない、って顔をしたのが忘れられないです。

トロロにしてみれば、フミが寝るときはいつも、寝床でくるくる回っているから、とってもいい事があるんだと思ったんでしょうね(((o(*゜▽゜*)o)))



フミが亡くなって、まだ、5日。

今日まで生きていたら、12歳と8ヶ月目に入るところでした。

私にとって、今が一番厳しいときです。



夫が亡くなったときとダブってしまって。

夫は病気だったとはいえ、亡くなり方は衝撃的で、やっぱり、ショックでした。

やっと、夫の死のショックから解放されたというときに、夫が愛したフミが亡くなるというのは・・・。


この後、思い出の写真で続けようかどうしようか迷っています。

私は、自分の気持に任せて書いていればいいけれど、読む人にとっては重いと思うので。

もし、続けていたとしても、見飛ばして下さいね。

この世にいない犬の話を振られても、ねぇ~(o_ _)ノ彡☆ポムポム

というわけで、コメント欄は隠しました。
コメント

これからは、遡って^^

2015-04-18 | フミ


2006年5月頃、4歳のフミです。

トリマーさんに行って、おリボンをつけてもらって、おすましができた最後の写真かな。

この後は、おリボンをつけてもらうと、すぐに取っちゃうようになりました。

この写真が、夫が最も気に入っていたもので、これを見ては、癒されると言っていました。

世話をしているのはもっぱら私だから、

フン! と(*≧m≦*)
コメント (2)

通夜でした

2015-04-17 | フミ


優しいみなさんが来てくれて、先ほどまで、フミを囲んで思い出話をしました。

生きているみたいだって・・・。

そうですよね、この顔は。

目を閉じさせても、閉じないんです。

出目だから?(*≧m≦*)



夕方、体をバスタオルに包んで、顔だけ出して、散歩コースだったところを歩いてやったんです。

みんなにお別れをしなさいって。

私もフミとの最後の散歩だから、フミの重さをしっかり感じながら、歩きました。


この顔だもの、会った人たちが、

あら、よくなったんだ~^^

って。


ザンネン! 



やけに派手なタオルは、フミが寂しくないようにと友達が持って来てくれました。

お花は、また、別の人が、フミが女の子だからって、かわいらしくアレンジしたのを届けてくれました^^

最後の数日は、たんぱく質系が食べられなくなったフミが、お菓子を食べていたと言ったら、色々なお菓子も下さいました。


これって、フミが優しかったからですね。

憎らしい飼い主の私だけだったら、こうは行きませんでしたよ。(o_ _)ノ彡☆ポムポム

明日一日、ウチでゆっくり過ごして、明後日の午前中にいよいよ天国へと旅立たせます。

コメント

旅立ちました_(._.)_

2015-04-16 | フミ


14時05分、とうとう、旅立ちました。

何度も、息を吹き返してくれましたが、最後は、心臓が止まったかと思うと、また、ゆっくり息をし、それを数回繰り返して。

とっても寂しいです。

でも、フミが苦しい体から逃れられたことが救いです。

ここを読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました_(._.)_


生き物って、最期のウンチ、というのがあるんですが、

普通は、横になったまま、出るに任せて出す、というよりも、肛門が緩んで、出ちゃうんです。

ところがフミは、自分でトイレに行って、最期のウンチ、をしました。

そして、ちゃんとしたからね、みたいな顔をして、私を見たのです。

私は慌てて、フミをトイレから出し、トイレシートの上に横たえて、お尻をきれいに洗い流してやりました。

最後まで、プライドを捨てないフミでした。
コメント (2)

息を吹き返して

2015-04-16 | フミ

13時18分に心臓が止まって、トントンしても戻らなかったのですが、

しっかり抱きしめてやったら、息を吹き返しました。

そして、水を飲ませてやったら、ほっ、みたいな顔^^

でも、呼吸が荒いので、まあ・・・。

この写真は、先ほど、写したものです。

まだ、イケるって、って思いますでしょう?

(o_ _)ノ彡☆ポムポム

コメント

ヤバイ、マズイ、神さまッ!

2015-04-16 | フミ


今の状況です。

外が見えるベランダの前で、

外に出たくて、ここから離れないので、ここで酸素を吸わせています。

今日は、寒いし、雨なので、抱いたにしても、外には出してやれないのです。


さきほど、発作を起こして、心臓が止まり、舌もだらりとなりましたが、心臓をトントンしたら、息を吹き返しました。


昨日は、まだ、プレミアムジャーキーなら食べると言って、1本ちょっとですが、食べたのです。

その前の日は、そのジャーキーを4~5本食べました。

その他に、私が作る栄養ドリンクを飲み、とにかく、固形物を自力で食べられるようにと工夫しているのですが・・・。


この状態でも、自分で水を飲みに行くと言い、行ったはいいけど、水の入れ物の前で立つことが出来ずに寝てしまいます。

それで、私が体を支えてやるから、飲みなさい、というと、それはプライドが許さないと。

自分の足で立って、体を維持して飲むんだと頑張るんですが、無理で、私の手がフミの体に触れていると、支えられているという感覚がするので、

タオルをフミのお腹の下に回して、両端を持ち上げて、フミの体を支えて飲ませてやりました。

もう、勝気なんだから、フミは(o_ _)ノ彡☆ポムポム


今日が獣医さんのお休みの日なので、点滴にも行けません。

点滴で、少し、体力を戻してやれば、食べられるようになり、楽になるのではないかと思ったり、

でも、心臓がマックスにダメに近づいているなら、却って、つらいだけなのかと思ったり。


気持は、千々に乱れまくっています。

それにしても、容態が悪化するのは早いです。






コメント (2)

外に出たい!

2015-04-14 | フミ





今日の予報は、たしか、初夏並みになるって言ってたけど、

ぜぇ~んぜん;;;

でも、家の中では暖房なしで寒くないから、気温は高いのかもしれません。

ただただ、風が冷たいだけなのかな、と。


そんなわけで、フミは外にはだせないのですが、

朝は、散歩~、と玄関に行っちゃうし、

それがダメだと分かると、ベランダでじっと外を眺めて動きません。


その姿が切なくて;;


コメント (2)